立つことも座ることもできる電動の外骨格スーツ
 イタリアで、そこはかとなくスタイリッシュなリハビリ用電動アシストスーツがデビュー。まんまSFで見るやつみたいでかっこいいぞ。

 先日イタリア・ミラノにて、国産の科学技術で生まれた新しい下肢用の外骨格スーツ「Twin(ツイン)」が大々的にお披露目された。

 開発10年でついに誕生したTwin は、歩くのが難しい人はもちろん、まったく歩けない人にも歩行をうながし、立つ動作や座る動作までアシストしてくれる。

 主な目的は生活の質の向上だが、自力歩行の可能性まで期待できるという。
TWIN 2

イタリアで歩行をうながす新しい下肢用外骨格スーツが誕生

 人間の動きを強化して拡張するパワードスーツ、いわゆる外骨格タイプの強化スーツは、今や軍用にとどまらず、日本でも体の負担を軽減する装置として作業現場や医療現場で役立っている。

 そんな中、先日イタリア・ミラノにて、新しい下肢用外骨格スーツ「Twin(ツイン)」がお披露目された。

 医療用というとわりと地味目な印象あるけど、こっちはさすがイタリアというか、配色といい形といいスタイリッシュでSFに出てきそうなデザインだ。

 このスーツは、障害や怪我などで脚の運動能力に低下がみられる人や、まひで歩けない人の生活の質や移動性を向上させる目的のもと開発された。

 下肢に装着すると、膝関節と股関節それぞれにあるモーターを通じて歩行がうながされる。モーターはバッテリー駆動。1時間の充電で最長4時間使用できる。
立つことも座ることもできる電動の外骨格スーツが開発される
 設計者によると、従来の下肢用外骨格スーツと違う Twin の特長は2つある。

 1つは、スチールではなくアルミニウム合金を採用するなど、軽量な素材でできていること。2つめは 組み立て可能なモジュール設計で、輸送やアップグレードの際も部品を取り外して対応できる点だ。

 対応サイズは幅広く、装着の際にさまざまなサイズの足や足首のサポートが可能。外骨格の長さも可変で、太ももとすねの側面にある伸縮型の連結部分で調整できる。
6
image credit:Istituto Italiano di Tecnologia
 動画を見た感じでは、本体の一番下の先端が自転車のペダルのようになっていて、シューズの底と一体化してるようだ。ユーザーはそのペダルに体重を乗せるようにしてシューズを履いて歩くもよう。

運動機能に合わせて選ぶ 3つのモード

 Twin には 以下の 3つの動作モードがあり、ユーザーの運動機能に合わせて切り替えられる。
1
ウォーク モード:まひなど全く歩けない患者用

外骨格がユーザーの脚を動かし、座位や立位まで補助する。ただし他のメーカーの製品同様、現時点ではバランス維持に松葉杖を使用する。
再訓練 モード:下肢の運動機能がある程度残っている患者用

可能な限り自立歩行を優先するが、必要に応じて調整可能な補助を行う。原理的には、電動自転車と同様で、足のペダルの動きを検知して補助が作動する。このモードではあらかじめ設定されている最適な足の運びに沿ってガイドする。
TwinCare モード:片脚のみが動かせない患者用

このモードでは、動かせない片脚の動きを促進するため、健康な片脚の動きと一致させる。
 操作については、3つのモードすべてにおいて、理学療法士またはユーザー自身が ワイヤレスリンクした Android タブレットで行う。操作画面では歩幅や各タイプ、歩行速度などを含む歩行パラメータが調整できる。

開発に10年かかって完成したイタリア製のアシストスーツ

 Twin が公開されたのは今年2月20日のこと。開発に携わったイタリア技術研究所とイタリア国立労働災害保険研究所の科学者により、試作品がお披露目された。

 開発に着手したのは2013年。それから10年かけ、ようやく製品化にこぎつけた。

 その長い年月や国産の科学技術を投じたこともあってか、お披露目の会場はなんとミラノの科学技術博物館で、記者会見を開くほどの力の入れようだったそう。

 今まで自分の足で歩くのが難しくてあきらめていた人も、こうしたアシストスーツでまた歩くことができ、その刺激による運動機能の向上も期待できる。
no title

生産はこれから。先端技術に前向きなイタリア

 本格的な生産はこれからで、値段などの詳細もまだ不明だが、医療福祉に向けた先端技術の生産や導入に前向きなイタリアの今が伝わってくる。

 イタリアのモノづくりといえば、昔ながらというか、伝統技術の職人技みたいなイメージだったけど、考えたら高級スポーツカーとかあるもんね。

 芸術やファッションの街といわれてきたミラノにも、いろんな形で創造的な新技術が積極的に取り入れられていきそうだ。

References:newatlas / goodnewsnetwork / youtubeなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
全身麻痺の男性が、脳波で動かす外骨格ロボットスーツで再び歩く(フランス研究)


台湾軍によるアイアンマン化計画。兵士の身体能力を高めるパワードスーツを発表


日本の巨大外骨格ロボット「スケルトニクス」のSF的ルックスが海外で注目を集める


ヘビに足で歩かせてあげたい。四足歩行ができるロボット外骨格を作ってみた(ヘビ出演中)


巨大クマと戦うため、戦闘用グリスリースーツを作った男

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 19:13
  • ID:rL..PKQ50 #

MGSVでヒューイが付けてたやつ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 19:37
  • ID:rDOfKKdF0 #

※1 MGSVよりもデス・ストランディングの方が見た目は近いかも

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 20:21
  • ID:w3COQZDk0 #

日本だとCYBERDYNE社がHALを作ってるね。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 20:43
  • ID:Eamxad.Z0 #

これより簡易な介護用のアシストスーツを試したことがある

全く役に立たなかった

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 21:26
  • ID:6qfo0Bom0 #

日本のもあるのに・・・

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 21:55
  • ID:4Pa0F2190 #

ROBOTICS;NOTESにでてきたHUGみたいな感じか

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 22:51
  • ID:hoos1MNR0 #

>>3
CYBERDYNE社のHALを数年前に治験者の一人として使いました。

脳梗塞発症後約7日目から急性期治療として使用を開始、2週間で計10回ほど使ったかな?
どの程度の効果があったかは自分では比べられないけど、回復期病棟の理学療法士が言うには「歩様(歩行姿勢)に関しては治すべきところはなかった」というくらい回復してた。
右半身完全麻痺からの回復としてかなりのものじゃないかな?(個人差は大きいが)

ちなみに、HALのリース料は一ヶ月1000万円、HALを使用した治療は一回100万円程度を想定してたって。
日本では、ほぼすべての人が高額医療制度を使うことになるはず。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 23:47
  • ID:J783jNbL0 #

>>4
参考までに、
具体的にどんな箇所がダメだったの?

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 08:59
  • ID:H.RC9ROK0 #

でもお高いんでしょう?

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 09:48
  • ID:4Vj5oCq70 #

>>8
介護用で腰の負担をなくすスーツ

サポートが不自然で逆に腰に負担がかかる

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 10:15
  • ID:RqxcPKoj0 #

その場でサイズ調整できるの良いね
お高いうちはホームとかで共用できそう

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 10:35
  • ID:QUh2jB9k0 #

>>9
将来的には可能になるかもしれないけど、少なくとも現時点では個人でぽんと買える人は少なそう
ただ、どちらかいうとこの手の製品が安く買える世界がいい世界なのかどうかはわからない
無くても歩けるまで回復できる世界が一番だと思う。
欠損してしまった義手義足ならばまた別の見解だけどね

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 11:00
  • ID:73ilUjSA0 #

ちょうど昨日こんなのが欲しいと思ってたとこ!
筋ジストロフィー発症につき、これから萎えていく足でも毎日歩きたいし、便座に座っても自分の足で立ち上がりたいから。いつまでも。


早く日本に来るといい。

神様、開発者様、知らせてくれたカラパイア様に感謝します。世界中の障害者に朗報です!

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 11:16
  • ID:AvR.NjlA0 #

ATOUNとか知らん間に消えてたな。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 11:52
  • ID:N9vPr7td0 #

エイリアン2のパワーローダー見たいなの作って!

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 12:24
  • ID:cT632JEh0 #

>>7
だいぶ回復したとのこと、不幸中の幸いですね。
専門家じゃないですが、リハビリで同じ動作をさせるのは神経回路ができるんからなんです。だから、筋力の問題であればその補助をする仕組み(たとえばサイバーダインのHALや今回の記事のモノ)が、こう歩くのだよと誘導してあげると神経回路ができて歩けるようになるって感じ。別記事で70歳の方の筋肉が鍛えられている話もあるように神経回路ができて歩くことを繰り返しつつこの仕組みの補助を少しづつ減らしていくとそのうちナシでも歩けるようになるかもです。
将来は神経から信号を取り出して、助力じゃなくてフルオートで歩行することができるようになるかもしれないという期待もありますね。補助なしで歩けなくてもこの仕組みをつかって歩けるなら脚の筋肉を動かすことで血行がよくなるなど他にも良い影響がありそうです。もっと言えばたとえば健常者だって義手の技術を使って三本目の腕を得てうれしいことがあるかもしれません。
義手・義足・・・発展して他の各パーツや義体の技術には期待しています。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 13:51
  • ID:oTrP4g1L0 #

松葉杖よりも歩行補助車と組み合わせた方が良さげに思えるなぁ。やはり転倒が怖い。
歩行補助車側にバッテリー積めれば軽量化にもなりそう。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 21:50
  • ID:uqt.ECkE0 #

歩けるかどうかは健康寿命に直結するので、
機械の補助であっても歩ける人が増えることは素晴らしいことだ

19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 22:46
  • ID:Om5phIb10 #

>>10
そうなんだ?
ありがとう

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 02:37
  • ID:bwHNtRfn0 #

>>9
基本的にはリース運用となるはず
他の一般的な在宅医療機器も、高額な耐久消耗品系はリース運用しているものが結構多い

21

21. 匿名処理班

  • 2024年03月16日 20:16
  • ID:CzYdKwGs0 #

>>3
CYBERDYNEは開発するのはいいんだけど運用するスタッフ育てるのが下手なんだよなあ
そのせいで一時導入したけど使わなくなっちゃった病院とかも多い
動けない人に装着するのも中々大変だからね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links