医療現場で聞く患者の最期の言葉
 病院は多くの人が最期の瞬間を迎える場所でもある。そこで勤務している医師や看護師は、日常的に生と死の狭間を目の当たりにしている。

 海外掲示板Redditで「医療従事者で死にゆく患者から聞いた、不気味な最期の言葉は何?」というスレッドが立ち、2,000もの体験が共有されていた。

 その体験談には医師や看護師のほか、家族から寄せられたものも混ざっているのだが、これはちょっとしたホラーだ。酷暑の折、涼みがてら楽しんでほしい。

 

1. 赤い髪の少女

 私の祖父は自宅で緩和ケアを受けていました。いよいよ最期という時になって、祖父は私たちに、自分は「赤毛の少女」と一緒に行かなければならないって言い出したんです。私たちは彼が何を言っているのか理解できませんでした。

 そして祖父が亡くなると、当直の看護師に来てもらうことになりました。私がたまたまドアを開けたんですけど、彼女を目にした瞬間、私は言葉を失ってしまい挨拶することができませんでした。

 だって彼女は鮮やかな青い瞳と、見たこともないような美しい赤い髪をしていたんですよ。

 その様子を見た祖母が、とても明るい声で言ったんです。「どうぞ入って。彼はあなたを待っていたんです」って。

2. 黒づくめの男

 私の勤務していた病院に、素敵な老婦人が入院していたのですが、ある日「真っ白な服を着たい」と、そばにいた看護助手に言ったそうです。その理由を尋ねると、彼女は 「黒い男がいるの」と言って、部屋の隅を見たそうです。

 看護助手もそちらを見てみましたが、もちろん誰もいません。私がそのタイミングで部屋に入ったところ、「全身黒ずくめで帽子をかぶっているのよ。目は真っ赤なの」と言いながら、彼女の視線はまるで誰かが私たちに近づいて来るのを見ているかのように、部屋を横切って助手の後ろに移動したんです。

 彼女はその夜に亡くなりました。その後しばらく、私はその部屋に入るのが嫌でたまりませんでした。
16d7a114-43ae-4405-924e-54a0a8288f9e_e_e
image created by MidJourney

3.希望通りの曜日に死を迎えた父

 私の父は、18歳の時から多発性硬化症に苦しんでいました。24歳で母と結婚し、29歳で私が生まれ、45歳まであと15日というところで亡くなりました。

 亡くなる半年前にホスピスに入ったのですが、父が母と自分の葬儀について話をしていた時、母が冗談めかして言ったんです。
ティム、一番いいのは水曜日に死ぬことよ。そうすれば木曜日に準備を整えて、金曜日にお通夜、土曜日にお葬式ができるから。そうしたらたくさんの人が会いにに来てくれるでしょう?
 そして父は亡くなったのですが、私たちは5分遅れて臨終に間に合いませんでした。父にお別れをしていると、看護師さんが母を脇に引っ張って行って、今日は何か特別な日なのか尋ねたんです。

 まだ朝の6時前で、母はその日が何曜日なのかも知りませんでした。看護師さんが「今日は5月21日ですよ」と言ったのですが、何も思い浮かびませんでした。

 看護師さんが言うには、父はその前日、何度も何度も「今日は何曜日か」って訊いてきたんだとか。日付で20日だと答えると、父は苛立った様子で黙りました。

 そして亡くなる日の朝、もう一度「今日は何曜日ですか?」と尋ねました。看護師さんが「5月21日の水曜日です」と答えると、父は微笑んで彼女の手を握り、すぐに息を引き取ったそうです。

 その週末は戦没将兵追悼記念日で、父と母があの時話していた通りになりました。みんな休暇で街を離れていたにもかかわらず、お葬式には250人以上の人が集まってくれて、小さな教会はかつてないほど人で溢れかえりました。

 彼は亡くなるその日まで、私たち家族がのことを考えてくれたんです。私はそんな父が恋しいです。
5029449_s
image credit:photoAC

4. 救急車の隅で笑う男

 EMT(救急医療技術者)の実習中、がんによる合併症を抱える患者に対応しました。彼女は部屋から救急車に移す間、ほとんど何もしゃべりませんでした。

 もうすぐ病院に着くというときになって、彼女は私の方に顔を向けて「なぜ隅にいる男は笑っているの?」とささやきました。

 どの男のことを言っているのか尋ねると、彼女は救急車の後ろの隅を指さしましたが、そこには誰もいませんでした。

 「奥さん、そこには誰もいませんよ」と伝えると、彼女は半分混乱したような、半分恐怖したような表情で私を見て、それから残りの道中ずっとその隅を見つめていました。彼女はその数日後、亡くなりました。

