ゲーマーが生物科学研究に貢献
 AIもすごいが、人間のゲーマーだって負けていない。大人気ゲーム『ボーダーランズ3』を愛する世界中450万人のゲーマーのプレイによって、膨大な腸内細菌叢のDNA解析が大きく進んだそうだ。

 これはゲーム内のミニゲーム『ボーダーランズ・サイエンス』を利用した独創的なアイデアで、そのパズルをクリアしてもらうことで、100万種類以上の腸内細菌叢の進化をたどることができたという。

 最高コンピューターアルゴリズムですら未だ成し遂げられていない偉業は、『Nature Biotechnology』(2024年4月15日付)で報告されている。

無数の腸内細菌はどのように進化してきたのか?

 私たちのお腹の中には無数の腸内細菌が潜んでいる。

 普段は意識しないが、こうした腸内細菌叢(腸内フローラ)は、私たちの体の機能や健康にとても大切な役割を果たしている。だから、どの細菌がどのような働きをするのか理解できれば、私たちの健康維持に大いに役立つことだろう。

 そんなわけでこれまで科学者たちは無数の”うんち”からせっせと腸内細菌を回収し、膨大な量のDNAデータを集めてきた。

 これを分析すれば、お腹の中のミクロの世界についてさまざまなことがわかる。

 たとえば、遺伝子が似たもの同士を整理してまとめれば、腸内細菌がどのような進化を遂げてきたのか、その道筋がわかるだろう(進化の結果、腸内細菌を超えた細菌もあるかもしれない)。

 DNAが同じような細菌なら、お互いに近い関係にあると推測できる。問題は、どれだけよく似ていようとも、DNAに必ず違いがある点だ。

 微妙な違いだとしても、種類が違う以上、どこかは違っている。コンピューターはそんなほぼ同じでも同一ではないデータを整理するのがとても苦手だ。
1
photo by iStock

ゲーマーの力を借りてDNAデータを解析

 そこで人間のゲーマーの出番となる。

 『ボーダーランズ3』内でプレイできるミニゲーム『ボーダーランズ・サイエンス』は、同じ絵柄のブロックを一列に揃えるパズルゲームだ。

 一点なんの変哲もないゲームプレイだが、じつはこれをクリアすると、そうした腸内細菌叢のDNAデータが上手に整理・比較されるよう設計されている。

100万種類以上の腸内細菌の進化の歴史をたどることに成功

 その結果は上々。マギル大学をはじめとする研究チームによると、450万人もの人間のゲーマーがハマってくれたおかげで、100万種類以上の腸内細菌の進化的な関係をたどることができたという。

 これは現代の最高のコンピューター・アルゴリズムでさえ解決できていない偉業である。

 研究の中心人物ジェローム・ワルディスピュール准教授は、「ゲーマーが興味を持ってくれるのかも、その結果が細菌の進化を研究するうえで意味あるものになるのかもわかりませんでした。ですが、結果には驚きです」と語る。
2
 ゲームで細菌のDNAを解析するというアイデアはこれが初めてではない。

 過去に『Phylo』というゲームでも試されたことがある。ボーダランズ・サイエンスのゲーマーがスゴかったのは、Phyloが10年かけて収集した5倍のデータを、たった半日で集めてのけたことだ。

 このアイデアを考案したマギル大学の非常勤教授で、スタートアップ「MMOS」のCEOでもあるアッティラ・スザントナー氏は、こうした取り組みについて、次のように説明する。

 「世界人口のほぼ半数がゲームで遊んでいる今、ゲームに費やされる時間と脳力から価値を引き出せるなら、それはきわめてクリエイティブで重要なことになるでしょう」

 そして彼のアイデアの正しさは、まさに今回証明されたことになる。
10
image credit:Nature Biotechnology

腸内細菌と健康

 お腹の中で私たちの健康を支えている無数の腸内細菌は、食事・薬・日々のライフスタイルといったものによって変化する。

 大勢の熱心なゲーマーたちによってもたらされた情報は、どの細菌がどのようなことに影響を受けるのか解明する大切なヒントになるそうだ。

 カリフォルニア大学サンディエゴ校のロブ・ナイト氏は、「この情報があれば、食べ物や老化、炎症性腸疾患からアルツハイマー病などまで、さまざまなことに特定の細菌を紐づけられることでしょう」と説明する。

 彼らがお腹の中で何をしているのか知るためには、彼らがたどった進化の道筋を知ることが大切なのだそうだ。

References:Improving microbial phylogeny with citizen science within a mass-market video game | Nature Biotechnology / Millions of gamers advance biomedical research by helping to reconstruct microbial evolutionary histories
あわせて読みたい
テレビゲームが個々の職種に適したスキルを培いキャリアアップにつながるという研究結果


腕に自信のあるゲーマーを募集中。軍事AIロボットの訓練にゲーマーの脳波を利用する試み(米研究)


アクションゲームのプロ級のゲーマーは灰白質が多く、しかも脳の結合が優れているという研究結果


うつ病や不安症の治療や予防に市販されているテレビゲームが役立つ可能性(アイルランド研究)


科学者たちが10年費やしても解明できなかったHIVウイルスの酵素の構造をゲーマーが3週間でサクっと解明

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:04
  • ID:htx8j7mn0 #

せめて生成AIとAIは分けて考えてね

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:14
  • ID:M7oyordn0 #

要は一種のスパコンとして扱ってるってことなのかな
連動処理させるのが滅茶苦茶大変そうだが今後もうまいこと活用してほしい技術

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:29
  • ID:X15K.18Z0 #

このゲームをコンピュータにプレイさせるってのはできないのかな?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:32
  • ID:NUdYDcYA0 #

理論は全くわからないけどすげー

5

5.

