超集中状態「ゾーン」の謎を解明
 ゾーン、それは周囲の邪魔なものは全て意識の外に排除され、自分の感覚だけが研ぎ澄まされ、やるべきことに没頭できる超集中状態のことだ。トップアスリートなどは良く経験すると言われている。

 心理学用語では「フロー」と呼ばれるゾーンだが、この状態に突入すると、脳内ではどのようなことが起きているのか?

 新たな研究がその謎を解き明かした。

 ゾーンに入ったギタリストの脳をスキャンして分析したところ、自分の意識をコントロールすることから離れ、「自動運転」モードに入ることが示されたという。

 これは、集中している作業に完全に没頭し、自分の意識的な思考が背景に退くことを意味する。

ゾーン(フロー)についての2つの仮説

 ここでいうゾーンとは、心理学用語でいうフローのことで、目の前の作業に完全にのめり込んだ超集中状態のことだ。

 そのメカニズムについて、これまで大きく2つの仮説が提唱されてきた。

 1つは、脳内にある特定の2つのネットワークが関係しているという仮説だ。

 そのネットワークを、「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)」と「実行制御ネットワーク(ECN)」という。

 DMNは、白昼夢に関連する回路で、特定の作業を行なっていないとき(要はぼんやりしているとき)に活発になる。

 もう一方のECNは、問題解決のような複雑な認知プロセスを助けており、気を散らすようなものがあってもそれを無視させる。

 DMNとECNは、それぞれ別々に働くこともあるが、ある程度は連携しており、特に創造的な作業ではお互いに作用し合うことが知られている。

 そして最初の仮説では、ゾーンとは「ECNが活発になり、DMNが集中して働けるようにすることで、いろいろなアイデアが湧き起こるようなった状態」だと説明する。

 だが、もう1つの仮説では、そうした特定の脳内ネットワークは関与していないとされる。

 そのかわり「経験を通じて育まれた専門的な知識によって作られた、独自の神経処理ネットワークが関係している」と説明する。

 今回行われた新たな研究はこのどちらの仮説が正しいのかを検証するものだ。
2
photo by Pixabay

どちらの仮説が正しいのかを検証

 どちらの仮説が正しいのかを調べるために、米国ドレクセル大学の心理学者ジョン・クオニオス教授らは、32人のジャズギタリストに協力してもらった。

 ジャズの特徴である即興は、きわめて創造的で、ギタリストを没頭させ、ゾーンに導きやすいと考えられる。

 そこでこの実験では、ギタリストに脳波の測定キャップを被らせ、ギターを演奏してもらった。

 またそれと併せて、”ゾーン”に入っていたかどうかも質問した。ゾーンに入っていた時の彼らの脳波からは何が言えるだろうか?
1
実験に参加したギタリストがゾーンに入ったときの脳波を測定 / image credit:/Image credit: Image provided by John Kounios, PhD, of Drexel University

ゾーン状態では意識が放たれ脳が自動操縦に切り替わる

 この結果、ゾーンに入った経験豊かなギタリストでは、ECNとDMNの活動が低下し、かわりに聴覚・視覚・運動情報を処理する領域が活発になることが確認されたのだ。

 このことは、ゾーン状態にある人は、いわば「自動操縦」に切り替わり、意識的に何かをやっているわけではないことを示している。

 またDMNがあまり働いていないということは、アイデアが湧き上がってくるのは、DMNの影響ではないだろうことも示している。

 そのかわりに、ギタリストが演奏の腕前を磨きながら生涯を通じて形成してきたネットワーク(つまりは聴覚とギター演奏に関わるネットワーク)が利用されていた。

 つまり最初の仮説ではなく、脳内ネットワークは関与していないとする、もう1つの仮説の正しさを裏付けているということだ。
2
経験豊富なギタリストが深いフローに入ったとき、経験の浅いギタリストとの比較で活発になった領域 / mage provided by John Kounios, PhD, of Drexel Universityimage credit:

