ヘビがカエルを飲み込もうとするモチーフの青銅製のベルトバックル
 古代ヨーロッパの謎を解明する鍵が、チェコ共和国で発見された。ヘビがカエルのような生き物を飲み込もうとしている姿を描いた青銅製のベルトバックルが見つかったのだ。

 これらは、チェコ第二の都市、ブルノの南東およそ60kmのブレツラフィ村近くで発見されたもので、マサリク大学の考古学者らは、8世紀のものとみている。

 このベルトバックルは、これまで未知だった異教カルトの存在を示唆しているという。

カエルとヘビがモチーフである意味

 ドラゴンまたはヘビとの戦いは、さまざまな文化において、宇宙創造神話の基本的なモチーフのひとつとされている。だが、カエルとヘビの間の相互作用は豊穣信仰の習慣に関連づけることもできる。

 中央ヨーロッパではこうしたモチーフの遺物がさまざまな場所で発見されている。さらにその発見場所が分散しており、数百キロ離れた場所でも見つかってることから「中世初期にさまざまな起源をもつ多様な人たちを結びつけていたであろう未知の異教信仰」の存在を指摘する見解がかねてからあるのだ。
ヘビがカエルを飲み込もうとしているモチーフのついたベルトのバックルが、モラヴィア南部、ブレツラフィ近郊で発見されたとき、ユニークな装飾が施された珍しい遺物だと思いました。

しかし、同じモチーフの遺物がドイツ、ハンガリー、ボヘミアからも見つかっていることがわかり、これはキリスト教到来前の中世初期にさまざまな地域の人々を結びつけていた、未知の異教信仰を表している遺物だということに気づきました。

そこで、もっと詳しく調べるための、国際研究チームをたちあげたのです
 マサリク大学、考古学・博物館学のジリ・マハーチェク氏は語る。
3
同様のモチーフはヨーロッパの他の地域からも発見されている。Aラーニ (チェコ)、B ツァンベク (ハンガリー)、C イッフェルスドルフ (ドイツ)、Dノヴィー・ビジョフ(チェコ) / image credit:Machaček et al, Journal of Archaeological Science 2024 (CC BY 4.0)

 この遺跡からは、以前に古代ゲルマンのルーン文字が刻まれた動物の肋骨が発見されたことで話題になったことがあった。
ヘビが獲物を飲み込むというテーマは、ゲルマン、アヴァール、スラブの神話に登場し、普遍的に理解される重要な表意文字と言えます。

今日、私たちはその正確な意味については推測することしかできませんが、中世初期には中央ヨーロッパの多様な人たちを精神的な意味で結びつけていたのです

ヨーロッパでは未知の異教信仰があった可能性

 今回発見された遺物は、アヴァール人のベルト金具で、7〜8世紀に中央ヨーロッパで作られたものだ。

 もともとは現在のハンガリー、カルパティア盆地に定住した遊牧民族アヴァール人の衣装の一部だった。彼らのファッションは、スラブ人などの近隣の人々にも採用されることが多かった。

 このベルトの金具やほかの似たような遺物を分析するために、X線蛍光分析(EDXRF)、走査型電子顕微鏡(SEM)、鉛同位体分析、および3Dデジタル形態計測など最先端の技術を駆使した。

 ウィーン自然史博物館のステファン・アイヘルト氏が分析を行ったところ、これら青銅製の装飾品の大部分は元々厚く金メッキされていて、ロストワックス鋳造法を用いて製造されたことが明らかになった。
4
専門のソフトウェアを使用した分析により、モチーフをより詳細に把握できた / image credit:Machaček et al, Journal of Archaeological Science 2024 (CC BY 4.0)

 チュービンゲン大学のエルンスト・ペルニッカ氏は、青銅合金に含まれる鉛同位体の化学分析を行って、発見されたすべての金具の原料である銅の共通の供給源を特定した。

 アヴァール青銅器の原料の銅は、スロヴァキアの鉱石山脈で採掘されたものだった。

 マサリク大学のヴォイテク・ノセク氏による3Dデジタルモデルを基にした形態計測分析でも、金具の一部は同じ工房で作られたか、共通の模型から作られたものであることがうかがえる。

 マサリク大学の考古学者たちは『Archaeological Science』誌にこの研究結果を発表した。

追記:(2024/03/09)本文を一部訂正して再送します。
References:MU archaeologists uncover bronze belt buckle linked to unknown pagan cult | News | em.muni.cz / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
巨大なテュルク・カガン国の宗教施設が草原地帯の歴史を変えた


古代ギリシャ・ローマ時代のカルト信者が使用していた謎めいた手の彫刻「サバジオスの手」


美しい装飾のある中世のペンダントの中から、聖人の遺骨の破片が発見される


完璧な状態で見つかった2500年前のスキタイ人の馬具(ポーランド)


歴史的な教会の天井に500年以上前から吊り下げられているワニのはく製

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年03月08日 22:31
  • ID:6eNrMS480 #
2

2.

  • 2024年03月08日 22:44
  • ID:vqiQkH7k0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 22:44
  • ID:2AY2dcws0 #

蛇に股間噛まれてギャッてなってる男の人に見えたw

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 22:50
  • ID:wZtKU70x0 #

股間を蛇に咬まれる被害者にしか見えなかった

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 23:26
  • ID:4UBzRs0W0 #

多分だけど、蛇に股間を噛まれて滅びた民族がいたんだと思う

6

6.

