母子を救うために見知らぬ人が集まりつながった人間の鎖
母子を救うために見知らぬ人が人間の鎖 / Youtube
 困っている誰かを救うため、見知らぬ人が一致団結し手と手を取り合う。大勢の人の助けたいという思いと行動は、奇跡を生み出すこともある。

 人と人が繋がって誰かを助けるこの行為は「人間の鎖」とも呼ばれているが、今回、人間の鎖によって救助されたのは、凍った池に落ちてしまった母と2人の子供である。

 無事救助された3人は軽症で済んだという。
広告
Human ‘chain’ rescues tourists from ice hole in a lake

 中国、河北省唐山で2018年の1月7日、散歩に出かけていた母と2人の子供が凍った池の中に落ちた。どうやら凍っていない場所を踏んでしまったようだ。

 付近にいた十数人の人々が次々と集まってきた。一か所に大勢が集まるとその重さで氷が割れてしまう危険性が高い。

 そこで彼らは氷にかかる圧力を分散させるため、手をつないで20メートルにも及ぶの人間の鎖を作り、母子を助けようと奮闘した。
0_e3
 この日の外気温は-13℃。一刻を争う事態だったが、ものの3分もかからず助け出すことに成功したそうだ。
2_e3
 救助された3人は幸いにも軽症で済んだという。
5_e0
 下手すると救助者も氷が割れて池に転落する危険性がある。だが早く助けないと母子の命が危ない。

 ギリギリの状態ながら最善の結果を導き出すことができたのはやはり、多くの人の「助けたい」という思いが一致し、強い絆が形成されたからなのかもしれない。
あわせて読みたい
見知らぬ者同士が力を合わせて溺れた人を助ける。人と人の絆でできた「人間の鎖」(イギリス)

その時列車は傾いた。ホームと電車に足を挟まれた男性を救うため、大勢の乗客が一致団結して車両を押して無事救出

波にさらわれた2人の子どもを助けるため、大勢の海水浴客が一丸となって作り上げた「人間の絆」(アメリカ)

茂みに捨てられていた人間の赤ちゃんを助けが来るまで守り抜いた4匹の野良犬(インド)

ゾウは大切な人を見捨てない。例えそれが人間であっても、まだ小さな子どもであっても。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 14:52
  • ID:Q6JreMgh0 #

氷が割れても全員で引っ張れるってことかな?
割れなくてよかった

2

2. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 14:56
  • ID:PeJDrsIv0 #

救助成功だったから素晴らしく思えるけど
全員の重さで氷が割れて全滅の恐れがあるから
「服やベルトをつないでロープを作って
 最少人数だけ氷の上にのって救助する」が
正解であって鎖に参加するのはいい判断ではない。
この人数が同時に落ちると今度こそ助けようが
なくなる。川全体を40度に温めて救助しながら
ひとっ風呂浴びて帰るという選択肢もある。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 15:07
  • ID:Eibs8XMp0 #

何で落ちる

4

4. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 15:24
  • ID:KuD4CNn90 #

服でロープ作ってる間にカチカチに凍っちゃうから緊急事態用よ

5

5.

  • 2021年01月18日 15:52
  • ID:v4Nyn.kr0 #
6

6.

  • 2021年01月18日 16:11
  • ID:W4eeMgyR0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 16:38
  • ID:vxwbJsyF0 #

池凍ってるからって横断しようとしたのか・・・?

8

8.

  • 2021年01月18日 16:41
  • ID:.JmTh.O90 #
9

9. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 17:11
  • ID:w4pmw.7M0 #

腹這いで氷にかかる圧力を分散しながら人間の鎖を作るのが良さそう。咄嗟にそれが出来るかという問題はあるが。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 17:18
  • ID:tOKSxsKc0 #

すまん、中国と言うだけでうさん臭く思ってしまう俺は心が汚れておるんかな。
中共のプロパガンダにしか見えないのよ。
なにせ倒れてた人を介抱したばっかりに訴えられて賠償金命じられる様な国だし。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 17:23
  • ID:JQAVc.uD0 #

人間の鎖みるとぬ〜べ〜思い出す私はおじさんです

12

12. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 17:27
  • ID:8L3m2ibq0 #

