ポーランドの川底から10世紀の剣が発見される
 ポーランドの川底の泥から、バイキング(ヴァイキング)と関係があるとされる謎の碑文が刻まれた古い剣が引き揚げられた。

 およそ1000年前のこの剣は、ポーランド北部の町ヴウォツワヴェクを流れるヴィスワ川の底の泥に埋まっていたが、ほぼ完璧な状態で回収された。

 ポーランドの成り立ちよりも古いものと考えられており、市当局は、この驚くべき発見を文化財保存局に連絡した。

碑文が刻まれた中世初期の剣が川底から引き上げられる

 剣のX線画像を見ると、剣の刃に「U(V)LFBERTH」という文字が刻まれているのがわかり、これはウルフバートと読める。

 ウルフバートとは、おもに北ヨーロッパで発見されている中世の剣170本に見られる刻印で、ローマ帝国時代後期から記録に登場するゲルマン人の部族「フランク人」の個人名である可能性が示唆されている。
1
見つかった中世初期の剣とそのX線画像 / image credit:O. Ochotny

 柄の種類に基づくとタイプSに分類される剣で、先端近くで左右対照に広がる、刀身と直角に交差するまっすぐな金属の鍔が特徴だという。

 柄頭の上部には3つの部分から成るキャップがついていて、この様式からこの剣の年代は9世紀か10世紀にさかのぼるものだと考えられるという。
no title
 この時代は、ポーランド初の国家体制であるピアスト王朝が形成された時期にあたる。

 「これはヨーロッパの中世初期の剣の中でもっとも有名なもののひとつで、刃の品質という点でも最高級のものです」剣の調査にたずさわった専門家マテウス・ソスノウスキ氏は語る。

「これは、現代のポーランドで発見されたこのタイプの剣としては8本目ということになります」

バイキングと関連性があるのか?

 この剣がそもそもどのようにしてポーランドにやってきたのか、本当にバイキング(ヴァイキング)とつながりがあるのかどうか、まだ不明だと言う研究者もいる。

 ヴウォツワヴェクの町は川沿いの一等地にあるため、この町とバルト海やスカンジナビアなどの長距離ルートを結ぶ、当時の重要な輸送路だった可能性があると、ソスノフスキ氏は考えている。

 さらに、2007年の高速道路建設中に、10世紀と11世紀にさかのぼる埋葬地が近くで発見されている。

調査中にスカンジナビア起源の遺物が数多く発見されたことから、この墓地にはスカンジナビア出身の人たちが埋葬されていると思われ、彼らは当時この地域に設立されつつあった最初の国家ピアスト王朝に仕えていた可能性も出てきました(ソスノフスキ氏)
 しかし、すべての研究者がこの剣がバイキング由来のものであると確信しているわけではない。

 ポーランドの考古学者ロバート・グロトフスキ氏は、ワルシャワを拠点とする新聞ガゼタ・ヴィボルチャ紙に対し、このタイプの剣は現在のフランスで鍛造されたものでも、「バイキングの剣」と呼ばれることが多いと語る。

 こうした武器の多くは、交易を通じて中央ヨーロッパにもたらされたものだという。
3
「この剣がバイキング由来のものだという考えがどこから出てきたのか、私にはわかりません」グロトロフスキ氏は言う。

「詳細な研究もなく、これをバイキングの剣と呼ぶのはまったく不当なことです。これが中世初期の剣であるいうことは確かですが、それ以上のことは言えません」

References:Early medieval sword fished out of Polish river is in 'near perfect' condition | Live Science / Ancient sword with possible Viking origins and a mysterious inscription found in Polish river - CBS News
/ written by konohazuku / edited by / parumo

あわせて読みたい
1200年前のバイキングの剣が発見される。それは左利きの戦士の愛剣だった(ノルウェー)


墓地近くで垂直に刺して埋められたバイキングの剣を2本発見。その歴史的理由は?


氷河の氷が溶けて現れた、バイキング時代の峠道とその遺物(ノルウェー)


新たな聖剣伝説か?今も輝きとオーラを放つ3千年前の青銅の剣が発見される


ヴァイキングの超絶無敵の剣、「ウルフバート」の謎に迫る。伝説の鍛冶職人はドイツの修道士の可能性。

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月06日 22:57
  • ID:Fz7yb7ck0 #

柄頭がいかにも異教じみてるというか野蛮人の剣って感じ.....何とも不気味でぞっとするねぇ
呪いのアイテムってところかな

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月06日 23:26
  • ID:Eb9jqBrr0 #

揚げすぎた唐揚げ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月06日 23:27
  • ID:iOZNh79g0 #

こういうのって磨いたらあかんの?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月06日 23:42
  • ID:sDpEZxrf0 #

ウルフバートはヴァイキングの剣だって完全に思い込んでたけど確定してた訳じゃないのか

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月07日 08:42
  • ID:q0JBYsxc0 #

>>3
かなり中心近くまで錆びてるので磨いたら無くなっちゃうよ。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月07日 09:34
  • ID:GBMnS8990 #

>>4
製作された年代(ヴァイキングが活発だった時代)やウルフバートという言葉が明らかに北欧〜ゲルマン文化圏のもの、剣の形式(同じ形の剣をヴァイキングはよく使っている)等と出土場所の比率的(ヴァイキングの活動地域が多く他だとあんま見つからない)にヴァイキングのものである可能性が高いってされてる。
つまり状況証拠的にそうなってる。
一方で剣に銘らしきウルフバートの文字が刻まれてて、これが大きな手がかりになると思われるがヴァイキングの記録に存在しないことから製作された場所や使用した勢力はヴァイキングとは限らない!って異論が出ている。
あとはヴァイキングの平均的な技術水準からするとウルフバートは純度の高すぎる鉄で製作できてる事から、ヴァイキングの勢力じゃない外部の人間が製作したんじゃないかって説も有力。(カラパイアの過去記事参照)

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月07日 09:36
  • ID:GBMnS8990 #

>>3
表面に付いた錆なんかも製作や使用された年代の分析をする資料や本当に発掘されたもので捏造品ではない証拠になりうるんでそこはなかなか難しい問題。
まあ調査のために磨くことはあるし、磨いて表面に刻まれた文様から新発見がって事もあるが今は磨かなくてもスキャンとかできるしな。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年02月07日 14:54
  • ID:yR4.7xGC0 #

>>1
どこが不気味なのさ
片手剣の束はだいたいこうだろ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年02月07日 15:31
  • ID:orwbOWxJ0 #

>>8
こういう10世紀前後の剣の柄頭ってそれ以降の剣と比べたら明らかに違うでしょ。っていうかその頃の剣を特徴づける要素の1つがまさにそれだし。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年02月07日 17:05
  • ID:TP.9aZAw0 #

この剣はなかなかの逸品であると俺の中の小学生が主張している

11

11. 匿名処理班

  • 2024年02月08日 01:24
  • ID:0AwCrD.o0 #

これホラゲならなんかヤバいモンスターを封印するために川底に沈めてたやつだよw

12

12. 匿名処理班

  • 2024年02月08日 10:31
  • ID:vfNT.tVl0 #

>>9
ローマ時代の剣の柄頭も大きいぞ。
ローマは野蛮な文明なのか?
あとインドや中国にも柄頭の大きい刀剣が中世後期〜近世初期まである。
鞘に収めた状態で刀剣類を装飾する場合、一番目立つのが柄頭なので柄頭を大きくしたり彫刻を施すなどする。
ていうかそもそも中世だとヴァイキング以外の勢力の剣も柄頭を丸く作って膨らませているのは同じだ。 大きさに文化圏ごとの差異があるだけ。
ていうか柄頭を膨らませてない刀剣が中世初期からずっと流行ってる日本のようなケースが少数派。
あと柄頭が大きくするのは装飾だけじゃなく片手で振るときにすっぽ抜けないようにという実用的な意味がある。
んで日本刀は両手でも片手でも握れるサイズだから柄も長い…とされるが片手用のサイズの脇差や比較的小降りな打刀の個体でも柄頭大きくしてない。
こういう点もイレギュラー(柄に鮫皮を巻いて滑りにくくしている等の構造的工夫も理由)。

13

13.

  • 2024年02月08日 12:42
  • ID:mQk6PEtK0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2024年02月08日 16:41
  • ID:XcZWs6Ob0 #

ウルフバートの剣!
この刀匠?の銘のある剣はめちゃくちゃ鋼の質が高いことで有名なんだよね
剣のほかには記録が残ってない謎の天才鍛冶師の作品がまた一本見つかったわけか

15

15. 匿名処理班

  • 2024年02月08日 17:42
  • ID:0iLPy18b0 #

>>6
後年作られた模造品やお土産品みたいなもんかも知れんぞって事かな
戦国武将とか幕末の誰々の持ってた刀やで!みたいな

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links