ゾーンに入るのに必要なのは高度な技術習得と意識を手放すこと

 このことからは、演奏に没入し、深いゾーンに入るためには、専門的な技能を身につけ、そのうえで意識を手放すことが大切であることもうかがえるという。

 クオニオス教授は、この発見について、「創造的なアイデアを生み出す新しい技術の基礎になる可能性があります」と、プレスリリースで述べる。

 同教授らは今後、もっと高度な脳スキャン技術で今回の結果を再現したり、絵画のような演奏とはまた違った作業で彼らの理論の正しさを検証したりしたいと考えている。

 この研究は『Neuropsychologia』(2024年2月21日付)に掲載された。


追記:(2024/03/21)本文を一部訂正して再送します。
References:'Flow state' uncovered: We finally know what happens in the brain when you're 'in the zone' | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
圧倒的パフォーマンスを発揮する超集中状態「ゾーン」に入るための方法


人は眠りに落ちる直前、創造力が最も解放されゾーンに突入する。そのひらめきを維持する方法


死にゆく人の脳内で起こる謎めいた脳活動、臨死体験と関係性が?


脳はあなたを失敗させるようにできている。脳を知って使いこなすための取扱説明書


自然の中を散歩すると注意力が回復するという研究結果

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 08:44
  • ID:tIl5kgHh0 #

掃除をしている時たまにゾーンに入る
嫌いな掃除を早いとこ済まそうと嫌な事考えないようにしてるのが結果として意識を手放すことに繋がっているのだろうか?
ただ専門的な技能なんざこれっぽっちもないんだけど

2

2.

  • 2024年03月20日 08:49
  • ID:Nv5Ja3Hw0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 08:57
  • ID:OyQVmU7V0 #

その状態の時は言葉を使った思考が無いという気がする。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 09:08
  • ID:E0ud8CSo0 #

昔なぜか選手でもない素人なのにバドミントンで何回かゾーンらしき物に入った事があって、その時はもう何でも出来た。あそこに落とそうと思ったら100%落とせたし、届かない所にシャトルが来たらダッシュしながら右手のラケットを左手に投げて空中で受け取ってそのまま打ち返せた。全部無意識に身体が動いて、意識に上って来た時には既に動作が終わってた。相手二人自分一人で圧勝した。
この話の「自動操縦」というのは実感として正しいし、心理状態としては何も考えてない状態がとても近かった。集中はしてるけどリラックスしてる感じ。何であの時そうなったのかは本当に謎。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 09:25
  • ID:cZhyngvo0 #

つまり体に覚えさせるのが重要ってことか

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 09:35
  • ID:s1hGAgmH0 #

若い頃はめっちゃゾーン入れてたのに30超えてからはすぐに別のこと気になって集中出来なくなってきて辛い…

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 09:57
  • ID:k3CANE350 #

確かに、慣れてることじゃないと起きないな
そしてめちゃくちゃ集中出来てることを自覚しつつ関係ない物思いに耽っていたりもする

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 10:37
  • ID:n.zYolZa0 #

写経とか、一時期流行った大人の塗り絵とかもこのゾーンに入る効果を狙ってのものかな

9

9.

  • 2024年03月20日 10:38
  • ID:KMv6PCFB0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 10:50
  • ID:FF58PZz70 #

即興ジャズみたいな困難な場面とそれに対応できる技術が必要で
周りが見えなくなった程度の話ではないぞ

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 11:07
  • ID:6hMAWSUV0 #

反復練習が活きる状態の事だよな
実体験から理解出来る

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 12:02
  • ID:VQOipDZq0 #

流星人間ゾーン?

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 12:35
  • ID:6XycOCY80 #

社交ダンスやってる人が自分とパートナーが一体になって四つ足になる、と言ってたな
完全に二人の体も感覚も一致するらしい

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 13:02
  • ID:u2xb2Pxb0 #

初めてゾーンに入ったときはライトスパーリング。
相手の回し蹴りがいきなりスローに…
躱そうかとバックステップ、いや遅いなと手で押さえて止めようとして
「押えきれない」から足を上げてブロックしなおしたところで普通な状態に。
相手は格下だったが体重差が50kgあったから、手首をくじいていた。
むこうは変な動きをしていたと思っただけ、このことは誰にも言わなかった。

