170年前の海底熟成シャンパンを試飲
 シャンパンやワインの世界では、昔からずっと受け継がれてきた伝統的な製法がもてはやされがちだ。だがシャンパン醸造家たちは、より高い品質と味わいを常に追求している。

 今、シャンパン業界で大きなブームとなっているのが、「海底熟成」という技術イノベーションだ。

 2010年、フィンランド、オーランド諸島付近にある水深約50mの海底で、1852年に沈没した船の残骸が発見された。そして驚いたことに、そこに積まれていたシャンパンのボトル145本は、しっかり栓が閉まっていたため、まだ飲むことができたのだ。

 この度、シャンパンの人気ブランド、ヴーヴ・クリコで製造最高責任者(当時)だったドミニク・ドゥマルヴィル氏はその試飲を行った。

 お味の方はというと、あまりの美味しさに「世界最高のシャンパンの1つ」と断言している。

1852年に難破船と共に海に沈んだ海に沈んだシャンパン

 1852年、フィンランド、オーランド諸島付近の水深50mの海底に沈んでいた船の残骸が発見されたのは2010年のこと。

 船に積まれていたシャンパンのボトル145本は奇跡的に無事だった。ラベルはすべて剥がれ落ちていたが、しっかりとコルクの蓋で守られていたのだ。

 コルクの焼印から産地が特定されている。

 その多くは、ジュグラー・メゾン(Juglar maison)のもの。1829年に買収されて姿を消したシャンパン・メゾンだ。また47本は、現在でも人気あるブランド「ヴーヴ・クリコ」だった。
1
海に沈んだ難破船から発見された170年前のシャンパンのコルク / image credit:Visit Aland

試飲後、あまりのおいしさに値段が跳ね上がる

 ボトルの発見から2年後の2012年、船が発見されたオーランド諸島マリエハムンで開催されたオークションでは、11本のボトルが総額15万6000ドル(当時の為替で約1240万円)で落札された。

 ヴーヴ・クリコの最高落札価格は1万5000ユーロ(約150万円)だった。

 だがそれは、ボトルの中身が専門家によって分析され試飲される前のこと。現在の価格は、なんと19万0000ドル(約2780万円)である。
4

海底熟成により世界最高のシャンパンと称されるそのお味は?

 フランス、ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学の食品生化学者フィリップ・ジャンデ氏は、その味わいを分析し、次のように報告している。

 「170年間、深海の完璧に近い条件で熟成された後、シャンパンは眠りから目を覚まし、ワイン造りの物語の一章を語ってくれた」『PNAS』(2015年4月20日付)

 ジャンデ氏は、マイクロシリンジからほんの一滴だけ試飲、すると香りが試飲後3、4時間口の中に残ったという。その味わいについて「こんなシャンパンは生まれて初めて」と述べている。

 その味は泡に閉じ込められているかのようで、「注いだ時に泡は見られなかったが、テイスティング時にはわずかにピリピリする感じがあった」という。

 じつは当初、海底シャンパンを試飲したテイスターたちは、「動物のニオイ」「濡れた髪」「還元」「みすぼらしい」と表現していた。

 ところが、それをグラスに注ぎ空気に触れさせると、「スパイシー」「スモーキー」「革のような」と表現される、心地よいアロマを放つようになるのだ。

 当時ヴーヴ・クリコの最高醸造責任者だったドミニク・ドゥマルヴィルは、この海底シャンパンを3回試飲し、世界最高のシャンパンのひとつであると断言したという。そのテイストは、「熟した果実」「トリュフ」「ハチミツ」であるそうだ。
5

醸造家たちの間で海底シャンパンがブームに

 こうした海底シャンパンに目をつけたのが、各地のシャンパン醸造家たちだ。

 ヴーヴ・クリコは、このシャンパンに心を奪われ、ボトルが発見されたオーランド諸島の同じ場所に何十本ものボトルを沈め、同じ状況を再現しようとしている。

 深海シャンパンを試しているのはヴーヴ・クリコだけではない。

 それどころか、海底シャンパンは、業界で最も急成長している分野であり、大手生産者のほとんどや小さなメゾンまでもが試しているという。

 ヴーヴ・クリコはボトルが発見されたバルト海で試している一方、ほとんどはフランス西部のブルターニュ沖に沈められている。
2
 その需要の大きさは、石油・ガス関連の調査が専門だったフランスの海洋企業が、海底ワイン貯蔵に特化した新部門「Amphoris」を発足させるほどだ。

 だが、なぜ170年前のシャンパンがこれほど人々を惹きつけるのだろうか?

 醸造家たちは、海底にはシャンパンを“休ませる”のに最適な環境があると考えている。大西洋の20分の1と塩分濃度が低く、さらに温度が4℃で安定しているのが、シャンパンの熟成にピッタリなのだ。

 最高のシャンパンを熟成させるには、自然のままの条件が必要だ。これまでそれはシャンパーニュ地方の地下トンネルにあると考えられてきた。

 「今では、より自然な環境が海底にあると考えられ始めている」と、シャンパンの専門家ルーシー・エドワーズ氏は語ったという。

 「海中には完全な暗闇があり、温度が一定です。また最も重要なこととして、海底の圧力がボトル内のそれに近いことが挙げられます」

 エドワーズ氏自身も海底シャンパンを試飲し、わずかだが確かな違いを感じ取ったそうだ。

References:Chemical messages in 170-year-old champagne bottles from the Baltic Sea: Revealing tastes from the past | PNAS / The rise of undersea champagne: ‘I have never tasted such a wine in my life’ | Food & drink industry | The Guardian / 170-Year-Old Shipwreck Champagne Is Oldest Ever Tasted, With Notes Of "Animal" And "Wet Hair" / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
第一次世界大戦で海に沈んだ船から900本の酒瓶を回収。102年前のお酒の味は?


