フクロウのヒナたちを救うため、救助隊員たちが一肌脱ぐ
 先月、アメリカでフクロウのヒナが巣から落ちたとの通報を受け、地元の野生動物センターの職員たちが駆け付けた。ヒナは幸いにも怪我はなく、無事保護されたが、職員たちはなぜヒナが巣から落ちてしまったのか、その理由を特定した。

 このフクロウは、アメリカワシミミズクという種で、自分たちで巣を作らず、リスやカラスなどが放棄した巣を利用することがよくあるそうだ。

 そのため巣はボロボロの状態で、フクロウの家族が利用するには小さすぎた。このままでは他のヒナたちも落下してしまう危険性がある。

 そこで職員たちはフクロウ一家のために、一肌脱ぐことにしたのだ。

アメリカワシミミズクのヒナが巣から転落

 フクロウ目フクロウ科に分類されるアメリカワシミミズクは、順応性が高く、都市部を含むアメリカの広範囲に生息している。

 体長は約50cm前後、翼開長は150cm前後と比較的大きな鳥で、一度に2〜5個の卵を産み、約30〜37日間抱卵する。

 ヒナは約6週間で巣立ちますが、その後も親鳥によるサポートを受けながら成長していく。

 2024年3月、イリノイ州でアメリカワシミミズクのヒナが柳の木から地面に落下したとの通報を受け、ウィローブルック野生動物センターの職員たちが駆け付けた。

 幸いなことに、救助されたフクロウのヒナに怪我はなく、救助施設で看護され、おいしい食事を与え続けたところ、すっかり元気になったという。
no title

他の動物が作った古巣はあまりにもボロボロだった

 なぜフクロウのヒナは巣から落ちてしまったのか?それは巣がボロボロで、いつ壊れてもおかしくない状態だったからである。

 アメリカワシミミズクは自分たちで巣作りをせず、タカやカラス、リスの古巣で子育てをする習性があるという。

 この巣も他の動物が放棄していった古巣だったため、ヒナが簡単に落ちやすい構造となっていたのだ。

 職員たちは、元気が回復したヒナをまたこのボロボロの巣に戻すこともできた。しかし、それでは、この子だけでなく、他のヒナたちも落下してしまう危険性があるし、親御さんたちも安心して子育てすることができないだろう。

 そう考えたセンターの職員たちは、巣に残されたヒナたちを一旦全員保護することにした。
2

フクロウ一家の為頑丈な巣を作ってあげる

 ウィローブルック野生動物センターの職員たちは、フクロウ一家の為、安心して子育てできる安全な木製の巣を作成することにした。

 その頑丈な巣箱をしっかりと松の木の上に設置。
4
 ヒナたち新しい巣に移す前に、職員は巣をできるだけ快適で居心地のよい場所にするため、わらを敷き詰め、元の巣にあったコットンテールを入れ家族が食べられるようにネズミを何匹か入れた。

 そしてヒナたちを巣の中に入れ、しばらく様子を見守っていた。
5

フクロウ一家は新しい巣を気に入ってくれたようだ

 するとお母さんが巣に戻ってきたことを確認。
6
 お父さんも巣にいるヒナたちに甲斐甲斐しく餌を運んでくる様子も確認できた。
3
 フクロウの家族はこの巣を気に入ってくれたようだ。これで安心してヒナたちは成長することができるね。


 ちなみにウィローブルック野生動物センターがアメリカワシミミズクのために新しい巣をつくったのはこれが初めてではない。

 同センターはこれまでも、ボロボロの巣で子育てをしているフクロウたちのために数多くの頑丈な巣箱をつくってきたという。

 この巣なら長年使用することができ、何世代にもわたるフクロウの生活を支えているのだ。

Written by parumo
あわせて読みたい
木の上に洗濯かごを設置したところ、快適な巣として利用するアメリカワシミミズク


かえるはずのない無精卵をあたため続けていたフクロウ、孤児のヒナが託され深い絆で結ばれる


「願書受付中ですか?」フクロウのヒナ、大学の玄関窓から覗き見


おかあしゃん...孤児となり保護されたフクロウのヒナ、ぬいぐるみに愛情を求める。ぬいぐるみにぬくもりを求める


ミミズクは一度信頼した人間に絶対的愛情を示す。命を救ってくれた獣医をギュッと翼で抱きしめ思慕の情を見せる(アメリカ)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 12:58
  • ID:Su74ylEJ0 #