まあゾーンでも「最良な選択ができるわけではない」ことが最初にわかった。
彩度が下がり、聴覚がなくなり、時間が長くなり、考える(主観)時間が増えるだけ、動きはふつう。
ゾーンという名称は一般的でなかったから、個人的に「海の底」と呼んでる、今でもそう。
それでも利点はたくさんある、向こうからすると急に早くなると感じるようだ。
身に着けた技は使える、微妙な技は通じない、この状態のときでもお試しはダメ。

そういえば、昔、車に当てられてバイクごと宙を舞ったときもスローだったわ。
あれも「海の底」だったかも。
地面に落ちて滑ってる時間が長くて指をかばって手のひらを突き直して力を入れて踏ん張ると…
手袋の鋲が熱くなって少し浮かして、止まったら起き上がろうとして…はっ
後ろからバイクが飛んでくるのを予想して左に転がったら回転しながら上を飛んでいって
「やっぱり赤くて綺麗だな、うん」とか思ったら音が戻ってきた…
あれもそうだな。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 13:22
  • ID:liu1V.fT0 #

つまり無我の境地か

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 14:38
  • ID:pY6UKVL50 #

TVゲームやってるとよくあるよ
映像が抽象化されて必要ない情報が視界から消える
視野が狭くなったり、色情報が消えてモノクロになったりもする
集中が解けたときにハッとして我に帰るんだけどね

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 15:17
  • ID:DitSyxV40 #

>ゾーン状態にある人は、いわば「自動操縦」に切り替わり、意識的に何かをやっているわけではないことを示している。

違うんじゃね?

「自動操縦」なら経験に元ずく行為しかできないから、創造的作業はできないことになる

18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 15:24
  • ID:hmi22lFX0 #

>>4
寝不足の状態でゲームをしていた時に、眠くて意識は朦朧としているのだけど不思議な事に感覚は研ぎ澄まされたような感じで普段なら難しい内容でも無意識に身体が反応して凄い成績を出せた事があった。
それをゾーンに入ったといえるのかはわかりませんが、それってどういう事なのだろう?とこの記事を見て思いました。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 17:36
  • ID:viMw6HLK0 #

>>4
競歩レベルでウォーキングするのに慣れてからはある程度時間が経つと歩いてる最中に色々アイデアが浮かんできたりする

車のない遊歩道とか緑が多いところだとすごいひらめきがあって興奮した直後にハッと意識が戻り、周りの景色に気づいてああ外歩いてたんだっけ!って我にかえったりする

足が自動的に歩いてくれるあの状態をゾーンというのかな

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 18:14
  • ID:E0ud8CSo0 #

>>19
ウォーキングや自転車がアイデア出しに良いのは自分も実感するけどゾーンとはちょっと違うかなあ
足が自動的に歩いてくれるのは、歩く動作が、足の筋肉が伸ばされた時に自動的に足が前に出る反射を上手く利用してるからだね もちろん馴れはあるけど
無意識よりもさらに低レベルな、いわばハードウェアレベルで自動操縦が出来ている状態

21

21. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 18:44
  • ID:E0ud8CSo0 #

>>17
>「自動操縦」なら経験に元ずく行為しかできないから、創造的作業はできないことになる
それはある程度その通りだと思う
何かに秀でて常に練習しているような人だと、脳内に一連の動作を一つのブロックとして登録したようなものがあり、それを何も考えずに実行出来るようになっている
とっさの際に(「あれ」と「これ」を組み合わせればいけるな)という瞬間的な判断があり、同時に身体はそう動いている、そういう状態を外から見た人は、時に創造的だと感じるのでは?
つまりゾーン状態でも全くやった事の無い動作は多分出来ない

自分のバトミントンの話だと、左右の手の間でラケットを投げるのは、左右の手で物を投げ合う動作を普段からやってたから出来た事だと思う
それでも絶対にここしかないというタイミングでそれが出来たのはかなりおかしい事だと思うけど(自分の体育の成績は常に最低でした)

22

22. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 19:51
  • ID:.NZTP1aj0 #

ゾーンって何種類かあると思う
状況判断向上、先読み、体が勝手に動く、普段以上の出力発揮etc.
それぞれの状況によって脳を含めた神経系、筋肉の働きが異なるはずで、これはその一端についての報告なんだろう

