暴風雨デレチョに襲われた災害現場
暴風雨で屋根を飛ばされた家 image by:twitter@ibellamurray
 8月10日、脅威の破壊力を持つ「デレチョ(Derecho)」と呼ばれる暴風雨がアメリカ中西部を襲った。今月3日にアメリカ東部から高速で移動し、アイオワ州へと辿り着いた激しい雹を含んだデレチョは、激しい竜巻と共に地域一帯に襲い掛かり、史上最大と言われる停電を引き起こした。

 その被害状況が分かる災害現場の写真が次々とSNSに投稿されていったのだが、屋根が丸ごと吹き飛ばされていたり、車が倒木に埋もれてしまっていたりと、その恐ろしさをまざまざと物語っている。『Mashable』などが伝えている。
広告

最大級の暴風雨「デレチョ」

 「デレチョ」とは、スペイン語で「前方へまっすぐ」という意味で、弓状の強雨域「ボウエコー(Bow echo)」が長時間かつ長距離にわたって発生する現象のことだ。

 そのスピードも速く、風害の距離が400km以上で、広範囲に風速が26m/s以上、一部で34m/s以上が観測されると「デレチョ」と認定される。

 大型台風並みの暴風をもたらし、さらには竜巻を引き起こし、強烈な雨や雹は地表を突き刺していくほどの凄まじさだ。

 今月3日から発生したとされるデレチョは、まずアメリカ東部カンザス州からテネシー州にかけて驚異的な破壊を引き起こし、11日にはアイオワ州に襲来した。
70,000 still without power a week after powerful Midwest derecho | WNT

デレチョの恐ろしさがわかる災害現場が次々に投稿される

 デレチョによって、アイオワ州リン郡シーダーラピッズとその周辺地域の家屋はもろに打撃を受け、交通機関にも影響を及ぼし、激しいスコールは約1000万エーカーにおよぶアイオワ州の作物に被害をもたらした。

 気象学者が「驚異的な犠牲」と口にするほどの被害はあまりにも大きく、デレチョ襲来から1週間たった17日の時点でも、7万人を超える住民が未だ停電状態で過ごしている。

 多くの人々が、Twitterでデレチョによる災害の恐ろしさをシェアした。

・家に突き刺さった長い板。まるで飛行機の翼のようだ ・木の下敷きになった車
最悪な状況のシーダーズラピッド。電話もインターネットも繋がらない。ガレージに入った車を出すことも叶わない。助けを求めることにさえ苦労しています。私は午前中、困っている近所の人への食料配達を調整するのに費やしたけど、もっとみんなの支援が必要です。
・なぎ倒された木々、崩壊した家
こちらはアイオワ州マリオン郡から。デレチョ襲来から6日目の様子。
・窓ガラスは全部われ、家の中がハチャメチャに
デレチョのせいで、介護施設の入居者80人が州を超えた姉妹施設へと移動を強いられました。
・屋根が吹き飛ばされた家。車はがれきの下敷きに
南西シーダーラピッズのシーダーテラスアパートメントコンプレックスでのデレチョによる被害の深刻さを過小評価することは困難です。ほぼすべての家が破壊されました。ここではほとんどが第三国からの定住難民だったので、これまでの4日間は外や車の中や友人の家で寝ていました。
・壊れたアパートのビフォア・アフター
今朝、人々はこのアパートを修理するのに一生懸命でした。
・ぐにゃりと曲がったアイオワ州ルターにあるサイロ(穀物倉庫)
アイオワ州東部の友人から送られてきた写真。家の近くにあるというサイロが見事に破壊されているよ。
・道路の路肩には壊れた家屋のがれきの山に  アメリカでは新型コロナウイルスの感染者数も世界一となっているし、カリフォルニア州デスバレーでは日中の最高気温が54.4℃と、史上最高記録を更新するほどの猛暑だし、暴動事件はあるし、野生のリスが腺ペストに感染しはじめているというし、2020年はかなり試練の年となっているようだ。

