捨てられたシベリアンハスキーを家族に迎え入れた男性の物語
 アメリカでは地域によってコヨーテや野生のオオカミが近くに生息しているという場合がある。

 カリフォルニア州に住む男性は、ある日自宅の庭にオオカミかコヨーテのような姿をした動物が侵入しているのを目撃した。

 だがよく見てみると、それはシベリアン・ハスキーだった。どうやら何者かによってこの周辺に運ばれて置き去りにされたようなのだ。

オオカミかコヨーテが侵入⁉と思ったらハスキーだった

 カリフォルニア州オレンジ郡に住むフリントさんは、自宅の庭にその動物を偶然見つけた瞬間、怯んだ。
ちょうどそのとき、飼い犬で体重40kg超えのシェパード・ミックスのステラを連れていたのですが、一瞬オオカミかコヨーテと思われるものが庭に立っているのが見えたんです。

鶏小屋の近くにいたので、てっきり鶏を襲おうとしているのかと思いました
1
 その動物は、警戒するようにフリントさんと距離を置きながら、まさにオオカミのような遠吠えをしたという。

 だがよく見るとそれはハスキー犬だった。なぜ、シベリアン・ハスキーがここにいるのだろうか?

 フリントさんは一旦自宅に引き返し、パートナーのジャイロさんに話した。
私たち2人はそれから数時間かけて犬に食べ物やおやつを与え、なんとかして信頼を得ようとしました。(フリントさん)
捨てられたシベリアンハスキーを家族に迎え入れた男性の物語

捨てられた可能性が高いことを知らされる

 2人は、このハスキー犬について手がかりを得ようとした。
犬は首輪もつけておらず、獣医のもとへ連れて行ってもチップは埋め込まれていませんでした。

私たちは飼い主を探そうと家もまばらな田舎町の近所を尋ねて回り、SNSにも投稿したりしましたが、何の手がかりも得られませんでした(フリントさん)
 この田舎町では、以前からいらなくなった動物を置き去りにするために車でやってくる人がいるということを、ここに30年暮らす隣人から聞いた。

 おそらく、犬は誰かの車でこの田舎町まで運ばれて、捨て去られたのだろう。犬は去勢手術もしていなかった。

 フリントさんとジャイロさんは、犬が飼い主から適切な世話を受けていなかったと判断。その犬を家族に迎える決心をしバルトと名付けた。

偶然の出会いから永遠の家を見つけたバルト

 バルトにとって、フリントさんとジャイロさんの庭に迷い込んだのは何かのお導きがあったのかもしれない。

 本来動物好きの2人は、これまでにもいろんな動物を保護してきた。バルトにとって、2人との出会いは救いに他ならなかった。
ジャイロと私は、あらゆる動物に健康で愛情深い生活をさせる場所と資源があれば、保護することは義務であり、特権であると強く信じています。
 そうして、バルトは永遠の家を見つけた。フリントさんとジャイロさんの家族の一員となったバルトは、現在幸せに暮らしている。
5
 毎日毛づくろいも丹念にしてもらっている。
4
まだ子犬のバルトは、やんちゃなところがあります。すでにリモコンと私のお気に入りのクロックスを壊してしまいました。

でももちろん許しますよ。バルトはまだ子犬です。それに、私たちには時間も愛情も根気もありますからね(フリントさん)

心やさしき人と出会い救われた犬にSNS上では喜びの声

 フリントさんはTikTokでバルトとの出会いのストーリーをシェアした。

 すると心温められた多くのユーザーから、2人のやさしさを称賛するコメントが相次いだそうだ。

 ひとつ確かなことは、バルトはあの日自分にふさわしい永遠の家を見つけたということだ。

 海外の犬にも猫同様、正しい飼い主を選ぶNNN的存在の流通システム「WWN(わんわんネットワーク)」が発達しているのかもしれない。

References:Man Thinks Wolf Has Broken In, Ends Up With New Pet/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
犬にもNNN的存在が?玄関前で家族の帰宅を待っていた犬、この家の飼い犬となる


雨の日に助けを求めてやってきた犬の親子。子供を守ろうとする母犬の姿に感動し家族に迎え入れる


捨てられた子犬、警官に助けを求め必死で後をついていった。永遠の家と愛を手に入れた(アメリカ)


本当は誰かに気が付いてほしかった。学校の構内をさまよっていた犬の保護物語


命絶え絶えに生きていた捨て犬たちが保護された後、瞳に輝きが戻るとき。捨て犬たちのビフォア・アフター Part2

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年03月20日 14:41
  • ID:xOMTv0yQ0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 14:49
  • ID:JRFPMP.k0 #

置いてかれて悲しい、みたいには見えないし元飼い主との関係はあまり良くなかったのだろうか
信頼して属することの出来る群れを探して彷徨ってたのは確かだと思うから、いい人達に巡り会えて良かった
そしてまだ子犬だと知ってびっくりした。でかい

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 16:09
  • ID:cqb.dwgf0 #

幸せそうな顔になっててよかった
ペットを遺棄する人は水虫がなおらない呪いにかかってほしい

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 18:14
  • ID:P1Hpg.cx0 #

穏やかな顔してるね
いい人に見付けてもらえてよかった

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 18:41
  • ID:j5JcUYCI0 #

自分は最初の写真のショボーンとしてると感じたよ‥😥
先住犬と共に穏やかそうな表情になってよかった
それはそうとネームプレート販売機、日本のペットショップにも欲しいね

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 19:16
  • ID:JhhYWtvC0 #

子犬?
え?
え???

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 19:50
  • ID:AAIB21o30 #

>>6
ハスキーは大人になると顔の模様が薄くなって(なくなって)いくから、まだ隈取りがはっきり目のこの子は子犬から成犬の間くらいじゃないかな

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 20:58
  • ID:WVO9Um7W0 #

子犬カワイイ!だけで飼い始めて、大きくなってきたら飽きてポイする典型的な動物飼う資格のないクズ案件かな・・・
ケガしたり身体にガタくる前に素敵な人に出会えたのが救いだった、元飼い主は地獄に落ちれば良い

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 20:58
  • ID:FijYePzb0 #

良い飼い主に出会えてよかった
だけどハスキーは思いのほか迷子になったら遠くに行っちゃうからなー

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 03:13
  • ID:5Z64hDCD0 #

幸せなのは何よりだが、寝ながら飯食うな(笑)

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 10:36
  • ID:SJzAJm7m0 #

ワンワンワークス(WWW)だねえ

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 21:19
  • ID:vlA4l7EH0 #

時間と愛情と根気、そしてある程度の財力、これはペット、特にワンコ飼う上で必須条件だよね

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月22日 00:26
  • ID:Z5QGEc6B0 #

>>3
それだけでは腹の虫が収まらない!
水虫プラス年に一度は必ずタンスの角に足の小指をぶつける呪いもかかれば良い!

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links