カエルは道路の塩分で進化が加速した
 進化というと長い年月がかかるようなイメージがある。だがアメリカでは、ほんの25年のうちに急速に進化を遂げたカエルが発見されたそうだ。

 『Ecology and Evolution』(2024年3月12日付)に掲載された研究によると、カエルの進化をうながしたのは、人間が無害だと思って長年使用していた、道路にまかれる凍結防止剤の塩だという。

 ウッドフロックと呼ばれるそのカエルは道路にまかれる塩から身を守るため、わずか10世代のうちに塩に対する耐性を身につけたのだ。

凍結防止剤として使用される塩

 北国に住んでいる人なら寒い冬、道路に白い粉のようなものが落ちているのを見たことがあるかもしれない。

  あれは道路が凍るのを防ぐためにまかれる凍結防止剤で、その主成分は塩化ナトリウムや塩化カルシウムなど、つまり塩でできている。

 アメリカでは、交通事故防止のためにこうした凍結防止剤が80年前から使われており、現在では1970年代に比べて4倍もの塩がまかれるようになった。
1
photo by iStock

道路にまかれた塩が他の生物たちに影響をおよぼしている

 人間にとっては害がないことされていることから長年使用されていたわけだが、他の生物にとってはどうなのだろう?

 塩が環境に与える影響についての研究は比較的少ない。

 だが、それが水辺に流れ込むと、そこに生息する生き物を殺したり、成長を妨げたり、カエルの性転換を引き起こしたりと、さまざまな悪影響があるだろうことが明らかになりつつある。

 これについて、レンセラー工科大学のリック・レリア博士は、「両生類は湿地帯で生きますが、そうした環境は湖よりも水が少ないため、塩分濃度が高くなりがちだろうと思われます」と説明する。

 彼らの研究では、塩分濃度が一番高かったとある駐車場わきの湿地では、自然環境の100倍近くもの濃さだったという。

25年で塩耐性が進化したカエル

 ところが、そこで暮らすカエルたちは、わずか10世代(25年)のうちに普通のカエルにはない塩分耐性を進化させていたのだ。

 レリア博士らは、それぞれ違う場所からウッドフロッグ(アメリカアカガエル、カナダアカガエル)の卵を集め、そこから孵化したオタマジャクシがさまざまな塩分濃度にどれだけ耐えられるのか比べてみた。

 その結果、もっとも塩分濃度の高い湿地で採取されたオタマジャクシは、ほかのオタマジャクシに比べて、塩分にさらされても長く生存できることが判明した。

 つまりは彼らが塩に対する耐性を進化させていたことが明らかになったのだ。
iStock-1281136363
photo by iStock

塩耐性がついてもただの時間稼ぎでしかない

 とは言っても、塩分耐性カエルの防御力は、今以上に塩が濃くなっても生きていけるということでは必ずしもない。

 だがレリア博士によれば、カエルにとっても、ほかの生き物にとっても、時間稼ぎにはなるかもしれないという
両生類が高い塩分濃度に対応するため、あっという間に進化したという事実は、カエルのみならず、おそらくほかの生き物についても、絶滅を回避する時間があるだろうことを告げています(リック・レリア博士)
 そして幸いなことに、アメリカ国内の市や町は、もっと少ない量の塩で道路の凍結を防ぐ方法を学んでいるところだという。

 それは交通の安全を守り、予算の節約にもつながり、なおかつ環境だって守れる賢いやり方だ。

References:Rensselaer researcher finds that frog species | EurekAlert! / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
鳥は地球温暖化に適応するために体の大きさを変化させている(オーストラリア研究)


我々が考えている以上に進化のスピードは速かった。これまでの常識より4倍も速いことが判明


違う種類の生物がよく似た姿形に変化する「収斂進化」は頻繁に起きていることが判明


モスクワの野良犬、ピューマなど、急速に進化を遂げた5つの生物とその理由


生き残るため人間に進化を強いられた。人為的進化を遂げた10種の生物

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 08:40
  • ID:pHJX7krW0 #

近所の場合猫が街中を警備してるので、仮にカエルがいても
奴らの養分になり進化は難しい

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 09:07
  • ID:h9rQjAJ.0 #

子供のころ、化石採集が趣味だった。
近所の石灰岩の山から古生代のサンゴの化石が入った石を拾ってた。
そのいくつかを庭に置いておいたら庭に住むカタツムリに変化が!
カタツムリが巨大化したのである!
まあ、進化ではなく、カタツムリの殻の原材料として
石灰岩が齧られたようです。大体3.4年位で効果が。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 09:37
  • ID:bdz3TIk50 #