 とは言え日本も対岸の火事というわけではない。長い梅雨がやっと開けたと思ったら猛暑日ラッシュ。今年は台風が少ない感じがするが、あとでまとめて一気にくるとか、デレチョ並みの大嵐がこないとも限らない。とりあえず災害に備えた準備だけはしておくことにしよう。そうしよう。
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
パニック映画そのものじゃないか!2020年に実際に起きた出来事で映画予告編を作ってみた。

赤タマネギからサルモネラ菌の集団感染。アメリカとカナダで900人近くが食中毒

アメリカに新たなる刺客。ワシントン州でオオスズメバチの侵入が確認される

コロナパーティーに参加した男性が感染死亡。最期の言葉は「コロナはデマだと思っていた。でも間違っていた」(アメリカ)

アメリカ人が最も恐ろしいと思う災害ランキングが発表される。一位は我々も恐れているあの災害だった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 16:55
  • ID:9Bso7cSb0 #

アメリカはハリケーンのイメージが強いけど、それに対策した建築とかはしてないのか

2

2. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 17:14
  • ID:qIp7.Cht0 #

大変だな
デレヂョーブか?

3

3. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 17:23
  • ID:m.vsMSzN0 #

これはツンチョのほう

4

4. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 17:27
  • ID:DuYoO7pj0 #

そうしよう…屋根は補強したけどなんだかもう色々と自信がないわ

5

5. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 17:55
  • ID:x1pciB5g0 #

トルネードとは違うものなのか?

6

6. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 18:04
  • ID:zJqtmQ8A0 #

また食品価格が上がるのか、勘弁して欲しい。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 19:08
  • ID:AfucgOna0 #

嵐の中で ただひとり
風が吹き荒れ 屋根が飛ぶ

などと言ってごまかすわけにもいかないので皆さまも対策はしっかり

8

8. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 20:24
  • ID:BsqMlaZx0 #

べ、べつにあんたの為に家を吹き飛ばしたんじゃないんだからねっ!

9

9. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 20:31
  • ID:cBuuQnAk0 #

デレチョ…何だかマヌケな響きだが、やる事はシビアだ。

デレチョ。恐ろしい子。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 20:39
  • ID:cW.oomhj0 #

なんとなく海外の家って脆そうなイメージあるわ。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 21:22
  • ID:DuYoO7pj0 #

>>7
お懐かしい

12

12. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 22:34
  • ID:97eCPKIe0 #

デレテョ

13

13. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 00:16
  • ID:V5.ZgMAt0 #

※7
まさかここで緊急指令10−4・10−10の歌詞を見るとはw

14

14. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 00:22
  • ID:Xm.4HXlh0 #

ダジャレコメの人達は
日本での災害の写真を見ても同じように
おふざけコメを残していくんだろうね

15

15. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 00:22
  • ID:10RrQUSo0 #

>>8
ツンデレチョw

16

16. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 06:07
  • ID:Ube.FT000 #

アメリカは地震や台風なんて来ない土地だから対策がされておらず建物の強度がプレハブ並み
日本の大型台風レベルで通り道の家が全て倒壊する
代わりに竜巻が多いけどそれも耐える強度があるわけでもなくどこの家にも避難用の地下室がある

17

17. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 12:04
  • ID:tipS4T2F0 #

なんかデレチョって語感がカラムーチョみたいにユーモラスな響きなので、怖い感じがしないw
しかしこれって何者なんだろう?
日本で言うところの爆弾低気圧かな?

18

18. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 12:45
  • ID:1J3uIgQ.0 #

できればこんな台風エンガチョしたい・・・

19

19. 匿名処理班

  • 2020年09月20日 18:48
  • ID:nv92Gu8l0 #

ヤンデレが薄笑いでじーっとこちらを見つめて「ちょ、ちょと待って」な感じだ。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年09月25日 12:54
  • ID:UR1vgNxH0 #

デレ+かまちょ=記録的暴風雨大接近

21

21. 匿名処理班

  • 2020年09月25日 15:20
  • ID:V1eTCK690 #

車、「For Sale」って???

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING