一時預かりの保護猫の正式な飼い主になった少年
image credit:Facebook
 施設に保護された猫たちは、仮里親ボランティアを行っている家族に一定期間預かってもらうことがある。施設にスペースがない場合や、人馴れさせたり、しつけを施すことで、飼い主を見つかりやすくするといった事情からだ。

 アメリカ、ミシガン州で暮らす10歳の少年ザックくんは、一時預かりでやってきた猫の母子の面倒を、5か月にわたって見続けてきた。

 そしてついに別れの日がやって来た。猫たちと離れたくないザックくんは涙が止まらなくなってしまった。だが最高のハッピーエンドが用意されていたようだ。

引き取り手の見つからない保護猫の母子がやってきた

 昨年の9月、ミシガン州の非営利団体「Kittens in the Mitten」が、ティンカーと名付けられた母猫と、4匹の子猫たちを保護した。

 子猫のうち3匹は美しい毛色をしており、すぐに引き取り手が見つかった。だが暗い毛色を持つ母猫のティンカーと子猫のウェンデルに興味を示す人はいなかった。

 そこで同団体の保護猫たちのために預かりボランティアを行っている家庭を紹介している「Touch of Cats」を通じ、10歳のザックくんとその家族が、仮里親としてこの母子猫を養育することになった。

 上の画像が母親のティンカー、下がひとり残った子猫のウェンデルだ。



 ティンカーとウェンデルは、何度も何度も譲渡会に参加したが、彼らを引き取りたいと申し出る人はいなかった。

 クリスマスが過ぎ、2024年が明けても、ふたりはザックくんの家で過ごしていた。ザックくんは彼自身の部屋で、献身的に彼らの世話を続けていた。

 そして当然ながら、ザックくんと猫たちの間には、愛情という名の強いきずなが結ばれることになったんだ。

猫たちには終の棲家が必要。でもなぜこの家じゃダメなの?

 だが、猫たちにはやはり永遠の家族が必要だった。

 そこで施設側の方針で、アメリカ大手のペットショップである「PetSmart」に、ティンカーとウェンデルを託すことが決まった。

 猫たちがいなくなるとザックくんの心は痛んだ。別れがつらすぎて涙で枕を濡らす日々が続く。猫たちと過ごした日々を思い出すだけで涙が止まらない。

 猫を引き渡してから10日が過ぎた頃、彼のお母さんは「猫たちを手放したのは間違いだったかもしれない」と後悔し始めた。
猫たちはこの家で幸せに暮らしていました。うちの息子のようにティンカーとウェンデルを愛せる人なんて、果たして存在するのでしょうか。
 だがタイミングの悪いことに、お母さんは新しい仕事を始めたばかりで、2匹の猫たちの譲渡費用を支払う余裕がなかった。

少年のために魔法をかけてあげよう

 「Touch of Cats」のスタッフたちは、ザックくんの猫に対する熱い思いを知り、彼なら十分に猫を幸せにしてあげることができることを悟った。

 そこでザックくんのためにこっそりと寄付を募った。
皆さん、魔法をかけるときが来ました。母猫と子猫を引き取りたいと心から願っている10歳の少年がいます。彼の夢をかなえ、猫たちを彼の腕の中に迎え入れる手助けしてくれませんか?

 彼はこのことを知らないので、必要な金額が集まるまで、彼と猫たちが誰なのかを公表することは控えます
 驚くべきことに、スタッフがFacebookに支援を呼びかける投稿をした翌日には、必要な金額があっという間に集まったんだ。

少年に人生で忘れられない瞬間がやってくる

 何も聞かされないまま、お母さんに連れられてやって来たザックくん。ティンカーとウェンデルの飼い主が決まったのだと思った彼は、必死に涙をこらえていた。

 そんな彼に、Touch of Catsのスタッフがこういった。
猫たちの飼い主が決まったらどう思う? やっぱり悲しい? あなたは素晴らしい仮里親だったわ。あのね、譲渡手続きに必要な金額が集まったの。ティンカーとウェンデルの飼い主はあなたよ!
 その瞬間のザックくんの笑顔は、これ以上ないくらいプライスレスだったよ。その時の様子を撮影した動画がシェアされていたので、ぜひその笑顔を見てほしい。
References:Boy Who Fostered Mother Cat and Kitten Weeps As He Finds Out Who Has Adopted Them / written by ruichan/ edited by parumo

