オランウータンが薬草で傷を治している様子を初観察
 数年前、インドネシアの熱帯雨林保護地域で暮らす野生のオスのオランウータンが、他のオスとケンカをして右目の下に傷を負った。すると驚いたことに、そのオスは傷口に薬草を塗り始めたのだ。

 その植物は、鎮痛効果のほか、抗菌・抗炎症・抗真菌・抗酸化作用といった薬効成分があり、インドネシアの人々が昔から薬草として使用していたものだ。

 オランウータンはその薬草を繰り返し傷口に塗っていたため、意図的に薬草を使って傷の治療をしていたと考えられる。その傷は薬草効果もあってか完治した。

 これは、野生動物が薬を使って治療した世界初の事例になるという。

喧嘩で負った顔の傷に薬草をかみ砕いて塗り付けるオランウータン

 アジアの熱帯のみに生息するオランウータンはヒト科オランウータン属に分類され、現在ボルネオオランウータン、スマトラオランウータン、タパヌリオランウータンの3種が確認されている。

 今回、興味深い行動が観察されたオスは、インドネシアの熱帯雨林保護地域スアック・バリンビン(Suaq Balimbing)調査地で暮らすスマトラオランウータンのオス、「ラクス」だ。

 ラクスは、は他のオスと喧嘩し、顔に傷を負った。

 すると南アジア原産の「アカール・クニン(学名 Fibraurea tinctoria)」という植物の葉を噛んで液体を出し、その汁を右目の下にできた傷口に繰り返し塗っていたのだ。

植物の葉を噛んで液体を出し、ラクスはそれを傷口に繰り返し塗りつけ、噛んだ植物の材料を傷口に直接当てていた。これは医師が傷口に貼る絆創膏によく似ているという。
10
左: アカール・クニンの葉。葉の長さは15〜17cm程度。右: アカール・クニンの葉を噛んで治療に使うオランウータンのラクス / image credit:Saidi Agam / Suaq Project

野生動物が薬草を使って傷を治療する初の事例

 アカール・クニンは、「ベルベリン」という抗菌・抗炎症・中枢抑制・血圧降下効果があるアルカロイドが含まれていることから、インドネシアの伝統医療で使われてきた薬草だ。

 またラクスはこの植物を食べもした。周辺には150頭のオランウータンが生息しているが、彼らがこの植物を食べることは滅多にないので、それ自体がとても珍しい行動だ。

 マックス・プランク動物行動研究所のキャロライン・シュプリ氏は、「私たちが知る限り、野生動物が薬効のある植物で積極的に傷の治療を行った事例は、これが初めて」と語る。
2
ラクスの顔の傷(左)2か月後に完全に治癒した(右) / image credit:Armas/Safruddin

 ラクスは1989年生まれのこの地域では支配的なオスの1頭で、顔の両側に大きな頬パッド(オスの第二次性徴)がある。

 研究チームは、あえて傷口に塗っていたことや繰り返し行われたことから、ラクスの行動はたまたまではなく、意図的なものと考えている。こうした行動は、ほかの仲間から学んだものである可能性も考えられる。

 なお薬草が塗られた傷口は、感染症を起こすこともなく、5日以内にはふさがり、2か月後にはほぼ傷口が消えたという。
5
ラクスの傷の変化がわかる比較写真 / image credit:Laumer et al/Scientific Reports

オランウータンと人間の共通祖先から受け継いだ能力なのか?

 こうした行動からは、薬草で傷を治すという行動のベースにある認知能力が、オランウータンとヒトの共通祖先にまで遡れる可能性がうかがわれる。

そうした認知能力が具体的にどのようなものなのかは、まだ調べられていません。
今回の観察は、オランウータンが植物で傷を治療できることを示していますが、彼らがそのプロセスをどの程度理解しているかは不明です(シュプリ氏)
 オランウータンとヒトの最後の共通祖先が生きていたのは、およそ1300万年前のことだと考えられている。

 オランウータンは、チンパンジー、ボノボ、ゴリラをはじめとする類人猿の仲間で、私たち人間に一番近い親戚だ。

 オランウータンはそうした親戚の中では私たちの一番の遠縁にあたるが、それでもDNAの97%が共通している。

 インドネシアやマレーシアなど、アジアの熱帯に生息するオランウータンは、マレー語で「森の人」を意味し、その名の通り、樹の上の暮らしに適応した世界最大の樹上性哺乳類だ。

 ハンモックを作ったり、人の服を脱がせたりと、非常に知能が高く、優れた問題解決能力があることで知られている。

 また仲間を観察することで学び、そうした知識や技能を世代から世代へと受け継いでいる。
 この研究は『Scientific Reports』(2024年5月2日付)で報告された。

References:First report of wound treatment by a wild animal using a pain-relieving plant / Wounded orangutan seen using plant as medicine / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
森を荒らすショベルカーと戦おうとしたオランウータンの映像は本当だった


