子熊を木から引きずりおろしてセルフィー撮影
 先月16日、アメリカ・ノースカロライナ州アッシュビルで、木の上にいた2頭の子グマを近くに住む住民が無理やり引きずりおろし、一緒に写真撮影をするという事案が発生した。

 住人たちは当局より厳重な注意を受け、そのうちの1頭は当局によって無事に保護された。

 現在は野生動物保護施設に移送され、元気に暮らしているという。将来は野生に返される予定だが、この出来事がきっかけで、子グマは母親と引き離されることになってしまったのだ。
CAUGHT ON CAMERA: Group pulls bear cubs from tree for photoshoot

子グマを無理やり抱っこして写真を撮っている住民たち

 事件は4月16日の夕方、バンコム郡の集合住宅近くで、木の上から子グマを引きずり降ろして一緒に写真を撮ろうとしている近隣住人の一団が目撃された。
20240503_151255_batch
 映像を見ると、住人たちは木に登っていた子グマを無理やり抱き下ろして、カメラに向かってポーズをとっている。
20240503_151255 (5)_batch
 この映像を撮影し、警察に通報したレイチェル・スタウトさんは、当時の状況について以下のように語っている。
私は彼らに止めるように言ったのですが、彼らは聞く耳を持ちませんでした。それで私は、その様子を撮影することが、野生動物を守るのに役立つかもしれないと思ったんです

通報受けた当局が子グマの1頭を保護

 その後警察からの協力要請を受けて、ノースカロライナ州の野生生物資源委員会(NCWRC)所属の生物学者、アシュリー・ホブズさんが駆け付けた。

 映像には2頭写っているが、アシュリーさんが現場に到着したときには、1頭は逃げ去っており姿が見えなかった。また、住人の1人が子グマに噛まれたという。
現場はフェアビュー地区にあるアパートの近くでした。私が子グマを見つけたとき、その子はアパートの人工池にいました。体が濡れていて力なく震えていました。また、ケガをしたのか、前足をかばうようにしていました
 この子グマはアシュリーさんたちの手で救出され、現在はアパラチア野生動物保護区(AWR)にある施設で保護された。



 NCWRCのスタッフがもう1頭の子グマの捜索を行ったが、発見には至らなかった。まだ幼い子グマがひとりで生きていくのは難しいため、母親と再会できたことを祈るしかなかった。
20240503_151255 (3)_batch

無責任な行動を慎むようアドバイス

 アシュリーさんたちは子グマと写真を撮っていた住人達とその場で対決。子グマを母親から引き離すことがいかに無責任で、場合によっては彼らの命にかかわる可能性があることを説明した。
20240503_151255 (4)_batch
 AWRの常任理事サバンナ・トランサムさんは、以下のように語っている。
今回の事件がニュースになったのは、「相手が熊だったから」です。悲しいことに、野生動物たちに対する虐待は日常的に発生しています。

亀や蛇、ウサギ、オポッサム、リス、鳥、アライグマ、そして小鹿といった動物たちを人々が困らせたり、危害を加えたりしたときにも、目撃した人が今回と同じように救助に協力してくれるのであれば、救われる動物たちは増えるでしょう
 NCWRCによると、母グマは食料を探すために、しばらくの間子グマの傍から離れることがあるという。
 たとえ子グマが母親とはぐれてしまったように見えても、近づいたり捕まえようとしたりせず、以下を守ってください。

・触れない
・捕まえようとしない
・移動させない
・餌を与えない

 特に餌は絶対に与えないようにしてください。一度人間に慣れてしまうと、野生に戻すのが難しくなってしまいます。
 事件はまだ当局により捜査中だが、住人たちの告訴は行わない方向とのこと。ちなみに今回保護された子グマは、施設で親を失ったオスの子グマと仲良くなり、毎日元気に過ごしているそうだ。

 上手くいけば今年の秋には野生に返す方向で、準備を進めているという。もしかすると離れ離れになった母親やきょうだいとも再会できるかもしれないね。

References:People caught on camera pulling bear cubs from trees in North Carolina / written by ruichan/ edited by parumo
あわせて読みたい
背後にクマー!熊が超絶接近するも動じずに、ツーショット自撮りまで成功した女性グループ(メキシコ)


お母さんの全力愛!木に登って降りられないコグマの救出劇


愛情と相性が生んだ奇跡の関係、クマと人間の奇跡の友情物語


コグマの捕食映像?いいえ違います。猫と仲良くじゃれあいタイム


民家のプールをお借りして、5匹のコグマとママグマが完全なるリラックマ

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 12:04
  • ID:OBhQknwO0 #

無知にも程が有る

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 12:45
  • ID:W.5gvxRo0 #

木に登って降りられなくなってたから助けた、みたいな感じか?
猫なら助けないと炎上、クマなら助けたら炎上
全ては人間様の匙加減
難しいな

3

3.

  • 2024年05月04日 12:56
  • ID:age1PBqF0 #
4

4.

  • 2024年05月04日 13:09
  • ID:F3pt40gA0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 13:15
  • ID:0yraGayw0 #

>>2
クマは退避として木に登るからそれはない

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 13:15
  • ID:jFVRU7EK0 #

これはアカン母ぐまに誰か襲われたら
責任とれるのかこいつらは
まあSNSで個人特定までされて
大炎上されるだろうから
良い薬になるだろうが

7

7.