あわせて読みたい
はじめて猫の仮里親ボランティアをやってみた男性、すぐに恋に落ちて永遠の家族に迎え入れた


保護された子猫、バイオリニストが仮里親になったところ、バイオリン大好き猫に!(フランス)


保護された子猫、仮里親の家で出会った別の保護猫と離れられない仲に(カナダ)


仮里親として預かった子猫と飼い犬が結んだ絆は本物だった。1年後の再会に大喜びの2匹


アメリカで犬や猫の里親ボランティアをしている人々は、それらにかかった諸経費を申告すれば税金控除されることに。

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 12:11
  • ID:WtDp3Oal0 #

よかったすぎておじさんも号泣

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 12:17
  • ID:i0whTFO70 #

ミシガン州の非営利団体「Kittens in the Mitten」
この組織、実はNNNがバックボーンで存在してる組織です
要はダミー会社です最近はLINEやSNSによる配信活動などにも
精力的に活動し巧みな情報戦略をを使いNNNは
圧倒的なシェアを獲得するにいたるのです
総てはニャッラー・ニャ―ゼの御心のままに。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 12:17
  • ID:hMqorxn20 #

よ゛か゛っ゛た゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 12:40
  • ID:lNxD0aZ.0 #

ええ話や…こちらも泣いてしまった…
みんな一緒に幸せに暮らしてほしい

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 13:04
  • ID:L2lZsSop0 #

>>4
何がええ話なの?

譲渡費用すら工面できない家庭なら、満足な食事や医療も与えることはできないだろうに

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 14:32
  • ID:DfReSwdB0 #

よくわからないけど海外だと譲渡費用って寄付を募らなければいけないほど高いの?
自分は昔に保護活動してる人から猫を飼ったけど2〜3万くらいだった(ワクチン代&去勢手術代とか)

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 14:45
  • ID:VRdNtX6f0 #

>>5
>お母さんは新しい仕事を始めたばかりで、2匹の猫たちの譲渡費用を支払う余裕がなかった。
と記事中に書いてある。

それなりの収入がなければ猫4匹の仮里親も出来ないだろう。幾らかはボランティア側から出るにしても。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 14:45
  • ID:p6IYHfh.0 #

>>5
譲渡費用って保護団体の金銭的な負担を減らすのと引き取り先が猫を育てるのに必要なお金をちゃんと出せるのかの目安にもなってるだろうからそれも自分達で出せないとなると病気になった時がちょっと心配になるな

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 15:01
  • ID:OdYQ7Qzb0 #

毛色で人気が決まるのが人の性を感じて悲しいな
どんな毛色でも一緒に暮らせば最高の個性になるのに

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 15:06
  • ID:79ixUj0e0 #

綺麗な猫さんじゃないか
きっとこうなる運命だったから引き取り手が見つからなかったのね

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 15:25
  • ID:ISbaKbn30 #

ボランティアには無償で里親させるのに、引き取りてのない猫を譲るのには寄付募るくらいの金が必要なの?よくわからない世界だ。

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 16:46
  • ID:GSv22F5I0 #

動画を見る前から泣いてました。
皆で幸せに暮らしてね。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 17:10
  • ID:egmQLO3a0 #

>>11
ペットショップで売られてたんじゃないかな?保護のために保護猫や保護犬をペットショップで売ることがあるらしいから買い戻すためにお金が必要だったんじゃないかな

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 17:17
  • ID:gdFLflf40 #

>>11 ボランティアは「助けたいという気持ちがほとばしる」が語源という説がある。なので基本は無償、有償の場合は有償ボランティアと言われるよね。
もし預かりボランティアにお金を払ったら、善意ではなくそのお金を目当てにする人が出てくる問題がある。