進化したのか?
それとも対応できない個が淘汰されたのか?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 10:20
  • ID:tZ3lMky20 #

どっこい生きてる(時間稼ぎ

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 10:21
  • ID:wnPOua.T0 #

>>3
進化は淘汰されなかったものが残っていく様相であることを考えると、どちらでもあるだろうな。
ただ、これが、現時点までの塩分濃度では既に存在していた高耐性個体群なら耐えることが出来、そのの割合が増えただけの段階であるならば、今後塩分濃度が上がり続けた場合、塩分濃度に対応できる変異が生じるのが間に合わなくなる可能性がある。「時間稼ぎでしかない」とはこういうことだろうな。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 10:25
  • ID:bfRCWQiO0 #

日本の年間消費量の2倍。
全世界の年間消費量の15%がアメリカの道路に撒かれているのだから、そりゃ生態系にも影響出るよね。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 10:45
  • ID:YwekkQtg0 #

凍結防止なんてアスファルト舗装をやめれば済む話では

8

8.

  • 2024年04月28日 10:48
  • ID:fSmzrAjl0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 11:11
  • ID:J2qjOKP30 #

以前の4倍も撒いてるってすごいな
地下の配管とかの影響は考えてないんだろうか

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 11:12
  • ID:Ht4AoPnY0 #

>>3
環境に適応した個体が生き残っていく
それの繰り返しが進化論の根本ってことだ

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 11:17
  • ID:m8g8mDBi0 #

塩が無害ならカビの抑制だって出来ないだろうに
てか農業の方で明らかになってるよな
80年前にその判断が出来ない筈ないと思うんだが誰がOKしたんだよ

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 12:35
  • ID:2l28LcaU0 #

シオシオのパァ〜〜

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 12:48
  • ID:iKhdEP9w0 #

10世代に25年かかるの?
猫なら春に生まれた子猫が秋に出産できるから、10世代>10年なのに・・・
だから脱走防止と6ヶ月前の手術はとても重要。でないと爆発的に増えてしまって、天使のような子達が悲惨な道をたどる。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 14:02
  • ID:EQ35tfvm0 #

>>3
だ。だ。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 14:55
  • ID:lrNDamQz0 #

>>13
ここで言及されている、アメリカアカガエルは繁殖可能になるまで2~3年かかる(カエルになってから冬眠する)
カナダアカガエルの場合も寿命が3~5年あるので、繁殖可能年齢も成体になった時点ではないのではないかと

生物としての形態が違いすぎる動物を持ち出して、片方は出来るのに片方は出来ないって言う考え方は間違いの元

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 21:12
  • ID:V7MWKkVg0 #

人間も1日10gぐらいまでの塩分摂取なら問題ない体になるかもしれない。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 23:28
  • ID:iSrVY4Ks0 #

>>1
ネコに捕まり難いような進化はするのでは。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月28日 23:42
  • ID:7nCJpKRC0 #

害虫の薬剤耐性獲得と同じようなもんやろうな。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月29日 06:43
  • ID:DVuOBFGJ0 #

付近の塩分濃度がいかほどかわからないけど、そのうち「塩分がないと生きられないカエル」になって、より濃い塩分を求めて生息域を変えるかも?
海とか…シオウミカエル…みたいな。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月29日 08:04
  • ID:Y6.oAHdR0 #

>>7 コンクリート舗装もあるけどどうなんだろ。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月30日 14:15
  • ID:.2Ch2lp90 #

>>16
どの程度のレベルを「問題ない」とするかにもよるけど
日本人は1日あたり平均10g程度の塩分を摂ってるから
そこまで問題は無いのかも知れない。

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月01日 09:12
  • ID:0B6UxLyc0 #

そういや車道脇の畑や田んぼって、あれ塩害大丈夫なのかな?

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links