野生のオランウータン、川に入った男性に手を差し出し、救い出そうとする仕草(ボルネオ島)


賢いし器用すぎだろ!オランウータンが布を利用してハンモックを作り上げる


人格を与えられた女性のオランウータン、34歳の誕生日をお祝い(アメリカ)


世界初、オランウータンがパーム油会社の取締役に就任

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 08:36
  • ID:TNtRATNh0 #

薬草の薬食いみたいのはサルでも見られた筈だけど。一応言い伝えみたいな物なので、映像化されたのはとても珍しい筈。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 10:18
  • ID:757owbVD0 #

恐るべし、DNA 

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 11:35
  • ID:nkAADhh90 #

神農ってオランウータンだったのかもしんねぇな

4

4. アユラ

  • 2024年05月05日 12:31
  • ID:l5VYaPSV0 #

オランウータンの子供は、母親から色々教わるらしいから
薬草の効能と使い方も、母親が教えるのが自然でしょう。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 12:46
  • ID:HVDJ6lY60 #

賢いなあ!
思ったより深いキズだった。目じゃなくて、無事治って良かったね。調査は体力がいるだろうに、女性研究者の情熱がすごい。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 13:33
  • ID:EJKNJPXC0 #

確かサラワク(ボルネオ島)の民話では、王様が遠くの国の使者をもてなすのに家来たちに最もおいしいドリアンの実を求めさせる話があります。
ドリアンは栽培品が主流の現代でもそうなのですが、ときどき苦味の強いものがあって、しかも実際に食べてみるまで、その実が苦いかどうかわからないのです。

大事な使者をもてなすのにそのような苦いものがあっては大変なので、彼は家臣たちに間違いのないおいしいドリアンを手に入れてほしいと頼みます。
家臣たちは各々の国元に戻り、自らの国の山や農園、あるいは自らの街の最も栄えた市場で、最上の自慢のドリアンの実を王宮に持ち帰ります。
さて、家臣たちが持ち寄り、王様の前に並んだドリアンはどれもみな大きく立派な素晴らしいものでしたが、その中に見た目から不揃いで、色もあまり良くないものばかりが詰まった籠がありました。
それは王国でも最も山深い藩鎮の殿様が持ってきたもので、日頃から自分たちの土地の栄えていることを自慢していた他の家臣たちは、みんなで彼の持ってきたドリアンのみすぼらしさを笑いました。
ところが実際に食べてみてびっくり、その不揃いで色もあまり良くないはずのドリアンは、よくドリアンを知る家臣たちどころか、王様ですら食べたことのない、本当においしい最上のドリアンだったのです。

どうしてこのような最上のドリアンを求めることができたのか、王様は彼に問います。
殿様が答えて曰く、最もおいしいドリアンの在処を知っているのは森の人(orang utan)だけなので、私はバナナの葉でもち米を包んで蒸し、それを持って山奥の彼らの住まいへ行き、これらのちまきと最もおいしいドリアンを交換してくれ、と森の人に頼んだのです、と。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 14:39
  • ID:pZFh0aX00 #

どの草にどんな効果がある、って、まさか手当たり次第の草を食べたり塗ったりしてみて試したわけでもないだろうし、どうやって知るのかな?他の生き物がやっているのを見て学ぶっていっても、じゃあその生き物はどこから知ったのかってなるし、こういうのは本当に不思議に思う。人間の漢方とかもそうだけど、だれがこんな草の根っこを煎じて飲もうと思ったのよ?とかっていうの多いもんね。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 16:02
  • ID:WtRSbbNg0 #

>>インドネシアの伝統医療で使われてきた薬草
オランウータンが現地人を真似た可能性もあるし、その逆の可能性もある
ニホンザルが温泉に入るのだって人間とどっちが先なんて判らない

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 16:33
  • ID:gh72niA20 #

これまでも薬効の利用はフンの成分から観察されてはいたんだけど
映像でとらえられたのはこれが初ってことか
もう文句なしやね

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 17:26
  • ID:c2craJEV0 #

こういう知恵の伝播はどの程度の範囲で起こっているんだろうか
ニホンザルの芋洗い行動は幸島の群れでしか起こってなかったそうだが

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 18:00
  • ID:0Hhwdppt0 #

遠い昔に薬効あり!と叫んだ天才オランウータンがいてずっと知識が受け継がれてきたって事か

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 19:04
  • ID:XC2duznC0 #

オランウータンって知的で大人しいイメージ勝手に持ってたけどこんなえぐい傷つくようなケンカするんだな。
握力だけでも350kgとか相当あるらしいけどやっぱびびるわ。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 22:24
  • ID:3wTaapTx0 #

>>7
それは本当にいろんな場面で思う!
その辺に生えてる草をひりひり痛い傷口に塗ってみようと思わないもん!
同じ感覚で貝をこじ開けて中身食ってみようとかも思わない
最初に試した人達はすごい度胸だよ、いやほんとすごすぎるや

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 23:15
  • ID:5muTnCDa0 #

>>6
それがこの記事となんの関係が?

