cover_e32
 今年3月、オーストラリアのメルボルンに住む写真家が、去年撮影した二羽のコガタペンギンの写真を自身のインスタグラムアカウントでシェアしたところ、世界中に拡散し大反響を呼んだ。

 それは互いにパートナーを失った後に巡り合った2羽のペンギンが寄り添い合う後ろ姿を撮影したもので、カラパイアでも以前お伝えしたが、この写真に多くの人が癒され、このほどオーシャノフィックグラフィックマガジン(Oceanographic Magazine)の写真コンテストで最優秀作品賞を受賞したことが伝えられた。
スポンサードリンク

パートナーを失ったペンギン同士が寄り添い合う

 今年の3月と4月に、ビクトリア州メルボルンのセントキルダビーチで去年撮影した2羽のコガタペンギンの後ろ姿の写真を自身のインスタグラムアカウント『tobiasvisuals』でシェアした、オーストラリア在住の写真家トビアス・バウムガートナーさんは、世界中から大きな反響を受けた。
 まるで夜景を楽しんでいるかのようにピタリと寄り添い合う2羽のペンギンについて、当時トビアスさんはこのように語っていた。
今の困難な時期に、愛する人と一緒にいられることは本当に幸運です。この写真は、今から1年ほど前に撮影したものです。

メルボルンのスカイラインを見下ろせる岩にいた2羽のペンギンは、互いに肩を抱き合うようにして立っていました。

近付いて来たボランティアの人によると、右側の白いペンギンはパートナーを亡くした年老いたメスで、左の黒い若いペンギンもどうやらパートナーを失ってしまったということです。

2羽は、互いに慰め合い、近くの街の明かりを見下ろして何時間も一緒に過ごしていました。
 

写真コンテストで2020年最優秀作品賞を受賞

 2羽のペンギンの写真は、多くのユーザーらに感動を与え、Oceanographic MagazineOcean Photography Awardsで、見事2020年最優秀作品賞に輝いた。

 トビアスさんは、写真をサポートしてくれた全ての人たちに、このように感謝の言葉を綴っている。
シェアした写真は、世界中の人々の目に触れ、私は何千ものメッセージを受け取りました。

壊れた心を癒し、喜びや希望、愛を人々の人生にもたらしたこの写真は、一体感と愛の象徴となりました。

多くの人々がまだまだ困難の時代の中にいます。私は、当時書いた言葉をもう一度ここに繰り返したい。「このような時代に、最も愛する人と一緒にいることができるということは、本当に幸運です。」

みなさんのサポートに心から感謝します。
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
パートナーを失ったペンギン同士が出会い、お互いに身を寄せ合う姿にグッとくる(オーストラリア)

野生動物フォトコンテスト、誰もが参加できる投票を受付中

傷の治療を終えたペンギンが海に帰る時。一度は海へ向かうも、立ち止まり振り返る。何かを伝えたかったのかもしれない。

動物園のマスコット、世界一小さいペンギン「Eudyptula minor」の子どもがヨチヨチ事務所を歩き回るよ

コロナ禍の中、社会的交流を遮断された人々の心を癒していたのはペットだった(オーストラリア研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5078 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5033 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
3989 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2663702318
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 11:59
  • ID:q.B9BU7d0 #

頭の中で「悲しい色やね」が流れている……

2

2. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 12:05
  • ID:lz28s2qo0 #

右側ヒナじゃないの?
羽も短いし産毛らしきフサフサ混じりな不均等な毛並みも換毛期前の特徴そのものなんだけど

3

3. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 12:06
  • ID:FwQbOVoI0 #

若いペンギンが翼で相手の背中包むようにしてる姿が優しくて泣いてしまいそう。
悲しい事があったけど、お互い寄り添える相手が見つかって良かったね。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 12:10
  • ID:GQstyzFm0 #

BGMは松田聖子のSWEET MEMORIESを。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 12:23
  • ID:weOBEcZ40 #

この前動画でヒナを亡くした母親ペンギンに寄り添うペンギン見たことあるわ

6

6. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 12:28
  • ID:pNuJ.Zxt0 #

となりヒナだとおもうけどなー

でもいやされるー

7

7. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 12:50
  • ID:1uJQEoYT0 #

昔のサントリービールのcmかよ。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 14:12
  • ID:PX9fY2Sb0 #

ペンギンて白髪あるのん?
犬猫は白髪あるけど

9

9. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 14:22
  • ID:PeaFZEbA0 #

何時間も?
彼らにも街の明かりが美しく見えているんだろうか。何を思ってるんだろうね。

海獣は年経ると白髪になる種が多い。二匹を観てきた人も言ってるんだから右側はお婆さんだろう。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 14:58
  • ID:1uJQEoYT0 #

キングコング結成の瞬間を
ペンギンで再現したらこんな感じか。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 16:45
  • ID:N3sab76t0 #

ベトナム帰りなのかもしれん
ひこねのりおにみ見せたい

12

12. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 17:16
  • ID:II7q0ZjL0 #

ウルウルした(T^T)
心暖まる素敵な写真ありがとう。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 17:51
  • ID:xfEI2MOh0 #

背景がどうであれこの写真や映像そのものがとても胸を打つものであることは確かだ
なんとも切なくて愛らしくて温かい

14

14. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 17:54
  • ID:ApIz.EUA0 #

>>2
お婆さんと書かれているからそうなんでしょう。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 21:10
  • ID:m8OXPyRH0 #

なんか違和感あるなあと思ったら、バックの夜景だ。
野生の生息地と市街がこんだけ隣接してるってすごいね。

泣かせるストーリーに、BGM、背景を極端にぼかして
トレンディードラマのキスシーンさながらの幻惑演出。
ここまでやるか…笑

16

16. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 21:52
  • ID:v65dxCj.0 #

寒そう

17

17. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 23:08
  • ID:BJf64w2Y0 #

ご本人が「はじめの投稿はロマンティックな文章」(2020年4月25日のインスタ投稿)と認めておられますので、初回に物語として記された内容は事実からちょっと離れた棚に一旦置くとよいのかな。コメントにもあるようにそれぞれの年齢や性別などは物語とは異なるのかもしれませんね。
この件は海外記事にも短くとりあげられているのでインスタ内外で意見・指摘が出るなどあったのやもしれません。
写真自体は偽りなく自然写真であるとのようですので、二羽のフェアリーがそこにむつまじく並んでいた姿に曇りがかかるものではないのでしょう。仲いいですね。(オラオラ系とはとてもおもえない…)

18

18. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 12:42
  • ID:S3cU.kEu0 #

※7
ペンギンのニュースではみなビールを連想してくれるのに、ロケットの打ち上げのニュースの時「ビアシャトル」の話題が一ミリもでない悲しみ。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 18:57
  • ID:I3loYt9I0 #

※18
これを見てグレープ君を思い出した自分は随分と異端なのを自覚したよw

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク