ダイソン球の存在に疑問を投げかける天文学者
 星のエネルギーを余すことなく使える巨大構造物「ダイソン球」は、本当にあるのだろうか?

 先日、ダイソン球があると考えられる有力な7つの恒星を発見したと発表があった。ダイソン球は高度な科学技術がなければ建造できない。もしこれが本当なら、そこには高度な地球外文明が存在するかもしれない。

 だが、ある天文学者は、超高度な文明ならあえてダイソン球を作る必要ないだろうと、その実在に疑問を投げかけている。

 本当のところはどうなのか? 英シェフィールド大学の天文学者サイモン・グッドウィン博士の見解を聞いてみようじゃないか。

ダイソン球の可能性が高い天体

 ダイソン球とは、恒星をすっぽりと囲むように建造される巨大な構造物で、1960年に物理学者フリーマン・ダイソンによって提唱された。それは、超高度文明であれば恒星のエネルギーを丸ごと利用する可能性があるという着想に基づいたものだ。

 そのような巨大構造物を作るには超高度な科学技術が必要になるので、その存在は地球外文明があることを示す証拠とされている。

 つい最近、このダイソン球がある可能性が高い恒星が7つ発見されたと、『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』で発表された。

 そもそも宇宙の彼方にある巨大構造物などどうやって見つけるのだろうか? そのヒントは赤外線の過剰放射にある。

 恒星のエネルギーを丸ごと利用するダイソン球だが、厳密には全エネルギーを完全に利用できるわけではない。

 エネルギーを利用する過程で必ず排熱が出る。その痕跡は波長の長い赤外線として放出されるので、これなら地球からでも観測できる可能性がある。

 こうした赤外線は、ガスや塵の円盤、あるいは彗星などの円盤など、ほかのものからも発生する。

 だが、7つの有力候補の赤外線パターンは、それらから予測されるものに当てはまらなかったため、直ちに自然の発生源に由来するとは断定できなかったのだ。

 ダイソン球のもうひとつの特徴は、巨大構造物がその前を通過すると星からの可視光が弱まるという点だ。

 このような特徴は以前にも発見されている。

 地球から見てはくちょう座の方向に1480光年離れた位置にあるF型主系列星と赤色矮星から成る連星「KIC 8462852(タビーズ・スター)」は減光現象を何度も示し、ダイソン球かもしれないと注目を集めた。
1
地球から見てはくちょう座の方向に1480光年離れた位置にあるF型主系列星と赤色矮星から成る連星「KIC 8462852」 / image credit:public domain/wikimedia

そもそもダイソン球は地球外文明に必要なものなのか?

 天文学者のサイモン・グッドウィン博士は、どれほどそれらがダイソン球らしく見えたとしても、その可能性は低いだろうと主張している。

 それどころか、そもそもダイソン球は存在しないかもしれない。なぜなら、ダイソン球を作れるだけの科学技術がある高度な文明ならば、そんな面倒なものを作る必要などないというのが彼の意見だ。

 グッドウィン博士がまず指摘するダイソン球の問題は、高度な科学文明ならば莫大な電力を必要とするという前提だ。

 ちなみに同じような前提は、同時期にニコライ・カルダシェフが提唱した宇宙文明のレベルを示す「カルダシェフ・スケール」もまた依拠している。

 人類の歴史を振り返ってみると、技術の進歩や人口の増加とともに電力使用量はどんどん増え続けてきた。だから1960年代当時、この前提はそれなりに理にかなっていたのだ。

 だが過去50年間、特にここ10年間の世界のエネルギー使用量は、それまでよりずっと緩やかにしか増えていない。

 それもそのはず。科学技術が発展すれば、効率化・小型化が進むからだ。

 実際、ほとんどすべての技術の電力あたりの性能は常に向上しており、将来的には電力使用量の大幅な削減がますます進むことだろう。

 一方、ダイソンとカルダシェフは、彼らが想定する膨大なエネルギーが何に使われているのか、はっきりしたことは述べていない。
2
photo by iStock

ダイソン球1個作るのに 惑星系1万個分のエネルギーが必要

 高度な科学文明がとんでもない量のエネルギーを必要とするかどうかはなはだ怪しいにもかかわらず、ダイソン球を作るのはかなり大変なことだと想像される。

 グッドウィン博士の計算によるなら、太陽と地球との距離で太陽エネルギーの10%を集めようと思ったら、地球10億個分の表面積が必要になる。

 仮にその巨大構造物の厚さがたった10kmしかなかったとしても、それを作るための材料は地球100万個分という膨大な量になる。

 ところが困ったことに、太陽系には地球100個分の固形物しか存在しない。もしもほかの惑星系も似たようなものなら、ダイソン球を作るためには1万もの惑星系から材料をかき集めねばならないことになる。

 あるいは、1つの惑星系だけで無理やり作るなら、ダイソン球の厚さはたった1mしかなくなってしまう。

 しかも、これは惑星系にあるすべての元素を余すことなく使うと仮定した場合の話だ。

 仮にダイソン球に炭素のような特定の素材が必要なのだとしたら、解体せねばならない惑星系はさらに増えることになる。

 こんなとんでもないことを実現できる超高度な地球外文明なら、わざわざそんな大変なことをしなくても、もっと別の楽な方法でエネルギーを得るのではないだろうか?

 だが、これもただの推測であり、グッドウィン博士の見解に過ぎない。

 宇宙のどこかにある地球外文明は、本当にダイソン球があるかどうかは、それを我々が確認できるほどの文明にならなければわからないのだ。

References:Dyson spheres: astronomers report potential candidates for alien megastructures – here’s what to make of it / Dyson spheres: Astronomers report potential candidates for alien structures, and evidence against their existence / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
地球外文明の証拠となる宇宙人の人工構造物「ダイソン球」の有力候補は少なくとも7つある


地球の文明は カルダシェフ・スケールで見ると1型にすら至っていないため地球外文明を見つけられない


知的生命体は白色矮星を取り巻くダイソン球に必ず存在すると天文物理学者


「エイリアンの巨大建造物」と呼ばれるタビーズ・スターから再び謎の減光現象が確認される


宇宙人を見つけるなら、まず超AIを駆動するスーパーコンピューター「ダイソン球」を探せ!

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:14
  • ID:uek8eTBK0 #

確かにダイソン球作れるなら、それ作るより効率の良いエネルギー見つけてそう
てことは、超超超文明の小学生が夏休みの宿題でダイソン球作っててもおかしくないよねw

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:15
  • ID:cFL8hwN70 #

これだけど、
あくまでも地球側の文明形成を
していた場合だよな。
地球外文明なんてどんなものか
想像もつかない
文明や科学がどんな風に
発達したかにもよる

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:18
  • ID:zzRofj1W0 #

そもそもダイソン球とよばれるモノが想像上の産物なのに
それをあの星はそうに違いないと言い張る時点でアタマがおかしい

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:26
  • ID:mstZs7fo0 #

確かに非効率的だし、永久機関の発明の仮定も有って当然やろ

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:29
  • ID:ItfQqQnw0 #

ダイソン球とやらがあったとしてこんなのどうやって運用するんだろ
メンテナンスは?そもそも恒星の熱を間近で受けても大丈夫なのか?
スマホの充電しに恒星まで行ってコンセント挿す前に燃え滓になっちまう

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:30
  • ID:D1DCYMOB0 #

ダイソンスフィアの材料は固形のモノじゃなくてタキオンやフォトンとかの粒子状のなにかって可能性もあるんじゃないかな
ダイソンスフィア=固形状のなにかって概念に囚われてるからそう考えてしまうのかも知れないが

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:44
  • ID:7kTLPdz80 #

>>3
誰もそうに違いないなんて言ってないけどね
あくまで現在のところ可能性がある(当然違う可能性もある)候補が上がってるだけで

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 20:57
  • ID:RwVRsDmZ0 #

別に実用的なものとは限らないでしょ
人気の恒星や星系の近くで生活できるリゾート施設的なものだったりするかもしれないじゃん

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 21:02
  • ID:eIUqqPSq0 #

>あるいは、1つの惑星系だけで無理やり作るなら、ダイソン球の厚さはたった1mしかなくなってしまう。

超高度文明なら厚さ1cmで作れるかも知れないし
もっと太陽の近くに造ればより少ない材料で済む。
もちろん現人類では遠く及ばないレベルの技術が必要だけど。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 21:06
  • ID:YcbGU15n0 #

提唱者のフリーマン・ダイソン氏が想定していたのは、恒星の周りの独立した軌道を周回する物体の緩やかな集団で、これはダイソン・スウォームと呼ばれる。これなら集団の構成単位(コロニーなど)を逐次増やせばいいので、さほど非現実的ではないだろう。
そもそもダイソン氏が提唱したのは恒星を覆う生命圏(biosphere)で、それをSF作家が面白おかしく弄って球(sphere)と捉えたのだ。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 22:26
  • ID:MfmMxyyN0 #

ダイソン球と言われている星に宇宙望遠鏡を飛ばして調べるのが早い

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 22:42
  • ID:e18QR8800 #

※10も書いてるけど「球」って言葉自体が誤用・誤訳なんだよね
惑星の周りを構造物が覆ってSF建築物星みたいになってる、9割の人が思い描くもの自体が
そもそも間違いだからこの議論自体が無意味。
しいていうなら地球はすでに人工物に球面状に覆われててダイソン球が始まってる

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 23:38
  • ID:2jWXKL9B0 #

ダイソンとか言うから掃除機の話かと思っちゃったわーすみません
すぐに
あ、難しい話だ!
と気付きました…

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 23:57
  • ID:Y47DjIXC0 #

地球の円周は約4万キロ
太陽の円周は約430万キロ
例え紐状のを一周りだけ作るにしても物質が圧倒的に足りないということか

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 00:27
  • ID:TiHwqjON0 #

>>4
ダイソン球要らないほどエネルギー効率がいい超文明って
言う通り要は第2種永久機関に限りなく近づいた文明=普通に地熱や太陽光発電してるだけだけど
エネルギー使っても再利用して減らさずどんどん蓄積させていくから実質無限エネルギー文明ってことだと思うけど
これもダイソン球なみには非現実的よねえ…

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 01:07
  • ID:ZAGBr0Uw0 #

余りにも想定した結果が得られないなら、その前提をまず疑うというのは科学的に実に正しいと思う。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 02:08
  • ID:XjA1Fsnv0 #

超文明って何を望むんだろうね。
病気も死も無い、何処へでも行けてどんな人生も体験できる、物理の基本法則も意識の秘密も全部分かった、となったら暇つぶしに地球人の観察でも始めるんだろうか。
何かしら望むものが無いと膨大なエネルギーは要らない気がする。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 02:49
  • ID:UnjvHspY0 #

そんなめんどくさい巨大な構造物造れるくらい文明や科学が発達してるならもっと効率的なエネルギーを発明してるだろう

19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 07:40
  • ID:zXInB7Ha0 #

「我々が確認できるほどの文明」とはさも、地球が宇宙でトップクラスの文明を持っているかのような。
どこぞの文明を持った「地球外生命体」から見たら、地球の文明など菌を育てるアリンコ並に見てるのかも知れないのに。
なんかもう、宇宙の事とか知らなくてもいいんじゃないかな…。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 08:58
  • ID:V6vezgG.0 #

>>9
たしかリングワールドの構造物の厚みは数センチメートルレベルだった気がします。
今の地球の技術ではカーボン繊維で支えることになりますが、公転で遠心力を作って 1G と 1 気圧を支えればいいだけなのでどう実現するかは置いといて強度的には問題ないとみてよいでしょうね。
安定的に軌道に置いとく方が難しいような気がします。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 09:36
  • ID:5fDfXn6G0 #

地球人類も粒子加速器で反物質を作ったりしている。必要なエネルギーに比較してその生成量は非常にわずか。大量にあれば超高出力のエンジンなどが開発できるという話もある。そこから考えると「ダイソン球なんて必要ない」というのは原始人が、現在のエネルギー社会を見て、「そんな大量の薪がどこにあるんだ」と言うようなものではないか。それこそ現代人類の価値基準から脱却できてないことにならないか。

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 09:38
  • ID:dYD3TN9N0 #

意外と材料無いな宇宙と思いました

23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 10:24
  • ID:Nci2z5Q50 #

その超高度文明とやらが「電力」を使っているかどうかもわからんのだが

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 11:25
  • ID:rYef.HyZ0 #

👽️まあ先に縮退炉作るよね

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 11:46
  • ID:rCJfjmCP0 #

>>22
火星と木星の間にある小惑星帯の質量の合計が月の1/35しかない、というのは衝撃だった。

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 12:34
  • ID:PgHqFOAI0 #

>>19
「我々の文明はどこからでも確認できるだろう」だと
自意識過剰な感じになるけど
「我々が確認できるほどの文明」ならそれほどでもないような。

「富士山は大きいから遠くからでも見える」と同じ理屈。

27

27. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 12:47
  • ID:ZaUR.tsa0 #

可能性の思考実験としては面白いとは思ったが、それを指針に異星人を探すぞ!との報道には疑問を感じた
ダイソン球を生産構築するかなり前の段階で核融合なり反物質なりの強大なエネルギー生産に成功してなきゃそもそも不可能だろ
なんかしらの星系内のみに規定する条件がなければ内に篭らず外にでる
檻の中の生物が檻を強化して檻の利用度の最高化を図るか? 外に出て広いリソース使おうとするだろ

28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 13:13
  • ID:Oso5FBgp0 #

>>12
用途は異なるにしても理屈としてはスターリンク衛星群がまさにそれですよね
他には巨大な太陽光パネルをL3ポイントに設置して地球へ電力を無線送電する案も※10の言う非球状の構造物であるわけだし

29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 13:41
  • ID:KzGpr60J0 #

この手のダイソン球の話は、その尺度が現代地球文明のレベルが前提なので、その是非について論ずるのはなかなか難しい
例えるならば、2000年前の、紀元0年頃の文明に住む知識人が、現代文明をどれだけ正確に予想できるかの話に似ている気がする

ダイソン球に関しても、惑星系レベルでの自然破壊の可能性につながるので、そういう視点を考えないで建造するかの話にもなってくる
そうなるとダイソン球は、例えば恒星の制御(延命?)装置として建造され、その予備的な使い方としてエネルギーを使うとかも考えられるし
何らかのスゲー兵器の生成材料を得るために、居住可能惑星がない星系に建造されている何かかも知れない
単に「エネルギーを得るため」という視点自体が間違えている可能性を疑うべきのような?

30

30. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 15:38
  • ID:NYsddOub0 #

そもそも恒星を囲い込んだりしたらそれが放ってる膨大なエネルギーを遮断することになるので、奪ったエネルギーと同等の相当なマイナス影響が周辺環境すべてに出ると思うのだが
オープンにすべてに対して光エネルギーを供給していることこそが恒星の最大の恩恵では?とも思う

31

31. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 15:58
  • ID:KzGpr60J0 #

>>30
その文明にとって、ダイソン球を造った恒星系に価値が無ければ悪影響があっても問題なくね?
恒星系を構成する大半のガス惑星と岩石惑星からも資源を搾り取る前提ならば
恒星系がぶっ壊れても何ら問題はない。自然破壊ではあるけどw

32

32. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 18:54
  • ID:7sYJqilS0 #

>>30
夜空がキラキラ綺麗なのは、なににも利用されてない光が死ぬほどあるってことだと思う
ちょっとくらいよくねみたいな

具体的なマイナス影響といったら銀河風が直撃するくらいか?
殻の外側大丈夫なんだろうかそれで...と思ったけど有り余るパワーで磁気的にシールドするんだろうな

33

33. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 22:25
  • ID:zXInB7Ha0 #

>>26
今の我々が見ることができる範囲って意味か。

34

34. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 00:37
  • ID:Ubj0BW600 #

星々を移動するなら灯台は必要だよね。

35

35. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 01:03
  • ID:.gEMg7rA0 #

>>17
超高度に発達した意識体はどんな欲望を抱くものなのか
すごく興味深い着眼点です!
肉体に起因する欲望が全て満たされあるいは意識から切り離された時、精神にはどんな欲望が芽生えるのか?
ニンゲンは自分が振り回されていたものでも無くなると自ら探し始めたりするけれど、その段階をも超えたならどんな事を考え何を望んで生きるのか
考え甲斐がありますね!

36

36. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 01:22
  • ID:FjaKHO.r0 #

>>19
高度な文明を持つ地球外知的生命体が太陽系外に存在するという前提で探索してるけど、必ずしも惑星で暮らしているという固定概念にとらわれすぎているような気もするんだ
何らかの理由で故郷の惑星を離れて太陽系内に辿り着いたあと太陽系内の身近な場所に太古から既に存在している可能性だってあるのではなかろうか?