>>2
エジプトだったか井戸に落ちたニワトリを助けようと落ちた人がいて、それ助けようと人が落ちて
7人亡くなった事件とかあったなおニワトリは生還した

13

13. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 17:32
  • ID:92nNgFPf0 #

人の鎖の重みでよく割れなかったなと思ったら、めっちゃ岸から近いやんけ

14

14. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 19:15
  • ID:OcDLUNsY0 #

※2
あとからだったらどうとでも言えるからね。
一刻を争う事態で、そんな屁理屈コネて居られるかよ。子供が死ぬんだぞ。
緊急事態時、考えてから動いてたんじゃ遅い。
落っこちて3分以内に救助されたんだからそれでいいじゃねぇか。

それと街中にある池だし、見た感じ水深も浅そうだから「最悪割れても…、まぁ…死にはせんだろ、それより子供がッ!」って感じだろ。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 20:11
  • ID:PA2WuqMW0 #

折も折、今朝がた「池の氷に乗るのは危険」みたいな記事を読んだばかり。
深くなくても、岸からあんまり遠くなくても、周囲の氷が割れやすい状況なら、生還できないかもしれない。

16

16. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 20:31
  • ID:y2dqqc3U0 #

中国の人は身内。知り合い以外の人には全く興味を示さないというイメージがあるが
全くそういうわけでもないんだよな

17

17. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 21:21
  • ID:j0QtSu2s0 #

人間の鎖ってバルト三国の大規模行動の方が浮かぶ
観光したら教えられた

18

18. 匿名処理班

  • 2021年01月18日 21:51
  • ID:roH6.5Dp0 #

>>10
気持ちは分かります。けど、もう少し中国人を信じてみてはどうでしょうか?
悪と呼べるのは中国共産党ですが

19

19.

  • 2021年01月19日 00:29
  • ID:wWmcunql0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2021年01月19日 05:16
  • ID:y6YjMOKI0 #

男塾名物万人橋ですね

21

21. 匿名処理班

  • 2021年01月19日 07:49
  • ID:t9HiKW0D0 #

>>10
実際に中国の街中を歩くといろんな場面で助けてもらったり声をかけてもらったりするのであまり違和感はないな
困っている人、特に母親や子供に対する声かけはむしろ日本より多いよ

22

22. 匿名処理班

  • 2021年01月19日 08:04
  • ID:mwTpbR0m0 #

※10
こういうコメントあると思った
「オタク=犯罪予備軍」「ゲーム=頭が悪くなる」
みたいなレッテル貼りには激怒するのに
自分たちは平気でレッテル貼るっていうね

23

23. 匿名処理班

  • 2021年01月19日 14:47
  • ID:ZxzVMG340 #

※10
あなたの言う「中国」と言うイメージはどこがソース?
誰かの文章や話もある程度は参考になるけど、どんな思考の人が言ってるか、自分は情報を無意識に都合よく選んでないか疑わないと結局バイアスでしか物事見れなくなるよ。
自分で直接見て聞いて経験したことがないなら尚更。

24

24. 匿名処理班

  • 2021年01月19日 16:34
  • ID:bScZFyuE0 #

>>10
流石に病んどるやろ
中国国民で政府と対立してる人も少なくないんだからそこは分けとけ
逆に君が中国政府批判して、「差別だ」って言われた反論せんか?それと近い事しとるぞ

25

25. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 12:43
  • ID:mSnJjyFG0 #

中国10回以上行ってるし、現地にGFいたけど基本的に人民の皆さんは日本人より子供や老人に優しい。おそらくアジアで子供や老人に一番冷たいのは日本人だとおもう。

26

26. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 21:56
  • ID:6DRBk3.L0 #

先日高校生が氷が割れて亡くなったよね。(涙)東京だったかな?高校の隣のゴルフ場の池の氷に友人たちと乗って・・・他の生徒は岸に泳ぎついて、無事だったそう。だから余計にこの結果がありがたく思える。

27

27. 匿名処理班

  • 2021年02月02日 12:45
  • ID:SMB2ZRH.0 #

※21からの五毛と思われる連投が空恐ろしく感じる。
 

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING