バイキングが歯に溝を彫った理由を解明
 9〜12世紀、ヨーロッパ各地の海岸地帯で、海賊活動や交易を行っていた、スカンジナビア、バルト海沿岸地域の武装集団「バイキング」だが、歯に横向きの溝が彫ってある遺骨が数多く出土されている。

 それはいったいなぜなのか?その理由は長い間不明だった。

 だが、新たな研究でその謎がようやく明らかになった。一部のバイキング(ヴァイキング)たちは、自分たちが交易商人であることを示すための目印として溝を彫っていたのだという。

バイキングの歯に彫られた溝の謎

 人体に意図的に手を加える行為は珍しいことではなく、世界各地で古くから風習として行われていた。

 スウェーデンやデンマーク各地の遺跡で発掘されたバイキング(ヴァイキング)の遺骨の歯には、横に溝を彫った後が見られ、こうした習慣が見られることは10年以上前から知られていた。

 大きな疑問は、それはなんのためなのか?ということだった。

 これまで、バイキング時代の歯を削った例がこれまで合計130確認されている。
1
ゴットランド島から出土したヴァイキング男性の遺骨の歯。意図的に溝が刻み込まれているのがわかる / image credit:SHM/Lisa Hartzell SHM 2007-06-13

商人である証として彫られた可能性

 スウェーデン最大の島、ゴットランド島から出土した遺骨を集中的に分析した結果、65人の男性の歯にこの特徴的な横溝が見られた。こうした行為が習慣的に行われていたことを示す最大規模の遺跡だ。

 遺骨が見つかった場所から、彼らはかつて商人だったのではないかと研究者たちは考えている。溝がつけられた歯をもつ遺骨はすべて、交易場所に限定されていた場所から見つかったからだ。
2
歯に溝がつけられ、骨折の跡が治癒した痕跡のある男性の頭蓋骨(ゴットランド島)/ image credit:SHM/Gabriel Hildebrand 2011-12-09

後世のギルド制度の前身

 この65人は集落から少し離れた小さな墓地に埋葬されていた。つまり、彼らは地元の人間ではなく、集落を定期的に訪ねていたよそ者だったと考えられる。

 研究者はこう結論づけている。
歯に溝を刻む習慣は、プロの商人集団の交易活動と関係がありそうだ。ここから、交易商人限定のグループへの入会儀式、商人というアイデンティティの仲間意識の印として機能した溝だった可能性がある。これが後世のギルド制度の前身と言えるかもしれない

ゴットランド島からは頭蓋骨を意図的に変形させた女性の遺骨も

 ゴットランド島からは、ほかにも体に手を加えられた遺骨が出土している。

 頭蓋骨が意図的に長く引き延ばされ変形した3人の女性の遺骨が見つかったのだ。こちらの理由もはっきりわかっていないが、この女性たちは子どもの頃に頭蓋骨をきつく縛るなんらかの施術をを受けていたようだ。

 人工頭蓋変形は歯よりもずっと稀だった。このような頭蓋骨変形はこの3人の女性だけで、すべてほぼ同じ時代のものだ。

 DNA分析の結果、ひとりは地元の人間で、あとのふたりはバルト海地方の人間であることがわかった。
3
意図的に変形させたゴットランド島の女性の頭蓋骨 / image credit:SHM/Johnny Karlsson 2008-11-05

 いずれにせよゴットランド島では、頭蓋骨変形は極めてまれで、この風習がすぐに廃れてしまった理由は3つ考えられるそうだ。

 ひとつは施術を行われた女性たちは、頭蓋骨改変が一般的な習慣の地域出身だった可能性だ。

 2つ目はこの習慣が特定の家系でのみ受け継がれてきて、頭蓋骨を縛るという難しい技術を習得していた人物がその珍しいスキルを伝授する前に死亡した可能性である。

 3つ目の可能性は、女性たちがこうした行為を子孫に伝えるのを望まなかった可能性だ。

 この研究は『 Current Swedish Archaeology』に掲載されている。

References:Now We Know Why Vikings Filed Grooves Into Their Teeth ≫ Explorersweb / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
弥生時代後期から種子島に住んでいた広田人は意図的に幼児の頭蓋骨を変形させていた


バイキングは金髪碧眼の北欧人というイメージが覆される可能性。DNAの分析からその多様性が明らかに


アメリカ大陸に一番乗りしたのは北欧のバイキングだった可能性。1000年前に上陸した証拠が発見される


古代メキシコの遺跡でハート形に変形させた頭蓋骨が発見される


先史時代の穿頭術。脳外科手術の痕跡がある5000年前の頭蓋骨を発見(ロシア)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 22:02
  • ID:vJwIo0xI0 #

知覚過敏エグそう

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 23:03
  • ID:yhxP5U9D0 #

ハーラル青歯王のBluetoothの由来は色々な説があるけど
もしかしたら溝掘って青くしていた可能性もあるのかな
現代だと功績に因んでワイヤレスの代名詞にされてるけど

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 23:42
  • ID:hoVMK.890 #

もう二度とアイス食べられないねぇ

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 02:54
  • ID:q2AvH16q0 #

生きてる間に彫られたのかなあ
他の人のコメントにもあるけど痛みが出そうだし死後何かの証とか儀式として彫られたものではないのだろうか
もしくは交易商人に対するなんらかの罰であるとか…?
納期が遅れたらペナルティで1本刻むみたいな

5

5.

  • 2024年05月27日 05:56
  • ID:KQk4YKjQ0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 08:26
  • ID:V9G3a5Wv0 #

>>3
生ぬるいアイスなら大丈夫かも?

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 09:46
  • ID:2s0ASefu0 #

あちこち歯が欠けてしまっている歯ぎしり民としては健康な歯を傷付けるなんて非常に勿体無い!

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 11:06
  • ID:h7u5rRJB0 #

>>4
今の技術は歯を調べればいつ損傷したかも判るそうだし、少なくとも死後にやられたとかはないんじゃないかな

日本でも櫛状に歯を削ったり故意に抜歯したりもあったけど、一応は通過儀礼として処置されたとされているからね

だからこの溝を彫るというのも連帯の証であり、かつ痛みを伴うけど偽装しづらい身分証明としてやったんじゃないかと思う

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 20:55
  • ID:Cjtu..zh0 #

どっかの古代で【平民と見た目で差別化するために赤ん坊の頃から頭を布できつく締めて変形させる】特権階級いたみたいだけど
デメリットのほうがデカいよね

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 17:37
  • ID:mUNfUUlG0 #

>>9
デメリットのほうが大きいとは一概には言えない
(生物的な)デメリットを補って余りあるほどの社会的メリットがあるからこそ文化として定着したと考えられるわけで
デメリットを上回るメリットがなければ、この記事にあるゴトランド島の女性たちのように習慣としてあっという間に廃れたはず

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 12:10
  • ID:NXM4c2r20 #

ノミか何かで彫ったんだろうか?想像するだけで歯が疼いてくるな

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links