5. ギャングの少年

 私は長年ホスピスの看護師をしていました。ある時、原発性肝臓がんで死にかけているギャングのような20歳の男性がいました。

 彼は既に末期で非常に攻撃的になっていて、宇宙に対して怒っていました。家族が慰めようとしていましたが、彼は文字通り家族の顔に唾を吐くような人間でした。

 まるで残されたエネルギーのすべてを怒りに使っているようでした。

 母親は彼に、心を開いてイエス様を受け入れるよう懇願していましたが、彼は母親を殴ろうとし、罵倒を続けました。それでも家族は彼のそばに寄り添って、彼が最期に落ち着くことを期待しているようでした。

 やがて最期の日がやってきましたが、最期の時間、最期の瞬間まで彼は怒っていました。母親は愛情を込めて、彼に光の方へ、イエス様の方へ行くように囁きました。すると彼は最期の力を振り絞って、「イエスなんてくそくらえだ!」と叫んだのです。

 その直後、彼はゆっくりと頭を左の方に向けました。そして私たちには見えない何かを見ているような、恐ろしい表情を浮かべました。

 それからまる顔を歪め、「クソったれ、おい、クソ、やめろ!」と叫んだかと思うと、音を立ててベッドに倒れ込み、そのまま息を引き取りました。

 家族の誰もが震え上がり、言葉を失っていました。私はその部屋を出て、2日間休みを取りました。彼がその時何を見たのか、知りたいとは思いません。

6. 夫が迎えに来た

 何年も前のことですが、私は当時研修医をしていました。96歳くらいの女性の患者が入院していて、私はその退院のための書類作成のために呼び出されたんです。

 最後の確認のために病室に行くと、彼女がこう言うんです。
私はビルのところへ行くのよ。彼は今朝会いに来てくれて、私を連れて帰るって言ってたんですもの
 一緒にいた彼女の息子さんが、ビルは数年前に亡くなった彼女の夫だと教えてくれました。

 私は特に気にも留めなかったのですが、私が病室を出て数分も経たないうちに容態が急変し、彼女はそのまま亡くなりました。

 ビルさんは本当に彼女を迎えに来ていたのかもしれません。息子さんも納得していましたよ。
6c5ac470-7804-43d8-be7d-7f5ca4a56f0a_e
image created by MidJourney

7. 自分の死ぬ日を予言した祖父と一命をとりとめた父

 私の祖父は、自分がいつ死ぬか知っていました。彼はいつも、5月26日の午後12時に自分が死ぬと言っていたんです。

 最期が近づくと、祖父は自分の命が尽きようとしている、人生の終わりが近づいていると私たちに言い続けました。

 そして5月26日の朝、彼は午前8時頃に父に電話をかけ、1時間ほど会話をしました。父によると、9時になると祖父はこう言って電話を切ったそうです。
あまり気分がよくないんだ。おやつを食べて昼寝をするから、あの世で会おう
 その1時間後に連絡があり、祖父はプリングルスを半分食べた後、10時に眠りながら亡くなったのです。

 それから5年後、今度は父が同じようなことを言い始めました。この頃、父は本当にひどい問題を抱えていたので、健康状態は最善とは言えませんでした。

 彼は10月10日に自分は死ぬんだと言い続けました。そして10月10日の朝、父は気分が悪い、何もしたくないと言いました。

 しかしその夜、父は仕事でディナー パーティーに行かなければなりませんでした。彼は出かける時、私にこう言ったんです。
じゃあな、あの世で会おう。愛しているよ
 その夜、帰宅すると彼はすぐにベッドに入り、誰にも声をかけませんでした。なのでここから先は、後から母に聞いた話です。

 父はパジャマに着替えると、ベッドの端に座って独り言を言っていたそうです。どうしたのかと母が聞くと、トイレに行きたいと言って立ち上がり、トイレまで歩いて行って便座に座ったところで倒れ込んでしまいました。

 私が見たのはその後の、そこらじゅうに血が飛び散っている光景で、その場は近くに住む兄に電話することしか思いつきませんでした。

 すぐにやって来た兄は、父の身体を引きずってトラックに乗せ、家から一番近い病院まで運びました。

 病院に着くまでの15分間、兄は何度も父の身体を叩いて蘇生を試みていました。父は2週間集中治療室で過ごした後、もっと大きな病院に移され、肝臓にステントを入れて命拾いをしました。

 今では父はすっかり元気になりましたが、もしあの時私たちが救急車を待っていたら、兄がそこにいなかったら、父は彼が言った通り、その夜のうちに亡くなっていたでしょう。
27395941_s
image credit:photoAC

8.死んだ叔母が肩に手を…

 祖母が肺がんで亡くなったときの話です。彼女はほとんど周囲に反応することがありませんでした。しかし、突然私を見て「彼女が見える?」と尋ねました。

 私が「誰が?」と聞くと、彼女は「あなたの叔母のリサよ」と答えました。リサは少なくとも10年以上前に亡くなっているんです。

 その瞬間、私は鳥肌が立ちました。私が「どこにいるの?」と聞くと、祖母は「あなたの肩に手を置いているわよ」と言いました。

 私は祖母に「愛してる」と言い、他の家族に部屋に入るように伝えました。祖母はその数分後に亡くなりました。

9. 親友のポルターガイスト

 私の親友は34歳で、体を蝕むステージ4の大腸がんにかかっていました。亡くなる前日、彼はずっと「部屋にいるやつらを外に出してくれ」と言っていました(部屋には誰もいませんでした)。

 彼が本当にイライラしていたので、私は立ち上がって部屋中を歩き回り、見えない人々に向かって外に出てくれるように頼みました。

 すると彼は落ち着気を取り戻し、「自分は病気なのか」と尋ねました。私がそうだと答えると、彼は「自分は死ぬのか」と聞いてきたんです。

 私は彼の亡くなった祖父が迎えに来たら一緒に行くことになるかもしれない、と言いました。彼は首を振って「お前なんか嫌いだよ」と言いました。

 私は笑って彼にキスをして、「私もお前が嫌いだ」と言いました。そして「死んだらうちへ訪ねてきて、僕の2歳の子供を見守ってくれ」と頼みました。

 彼は翌日亡くなりましたが、今でも私を定期的にからかいに来ます。

 我が家では電気がついたり消えたり、ドアがバタンと閉まったり、夜中におもちゃが動いたり、カーラジオの音量が突然最大になったりといったポルターガイスト現象が日常茶飯事です。

References:Doctors & Nurses of Reddit, what was the creepiest last words you heard from a patient right before they died? / written by ruichan/ edited by parumo
あわせて読みたい
看護師の55%が超常現象を体験していると告白(アルゼンチン)


精神病院で働く人々が実際に体験した本当に怖い7つの話


病院の通路から顔をだす霊のような物体は亡くなった医師なのか?(ホンジュラス)


廃墟となった精神病院から聞こえる不気味なオルゴールの音(オーストラリア)


遭遇者多発!100回以上も幽霊が目撃されている「キングシート精神病院」廃墟(ニュージーランド)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年07月08日 22:33
  • ID:N8t9DjTa0 #

たまたまそれっぽくなったものが記憶に残るだけの話
我が家は「ムー」に親しんでいたような家庭なので、
亡くなったらTV点けたり何でもいいからそれっぽいことを頼む、
と母に伝えていたのに結局何も起きずじまい

霊だの死後だのそんなものはないんだよ

2

2.

  • 2024年07月08日 22:38
  • ID:.Xxu735V0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年07月08日 23:00
  • ID:XhT.Qjsi0 #

霊を信じていないが病院で働くのは正直イヤだな

4

4. 匿名処理班

  • 2024年07月08日 23:25
  • ID:fsmuzOP.0 #

9番、本当に親友なら良いけどもな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年07月08日 23:58
  • ID:fQF1L8zX0 #

幽霊がどうかは知らないけど、違う次元の存在みたいなのはいるよ
実際に自分は何度も見てる
見てるとは言っても目で見えるわけではないけどね
頭に浮かぶというか、顔の額あたりで感じて自分でイメージする感じ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 01:20
  • ID:F0y.yEfY0 #

臨終予言みたいな感じかな

7

7. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 03:15
  • ID:nx4fHSgC0 #

>>5. ギャングの少年
>>彼がその時何を見たのか、知りたいとは思いません。

釜を持った黒いイエス様じゃねーの?