37

37. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 09:48
  • ID:wEW0Qm2D0 #

ダイソン球は無いと思うけどな。
これがあると、そこの恒星系の生態系に影響を及ぼすだろ。
微生物一つとっても、恒星からのエネルギーを必要とするものは居るだろうし、超高度な科学力を持った者たちが考えないわけがないんだよな。
なんでダイソン球を信じる人がいるんだろ。

38

38. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 10:18
  • ID:G5cNITCo0 #

面白いから作ってみようと思える文明レベルの世界なら造ってみるかも知れないし

39

39. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 18:11
  • ID:qm8itORz0 #

>>37
ダイソン球ってのはあなたが言ってることとは逆で、
恒星から発生するエネルギーの大半は受け止めるものがなく宇宙に消散して無駄になってるから、
そのエネルギーを残さず活用するにはどうすれば良いかって発想なの

裸の太陽から恒星系が得ることのできるエネルギー<ダイソン球から恒星系が得ることのできるエネルギー
なわけだから、あなたが心配してるようなエネルギー不足の問題は原理的には起こりようがない

生態系にはもちろん影響するには違いないんだけど、
そもそも生態系どころか恒星系を丸ごと作り変えようって話なのだから心配することのスケールが違う

40

40. ..

  • 2024年06月01日 10:35
  • ID:gmhDiZ.B0 #

吸引力が変わらない秘密が?

41

41. パラド信者

  • 2024年06月01日 12:16
  • ID:U2pDagWj0 #

某ゲームでダイソン・スフィア作るために資源集めて土台作ってると
うちの星座が変わってしまうから辞めろやって言ってくるイベントありましたね…
資源効率悪いのもそうでした…
その合金で宇宙艦隊つくればってかんじ

42

42. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 18:21
  • ID:WOQHA0ny0 #

>>10
そのスウォームを繋げることもできるんじゃないか?って事で考え出されたのがダイソンリング。
じゃあ輪にするだけじゃなく全部囲えるだろもう…って事で球体にしたのがダイソンスフィア。
別におかしくないというか当然出てくる発想だよ?

43

43. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 18:26
  • ID:WOQHA0ny0 #

>>37
前の記事でも勘違いしてる人が居たけど、ダイソンスフィアはスフィアの内側に住む超巨大なスペースコロニーで
総面積で言うと地球の何万倍もの生活空間を作れるし、生態系どころか大陸や海も作れるのよ
つまり丸ごと全部ダイソンスフィアに移住するの

44

44. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 21:31
  • ID:jr81.eAo0 #

>>15
まずダイソン球作れるほど資源有り余ってるのになんとしてもダイソン球作らなきゃ!ってなる状況が想像できないのよね。
ただただ効率追求した結果永久機関に近いものできましたっていう方が、非現実的さの度合いは同じでもまだ経緯として納得しやすい

45

45. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 22:40
  • ID:TTurYXut0 #

>>44
我々の文明レベルでは過剰なエネルギーにみえるかもしれないけど
ダイソンスフィアを造れる文明からしたら、必要なエネルギーかもしれない
現代人類が産出しているエネルギーも100年前の人類には過剰なのと同じ話

46

46. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 23:31
  • ID:sXNf.AU30 #

>>42
恒星の公転軌道から外れた部分には極めて大きい内部応力がかかるから
超強度の構造材料とか、重力や慣性を制御する超技術が必要になる。
SFなら空想科学でリングワールドもダイソン球も作れるさ。
現実にはそういう都合の良い技術はまだ無いんだ。

47

47. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 17:25
  • ID:nOJDUk3G0 #

恒星の放射エネルギーを集めるより恒星化していないガス惑星(木星とか)から燃料吸い上げて自分で核融合した方が効率よさそうだけどどうなんかね

48

48. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 17:32
  • ID:z1pjfVMG0 #

>>46
ダイソンスォームもリングワールドもダイソンスフィアも「恒星のすぐ傍の軌道」に存在するんじゃなく
「恒星を周回する惑星の公転軌道をまるまるダイソン構造物が占めている」存在だ。
そこまで超強度なもんは必要ない。
記事のイメージ画像だけじゃなく実際どういうものかもっと調べてくれ。
そしてなぜ作るのに恒星系全ての物質を材料にしても足りるか怪しい超巨大なものになるのか理解してくれ。

