遺体が腐敗せずミイラ化するコロンビアの町
コロンビアの町サン・ベルナルド / image credit:WIKI commons

 アンデス山脈の高地にあるコロンビアの小さな町、サン・ベルナルドは、まるで時が止まっているかのように感じるかもしれない。

 この不思議な町では、亡くなった人が墓地に埋葬されると、なぜか腐敗することなく自然にミイラ化し、衣服、髪の毛、目までがしっかり残されているのだ。

 この驚くべき現象について、科学者たちはまだ理由を見いだせていないという。

遺体が自然にミイラ化してしまう不思議な町

 コロンビア、サン・ベルナルドの町で、ガラスケースに入った母親の遺体の前でひざまずいている娘の姿があった。

 遺体はミイラ化していて、ただ眠っているだけのように見えるが、この母親が亡くなったのは30年以上前のことだ。

 この遺体はサトゥルニナ・トーレス・デ・ベハラーノさん。彼女の服は埋葬時のまま。バラ柄のドレスとその上に羽織った上着もまだそれとわかるほど状態を保っている。

 不気味なほど保存状態のいいその手には、造花の赤いカーネションが握られている。
「母の浅黒い小さな丸顔と三つ編みの髪は、死んだときと同じでずっと変わっていません」娘(63)は語る。遺体が安置されているこの場所は、ホセ・アルキメデス・カストロ霊廟にあるミイラ博物館。

 ここには、サトゥルニナ・トーレスさんと同じように、死後に自然に、あるいは謎めいた形でミイラ化したサン・ベルナルドの住民13人の遺体が展示されている。

「神が母の姿をずっとそのままにしたいと思ったのだとしたら、なんらかの理由があるはずです」娘は言う。

 サトゥルニナ・トーレスさんは1993年に亡くなり、サン・ベルナルド公営墓地の納骨堂に埋葬されたが、2001年に掘り起こされてこのミイラ博物館に安置された。

 新しい遺体のためにスペースをあける習慣があるため、こうした処置自体は珍しいことではない。ただ、掘り起こされたとき、彼女の遺体は髪の毛や爪、皮膚組織の大部分が損なわれずにそのまま残っていた。

いったい何がおきているのか?

 驚きの現象だが、実はこれが初めての例ではない。1963年にこのように腐敗せずにミイラ化した遺体が初めて発見されて以来、同様のミイラが数十体見つかっているのだ。

 町の人々はいったいなにが起きているのかと驚き、たまたまだっただけと考えたという。しかし、その後も同様の遺体が増え、すぐ腐敗してしまうはずの眼球が残っている遺体さえあった。

 1980年代後半には、毎年50体ものミイラが発見されたことがあったが、その後は年々数は減っているという。

自然発生したミイラ化現象の謎はいまだ完全に解明されていない

 メキシコやイタリアでも、ミイラ化処理していない遺体がどういうわけか腐敗せずにミイラになるこうした現象は見られることがある。

 専門家たちは何度も説明しようと試みたが、サン・ベルナルドで自然発生したミイラ化の原因はいまだ解明されていない。

 地元の住民の中には、本人が生前善良だったため、死後の報酬なのだと信じている者もいるらしい。逆に罰だと考える者もいるという。

 大半は、この自然ミイラ化現象は温暖なサン・ベルナルドの住民の健康的な食生活と、活発な農業生活によるものだと考えているが、その証拠はない。

 ホルヘ・アルマンド・クルス氏もミイラになったひとりだが、彼は人生の大半を大都市である首都ボゴダで過ごし、亡くなってから生まれ故郷サン・ベルナルドに戻ってきて埋葬された。つまり食生活や職業環境などは関係ないようだ。

 この町のミイラ化に明確なパターンはない。死亡時の年齢はそれぞれバラバラだし、ミイラになった人たちに特定の性別や体型があるわけでもない。

サン・ベルナルドの気候と関連性があるのか?