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 23:31
  • ID:NWHRgVF90 #

>>12
チンパンジーよりましよ

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 00:45
  • ID:nKY7yXMq0 #

トム・ブラウン・ジュニアがグランドファーザー(アパッチ族の古老)の教えを得て書いた本に、グランドファーザーは効能は植物自身が教えてくれると言っていたとあった

人間はもう植物とのコンタクトを忘れてしまったけど、森の人はそれが出来るのかも

17

17.

  • 2024年05月06日 09:04
  • ID:Mb8fY31h0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 09:35
  • ID:QfkERjKJ0 #

>>10
どこで読んだか忘れましたが、イモ洗いは若いオスが始めたとのこと。
人間の男の子を見てるとわかりますが、意味のないようなバカなことで遊んだりしていますが、そこから発見があったのだろうと思います。
もしかするとオランウータンも体調悪い時にアレを食べると良くなるとかそういうのを知っていて、怪我した時にこいつを食べると怪我が痛くないことに気づいて食べる習慣ができたり、試しにかみ砕いて塗ってみるとかやってみたのかもしれません。今回の話もオスってところが気になります。フンから食べてることがわかっていたなら食べてるものの性別も判定してみると面白いかもーとか思ったけど、もう調べてますよね、きっと

19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 11:49
  • ID:kL4d3zK.0 #

>>4
いつから伝えられてるのだろう?
現地のオランウータンがどの個体でも行っているのだとしたら、もっとはやく観測されてた気がするのだけど。
かといって、この1個体だけが行っていると考えるのも不自然で、やはりあるていどの個体には伝搬しているはずと思う。
それに、いちばん最初に薬草の使用方法を学んだオランウータンは、どうやって知ったのだろう。人間の行動を観察したのだろうか?

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 14:04
  • ID:X8m0GqUN0 #

>>19
カメラを抱えた人間が、森の中、けがを負ったサルをみつけて、薬効のある草で治療と思われる行為をしている場所に(複数回)居合わせないといけない
…と割と条件がピーキーなので「映像として」という前提はかなり難易度が高い
記事にもあるけど、常に食べている植物ならばそれが特別になるとは限らないし
しかも一度の観測で「それが治療行為なのか」という疑問も生まれるので裏付けも必要

たぶん薬草での治療自体はそれこそ数千とか数万とかのスパンで前からやっていたんじゃない?

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 14:52
  • ID:p9J04udA0 #

>>19
その昔怪我したオランウータンに人間が気まぐれで薬草を貼った…とかもありそうだけど
永久に解明されることはないんだろうな

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 18:32
  • ID:trsL88mM0 #

>>7
>まさか手当たり次第の草を食べたり塗ったりしてみて試したわけでもないだろうし

そのまさかで、手当たり次第に草を食べたり塗ったりしたんだよ。

衣食住医に飽食した現代社会に暮らしているからそう思うだけで、人類史の大半は飢えと病苦でいつ死ぬかわからないって人生が何万年も続いていたんだよ。
そんな常態なら、とにかく手に入るものは何でも試したい、藁にもすがってこの苦しみから逃れたい、って切迫した心理と行動に駆られるであろうことは想像に難くない。

たぶん、人類が食べてみたことのない・薬として使ってみたことのない物質は地球上にほとんど存在してないと思う。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 20:20
  • ID:0bG6Kbcd0 #

>>19
親を見て学ぶしかないなら
知恵の継承はかなり限定されるだろうね
他の群れと交流が無ければ広く伝わることも無い

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 22:56
  • ID:.3F4c2e70 #

>>16
ネイティブアメリカンの方はそういう言い方をしますよね。精霊が教えてくれたとか。大昔にはみんなが、もしくは特別にセンスが鋭い方がそういう何かを感じ取れたのでしょうか。

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 04:30
  • ID:a6.eqqrP0 #

>>24
彼らは病気の治癒や水源の在り処、それどころか部族の重要な物事の決定さえ、タバコを回し吸いしてグレート・スピリットなるものに意思を委ねてたらしいね。
アメリカ人の侵略以前はそれで何世代、何十世代もやってこれたんだから割と本当に昔の人はもっと自然と調和出来てたのかもしれない。

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 05:02
  • ID:INjFx.tj0 #

人だけが賢く心があるという考えは欧米的で傲慢な思想だと思う

27

27. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 14:32
  • ID:1tMnaz3o0 #

>>14
めっちゃ面白い話じゃん!

28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 21:44
  • ID:xnH2hrC20 #

オランウータンは子育て期間が長いから親から子への縦軸の伝播は有りそう。でも群れを作らない単独行動が多いから横軸の伝播は難しいかもね

29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 22:46
  • ID:W96adF.p0 #

>>14
君面倒臭いな

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links