テスラ社のサイバートラックを木で作ってみた
 独特な未来風フォルムで注目のテスラの最新EVサイバートラック。その出荷イベントが、先日ついにアメリカで大々的に開催されたばかりだが、そのサイバートラックをなんと木で再現した YouTuber が話題になっている。

 これまで自慢の木工芸で車のレプリカを作り上げてきた ND-Woodworking Art さんが、サイバートラックをお手本に実際に運転もできる作品を公開。

 図面から作り上げた金属製の骨組みに、ぴったりはまる木のパネルを切り出してはどんどん追加。わずか100日で完成したハイクオリティなレプリカを、敬愛するテスラ社とCEOのイーロン・マスク氏に進呈したいと語っている。
100 Days Building Tesla Cybertruck For Mr. Elon Musk

Woodworking Art さんによる木製サイバートラック

 こちらはベトナム出身のYouTuberで木工アーティスト ND-Woodworking Art(@NDWoodArt) さんが、今年10月に公開した映像だ。

 テスラ社のサイバートラックに魅せられた ND-Woodworking Art さんは、得意の木工スキルでそのレプリカ作りに図面から着手。
1
 そこからまずは金属製のシャーシやフレームなどの骨組み作りへ。
2
 駆動部分まで準備したら得意の木工作業に没頭。丁寧に仕上げた木のパネル、木製のシート、木製のタイヤホイールなどがどんどん加えられていく。
3
 高度な木工スキルを誇る ND-Woodworking Art さんにより切り出されたパーツは、猫やわんこに見守られつつ、特定のポジションに一分の隙なくピタリとはまっていく。

 あらゆるパーツが吸い付くようにきれいに収まる心地よさ。このレベルになると寸法誤りなどまずないのだろう。ハンドルまで木という徹底ぶりにもふるえる。

 すべてが木とはいかないものの、一見の価値ある神業スキル。特徴的な窓やライトやロゴもそれらしく自作してる点にも注目だ。

完成品はまるでサイバートラック・木製バージョン

 そして100日後、驚くなかれ、ついに完成した木製のサイバートラックは、実際に走行までできてしまう。

 息子さんのために作った木製バイクを運搬できるだけでなく、本物さながらに降ろすことまで可能なのだ。
5
 道行く人も見惚れそうな再現ぶり。もう本当にサイバートラック・木製バージョンにしか見えないわけだが、これほど高度なレプリカが作れちゃうのも、ND-Woodworking Art さんの並外れた木工センスと器用さあってのこと。そう簡単に真似できるものじゃない。

イーロン・マスク氏とテスラ社に進呈を希望

 テスラ社へのオマージュとしてこの作品を公開した ND-WoodArt さんは、動画の中でファンとイーロン・マスク氏に向け、こんなメッセージを送っている。

XのND-Woodworking Art さん公式アカウントより
イーロン・マスク氏へ
私は木製の自動車が大好きで、イーロン・マスク氏とテスラに敬意を抱くコンテンツクリエイターです。

長らく木製の車作りに取り組んできましたが、サイバートラックにとても感銘を受けました。テスラが直面する困難も理解してますが、私自身の驚異的なサイバートラックへの確信は揺るぎません。国際的な成功とその地位の維持を心より祈っています。

私の願いは、この木製のサイバートラックをマスク氏とテスラに進呈させてもらうことです。ファンの皆さん、このメッセージがマスク氏とテスラのもとに届くよう、どうかご協力をお願いします。ND-WoodArt

本物は出荷が始まり性能も徐々に明らかに

 一方、本物のサイバートラックは、今年11月末に出荷イベントがあったばかり。アメリカの会場ではイーロン・マスク氏が誇らしげにその性能を明かしていた。

Xのテスラ公式アカウントより
サイバートラック デリバリーイベントの様子  銃撃にも耐える強固なボディや頑丈な装甲ガラスはもとより、最大牽引能力 11,000ポンド(約5,000キログラム)、最大航続距離 340マイル(約547キロメートル)、最高時速 209キロメートル、たった2.7秒で時速100 キロメートルに達する加速性能を備えたサイバートラックは、今や世界が注目する先端モビリティだ。

 なお気になる価格は、グレードによるが6万990ドル(897万円)からだそう。

 量産が待たれるサイバートラックにほれこみ、独特な形状を木工で表現したND-WoodArt さん。本物とみまごうほどの仕上がりはまさに職人技あってのものだが、当のテスラ社とマスク氏の反応も気になっちゃうね。

References:hindustantimes / youtube / youtube / designboom / autoblog / teslaなど /written by D/ edited by parumo

追記(2023/12/08)誤字を訂正して再送します。
あわせて読みたい
テスラ社自慢のEV「サイバートラック」の耐久性を証明するために矢を打つ実験


シャコタンの最終形態か?世界で最も車高が低い車。だがちゃんと走る


1980年に発表されたシトロエンのコンセプトモデルカーが未来を行き過ぎていた


近未来的フォルムが美しい。約50年前にデザイニングされた、フォード社のコンバーチブル仕様のコンセプトトラック


イギリスの高級車メーカー「ジャガー」が生産開始した電気自動車がレトロフューチャーっぽい!

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2023年12月08日 17:40
  • ID:kl77O3c.0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 17:41
  • ID:CTml7Ej60 #

仕事はええな!

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 19:59
  • ID:sdVxQtN90 #

本物のサイバートラックと交換してもらおうってハラだなw

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 20:07
  • ID:3IbVJGKP0 #

なぜわざわざイーロンマスクにやる必要があるんだ?
技術はすごいけど売名行為っぽくて嫌だな

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 23:08
  • ID:lnf1JoEy0 #

「イーロン・マスク氏様へ」って、「氏」と「様」を両方使うのはいくら何でも変でしょ。

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 23:21
  • ID:RA7p.2Qr0 #

>>4
売名して何が悪いんだよ笑

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 09:56
  • ID:nNEeZ4rK0 #

これほど木で作りやすいデザインの車もないだろう

8

8.

  • 2023年12月09日 17:23
  • ID:u7i4W.G00 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links