>>1
成仏して…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 04:35
  • ID:HYBi4psz0 #

自分の祖母が死ぬ間際にもう一度家のお風呂でゆっくり浸かりたいって言って死んだんだけど、葬儀を終わった日風呂場から水音が聞こえたのは家族みんな聞いたよ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 05:43
  • ID:5sjty68G0 #

全体的に文章が読みにくい

10

10. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 06:15
  • ID:Bfjbl4u80 #

多くの人が見ている幽霊とかの正体は幻覚だよ。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 06:17
  • ID:pGps7MNb0 #

うちの祖父は死ぬ前に、昨日は大学でテニスをしたって言ってた
全員ボケてるだけだと思う

12

12. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 07:22
  • ID:Xs4gWJHP0 #

なんか、文面から伝わってくるものがない。
直訳だからだと思うけど情緒を感じない。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 07:44
  • ID:ro8VcexQ0 #

知人に医療関係者が何人かいるので「心霊現象に遭遇した話」はある意味鉄板。だけど全員が「慣れちゃったよ。そもそも実害の出る『生きてる』人間の相手が大変」と笑っている。あらゆることに順応できる人間がいちばん怖い定期。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 07:59
  • ID:gqt2i8.d0 #

幻覚にしろ、何にしろ楽しいキャラが迎えに来るほうがええよな。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 08:38
  • ID:daM3nJ.20 #

>>1
(-ε- )そう拗ねるなよ
カーチャン挨拶周りとかで忙しかったんだよきっと

16

16. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 09:35
  • ID:s6FczRid0 #

霊的なものは信じるようにしてるよ
そのほうが豊かに生きられると感じるから
別に誰にも言わないし自分の心に信じてみるだけ
見守られてると思ったりこちらから冥福を祈ったりそんな霊とのコミュニケーションがあるほうがなんだか自然に思うんだよね

17

17. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 10:03
  • ID:JHlSGT7V0 #

幸せな幻覚が見えるような人生を送りたいものだ

18

18. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 10:50
  • ID:gqt2i8.d0 #

>>14
👻「旦さん、今晩は〜💛 ほな、ボチボチ行きまひょか〜」ってね

19

19. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 11:10
  • ID:y4V2JqtW0 #

>>17
毎晩、夢の中で
美女とイチャイチャしているので
もう充分だなー。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 11:19
  • ID:gqt2i8.d0 #

>>1
優しい家族に見送られて成仏されたのじゃ、あなかしこ あなかしこ

21

21. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 11:37
  • ID:Zy8mdfMz0 #

うちの伯母は亡くなる2週間くらい前からベッドの足元にそれまで買ってた犬猫がすり寄ってくるとか言ってたよ

22

22. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 12:33
  • ID:Tuvy1M.Z0 #

あんまり面白い話はなかったな

23

23. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 13:14
  • ID:sHjkV9q.0 #

関東住みだけど関西で仕事をしていた頃、会社の寮にいて、まだ携帯がなかった時代、連絡手段は事務所に電話して、館内放送で呼び出してもらうシステムだった。留守中に電話が来るとその人の札に「○○さんから電話がありました」とメモを付けてくれる。ある日私の札にメモが付いていたけど誰からだか書いてなくて、今思えばその頃付き合っていた人かもしれなかったし、大阪の友達だったかも知れないけど、とっさに実家からだと思って折り返した。すると祖父が危篤だと。今からみんなで病院に行くところだと。そして、その日の夜だったか、みんなに見守られて祖父は召された。
葬儀の時に「あんた、なんであの日電話してきたの?」と聞かれ、「は?いや、電話があったってメモか付いてたからしたんだよ」といったら「電話してないわよ」と。
後に当時の彼や大阪の友達に聞いても電話していないと。結局、誰からだかわからなかった。
私は初孫で祖父には溺愛された。仕事で遠くに行くと言ったら「もう会えなくなるなぁ」と、初めて、泣かれた。
あの電話は、きっと祖父が私にそろそろいくよと知らせてくれたんだと信じてる。

24

24. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 14:08
  • ID:bY8dem7G0 #

こういうのはね、基本的に本人の幻覚なんだよ。

25

25. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 14:15
  • ID:gqt2i8.d0 #

👯‍♂️「お待ち〜💖」

26

26. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 15:13
  • ID:5UEdh3bt0 #

>>1
お前が気づかなかっただけじゃないのか?

目覚まし鳴る前に母親に起こされた。
雨が降る前に、何となく気になって洗濯物を取り入れることができた。
何となくいつもより早く家を出たおかげで、渋滞を回避した。

とかの「以前もこういうことがあったな」と流してし気づいてないだけとか?