  • 2024年05月04日 13:15
  • ID:48wswSjW0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 13:26
  • ID:ntFG.DQu0 #

ほんとひどいね(´・ω・`)

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 13:29
  • ID:48wswSjW0 #

>>2
「無理矢理引きずり下ろした」と書いてあるのにどうしたらそう読めるんだ?
動物愛護の人?

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 13:30
  • ID:Gnbt4N560 #

>>2
お前は何を見てるのだ?

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 13:32
  • ID:zC1M.fRs0 #

小熊とはいえ一緒に写真撮影とか度胸あるな
小熊といえども親熊同様に危険なのは変わらないのに

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 14:44
  • ID:WWoP2lmF0 #

「民度」を定量化して一定値以下の愚民はインターネットに参加できない

みたいな、SF小説の管理社会みたいな策でも講じないと
これから先もこういう承認欲求で奇行に走るバカは絶えないんだろうな

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 14:57
  • ID:zqq77sAC0 #

なんだかアジア系っぽいな。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 15:06
  • ID:HxigLBSR0 #

>>2
熊も猫も人が思ってる程そんなにどんくさくない
そもそも本当に助けただけなのなら抱いたまま写真撮る必要なんてない

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 15:11
  • ID:hRLI.eSD0 #

無知って怖い物知らずだな(;^ω^)

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 16:00
  • ID:fIjPHV9l0 #

ひどすぎる
撮らなきゃ死ぬわけでもない、せいぜい2〜3回見返してネタにして数年後には忘れるんだろう
そんなもののために子熊たちはもう2度と母に会えなくなった

彼らを家族や知り合い全員と引き離して知らない土地に放り出してやりたいわ

17

17. アユラ

  • 2024年05月04日 16:40
  • ID:6sA9MgYI0 #

>>15
無理やりイルカちゃんと泳ごうとした馬鹿と同族ですよね💧

18

18.

  • 2024年05月04日 16:47
  • ID:Lnn3wlop0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 17:18
  • ID:leQZos.i0 #

アメリカの熊は日本の熊と種類違うのかな?
近くに居る筈の母熊が敵意剥き出したりしないんだろうか、最近Xで車で近くを通り過ぎようとしただけで襲われた動画観たから子持ち熊は特に恐ろしい認識なんだけど

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 17:22
  • ID:HwOLvTkU0 #

子熊なんか見かけたら付近の親にぶっ殺されかねないので全力避難だろJK

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 17:43
  • ID:mNOVxu.n0 #

桜蹴っ飛ばしたり枝揺らして写真撮るタイプやな
ほんま胸糞や

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 18:59
  • ID:Kz4Y1P2.0 #

>>15の言う通りだ。
親が近くにいたら、死体がいくつか転がってるところだよ。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 19:05
  • ID:uOqMoO560 #

母熊が近くに居ないということは、母熊はもう既に…じゃないかな。
最近山道を自動車で走っていたら突然熊が突撃してきてフロントガラスが割られる動画が出回っていたけど、母熊が来た反対側に子熊が逃げる画像が映っていたので、この子熊を守る為に母熊が反対側から走って自動車を襲ったのではないかと言われている、また、最近のカラパイアの記事にも橋から落ちた子熊を助ける記事も見た、このように子熊を守ることに命をかける母熊の姿を見るに熊の母親は、簡単には子熊を諦めずに守る行動を行うはずと推測できるはずだ、その母熊が出てこないというのはもしかして…。

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 20:59
  • ID:TVUnipFO0 #

>>9
前半は同意だけど最後の一言余計だわ
愛誤の人って言いたいならわかるが、動物愛護に関わってる人間として腹立たしいし失礼だよ

そして動物愛護に関わってる人間として、野生動物にちょっかいかける奴は全員転んで前歯折ればいいと思ってる

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 21:38
  • ID:BiMFbX5a0 #

無知ほど罪な行動って無いと実感しました

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:03
  • ID:4m0ItaQc0 #

こういうアホが一定数いるってことを大人になって知ったね

27

27. 匿名処理班

  • 2024年05月04日 22:14
  • ID:FYxNYqBs0 #

国立公園を走る道路での熊の交通事故増加に関する記事を読んだ事があるし、子供のパンダは母が食事を手に入れて近くに戻るまで木の上で過ごすと言うのを聞いたことがある
母グマの安否は分からないけど、野生動物に安易に触れようとするその感覚が理解できない…プーさんじゃないのに

28

28.

  • 2024年05月05日 12:02
  • ID:cGaDAGIC0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 16:00
  • ID:teeNQ0.V0 #

命知らずすぎる・・・

30

30. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 17:23
  • ID:Nhsstw6E0 #

>>19
元記事みると
"孤児になったり捨てられたりすることはめったにないという。「多くの場合、母グマは近くで餌を探しており、数時間以内またはそれより早く戻ってきます」と彼らは説明"
とあるので人間側にとっては運良く「数時間以内」のタイミングだったのかもですね

子別れにはまだ早いようなので逃れた一頭は厳しいのかな
合流できているといいですね

31

31. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 22:04
  • ID:DUGUpAxn0 #

人は愚かな存在ですよ・・・

32

32.

  • 2024年05月05日 22:44
  • ID:i5mfb0DE0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2024年05月12日 21:30
  • ID:lPwCn5bh0 #

ネットに上げればページビューが稼げるということかな
なんて愚かなんだろうね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links