スキタイ人は人間の皮膚で皮製品を作っていた
 紀元前6世紀から前3世紀にかけて、中央ユーラシア西北部から東ヨーロッパ南部までのステップ地帯に強大な遊牧国家を作り上げたスキタイ人は、騎馬戦に最も早く取り組んだ戦士たちでもある。

 馬を巧みに操る彼らの活躍は目覚ましいものがあったが、戦いで倒した人間の皮膚を皮革として利用していたことが新たな研究でわかったという。

 約2400年前にスキタイ人が使用していた矢筒の皮を調べたところ、人間の皮で作られていたことが明らかになったのだ。

 このことは、古代ギリシャの歴史家ヘロドトスも主張していたが、それが裏付けられることになった。

 

スキタイ人が人間の皮膚で矢筒を作っていたことが判明

 学術誌『PLOS ONE』(2023年12月13日付)に発表された研究では、ウクライナ南部にある14の遺跡の18の墓から見つかった45点の革サンプルを分析した。

 これらは、ここ数十年の間の異なる時期に発掘されたものだ。

 分析の結果、矢筒(やづつ)、つまり矢を入れる容器の2つの革サンプルが、人間の皮膚から作られていることが判明した。

 なお、羊、ヤギ、牛、馬など動物の革を使られた矢筒も見つかっている。

 矢筒は、支配者や地位の高い人物を埋葬した塚であるクルガンから出土し、スキタイ人が繁栄していたのと同時代のおよそ2400年前にさかのぼるものだ。
1
2400年前の矢筒の一部は、人間の皮膚で作られていることが明らかになった / image credit: Marina Daragan)

歴史家ヘロドトスの主張は本当だった●

矢筒が、スキタイ戦士のアイデンティティにとって重要な要素だったことを考えると、最後は持ち主と共に埋葬された可能性はかなり高いでしょう
 研究共著者で、イタリアのパドヴァ大学考古学教授のマルガリータ・グレバ氏は語る。

 本研究では、有機サンプル中の特定のタンパク質を調べて、どの動物から作られたものなのかを特定する技術、ペプチドマスフィンガープリンティング法を利用して、サンプルの革を分析した。

 その結果、古代ギリシャの歴史家ヘロドトス(紀元前484年〜425年)によるスキタイ人の人間の皮膚の再利用に関する主張が本当だったことが明らかになった。

 ヘロドトスはこう書いている。
スキタイ人は、雄牛の肋骨で人間の皮を削り取り、手でそれを揉んで柔らかくして、ハンドタオルにした。

さらにそれを自分が乗る馬の手綱に結び、それを誇りに思っていた。なぜなら、この人皮ハンドタオルをもっとも多く持っている者が、最高の男だと判断されるからだ

スキタイ人は、剥いだ人間の皮をコートのように縫い合わせて衣服を作ることさえ
あった。死んだ敵の右手から皮膚、爪、その他をすべて取り除き、矢筒の覆いを作る者も多かった

 本研究結果は、ヘロドトスの主張を裏付ける形となったようだ。
2_e
この研究で分析された皮の一部 / image credit:M. Daragan

倒した敵の一部を所有することのまじない効果

 オックスフォード大学ヨーロッパ考古学名誉教授バリー・カンリフ氏は、この研究には関与していないが、スキタイ人がヒトの皮膚を利用した理由は、ヘロドトスの主張以外にも、ほかにもあるのではないかと考えている。
その裏にあるのは、人間であれ動物であれ、自分が倒した相手の一部を所有することで、彼らに勝る特別な力を得られるという考えがあったのではないかと思います。

獲物から獲得した皮の近くに矢を置いておくことで、矢が獲物に導いてくれるという信念があったのかもしれません

ヘロドトスはまた、爛好タイ人は自分の馬を敵の首で飾った瓩箸盡世辰討い泙后こうした首は、自分の勇気を誇示するだけでなく、獲物へと導いてくれるものだったと考えられないでしょうか?(カンリフ氏)
 歴史を通じて、ヒトの皮膚を利用したのは、スキタイ人だけではない。

 例えば、人間の皮膚で製本する人皮装丁本は、古代から現代まで例がある。

 2020年、人の遺体の販売に関する調査により、リチャード・サットン博士の著書『皮膚の病気』1917年版の存在が明らかになった。この本は人の皮膚で製本されているという。

 これを6500ドルで売りに出した出品者は、用済みになった医学標本から入手した人間の皮膚が使われていると主張している。

References:Human and animal skin identified by palaeoproteomics in Scythian leather objects from Ukraine | PLOS ONE / Ancient Scythians used human skin for leather, confirming Herodotus' grisly claim | Live Science / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
ロシアで古代スキタイ戦士の遺骨からクローンを作り復活させる構想


スキタイ人の埋葬地「王家の谷」から発見された2500年前の墳墓


完璧な状態で見つかった2500年前のスキタイ人の馬具(ポーランド)


2600年前、武器とともに埋葬されていたのは13歳の少女戦士だった。遺体調査で明らかに(シベリア)


モンゴルに点在する古代巨石群「鹿石」の謎、未だその用途は未解明

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 22:10
  • ID:ABnWpMH70 #

敵将の首感覚だったのかな。
にしても人皮の活用法がハンドタオルなの急に親しみわいてくるからやめて

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 22:11
  • ID:hC8jexb00 #

現代人の感覚からすると恐ろしいけど当時の人からしたら倒した相手に敬意を払う方法だったかもしれないね

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 22:17
  • ID:6ShjmVSk0 #

敵(仲間以外)=獲物
なので、特に不思議ではない。
個人的には気もち悪いし身につけてると呪われそうだが、勝者からすると勲章という気持ちもわかる。

4

4.

  • 2023年12月26日 22:18
  • ID:4uYNUXIv0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 22:42
  • ID:MpCosWPr0 #

漫画ヒストリエで見たな

6

6.

  • 2023年12月26日 22:44
  • ID:0rRlezCC0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 22:53
  • ID:N.kiN3Ih0 #

>>2
過去の例だと戦いであっぱれな兵士だけがされたようだ
なので戦場で逃げたり、みっともない負け方した奴など
だせー奴らはされずポイだと思う

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 22:58
  • ID:D5Tc.kLN0 #

SDGsじゃん
今は死んでも燃焼させて二酸化炭素とかにするけど、昔は埋める以外にも色々活用してたんだね

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 23:04
  • ID:WtqKbYvq0 #

こういう事例って世界中で報告されているから驚きはないんだけど、個別の具体的な報告を読むと生々しくてねえ…
もちろん重要性とか意義とか研究としてすごいのは理解しているけど、自分ではしたくないと思っちゃう。

いやまあ日本でもね、集団で土葬されている人骨に肉を削いだ時にできる傷があったりして「あれ?これ食ってない?」っていう事例なら稀によくあるお話。

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月26日 23:20
  • ID:SM13qpY40 #

記録に残らない有史以前なんてもっと有ったんだろうな
判り易い戦果だし

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 00:21
  • ID:OFcLUWVl0 #

副産物だな
皮材はあまり手に入らないから

12

12.

  • 2023年12月27日 01:28
  • ID:QDzpOVkI0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 03:05
  • ID:8vFAF6ka0 #

アルタイあたりも結構クルガンがあって、ロシア内にも遺跡が多いんだよね
歴史の中では個人的にかなり好きな時代
まだウクライナもロシアも関係なく騎馬系がユーラシアを自由に走り回ってた時代

14

14.

  • 2023年12月27日 07:17
  • ID:gg0Xzilv0 #
15

15.

  • 2023年12月27日 07:28
  • ID:9HkXeIu90 #
16

16. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 09:23
  • ID:yx.AmMaN0 #

こわい風習もあったもんだと思うが
我々のご先祖様も首狩してたし、スキタイ人とは近い感性かもしれん

17

17. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 09:29
  • ID:oIF93u5Z0 #

現代スキタイ人のおいどんは
すき焼きが大好きたい。

18

18. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 10:12
  • ID:66YOZegN0 #

WW2でも米兵が日本兵の死体から皮膚を剥いだり、骨を取り出して飾りにしとるで

19

19. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 10:28
  • ID:s2mOnaro0 #

もう、スキタイと聞くと「よくもだましたアアアア!!」しか思い出せない

20

20. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 10:48
  • ID:aBOQls170 #

>>17
あなたに捧げよう本物の「スキタイの子羊」を———-

21

21. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 11:47
  • ID:46Oqbekn0 #

殺してからなら別に痛くもないし、良い再利用かとも思うが鞣しても弱そう

22

22. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 12:12
  • ID:bv.mCYn30 #

ゲームみたいに「弓が上手い奴の素材で作ったから弓スキルにボーナス」みたいな感覚だったんだろうか

23

23. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 12:29
  • ID:5VBmJLa50 #

>>20
報酬はスイス銀行のオール0の口座に振り込むんですね分かりますw

24

24. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 12:46
  • ID:Qwpv7AMR0 #

噛んで鞣したりしてたんやろか

25

25.

  • 2023年12月27日 19:35
  • ID:kIw6N.mP0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 19:37
  • ID:KyPYDiAk0 #

人間の皮って強度的にどうなんだろう?

27

27. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 19:38
  • ID:JM0JMvMB0 #

自分の腕を摘まんだら判るけど、人間の皮膚って薄いのによく使える様にしたな。もみもみしてハンドタオルにしたって事は鞣しの技術もあったんだね。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 21:05
  • ID:ABxF7rZN0 #

>>26
思いの外結構使えるよ

29

29. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 21:10
  • ID:M.4tlvUe0 #

>>18
オ ナイスデザイン

30

30. アユラ

  • 2023年12月27日 21:15
  • ID:ErP7pxVl0 #

まァ、使える物は何でも使えば良いんですよね……💧

31

31. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 21:54
  • ID:eRqn5.6a0 #

江渡貝くうぅぅん!!

32

32. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 23:38
  • ID:71XHa0Rz0 #

>>3
このサイトを少し探せば、ヴェスヴィオ火山の遺品を持ち帰って
呪いに苦しんでいるという記事はたくさんあるってのに。
もしかして、古代スキタイ人の流れをくむ仲間には、
そういった人の苦しみを利用するといったたぐいの呪いは無効になるとか?

ひと口に人類といっても、
”紀元前6世紀から前3世紀にかけて、中央ユーラシア西北部から東ヨーロッパ南部までのステップ地帯に強大な遊牧国家を作り上げたスキタイ人”
は、私ら一般人とは受けられる神の加護が違うのかもしれないけど。

33

33. 9

  • 2023年12月28日 00:40
  • ID:nQWhXWeB0 #

>>24
だからそういう生々しい疑問はやめてw

おそらく教授に言われて若手研究者や学生が人の革を顕微鏡でつぶさに調べて人が噛んだ跡がないか調べていると思うよ(どのような鞣し方をしたかは結構重要な要素だ)

34

34. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 20:06
  • ID:AHc63l8q0 #

>>18
どこかでそういう遺骨の返還の記事を見た気がするけど、古い文化的ルーツみたいなものがそうさせたのか、有色人種相手に狩猟感覚だったのか、戦争ってこぁい案件なのか分からん

35

35. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 20:09
  • ID:AHc63l8q0 #

>>24
ヘロドトスさんによると手で揉み揉みして鞣したらしいよ

36

36. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 21:30
  • ID:B9S0r8gD0 #

>>31
自分も彼が浮かんだわw

37

37. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 21:43
  • ID:B9S0r8gD0 #

>>18、>>34
アメリカインディアンが頭の皮を剝ぐのも、自分たちがされた事への報復だし
騎兵隊はさらに残虐に死体損壊をしていた。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links