  • 2024年03月08日 23:35
  • ID:YZM.qUCS0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 23:51
  • ID:yHuqBhU60 #

ー愎誠仰 日本だと諏訪大社に蛙をささげる神事がある(その昔は鹿の首だったけど)
△修譴妨立てた性的な信仰 女体にファルスが入る様 持つと精力を得られるとか
3燭伴悗凌析辰モチーフ 蛙は水や豊穣のシンボル(あるいは霊媒師)蛇は河の反乱、死と再生 共通の神話があるかも

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 00:52
  • ID:1YamSf.p0 #

どうやったらカエルに見えるんだ?

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 02:21
  • ID:HL25PBey0 #

カエルの噛まれてる部分は人間に当て嵌めても男女共に急所であるはずなのにどうして男性が想起されるんだろう…
息子スティックの存在が無関係じゃないような直感はする…

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 07:56
  • ID:akv4jrLx0 #

ヘビに飲み込まれるカエルってモチーフで、股を噛まれるデザインってなんかシュール。実際、ヘビがカエルを飲み込むなら頭からいくわけだし…。宗教がらみであるなら、なんとも特殊な思想を持っていそう。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 08:28
  • ID:aL3omiqy0 #

カモン‼ヘビー

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 09:07
  • ID:kVKzw9mh0 #

ベッドにダイブする女性のGIF思い出した

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 09:09
  • ID:04fVYWhg0 #

アヴァールという名前がモンゴル語の蛇からという説もあるし、自分たちを表す動物が蛇だったんだろうな。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 09:40
  • ID:psQOnEpz0 #

豊穣のシンボルとして敢えて蛇とも逸物とも見えるデザインにしてあるね

15

15.

  • 2024年03月09日 11:39
  • ID:inix182h0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 11:47
  • ID:nzJQveIy0 #

>>14
そんな感じするね
カエルの方も直接表現避けた結果に見える
何と言うかローマ的なのを少しオブラートで包んでみた様な感じ

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 12:12
  • ID:wbjsU9u.0 #

未知の「異教」という言い方がすごく傲慢だよね。
未知の信仰って言えばいいのにわざわざ異教というキリスト教の傲慢さを感じるよ。

18

18.

  • 2024年03月09日 12:29
  • ID:1xOcuZlD0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 15:41
  • ID:STNS.cs10 #

ヘビもカエルも豊穣神だから
縁起が良いんだろう

20

20.

  • 2024年03月09日 20:37
  • ID:AYH2NosL0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 23:03
  • ID:M3t.qpO70 #

>>16
もしかしたらカエルというモチーフにはネガティブな意味しか無かったのかもしれませんね
それを食らうということでヘビに吉兆や転生や力強さなどの意味を与えたのかも知れません
まぁでもどうみてもアレ、カエルに見えないですよねぇ

22

22. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 23:13
  • ID:M3t.qpO70 #

>>17
まぁ通常西洋世界、とくにキリスト教からみて「異教」という言葉はネガティブな意味しかありませんからね…あちらではペイガンですが、これには「劣ったもの、侮蔑すべき、唾棄すべきもの」という意味の言葉から来ています
今ではそのような意味合いも薄れてはいるのでしょうが、ネット上の話で申し訳ないのですが、キリスト教=真実、正義という観点を持つ人は多く、日本の信仰や文化に対して「キリスト教を教えてあげなくちゃ」という人は結構な割合で出てきます(それを戒め押しとどめる人もすぐ出ますが)
なので「キリスト教以外は劣っている」と思ってる人は残念ながら現代でも地域の別に限らず多いように見受けられます。その証拠の一つとしては日本が経済や学術・文化において発展したのを指して「日本は無宗教なのに発展した」と指摘する人が多いということです。
ここで言う無宗教とは「神を信じていない」つまりイエスを神としていないにもかかわらず発展した事を意味し、裏を返せば「蛮族が発展して偉い」ということです
歴史に裏打ちされた信仰に根ざす文化からくる感情というものは、非常に根源的であるので一朝一夕で解消されるわけでも、個人の知性による克服も難しいことを表していますね

23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 09:02
  • ID:8ZrfhZMo0 #

カエルか・・?尻尾を飲み込まれたトカゲ(またはイモリ等の有尾類)のようにも見えるがなんともいえんな

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 09:04
  • ID:VDkDcXo70 #

>>22
イスラム教なんかにもそういうところはある。
ただし、コーランでは「遠い地域の異教徒はアラーがコーランの変わりに現地向けローカライズした代用品を与えてる可能性があるから短絡にアラーの教えに背いてる悪とか我々の信仰より劣ってる宗教とか決め付けちゃダメ」って明記している。

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 10:05
  • ID:JpEhA12E0 #

>>24
それも結局のところ自分たちが真実であり、他は劣っていると言ってるだけですよね
その論でいえば最後は「代替品のかわりに真実を教え、与えるべき」となりますし、結局その結論に至って戦争してるわけですから
私などは、たとえば「神または神々」というものは人間の精神では決して完全に捉えることも理解し得るものではなく、人間は自分の文化や思想を通してでしか理解することは出来ない、と考えてるので要するに「外国の神、または神々は単に彼らの理解であり、人間の理解を超えた先にある同じ物を、違う角度から見たにすぎない」とし、この考えは八百万と矛盾しないと思います
また外国の人、とくに一神教の人には屈辱的かも知れませんが、「あなたのいう至高天、唯一神はじつはあまたの神々の一柱にすぎない」という理解なので、彼らには受け入れがたいかも知れません
でも結局のところ、それが真実だと思うんですよね

26

26. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 15:01
  • ID:2pHCCiSu0 #

ユダヤキリストイスラムの信徒に滅ぼされた地域の信仰とか文化も多かったんだろうなぁ

27

27. 匿名処理班

  • 2024年03月11日 10:32
  • ID:T4giVgJk0 #

ロストワックスってあれか?鋳造とかで蝋で型をとって、砂を敷き詰めてそこに金属を流し込むやつ?

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links