待って、親フクロウはそれでいいんか
勝手に巣が変わってるのにいいんか

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 13:39
  • ID:.ZFr4ILs0 #

出産前はバタバタしてて、ボロボロのお家しか見つからなかったのかな。
赤ちゃんも助けてもらって素敵なお家まで作ってもらって家族全員嬉しいねぇ。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 13:43
  • ID:vbf8GZ750 #

子育てを再開してくれてよかった
警戒してヒナを放棄されるのが一番怖いよね

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 14:00
  • ID:rJVLcm.w0 #

>>1
日本でも雀か他の小鳥の雛が落ちたのを近所の人が保護して
あまり離れてない自宅のベランダの飼育ケージに入れて置いたら
雛を見つけた親がケージ越しに餌を運び続けた動画を前に見たから
親鳥にとっては巣が変わるどころか移動しようが雛がいる事が最優先みたいね
今回のワシミミズクは放棄された巣を間借りするから尚更頓着しないようだし

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 14:13
  • ID:a5WWGcgM0 #

さー、皆いいフクロウ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 14:14
  • ID:pHJX7krW0 #

>>1
親フクロウ「何か違う気もするけどまーいいかw」

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 15:00
  • ID:4I0fRQ.D0 #

こういう助け方もあるのか!

昔、畑脇の木の下でお婆さんが焚火をしたら親フクロウに襲われ、木の巣穴の子供2羽を預けられた事があった
何故ウチが頼られたのか謎だったが、大型インコ用の鳥籠に2羽入れて毎日モツを給餌して育てた
鳥籠にみっちり身動き出来ない程にみるみる大きくなり、モツ購入でお小遣いが無くなる頃に、親フクロウが近くで見守っている事に気付いた
もう飛べるのでは?と鳥籠をばらしたら、親フクロウが直ぐ迎えに来て一緒に去って行った

今度こういう場面に遭ったら巣の補強をまず試みようっと・・・もう無いと思うけどw

8

8. じょん・すみす

  • 2024年04月28日 16:41
  • ID:v7Z5AdQY0 #

燕の場合だが、建材の不足などで落ちた巣の代わりに、緑のたぬきのカップを
半分に切った物を巣の場所に張り付けて置いたら、燕の親は
何事も無かったかのようにそこで子育てを続けてた、なんて話はあるんだな。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 17:51
  • ID:RgQSvaLg0 #

ちっちゃい耳かわいい(´・ω・`)

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 19:46
  • ID:O6gau6FL0 #

屋根のない巣箱だけど、水はけは考えてつくってあるのかな?
(これが老婆心というものかw)

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 23:20
  • ID:m8g8mDBi0 #

受け入れて貰えて良かったな
細かい事気にしてられないくらい子育て大変なんだろうなとも思った

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月29日 00:51
  • ID:UN.4lagI0 #

>>8
燕はホモサピのことを警備員兼火災保険(工務店付)扱いしてる節もある。

日本だけど、毎年ある民家の屋根裏で子育てして巣立ちあたりの餌遣りは住人に任せてたフクロウ一族も居たよね…

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月29日 03:17
  • ID:PMGRRogE0 #

小さい耳がクマ耳みたいだな

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月29日 15:47
  • ID:3n5QouYM0 #

人間の匂いが付いたら子育て放棄するって聞いたことあるけどそうじゃないパターンもあるのか

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月01日 17:02
  • ID:fonQXzQ00 #

>>14
臭いに敏感な哺乳類だと人間の臭いで育児放棄する事あるけど、鳥類は大半が臭いに鈍感なので問題になる事は少ない

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links