事故後行方不明となった犬、Facebookの力で無事発見
image credit:Meredith Luckett / Facebook
 それは突然訪れた。昨年12月末、家族を乗せ車を運転をしていたメレディス・ラケットさんは交差点でミニバンに追突された。

 その衝撃で、窓ガラスが割れ、乗っていた愛犬のフォーガスが車から投げ出されてしまった。フォーガスは動揺し、そのままどこかに走り去ってしまった。

 幸い人間は軽症で済んだものの、フォーガスは小さい頃からかわいがっていた大切な家族だ。メレディスさんはFacebookページで捜索の協力を依頼、すると1,400人以上の人々が協力し、大捜査の末2か月後、無事発見されたそうだ。
スポンサードリンク

車の追突事故で行方不明となった愛犬

 アメリカ・テネシー州ナッシュビルにある交差点で、昨年12月下旬、メレディス・ラケットさんが乗るSUVがミニバンに追突されるという事故が起きた。

 窓ガラスが破損し、乗っていた愛犬のフォーガスが外に投げ出された。フォーガスはアイリッシュ・ウルフハウンドで体重90キロもある大型犬だ。

 動揺したフォーガスはそのままどこかに走り去ってしまったという。

灰色の毛並みをしたアイリッシュ・ウルフハウンドのフォーガス

Facebookで愛犬捜索を呼びかけ

 フォーガスは生後2か月の時にメレディスさんの家族となった大切な愛犬である。とにかく探さなくては!

 メレディスさんはありとあらゆる手段を使いフォーガスを探し出すことに専念した。「市内の教会の近くで足を引きずりながら歩いているところを見かけた」という目撃情報が得られたものの、その後の足取りはつかめなかった。

 メレディスさんはFacebookに愛犬が行方不明になったことを投稿したところ、地元の人々が「FindFergus(フォーガスを探そう!)」というページを開設。カリフォルニア州からアイルランドまで、世界中から1400人以上の善意の人々が集まり、フォーガスの大捜査が始まった。

2か月後、フォーガスを発見!涙の再会

 SNSは絶大だった。約2か月後、「ファーガスを保護しました!」との情報が舞い込んできた。事故現場から南西にわずか0.8kmほど離れた場所にいたという。
 
 フォーガスはメレディスさん一家に無事引き渡された。感激で涙を流すメレディスさんと、まだ元気がないものの、小さく尻尾を振るフォーガスの様子がFacebookに投稿されると、多くの人が安堵したようだ。
 フォーガスはすぐに動物病院に連れていかれ、獣医による診察を受けた。軽い怪我を負い、少し痩せてしまったものの、命に別状はなかった。

 現在は健康状態も回復し、家では王様のように扱われているという。
 メレディスさん一家は、フォーガスの捜査に協力してくれた多くの人々に心からの感謝の言葉を伝た。中には病院代を寄付したいとか、フォーガスの食べ物やおもちゃを寄付したいという申し出もあったそうだが、困っている保護犬たちのために役立ててくださいと丁寧にお断りしたそうだ。

 SNSは使い方次第で、困っている人や動物を助ける大きな力になる。無事に再会することができて本当によかった。

あわせて読みたい
自宅から犬を盗まれて2年後、SNSにより奇跡の再会(ウクライナ)

ビール缶に印刷された保護犬の写真を見て、愛犬と再会を果たした女性(アメリカ)

飼い主の乗った救急車を追いかけ、退院するまで病院の前で待ち続けた犬。6日後の再会の喜びっぷりに涙(トルコ)

おじいさんはあきらめなかった。いなくなった愛犬を探し続けて3年後、ついに感動の再会を果たす(ジョージア)

病気で激やせしてしまった男性が退院。愛犬は自分のことを認識してくれるのだろうか?その反応は・・・

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5078 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5033 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
3989 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2663702318
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 11:35
  • ID:QFFZ6n5k0 #

よかった!!!!

2

2. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 12:13
  • ID:9hYk6rlB0 #

このサイズの犬がうろうろしてたら怖いぞこれ
森の中で見たらクマと間違える
無事でよかったな…

3

3. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 12:30
  • ID:O7K67.Eh0 #

この子見つかったのね。良かった。
事故に遭っていないかと心配していたけれど、本当に良かった。
王様の生活を思う存分満喫して下さい。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 13:08
  • ID:y8pZ79BY0 #

とにかく良かった。
ウルフハウンドだし、知らずに出会ったら倒れる人もいると思う。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 13:12
  • ID:SlqK2atF0 #

思った以上にデカかったw

6

6. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 13:21
  • ID:APVQVmF70 #

ワイのあこがれの犬種、こんな大きな子でも見失うのやね…、自然の多いところなのかな。ほんとよかった(´;ω;`)

7

7. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 14:17
  • ID:VioKuLxy0 #

でけぇ・・・

8

8. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 15:02
  • ID:da4g0hB80 #

しっぽがムチみたい!!

9

9. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 16:00
  • ID:Bx383n9k0 #

あれ?保護してくれた人の方が好かれてない?

10

10. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 16:59
  • ID:ULLFnksD0 #

こんな大型犬が野良でいたら怖いから探さざるおえんよな
完全野良や野性化したらね

11

11. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 17:56
  • ID:8kHZv3BZ0 #

「びっくりして逃げちゃったの。ごめんね。」

12

12. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 21:33
  • ID:UyTr4wUK0 #

すごいよかった。
でも、犬って、遠く離れていても家に帰ってくるというし、昔、子供のころ飼っていたバカ犬も、放っておいても自分の家に帰ってきてたのを思うと、こんな巨体でお座敷犬なんでしょうね。犬の飼育環境的には外で飼うよりは良いのですけど

13

13. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 22:03
  • ID:6SfCGlFF0 #

ほんとに良かった。でも2ヵ月もかかったのか。
飼い主さんだけでなく、犬も泣いてるね!
飼い犬だから、食べ物を自力で手に入れるなんてムリ。
気の毒に思った人たちが、ドッグフードを置いてくれたんだろうか。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 23:22
  • ID:ac2.UIoI0 #

物凄くでっかい犬が田んぼにいるなぁと思ったら牛だったの思い出した

15

15. 匿名処理班

  • 2021年02月20日 00:56
  • ID:Lunrr4k20 #

※12
自分が飼っていた犬を「バカ犬」と言ったりなんかもう全部ダメダメすぎで最低だなお前

16

16. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 15:26
  • ID:6.8F.pZ.0 #

※15
自分の飼い犬にだけは「バカ犬」と言える愛情があることを知らないのだろうか.
彼は他人の飼い犬には恐らく「バカ犬」とは言わないだろう.

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク