ラファエロの絵画「バラの聖母」の一部は別の人によって描かれていた
 AIのニューラルネットワークが、ラファエロの絵画に描かれた顔のひとつが、ラファエロ本人が描いたものではないことを検知した。

 問題の顔とは、「バラの聖母」として知られるラファエロの傑作の左上に描かれている聖ヨセフの顔だ。

 この絵がラファエロオリジナルの作品なのか否かということは、学者の間で長い間議論になっている。

 この作品の出どころを決定づけるには、多様な証拠が必要になるが、AIアルゴリズムを使った新たな分析方法によると、この絵の少なくとも一部の筆使いは、ラファエロ以外の画家の手によるものと考える者に軍配があがることになった。

ラファエロの絵画をAIに学習させ98%の精度で識別

 英国と米国の研究者たちが、盛期ルネサンスを代表するイタリアの巨匠、ラファエロ・サンティの筆致であるとはっきりわかっている作品に基づいて、カスタム分析アルゴリズムを開発した。
詳細な特徴分析を活用して、本物のラファエロ作品だと確認されている絵画写真をもとにコンピューターを訓練しました。

そして、筆づかい、色の配合、陰影など、作品のあらゆる面まで分析して、非常に詳細なレベルで彼のスタイルを認識させたのです
英国、ブラッドフォード大学の数学者で、コンピューター科学者のハッサン・ウゲイル氏は語る。

「コンピューターは、人間の目よりも遥かに深く、顕微鏡レベルで絵画を分析することができます」

 機械学習プロセスは通常、膨大なサンプルをもとに訓練させる必要があるが、ひとりのアーティストの一生の作品となると、必ずしもそれができるわけではない。

 今回のラファエロのケースの場合、マイクロソフト社が開発したResNet50という事前訓練済みのアーキテクチャーを、サポート・ベクター・マシンという従来の機械学習技術と組み合わせて改良した。

 この方法は、これまでラファエロの絵画の識別に98%という精度を出している。

 通常は、絵全体について訓練するが、今回は描かれている個々の人物の顔について識別するようコマンドを出した。
1_e
これまでも疑惑を持たれていたラファエロが描いたとされる「バラの聖母」 / image credit:public domain/wikimedia

「バラの聖母」に描かれた1人はラファエロが描いていないことが判明

 聖母、イエス、聖ヨハネはすべて、ラファエロの手で描かれたことがはっきりしたが、左上の聖ヨセフはそうではないようだ。

 この絵の真贋をめぐるこれまでの議論では、聖ヨセフの顔がほかの3人に比べて完成度が低いと考えられてきたことに注目している。
2_e
別の誰かが聖ヨセフの顔を書いた可能性 / image credit:Ugail et al., Heritage Science, 2023
『バラの聖母』全体を分析しましたが、決定的な結果は得られませんでした
 ウゲイル氏は言う。
それで、個々の顔を分析してみたところ、聖ヨセフ以外はラファエロが描いたものと確認されましたが、聖ヨセフは違う可能性が高いことが判明したのです
 ラファエロの弟子のひとり、ジュリオ・ロマーノが、聖ヨセフの顔を描いた可能性はあるが、その確証はない。

 今回の場合はAIを使ったが、現代技術が古典絵画の秘密を明らかにした例のひとつといえるだろう。
2_e
バラの聖母に描かれた4つの顔を個別に分析、Aの聖ヨセフの筆跡が違うことが判明 / image credit: Heritage Science

 『バラの聖母』は1518年から1520年の間に描かれたとされている。美術評論家たちが、ラファエロがすべての作品を自分で描いたわけではないのではないかと疑い始めたのは、1800年代半ばのことだ。

 現在この疑惑はほぼ正しかったことは証明されているが、研究チームは将来的にはAIが美術専門家にとって替わるのではなく、彼らを助けることになると強調したいとしている。

「AIが人間の仕事を奪うという話ではありません。芸術作品の真贋を見極めるプロセスは、出どころ、絵の具、作品の状態など、多くの面を調べる必要があるからです」ウゲイル氏は言う。

「この種のソフトウェアは、こうしたプロセスを手助けするためのツールのひとつとして利用することができるというだけです」

 この研究は『Heritage Science』誌に発表された。



追記:(2024/01/09)本文を一部訂正して再送します。
References:News - AI study shows Raphael painting was not entirely the Master's work - University of Nottingham / AI Detects Unusual Signal Hidden in a Famous Raphael Masterpiece : ScienceAlert / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
若きピカソが描いた1900年の絵画には子犬が隠されていたことが判明


真珠は錯覚?フェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女」の新たな真実が判明(オランダ研究)


AIで有名絵画の描かれていない部分を生成してみた


AIで明らかになったピカソの絵に隠された裸婦画


知られざるゴッホの自画像を偶然発見。別の絵の下に隠されていた


5つの有名な絵画に隠された秘密のメッセージ

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月07日 19:11
  • ID:dc.NAE5s0 #

なんか左上が空いてたので、アシスタントにヨセフおじさん描いてもらったんだな。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月07日 19:40
  • ID:T007rGQ50 #

以前から聖ヨセフの部分は別人作疑惑はあって、おそらく助手の手によるものだろうとされている。
当時は工房で制作するシステムだったから、納期か健康上の理由によって助手に任せたんじゃなかろうか。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月07日 20:15
  • ID:MOUzGPmj0 #

ラファエロ・サンティ(伊: Raffaello Santi、 1483年4月6日 - 1520年4月6日

500年以上の前の人

作品すべてに何度もほかの人間が修復し、絵の表面は置き換わっているのに本人だとなぜ断定できる?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月07日 20:25
  • ID:jBxjZArG0 #

今でいう、アシスタントが描いたみたいなものだったのかな?

同じ手法で、さいとう・たかをプロダクションの作品を解析してみてほしいな。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月07日 20:31
  • ID:0.kSumA30 #

安田火災が買ったゴッホのひまわりも贋作の疑いをずっと持たれている。ゴッホが描いたひまわりの絵の中でその絵だけサイズが異なる。(他の絵は同じ木枠iに張られたキャンバスに描かれている)
確かに疑わしい。ちょっくら調べてほしいものだ。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月07日 21:33
  • ID:755QHCOY0 #

【悲報】聖家族中、蚊帳の外に置かれがちなヨセフ父さん。画家からもハブられてたwww

なスレタイが脳をよぎった

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月07日 23:50
  • ID:vcddiJgz0 #

>>1
ただこの絵、ヨセフが描かれていないか背景に溶け込んで見えるくらい暗く描かれてたかだとすると、他3人により構成される三角形の構図になるんだよ。
三角形の構図はモナ・リザはじめレオナルド・ダ・ヴィンチがよく使っていたもので、ラファエロも影響を受けてるのが他作品から見て取れる。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 00:11
  • ID:hD.B7SVF0 #

修繕で全く違う絵になっちゃうこともあるくらいだからね〜

9

9. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 01:07
  • ID:KEUHQiGv0 #

ぱっと見
色がどよ〜んと暗いから
なんか違和感があるけど
他の人が描いたとは…

10

10. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 02:28
  • ID:ib.02zrf0 #

>>1
>>7
そうそう。ヨセフいないほうが絵画の構図としてまとまりが良いんだよな。
ラファエロの死後に弟子が書き足したのかね?

11

11. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 04:36
  • ID:QJJBwOpH0 #

一人違うのかへーって見てて聖母をメインで人物を見比べたら目線が合う、抱いてると除外していくとヨセフが居なくても成立するんだなこの絵

12

12. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 09:23
  • ID:75M2KcTW0 #

主題の3人に比べて光の当たり方が不自然で暗すぎるから素人目にも「あれ?」て思っちゃうよ。ラファエロって全体的に明るい色調を多用するから文字通り画風が違うという。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 12:10
  • ID:JQy3dEDS0 #

>>10
なんか構図とかよくわからない購入者が左上が開いてるなあとなって
・ここにヨセフ描いてと言われたが気が乗らないラファエロ、弟子にオマエ描いといてと投げる
・流石にラファエロさん当人にヨセフ描いてとは言いづらいなあと思った購入者、他の絵描きに描いてもらう
こんな感じの流れかなあと妄想したりする。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 16:26
  • ID:B9JE11Rn0 #

別に一人の人間がタッチを変える事なんて普通にできるし、そもそもAIなんて全然精度が低いし、chatGPT使った事のある人間なら誰でもわかるけどトンチンカンな返答ばっかり返ってくるでしょ
AIなんて過大評価しすぎ

15

15. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 17:25
  • ID:ZD9ZpvhN0 #

こういうおっさん描かせたらうまい人いるもねw弟子とかかな?

16

16. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 21:43
  • ID:nTUxAWok0 #

>>14
パターン認識についてはすでにAIは人間の分析力を越えた精度を発揮できることが確認されてる
構文を統計から割り出すChatGPTとかの大規模言語モデルとは種類(方向性)が別

どんなに意識的にタッチを変えてもそれでも個人の癖ってのは必ずどこかに現われるもので、
人間には識別できない非常に微細だったり微妙だったりするその癖を高精度で検出できるのが今のAIの強み

この研究チームはそんなAIの強みをしっかり認識して最も適した活用の仕方をしていると言える
素人考えでケチつけても恥かくだけだよ

17

17. 匿名処理班

  • 2024年01月09日 02:17
  • ID:RJF0xvkM0 #

>>9
ヨセフ父さんだけ異次元にいるみたい

18

18.

  • 2024年01月09日 06:11
  • ID:9GUtLl1B0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年01月09日 07:08
  • ID:68V1c2os0 #

>>13
こういう妄想楽しいよね

20

20. 匿名処理班

  • 2024年01月09日 09:43
  • ID:I8Yy0FTl0 #

次はジュリオ・ロマーノの絵を学習させて、ヨセフを描いたのかの確認だな。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年01月09日 16:01
  • ID:xmVQ59PU0 #

この絵のヨセフがそうとは判断ができないが

ルネサンス以降、絵の所有者(ほぼ権力者)が「ここに××を描き足して」と
別の画家に発注することは珍しいことじゃなかった
描き足されるのは「自分や親族に関係のある人物」「家紋に関わる事物」が多い
「ヨセフ」という名の人物のためにヨセフを描き足したということも十分考えられる

22

22. 匿名処理班

  • 2024年01月10日 12:00
  • ID:6qyNuLfT0 #

>>21
>「ここに××を描き足して」

発注側が理解してるかどうかは別として
油絵だからできることだよねえ、これ

23

23. 匿名処理班

  • 2024年01月10日 20:02
  • ID:6dopflIQ0 #

言われてみればヨセフだけライティングが暗いし
塗り方も微妙に違うね

>>2
ダヴィンチも若いときはヴェロッキオに弟子入りして作品を競作してるね

24

24. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 15:32
  • ID:svpIwV.G0 #

>>1
書き足し実行犯だと疑われてるジュリオ・ロマーノ自身が複製したバージョンもあるんだけど、そっちだとヨセフがいないんだよね
完成後にクライアントにヨセフも追加してと言われて書き足したんだろうか

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links