2500年以上前のミイラの木棺が59基発見され、その1つを開封する映像が公開される(エジプト)


世界初!墓場で熟成させた棺桶ワインの試飲会が開催予定。エクソシストは試飲拒否


ポルトガルで赤ワインの大洪水。220万リットルが流出し村を赤く染める


量の問題ではなかった。赤ワインを飲むと頭が痛くなる理由を科学で解明

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 08:47
  • ID:UZ8e.fEb0 #

もやしもんで沖縄の海に泡盛沈めてたな
海中は熟成が5倍で進むんだったか

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 09:04
  • ID:sKyTbhzL0 #

腐ってる定期

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 09:12
  • ID:PFXSj30b0 #

そういえばシャンパンのビンテージ物って
お目にかかったことないな
どんな味するんだろ

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 09:20
  • ID:68p.D5h70 #

>濡れた髪
この界隈には近づかない方がいいかなと思いました まる

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 09:20
  • ID:hJudCjyM0 #

ほんまに美味いんか?
ピリピリしたって熟成とか超えて腐ってそうなんだけど

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 09:54
  • ID:pGerJhHI0 #

日本でも海底熟成させてる泡盛があったのをなんとなく思い出した

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 09:59
  • ID:.xkUyppx0 #

ワインのみならずウィスキーも海底で熟成させるのもあるね。あと泡盛でもそんな話聞いたことある。
記事の中にあるように、温度が保たれやすいとか遮光とか以外にも、水中で生じる「振動」が影響してるのでは、というのを読んだ。
たった半年くらい沈めてた瓶にもフジツボ的なのがはびこって表情与えてるのが素敵だと思った。飲んでみたーい!

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 10:37
  • ID:LSL6405c0 #

>テイスティング時にはわずかにピリピリする感じ

世界的に権威のある美食家がどれだけ絶賛しても、私は飲まない

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 11:51
  • ID:xGOfqKgj0 #

情報を食う世界の最高峰。鑑定士が美味しいといえば
美味しいと認めなきゃいけない同調圧力ワールド。
保存料を入れる必要のなくなった時代の酒は一切認めず
保存料を入れざるを得なかった時代の酒だけが認められる。

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 12:04
  • ID:ORPIwgnA0 #

>>8
逆立ちしたって日本人には飲めないわ

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 12:42
  • ID:zraSKR4O0 #

飲んだ人の感想、要するにソレって…と思ったけど
コメント欄見たらやっぱりみんなも同じだった

12

12.

  • 2023年12月03日 14:28
  • ID:9uubczdg0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 15:00
  • ID:pGerJhHI0 #

>>3
シャンパンは基本的にいくつかの年のワインをブレンドしてつくるので、ヴィンテージはつかない
ただし例外は無論あって、とんでもなくブドウの出来がいい年だけヴィンテージものシャンパンを作ってる
味は当然通常のシャンパンより良いらしいけど希少価値の方が高いから滅多に出回らない

14

14. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 15:55
  • ID:7jhJL.l90 #

飲んで大丈夫だったんか

15

15. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 17:59
  • ID:w3QokqbH0 #

>>3, >>13
単一年産のブドウのみを用いて作る有名なシャンパンには
モエ・エ・シャンドンにおけるドン・ペリニヨン
https://www.domperignon.com/
ドゥラモットにおけるサロンなどがあります
https://www.champagne-salon.fr/
ヴィンテージの宣言は作柄と実際の出来を見てから判断される(収穫時より1年以上後)ので生産地から遠い日本ではあまり顧みられることがありませんが、それら有名メゾン以外の各生産者にももちろん単一年産シャンパンはあって日本でも買えますよ
https://www.nengou-wine.com/list/list.htm?wcolor=%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

16

16. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 20:38
  • ID:PvCiuZtp0 #

ピリピリするのは、残ってた炭酸じゃないなか。

しっかしバルト海のフィンランド側はともかくブルターニュ半島って海水温が高くね。

17

17. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 21:32
  • ID:KctZaOzL0 #

酢になっているのかと思った

18

18. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 21:54
  • ID:hZcs3QUL0 #

>>6 確か漫画「もやしもん」で取り上げられてたと思う >>海底熟成させる泡盛
考えてみれば もやしもん連載されてたの10年以上昔なんやな

19

19. 匿名処理班

  • 2023年12月03日 21:56
  • ID:sKqz93Vw0 #

美味しんぼで海原雄山に差し出してなんと云われるのか?とか色々妄想してしまったわ。

20

20. 匿名処理班

  • 2023年12月04日 01:26
  • ID:.a5dwMBG0 #

コンコンニャローのバーロー岬!

21

21. 匿名処理班

  • 2023年12月04日 03:57
  • ID:8RzNxn4Q0 #

いたずらっ子な古参のボトラーやろな

22

22. 匿名処理班

  • 2023年12月04日 08:37
  • ID:0ego6C7C0 #

あぁもやしもんの泡盛思い出すな

23

23. 匿名処理班

  • 2023年12月04日 10:08
  • ID:DDFuzLkP0 #

投機対象として値段が跳ね上がってるのもあるんだろうな。
ビンテージ物の酒にはよくある。

24

24.

  • 2023年12月04日 11:44
  • ID:MFtUEPU70 #
25

25.

  • 2023年12月04日 16:07
  • ID:F1N7YOwd0 #
26

26.

  • 2023年12月04日 16:08
  • ID:F1N7YOwd0 #
27

27. アユラ

  • 2023年12月04日 21:39
  • ID:foYbD78I0 #

>>17
あ~……フルーツビネガーとしての旨味に期待ですね💧

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links