イモリの超再生能力iStock-1486537156
 まるでマーベルコミックのスーパーヒーローのような特殊能力を持つ生物は実在する。手足や尻尾を切っても再生するイモリやサンショウオなどだ。

 今回、遺伝子操作で後ろ足を形成不全にさせたイモリの片足を切り落としたところ、きわめて正常な足が再生することが判明したそうだ。

 人間にとっては切断された足が再生するだけでも羨ましい限りだが、不完全だったはずの足が普通の足に戻ってしまうのだからこれはもう超再生能力である。

 この再生能力の謎が解明できれは、いずれ再生能力を持たない我々も人工的に完璧に機能する器官を作り出すことができるかもしれない。

一部の生物にみられる驚異の再生能力

 基礎生物学研究所の鈴木健一特任准教授らによるこの研究は、イモリの再生能力と手足の発生・発達プロセスについて調べたものだ。

 共同研究者であるカリフォルニア工科大学の生物学者マリアンヌ・ブロナー教授はこう話す。
ゼブラフィッシュやサンショウウオといった、体の一部を再生できる生き物もいます。ですが、生命の進化の樹の高いところに位置する生物に、そうした力はあまり見られません。

人間の赤ちゃんでも指先が再生した例はありますが、大人になれば消えてしまいます。だから再生の根底にある分子プロセスを解明したいのです
 そして今回の研究で特に探られたのは、生き物の手足を作る発生メカニズムと再生能力との関係だ。

 生物の手足がぐんぐんと成長するのは、胚のときだけだ。はたして、このとき働いている化学物質は、手足の再生能力にどう関与しているのだろうか?

 自然界には、再生能力を持つ生物(例えばウミグモは生殖器や肛門を再生する)がいるが、その秘密を解明すれば、いつか私たち人間にそのスーパーパワーを移植することができるかもしれない。

イモリの遺伝子を操作して再生メカニズムを調査

 このちょっとしんどそうな実験に協力してもらったのは、スペイン南部やポルトガル南部ならびにモロッコ北西部に生息する体長20cm前後の「イベリアトゲイモリ」だ。このイモリは非常に再生能力に優れており、手足、尻尾のみならず、心臓や脳が損傷しても回復するほどだ。
iStock-1005523500
イベリアトゲイモリ photo by iStock

 このイモリがまだ胚のとき、「繊維芽細胞増殖因子10(FGF10)」なるタンパク質が働くことで、手足が発生・発達する。これは人間にも言えることだ。

 そこで、FGF10がイモリの再生能力にどのような影響を与えているのか知るため、まず遺伝子を操作してFGF10が機能しないイモリが作られた。

 すると、このイモリは、後足の指が欠けているなど形成不全が見られるようになった。

 だが驚くのはここからだ。この不完全な足を切断したところ、なんと正常な足が生えてきたのだ。
1
再生過程にあるイモリの後ろ足 / image credit:M. Suzuki

 切断した方の足からは正常な足が生えたものの、切断しなかった方の足は元の不完全な状態のままだった。
1
image credit:M. Suzuki

手足の「発生」と「再生」のメカニズムに違い

 このことは、手足の「発生」と「再生」プロセスが、別のメカニズムによって機能している可能性を示しているという。

 例えば、再生を支えるメカニズムの候補として挙げられているのが、「FGF8」という成長因子だ。FGF8もまた胚の発生に関わっているが、その役割は神経細胞の発生におけるシグナル伝達という専門的なものだ。

 そして研究チームによれば、発生と再生の重要な違いの1つに、神経が存在があるのだという。

 『PNAS』(2024年3月5日付)に掲載された研究では、これについて「FGF10ではなく、神経由来因子を含む再生の合図によるFGF8の直接誘導が、有尾類(尾を持つ両生類)の四肢再生のカギを握っている可能性が浮かび上がる」と説明している。

References:Mutant Newts Can Regenerate Previously Defective Limbs - www.caltech.edu / Mutant newts regrow normal limbs in place of defective ones / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
サメの驚異の再生能力が明らかに。深刻なヒレの傷が約1年でほぼ修復


驚異の再生能力を持つプラナリアを宇宙に持って行ったところ、頭が2つに増えちゃった!


ウミグモは失った生殖器と肛門を再生できる。驚愕の事実を知って科学者騒然


人間の関節の一部にサンショウウオのような再生能力が備わっていることが明らかに(米研究)


胴体を切り落とし、頭部だけの状態から完全に体を再生するウミウシが発見される

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 20:18
  • ID:D3FhzzWL0 #

待って赤ちゃんの指先って再生するの!?

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 20:27
  • ID:DHlEYfkR0 #

>「繊維芽細胞増殖因子10(FGF10)」なるタンパク質が働くことで、手足が発生・発達する。

FGF10は手足の「設計図」ではなく
「作り手」みたいなポジってことかな?
設計図はまた別にあると。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 20:41
  • ID:Eamxad.Z0 #

遺伝子操作の影響が永続的に続くのではなく、1回限りで不完全だっただけでは?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 21:03
  • ID:worF43Gi0 #

リアルで露骨な肋骨をやる種があるしイモリって凄いよな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 21:33
  • ID:rC79KwR.0 #

サイエンスってファンタジー
人間でも実現してほしいなぁ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 21:34
  • ID:SrL9MwIp0 #

これは朗報
FGF8とFGF10を頭皮に注入する実験が待たれる

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 21:39
  • ID:.o9iZye40 #

>>1
『薬屋のひとりごと』で、猫猫がそんなこと(赤ちゃんの指先が再生すること)壬氏に語ってたのあったが、本当だったんだ…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 23:26
  • ID:4oQM1AuL0 #

誕生時のエラーは一時的なものって事か
情報自体は正しい物をちゃんと持ってると

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 09:05
  • ID:AWpsvL9Z0 #

デビュー時の伝説のボックスダンス
あれ以来、ずっと再生を続けている。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 09:12
  • ID:T9DbzTRQ0 #

>遺伝子操作で後ろ足を形成不全にさせたイモリの片足を切り落としたところ
ひでえ

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 10:07
  • ID:u6Q6om2L0 #

>>6
「めっちゃ指生えてきたわwww」

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 10:29
  • ID:QUh2jB9k0 #

>>1
「再生するときもある」ぐらいのニュアンスでOK
あと指全体ではなくて、第一関節程度までなら…だったと記憶している

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 11:56
  • ID:vAEi9saJ0 #

>>11
ナニソレ怖い ((((;゚Д゚))))

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 11:59
  • ID:pesb4EhZ0 #

マーベルの新しいヒーロー イモリマン登場

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 12:59
  • ID:g8k0lY6a0 #

そういえば10年以上前に妖精の粉(細胞外マトリックス)をヒトの指の切断面にふりかけたら再生したってニュースがあったけど、あれから臨床試験に入ったとかの続報がないね。あれはなんだったんだ。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 14:41
  • ID:vrSNnlcm0 #

つる舞う形の群馬県っ!

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 14:43
  • ID:J3428tPS0 #

これは…、ひょっとして…、はげ治療にも使える⁉

18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 15:43
  • ID:N3U2XKjA0 #

トカゲの尻尾は切断前ではちゃんと骨が通ってるけど、一回切断した後で再生した尻尾は骨が無いとか聞いたが…
このイモリの場合はちゃんと骨も再生されてる感じだな
ピッコロみたく自由意志で欠損部分が元通りになるなら…ちょっと不気味かもしれんw

19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 15:50
  • ID:uNjHqC9W0 #

>>6
もういいよ
俺は手遅れだ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 16:03
  • ID:R7Irydgu0 #

昔、アカハライモリ飼ってたんだけど、買ったときから上唇(イモリに唇はないんだけどw)の右上部分が裂けてめくれ上がってる個体が居たんだけど、何年育てても治ることはなかったな。ずっと裂けた状態のままだった。  食欲も旺盛で全然元気だったし、生活に全く不便してなさそうだったから返品とかはしなかった。むしろ複数飼いしてたので識別が楽だった。

再生能力は知っていたので、「コイツの裂けた口をナイフで切除したら正常な形で再生するんじゃないか?」と考えたこともあったが、部位が部位だし、食事が出来なくなる可能性もあったし、何より可哀想で顔を削り落とすということは出来なかったな。なにより小動物ってちょっとのストレスでも寿命に直結するので、そのまま飼ってた。

この記事みると、不完全な足を切ることで健全な足として再生するみたいだけど、じゃあそもそもなんで、不完全(奇形)が生まれるんだ?

21

21.

  • 2024年03月14日 20:57
  • ID:5vRE.8DT0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2024年03月15日 01:52
  • ID:F.B2Di6P0 #

FGF10には自己再生、自己増殖、自己進化の特性があったと
つまりFGF10はDG細胞と同じ系統となるわけか

23

23. アユラ

  • 2024年03月15日 15:08
  • ID:nh.cbcZ10 #

>>5
それだと、ハガレンのホムンクルスでしょ💧

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月16日 14:52
  • ID:6ejduD9e0 #

発生と再生の違いか
すげー

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月28日 07:24
  • ID:BxAtq0NR0 #

業が深いなぁ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links