  • 2024年04月23日 20:44
  • ID:wF9dRvZJ0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:46
  • ID:gYZwrAQQ0 #

Phyloっぽいなと思ったら記事にあった。
道路をヒトが歩く時の運動エネルギーで発電するアイディアみたいな、日常行動を科学や環境に貢献できる無駄のない仕組みが増えていくと良いね〜

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:49
  • ID:bbt3HV.T0 #

>>3
コンピュータにプレイさせるとそのためのコンピュータも
研究者が自分で用意しなきゃいけなくなるじゃん?
ゲーマーに遊びと称してやらせると
研究者が設備を用意しなくて済むわけよ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:58
  • ID:x4Gzd1R.0 #

ボダラン3そこそこ面白かったけど2が最高すぎて評価低いよなぁ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 21:10
  • ID:LCkMjiNe0 #

研究を娯楽に変えて協力を乞うって良いアイデアだね(*'ω'*)

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 21:18
  • ID:noSfbTvH0 #

>ゲームで細菌のDNAを解析するというアイデア

全く理屈が分からない

総当たりよりも複雑なロジックが生成できるなんてありえない

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 21:54
  • ID:MLLjgPQQ0 #

アッティラ・スザントナー氏の名前の由来はあのアッティラなのだろうか

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 22:25
  • ID:pN.tgTxU0 #

日本人じゃ

まず

こんな発想しない

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 22:28
  • ID:IlP7eJqm0 #

とても素晴らしいことだが「特許料」がどこに落ちるのだろうか?
研究者が申請して懐が潤うのだろうが、ゲーマーが苦情を訴えるだろう
これを防ぐには新たなゲームを与えるしかなくて、さらに技術が進む
なにもDNAだけじゃない、基盤の設計や合金の比率など迷路や魔法薬などと絡めればいい
こうしてゲーマーの中毒性を煽り最先端科学の発展は続く

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 22:29
  • ID:K8GUOJ290 #

面白いなこういうの
ゲームしているだけでDNA解析に一役買えるんだから
好みのゲームではなさそうなのが残念

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 23:35
  • ID:3.Y.aX.g0 #

攻殻で石川がパチ屋の客使ってたの思い出したわ

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 00:01
  • ID:y67IfDJF0 #

本編やりつくした後にひたすらこれやってたな
普通に面白いパズルゲーム

17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 07:07
  • ID:h9Ps3bQi0 #

>>3

文中で説明されているように下記がこのプロジェクトの肝

「微妙な違いだとしても、種類が違う以上、どこかは違っている。コンピューターはそんなほぼ同じでも同一ではないデータを整理するのがとても苦手だ。」

独創性のある推測の試行錯誤を効率的或いはセンス良く行う能力こそ、未だ人間がコンピュータに優っている能力

もしくは少数の人々が作成したアルゴリズムは既知の問題を解決するには適していても、未知の問題解決には多数の人々の試行錯誤の方が勝るという事なのだろう

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 07:28
  • ID:h9Ps3bQi0 #

>>10

「総当たり」というのは対象を何らかの区分で「正解候補」に整理した後に使うツール
つまり総当たりを有効活用するには区分分け(カテゴライズ)=正解候補案の摘出が上手く出来ていることが重要になる
そしてコンピュータは「微妙な(しかし決定的な要因となる)違い」を用いた区分分けが苦手(現状人間に劣っている)
この区分分けが上手く出来ていないまま総当たりしても、正解に辿り着く鍵を握っていないから、間違った結論を導くか正解に辿り着けない

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 08:47
  • ID:PG.4iPXZ0 #

コンピュータ解析で出たエラー訂正を人間にパズルゲームとしてやらせるわけね
未来の人間の仕事ってそういうのばかりになるのかもなあ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 09:25
  • ID:.Jv7OGiO0 #

お金を払って何かしてもらうんじゃなくて払ってもらった上でしてもらうってのが凄いな
打ち出の小槌

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 11:33
  • ID:uEIi5buR0 #

仲田崇志さんが系統解析のやり方を説明してくれています
それで重要なのがDNAの並びの似た部分を選んで、そうでない部分を取り除くことです
それを複数の生物を並べてやるのは簡単ではありません
実際に試してみることができるのですが
似ていてもでたらめに変異が入っているので人間でも判断が難しいのですよ

22

22. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 11:36
  • ID:.zU9.rK80 #

結構やったけどゲーム的には報酬が大したことないんで(というかこのゲームが武器インフレなせいであまり役に立たない)意味があるなら高価な武器くれればよかったのにそいうところが残念だね。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 12:30
  • ID:TPxHNwtZ0 #

アジア圏で流行ってるソシャゲにも導入すれば捗りそう

24

24. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 15:27
  • ID:YMyITTvp0 #

メイム・ビアリクってビッグバン★セオリーのエイミーじゃないか

25

25. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 04:07
  • ID:LLteFufn0 #

>>12
藤子F先生がドラえもんのお腹から出しそうだけどな
のび太がゲームを何に使うかは知らない

26

26. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 10:24
  • ID:xHl4EnJH0 #

ミニゲームだけ独立させてPCでプレイできるなら喜んで参加するのだが。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links