ムーにもその手の、シンクロニシティ的事例は良く紹介されていたぞ。

27

27. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 17:14
  • ID:eCuamXbL0 #

「5. ギャングの少年」が興味深い話だった
母親が瀕死の息子に「イエス様を受け入れて!」と言い続けてたのは、息子の最期を穏やかなものにしたい、可愛い息子との楽しい思い出をつらい姿で上書きさせたくない……と考えると理解はできるが、おそらく脳にもガンが移転して幻覚見ていたであろう息子からしてみれば知ったこっちゃない
最期を穏やかに迎えさせたいのも残される側のエゴなんだと考えさせられた

28

28. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 18:42
  • ID:gKMgPebP0 #

かゆ・・・
うま・・・

29

29. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 20:51
  • ID:vQJwbuTv0 #

未練が有ると中々死ねないと言うのは有ると思う。
婆さんは親に代わって引き取って育ててた孫の名前をずっと呼んでたのだが、未だ幼い孫に変り果てた姿は見せられぬと親族は連れて来ないでいた。
だが、余りに苦しそうなのに中々往けず、孫が怖がってはいかんと思いつつも連れて来ることにした。
孫は直ぐベッドに駆け寄り婆さんの手を取った。
婆さんはその瞬間、満足した顔をして逝った。

30

30. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 11:24
  • ID:kcq7HaRJ0 #

>>8
夫の祖父も退院して自宅の布団で寝たいという希望が叶わなかったんだけど、納棺前に寝かせていた寝室から断続的に祖父の鼾そのものの音がするのを祖母と伯母が聞いたらしい
2人はいくら祖父だとしても怖くてドアを開けられなかったそうで、2か月程して祖母が寝室を使わなくなったのは祖父がまだ鼾をかき続けていたのかも知れない、と夫は考えている

31

31. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 12:55
  • ID:xsAeOPLe0 #

>>19
幸せ者め
かくありたい

32

32. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 13:08
  • ID:xsAeOPLe0 #

>>29
介護職の方のインタビューだったかで、好物を食べた日に亡くなる方が多いと
満足して逝かれるのか執着がなくなってしまうのか
祖母は私一人で見送ってしまったので、29のおばあさんはお孫さんにお会いできてよかったな…と思う

33

33. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 13:31
  • ID:sPzdxQB10 #

>>10
その幻覚を何が見させているのか、
脳は何故その現象を選んだのか

…までは考えが及んでほしかったが、残念だよ

34

34.

  • 2024年07月10日 18:47
  • ID:hyHIT9lM0 #
35

35. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 19:28
  • ID:dhBPiWUo0 #

>>33
普通に文化的なものでは

36

36. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 20:03
  • ID:RDsPjqbS0 #

怖いな〜怖いな〜って思ってたんですがね
中には感動する話もあるから呼んじゃうんですよ…ええ

37

37. 匿名処理班

  • 2024年07月10日 22:25
  • ID:kcq7HaRJ0 #

>>21
ペットのお迎えとか最高だなあ
うちの猫がいつか旅立つ時には将来のお迎えを頼みたいけど、甘えん坊の我儘だから命数があるうちに無理矢理連れて行かれそうで怖い

38

38. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 03:04
  • ID:trN64P0h0 #

エピソード7のお父さん、
吐血して、心停止して、トラックで雑に運ばれて、
壮絶な最期だなぁ、予言通りになってしまうんだなぁと思ってたら、持ち直してて笑ってしまった。
助かって良かったけど生きてんじゃねーか

39

39.

  • 2024年07月11日 12:53
  • ID:zhc6MVgp0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 12:55
  • ID:zhc6MVgp0 #

>>30
親族ならそんな事怖くは無い
むしろ近くに居てくれて嬉しいと感じる

41

41. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 21:37
  • ID:3pfv.xqb0 #

>>40
そう思うんだけど本人が言っていたので…
もしかして怖かったのはそれが祖父ではない何かだったからだったりして

42

42. 匿名処理班

  • 2024年07月16日 23:31
  • ID:EZA6va8R0 #

>>40
いや怖いもんは怖い
むしろ家族だからこそ余計に怖い

霊とか信じない派的には「何が原因で音がするのかわからなくて」初日から怖いし、
信じる派的には「2か月たっても成仏できてないんじゃないかと不安になって」怖い

43

43.

  • 2024年07月18日 03:02
  • ID:2AAFhKeL0 #
44

44.

  • 2024年07月22日 04:35
  • ID:r5uOoSiM0 #
45

45. 匿名処理班

  • 2024年07月24日 04:58
  • ID:IlHPuqV30 #

看護師の母から聞いた話
お盆に夜勤で見回りをしていると、とある患者さんから提灯を持ったおばあさんが訪ねてきて暫くここに居させて欲しいと言われたそうな
迷子の幽霊だろうとの結論に至ったらしいが、話を聞いた時は儀式には意味があるんだなと感心した

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links