ウクライナでAIドローンが地雷探知
 ウクライナはついに、アフガニスタンやシリアを抜き、世界で最も多く地雷が埋められた国になってしまった。その数は数百万個に及ぶといわれており、不発弾を含めるともはや推測すらできないレベルだという。

 そんな中、地雷や不発弾(UXO)の検出を自動化したドローンプロジェクト「Safe Pro AI」による地雷探知が始まった。

 このドローンが危険極まりない地雷から、人間や動物を救ってくれるかもしれない。

世界最大の地雷汚染国となったウクライナ

 ウクライナはロシアの侵攻により、世界最大の地雷汚染国になってしまった。最前線の戦闘だけでなく、ロシア軍の占領から解放された町や村でも、ロシア軍が残した地雷や不発爆弾との戦いを余儀なくされている。

 現地では先日ドローンによる地雷探知の模擬テストとして、50〜100個の模擬地雷がばら撒かれた原野の上空を、Safe Pro 社の子会社であるドローンプロジェクト会社「Safe Pro AI」のドローンが飛行する試みが行われた。

 ドローンは1万5000枚以上の写真を撮影。これをディープラーニング・アルゴリズムで分析し、たった2時間で72個の地雷の位置を正確に特定することに成功した。

 現在、このドローンは、ウクライナで複数の地雷撤去チームによって使用されている。

 同団体の共同設立者ジャスパー・バウアー氏はSpectrum IEEEで次のように述べている。
努力が報われました。今日、ノルウェーのピープルズ・エイドや世界最大の爆発物除去NGO、HALOトラストなどがウクライナで私たちの技術を使用し、地雷探しを行なっています(ジャスパー・バウアー氏)
1
飛行中のドローンと検出された地雷の画像/Credit, Demining Research Community

地雷や不発弾が残されている国は50以上

 いまだ地雷に悩まされている国は少なくない。ウクライナはもちろん、アフガニスタンやシリア、フォークランドやラオスでの紛争で埋められたものなど、地雷や爆弾などがそのまま残されている国や地域は50以上もある。

 2020年だけでも、146km2の土地から13万5000個以上の対人地雷が除去された。その一方で地雷による死傷者は毎年数千人にも上る。

 2022年時点で164カ国が対人地雷禁止条約(オタワ条約)に署名・批准しているが、そこにロシアや米国の名はなく、批准国であるウクライナも違法に地雷を使用している疑いがある。

 このように国際法による地雷の規制は不十分なものだ。だからこそ、Safe Pro AIのような地雷探知ドローンは、子どもや農村で暮らす人々などが地雷を踏まないようにするため、世界中で活動を行なっている。
ウクライナの地雷地獄

ドローンとAI技術で地雷探知の精度を上げ効率化

 ウクライナでは現在国土の約4分の1、日本のほぼ半分ほどの面積に地雷が設置されているという。

 ドローンで地雷を撤去するには、1km2あたり6万枚の空撮が必要になり、その写真1枚を人間が確認するためにに3分かかる。

 「このペースでいくと、地雷があると疑われるウクライナの土地すべてをカバーするには、5億人時間(1人時間=1人が1時間かけてできる作業量)以上かかることになります」

 Safe Pro AIドローンプロジェクトが始まったきっかけは、2019年に当時ビンガムトン大学の地球物理学・リモートセンシング研究所に在籍していたバウアー氏が、ソ連の「バタフライ地雷」を検出するAIをシステムを訓練したことだ。

 2020年、バウアー氏とガブリエル・スタインバーグ氏はロボット工学やリモートセンシング技術を駆使して地雷と戦う「Demining Research Community」を設立。

 昨年にはドローンに空中磁力計・熱画像・LiDARを搭載するなど、着々とその技術をアップデートしている。

 地雷探知ではアフリカオニネズミが活躍していたが、人間のまいた種は、人間が刈り取ることができるようになりそうだ。

References:Drones Find Dozens of Landmines Littering Ukraine So They Can Be Defused / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
人間のためにありがとう!カンボジアで地雷撤去に貢献した英雄ネズミが永眠


そこにはこんなドラマがあった。フォークランドの地雷原に住むペンギンたちの物語


圧倒的加速力と横移動のカニ走りで地雷をかわすことが可能となったボルボの新型軍用車


ほうれん草がEメールで危険を知らせてくれる!植物を利用したコミュニケーション技術


史上最も爆弾がおとされた国。ラオスには9年間で約2億7,000万個以上の爆弾が落とされていた

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 20:00
  • ID:CXP7aEvD0 #

精度的にはどうなんだろ?
そのエリアの地雷を99%取り除けたとしてもそこはまだ「地雷原」だよね・・・
結局ローラー作戦でやらないと安心できない

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 20:23
  • ID:7pLkyCs10 #

余談になっちゃうけど…
フューチャーウェポン等で有名な元シールズの軍人リチャード・マコウィッツ氏は、軍人として廃絶しなければならないと思う兵器に核兵器と地雷を挙げてたね。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月22日 20:35
  • ID:fGQMif2A0 #

時間というコストを圧縮してくれるなら十分有用だね。
地雷原には散布型と埋設型があるんだ。

4

4.

  • 2024年05月22日 21:23
  • ID:GNcDKHqu0 #
5

5.

  • 2024年05月23日 01:54
  • ID:UEQvpflj0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月23日 08:41
  • ID:.Ubi5bcg0 #

>>2
地雷より低コストで敵を遅滞させられる別の兵器が出たら根絶できるんじゃないかな
ミノフスキー粒子的な、戦車やヘリの電子機器を止めたり銃器が使えなくなるような。
もしくはモビルスーツみたいな、ちっこい地雷では意味がない巨大兵器かな?対人地雷の排除も簡単そう

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月23日 10:40
  • ID:Wj93gYDy0 #

21日付のニュースでウクライナ軍がロシア領内の道路にドローンを使って地雷を散布する密着取材が取り上げられていましたが、地雷は設置するのは簡単でも除去は本当に難しいですからね

ドローンやAIの性能向上がこういった人のために使われることを切に願います

8

8.

  • 2024年05月23日 10:46
  • ID:FAjlTN8e0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 09:32
  • ID:o3DyNU.N0 #

地雷は世界中で禁止にして欲しい。そんな願いです。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 18:29
  • ID:WxjLaaFj0 #

カンボジアで地雷除去している方からの情報ではアメリカ、ソ連(当時)、中国、ベトナム、日本!等の地雷や不発弾が見つかっており、それぞれ対人対戦車等多種使用されているので単純に地雷処理機だけでは処理できずものすごい時間とお金がかかるとのこと
はたから見ると人間は核物質よりも危険な存在ではなかろうか?

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links