 サン・ベルナルドは、コロンビアの首都ボゴダから南へおよそ100kmのところにある町だが、どうやらカギはこの埋葬地にありそうだ。

 この町で初めてミイラが発見されたのは、地下墓地のない埋葬地ができた後のことだった。

 1960年代以前にもこの町にはふたつの埋葬地があったが、ミイラができたケースはひとつもなかった。

 この土地の気候は湿度が高く、普通なら有機物の分解は妨げられるどころか進むはずだ。

 コロンビア国立大学の人類学者、ダニエラ・ベタンクール氏によると、墓地が山の急斜面に位置していることが原因ではないかという。

「ここは気温が高く、常に風が吹いているため、地下墓地はオーブンのような環境になっていると思われます。つまり、遺体が脱水症状を起こしている状態になるのです」

 しかし、この仮説はまだまだ検証する必要があるという。

「何がどう作用したらミイラ化が起こるのか、特定の条件がミイラ化を引き起こしているのかは、まだ研究が不足しています」

 ミイラ化した遺体の親族は、ミイラを博物館で展示することを承諾しなくてはならないことになっているという。ほとんどの家族は火葬を望むが、サトゥルニナ・トーレスさんの娘はこう語る。

「神は母を私たちに残そうとしてくださったのです。ただ眠っているだけのような母の姿を見たら、どうして火葬になどできるでしょうか」

References:Bodies Don't Decompose as Normal in This Colombian Town, And Nobody Knows Why : ScienceAlert / Dead bodies keep mummifying in this mountain town — and scientists are baffled / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
死後わずか16日で完全にミイラ化した男性に法医学者もびっくり


エジプトよりも数千年古い南米チリ、チンチョーロのミイラ


全身をロープで縛られたミイラが発見される。推定800〜1200年前のもの(ペルー)


世界最古のミイラか?ポルトガルで発掘された8000年前の遺体にミイラ処理の痕跡


世界初、古代エジプトの妊婦のミイラが発見される

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 22:21
  • ID:ZQD3G.FQ0 #

びっくりした!スクロールしたらいきなりドアップでびっくりした!
埋めただけでこんなに原形保つなんてすごいけどびっくりした!

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 22:52
  • ID:Ls80jwT10 #

博物館に展示するのが半ば強制になってるという事なのかね
自分もミイラ展など行くし、それと何が違うかと言われたらぐうの音も出ないんだけど、なんだか微妙な気分になるな
最初の動画の上半身と下半身が上下逆にケースに収められているのとか…

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 23:08
  • ID:0iQPbsO60 #

その辺で死んだ犬猫でも埋葬してみて同じようにミイラ化するかみてみたらいいんじゃね。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 23:19
  • ID:kSORpAE60 #

何ででしょうね
どういうわけか腐食しないわけでしょ
酸素がある環境で・・

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 23:42
  • ID:JcMQQOMN0 #

リーピングって映画でミイラ化した遺体の周辺調査したら、ヤバそうなドラム缶大量に廃棄されてて液体が漏れ出てたのが原因ってあったけど
ああいう感じでなんかやべえの捨てられて墓地周辺が汚染されてるとかはないんやろか

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 02:24
  • ID:KGITYdXw0 #

ミイラ「脱水症状起こしちゃった。水飲まなきゃ」

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 06:08
  • ID:llKyuMVm0 #

ミイラ化しても掘り上げる習慣がないと見つからんよね
土中に埋もれたままのミイラ、世界各地にありそう

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 07:19
  • ID:jUT0Yp8z0 #

この国にだって法医学があって、法医学者や鑑識が遺体を調べて「死後、◯日が経過している」とかやってるはずなので、
「死後の遺体変化の過程が不明」ってことはありえないと思うぞ。

9

9.

  • 2024年06月08日 07:42
  • ID:eTN2qJ2N0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 08:42
  • ID:1W.fWk9C0 #

>>4
即身仏になる時は、徹底的に脂肪を落とすそうなので、元々痩せ型で体脂肪が少なかったところに気候的な要因なんでしょうかね…

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 09:24
  • ID:vA.OSgOB0 #

純度100%の蜂蜜に浸かった太古の遺体とかないのかな

12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 13:11
  • ID:llKyuMVm0 #

>>11
そういえば、アレクサンダー大王の遺体を持ち帰るのにとき、腐敗防止に蜂蜜漬けにしたって話だけど残ってないんだろうか。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 22:45
  • ID:ibexBU5M0 #

ご遺体と一緒にカメラとか検査記録する機材を入れるのはNGかなあ…

14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月09日 20:56
  • ID:NS8E166F0 #

カツオブシみたいにイイ感じに脱水してくれるカビ菌が沢山いる地域だったりするのかな

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月11日 12:28
  • ID:pwEjzUDX0 #

死体を掘り起こすのがまず理解できない…
いくらスペースないからって他にやりようないのか

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links