23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 21:57
  • ID:s8F4v1hE0 #

溶接を極める…………
溶接する際、視界は最大、溶接面のガラスの範囲しか観れないけど、マジに集中すると…………溶接火花の周囲僅か2センチ四方を超拡大して映しだす現象を脳内で処理するんだよ☝️  
昔、TIG溶接で1mm厚のステンレス製の換気扇フードを作る際に、溶接火花で溶けた部分を板材の端から0.5mm離して溶接を進める事も出来るし、溶けた部分を0.1mm修正したりも、拡大された視野でラクラク出来るんだよ☝️😤💪

脳って、本当に不思議なもんだよ〜〜🤔🤔🤔

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 23:34
  • ID:.x1X3ZrO0 #

>>16
ゾーンで色がモノクロになるわけねーだろ
眼科に行け

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 01:27
  • ID:AGjsKr0Z0 #

>>24
経験ない人には分かんないんだろ
頑張って境地に達してみ
まぁ君みたいな思い込みや偏見の強い人には無理なんだろうけど

26

26. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 01:44
  • ID:b49g.YrK0 #

中学の時、水着を忘れてプールに入れない時は校庭を延々と走らされた。
マラソン大会は常にビリから2番目だった私にはかなり過酷だったけど、ある日走っていたら急に体が軽くなって息も辛くない。え?なんか永遠に走れる…とか思った事があった。タイムとかは決して良くなかったと思うけど、いつもあんな風に走れたらマラソン大会ももう少しいい順位になれそうなきがした。
あれはいわゆるゾーンに入っていたのかな?

27

27. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 02:00
  • ID:WEJb6Qen0 #

ゾーンと高集中は分けたほうがいいと思うな。

個人的にはこんな感じ。
ゾーンは時間が遅く感じる、彩度が落ちる、音が遠く聞こえる、言語的思考ができる、身体操作はスムーズ。
高集中は時間を意識しない、視力は変わらない、音は消える、言語化しない、身体感覚は忘れてる。。
前車はスパーなどで身体が動かすとき、後者は読書や手作業などで、どちらにも深さのレベルがあるようだ。

さてゾーンは先に書いてるので後者の高集中について。
その間は時間がたつのを忘れてる、目と手だけ動かしている
で、私はよだれを垂らすことがある、垂れて初めて気づく口を閉じることさえ忘れてる(前に書いたはず)。
うるし塗りの職人さんが同じだとTVで見た。

仕事でも集中すると音は聞こえず、手だけ動かしてる。
呼ばれても聞こえないから「前に回って名前を呼んでから話してくれ」と回りには話してる。
よだれを垂らすほどは深く集中していないけど。

同じように、ゾーンに入れる人、あるいは高集中できる人(ゲームの人はこちらでは?)コメントしてほしいな。

28

28.

  • 2024年03月21日 06:29
  • ID:ZC74xOSl0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 08:26
  • ID:NMD35Y9d0 #

ゴジラと共演した
すごいあいつ

30

30. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 10:12
  • ID:N2qUadkO0 #

>>26
ランナーズハイかな

31

31. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 17:04
  • ID:F4DZN.eh0 #

>>17
そもそも人間の意識ってのはその「自動操縦」をモニターしてるだけだって説が有力
意識によって何かを判断したり、物事を選択したりして行動しているって感覚は錯覚でしかなく、
創造的作業を実際に担っているのもおそらくは最初から無意識の自動操縦の側なんだよ

32

32. 匿名処理班

  • 2024年03月22日 12:35
  • ID:522z0UeT0 #

>>24
あくまでも主観的な認知を比喩した結果が「モノクロ」なだけよ。
本当に「モノクロに見えてる」わけじゃなくて、「モノクロとして処理してる」状態。

こういうのは、実際になってみないと一生分からんものだろうなとは思う。

33

33. 匿名処理班

  • 2024年03月24日 21:02
  • ID:t5u7IUF40 #

ピアノの練習を遊びでしてた時、一度だけ鍵盤に手が勝手に吸い付けられるような感じで「あーこれ目をつぶっても全然に間違えない」って分かって、意識もふあーーってなった。
そして、その時の天気や日差しがめちゃくちゃ気持ちよかった不思議な体験だった。

ただそれ以降、同じ事を何度やっても起きない。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links