49

49. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 17:45
  • ID:z1pjfVMG0 #

>>44
ダイソンスフィアにしろスウォームにしろ、一度作って完成すると恒星の膨張などが起こる数千万年〜数十億年くらいずっと恒星からのエネルギーを受け取り続けられる、それこそ半永久的な動力源となる
超々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々的なコストにおいてこれほどコスパ良いものは無いぞ、
なんなら作った文明が滅んだ後までずっとずっと続くくらいエネルギーが得られ続けるからな
種や文明の寿命からすると使い切れなくて実質的に無限と同等って規模

ただね、スフィアまで行かず仮にスウォームだけを作って留めるにしても最初の1〜2個のユニットだけでもう充分ではになっちゃう可能性も凄い大きい そんくらい1ユニットだけでも得られるエネルギーはデカい
ぶっちゃけてしまえば「人工的に平面地球を作る」のと同じだからね

50

50. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 18:02
  • ID:z1pjfVMG0 #

とりあえず、みんなダイソンスフィアの事をよく理解してない人が多そうというか記事の画像の通りだと勘違いしてる人も多そうなので整理しなおすと
「地球の公転軌道と同じくらいの距離に地球と同じくらいの超デカいスペースコロニーを何千何万と作って配置する」がダイソンスウォーム
そのスペースコロニー同士を連結させるのがダイソンリングやダイソンスフィア

「複数の地球を作ってしかも量産する」って言えば、その価値も作る必要性もわかるだろうかね?
火星や金星をギリギリ居住できる環境に改造するのとどっちが現実的かな? 地球と同じ ハビタブルゾーン内に住める星があったほうがずっと良いよね?
要は恒久的に居住できる環境を何百何千年もかけて増設していくうちに自然にダイソンスウォームの最初のユニットである超構造体が完成するって成立経緯も可能性が凄い高いわけ

51

51. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 19:24
  • ID:yCSgcDi.0 #

>>48
遠心力と万有引力のバランスが取れているのは公転軌道だけ。
ダイソン球で言うと赤道部分でバランスが取れている、とすると高緯度では回転軸からの半径に比例して遠心力が弱くなる。
構造材の強度でバランスを取らないといけない。

惑星何個か分の質量に作用する万有引力を構造材の原子間力で支えられるかな?
現状、一番可能性が高いのはカーボンナノチューブ(CNT)で、軌道エレベーターの構造材の候補に挙げられている。
ただしCNTは圧縮応力には激弱なんで、万有引力に打ち勝って崩れない球殻を支えるのには向かない。

52

52. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 09:17
  • ID:aQAepvLn0 #

>>2
電力換算してたしね。必ずしも電力を使うとは限らない。
反物質生成工場とかを作るなら恒星の周りに置くだろうし。まだNASAでも反物質エンジンは作れてないけど、高度な文明ならやってるかもね。
あとはダイソン球自体の構成物質の量を危惧してたけど、それもまあ自身が述べていたように省エネ、コンパクト化のブレイクスルーがあるだろうし。

ただ、それほど進んだ文明が、ダイソン球を観測できる状態にしとくか?とは思う

53

53. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 09:24
  • ID:aQAepvLn0 #

>>3
100%恒星のエネルギーを活用するなら恒星を覆ってしまうしかない、という事に反論があるとは。
100%恒星のエネルギーを活用する必要があるか?って話ならまだわかるが。つまりこの記事の話なんだよね。

現状の地球文明が想像しうる科学的手法としてダイソン球というアイデアがあり、それに基づいた星を探してみようってだけなんだからアタオカがどうとか言われてもなあ。

54

54.

  • 2024年06月03日 17:57
  • ID:KSTMadFh0 #
55

55. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 22:57
  • ID:k9gGyA770 #

核融合も自由自在で原子核変換もできるから資源不足になるような文明レベルじゃないよな。恒星を小さくして長寿命化したりもできるし。どれだけ省エネにしても演算にエネルギー使うのが分かってるから成長続けて行けば使用エネルギーは増え続けるし。あえてそこまで発展はしないはずって制限つけて100%エネルギー活用に達しないって言っても解決策見つける文明発展する場合も有るだろになる。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links