6さんも書いてる通り、日本のまともな保護団体はワクチン代・不妊手術代・マイクロチップ代などは実費なんで請求する。自分の知ってる所は生活費はとらないなあ。
大ケガしていても医療費は個別に請求せず、団体への寄付でギリギリまかなっている。
団体のボランティアと言っても決してお金持ちではなく、みんなのお母さんみたいな普通の主婦が節約しながらやってるのが実情。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 19:08
  • ID:eb.dPdBO0 #

>>11
日本でもこういう所はけっこうあって、もちろんちゃんとした保護団体もあるんだけどやっぱり怪しい活動しているところもある

例えば保健所から引き出してきてワクチンと不妊去勢手術をしたので実費をいただきますって言ってたけど調べてみたら保健所で全部やってくれてたから団体には一円もかかってない
それを言うと他の子にもお金がかかってるので分担してお支払いいただいてますという、実費とは…?
ついでに団体の言う「他の子」というのには大けがをしたとか大病をしたという子たちも含まれているらしい、けどその子たち最初の写真だけ掲載されて続報が全くない…なんてところもある

保護団体は良く見分けないといけない
ボランティアさんも上手く利用されているだけというケースもあるようなので保護団体ならどこでもというのではなく、手助けする立場でもその団体がちゃんとしたところかどうかはしっかりチェックする必要があると思う

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 21:59
  • ID:H79udbsY0 #

小さい(動物付きの)子がいる家で里親ボランティアは厳しいと思う。
大人でも別れが辛くて涙するのに、事情もよく分からず家族として
大事に可愛がっていた犬猫を取り上げられるのは精神的虐待すぎる。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月15日 23:55
  • ID:FVRjnpMp0 #

世の中まだまだ捨てたもんじゃないって事や。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月16日 06:29
  • ID:a7XhLnFm0 #

>>9
引き取り手が無い事が理解できなかった
めちゃくちゃ綺麗で可愛い色味じゃない??
猫界ではどういう色味が人気なんだろう
分からんわー
マジ綺麗だわ

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月16日 10:34
  • ID:XNdbDAyv0 #

>>15 あるマジメな保護団体の代表は「不妊手術等の実費+αを譲渡費用にする」そう。理由はペットにかけられる余裕と意欲の判断材料の1つになるから。
協力費の設定も一概に悪いとは言えない面もある。

許せない悪徳団体は実際にあって、知人がラブハーフを引き取ったら23万円請求された。でも知人は資産家だった。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 12:17
  • ID:fUdGrj6v0 #

アメリカの譲渡費用いくら位なんだろうなーと思って軽く調べたら(州によって違うかもだけど)500ドルを超えない事って決まってるみたい。
ついでに保護活動してる人の「菓子折りも寄付金も持って来ず、譲渡費用しか払わない奴ってなんなの?非常識過ぎ」って意見にケチだろろくな人間じゃないだの賛同が集まってる知恵袋見ちゃって怖くなった。保護猫の譲渡ってそんな常識あったの……?今猫飼っててもう1匹なら引き取れるなと保護猫見てる事があったんだけどなんか関わるの怖くなってしまった

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 19:03
  • ID:dp3jhunm0 #

>>18
自分もこの色とかで人気がない、とか分からなかった。
親子ネコ、すごく可愛い顔をしているし、色柄も全然問題ない

22

22. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 19:15
  • ID:5o.mszzE0 #

猫たちが選ばれなかったのではなくて
猫たちが少年を選んで、他の譲渡会参加者を選ばなかったんだろ

23

23. 匿名処理班

  • 2024年04月21日 14:11
  • ID:9PmrxRP.0 #

譲渡費とかいう謎の制度は嫌いだけど、それを払えない人が猫を飼いたいということにも不安が残る
払えるようになるまで飼わないとか、無料で譲ってくれる人からもらうとか、お金がない人は我慢が必要だと思う
そんなにいい飼い主だと認めながら、それでもお金だけはキッチリ貰おうとする団体にも呆れるけど

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links