一つ屋根の下に総勢199人の大家族が暮らすインドの家
 このタイトルを見て、「そこに愛はあるのかい?」、「チー兄ちゃん」が思い浮かんじゃったほぼ同世代の人たちごきげんよう。主題歌が今頭の中を流れているが、ドラマの話はいったん置いておこう。今回はひとつ屋根の下にまつわる話だ。

 インド北東部の村に、世界最大として知られる家族が一つ屋根の下に住んでいる。といってもマンションのような大きな建物だ。

 その数はなんと総勢199人。今は亡きプー・ザイオナという家長の妻が38人、彼らの子供と孫、ひ孫が合わせて120人以上が住んでいる大大大所帯なのだ。
The world's largest family | Extreme Asia

ひとつ屋根の下で暮らす大家族

 インド北東部ミゾラム州にあるバクタウン村には、世界最大の家族として知られる199人が、巨大な建物の同じ屋根の下で暮らしている。

 38人の妻、89人の子供、36人の孫という世界最大の家族とみなされる家族の家長だったのは、プー・ザイオナさんだ。

 ザイオナさんは高血圧と糖尿病による合併症のため、2021年に76歳で他界したが、彼の家族はザイオナさんがバクタウンの丘に建てた印象的な生活複合施設の同じ屋根の下で暮らし続けている。

 彼の子供たちの何人かは自分の妻を持ち、ザイオナさんにとっての孫もたくさん生まれた。

 子供たちの何人かは、ザイオナさんのように複数の妻を持った。そのため、家族の総人数は現在199人にもなっている。

「神に選ばれた者」と呼ばれたザイオナさん

 生前、ザイオナさんはミゾラム州で「チュアン・ター・コーラン(新世代の教会)」として知られる千年王国主義のキリスト教宗派を率いていて、多くの人々から「預言者」「神に選ばれた人」とみなされていた。

 そのため、彼が新しい妻を娶り続けても、コミュニティのメンバーや自分の家族からの反対はほとんどなかったようだ。

 むしろ地元の家族は、そのような高く評価された男に喜んで娘を嫁がせたようだ。

 現在、ザイオナさんの1番目の妻は83歳になっていて、40人の孫がいる。

 2人が結婚して6年後、ザイオナさんが2番目の妻を迎えることに決めたとき、彼女は事前に知らされなかったという。
でも、私なりに夫を愛する方法を学びました。
 チュアン・タール・コーランは一夫多妻制を支持し、その2600人のメンバーのほとんどはミゾラム州バクタウングに住んでいる。

 神の怒りを免れ、特別な特権を与えられる黙示録後の「黄金時代」を信じているのだ。

 ザイオナさん亡き後を継いだ長男のヌンパリヤナさんには、2人の妻と13人の子供がいるが、「これ以上奥さんをもらうつもりはない」と話している。
私は父ではありません。父は神に選ばれましたが、私たちは普通の人間で、父ほどの数の妻を持つことはできません。

総勢199人という大家族の暮らし

 大家族は1日2回、自宅の大広間に集まって食事をする。

 家族の食堂というよりは、街の中のにぎやかな食堂のような光景だ。
1_e0
image credit: youtube
 住居から少し歩いた場所には、食肉用のために約100頭の豚を飼育している家族所有の豚舎があり、家族は分担してそこで働いている。

 また、畑でさまざまな作物を植えたり、一家に4つある大工仕事場と1つあるアルミニウム作業場で働いたりしながら、日々の暮らしを立てている。

 現在一家をしきるヌンパリヤナさんは「決して容易なことではない」と言う。

 なにしろ、199人もいれば毎日の2食を用意するだけでも大変な作業だ。

 少なくとも80キロの米とその他多くの食材を使い、巨大な釜で調理し、その後洗浄しなければならない。

 しかし、これも分担作業なので誰も文句は言わないそうだ。

 大家族は毎日の仕事や食事や金銭面など細かいことまで1人1人が分担し、協力し合って暮らしているのだ。
人間である以上、誰しも困難や苦難に直面するものだが、私たち家族は大家族で支え合っているため、ポジティブな面もあります。
 ザイオナさんの義理の娘の1人は言う。
病気になったら、お互いが支え合いますよ。
 ザイオナさんが亡くなってから2年近く経った今でも、彼の遺産は地域の中に息づいている。

 彼の写真や肖像画は今でも実家に飾られてあり、彼が公言した価値観は彼の子孫たちによって受け継がれている。

 一家の他のメンバーは、子供たちがより良い教育を受けられ、人生の成功の可能性が高まるかもしれない場所に子供たちを送ることに前向きで、現在、成長する家族のために村にもう一軒家が建てられている。

 それでもなお、この一風変わった取り決めの斬新さは、人里離れたバクタウン村に多くの観光客を引きつけているということだ。

References:199 Members! The World’s Largest Family Lives Under One Roof/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
憧れしかない!たくさんの動物たちに囲まれて暮らす農場の大家族のポートレート


ビッグダディなんか目じゃない!インドでは1つ屋根の下に161人の大家族が住んでいる。


子だくさんすぎるだろ!76羽の子カモを率いるお母さんが発見された


きゃっきゃうふふがすぎる!裏庭でキツネの大家族が遊んでいた件(アメリカ)


猫の手も借りたい!子だくさん14匹、子育てを頑張るお母さん猫の奮闘ぶり

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年11月25日 19:18
  • ID:bHd9yEN.0 #

動画を見るとマチュピチュってこうして作られたように見えてしまう
もっと深く長期にわたって取材してほしい

2

2. 匿名処理班

  • 2023年11月25日 19:54
  • ID:JWX3rVzi0 #

ドゥルーヨダナもビックリ

3

3. 匿名処理班

  • 2023年11月25日 21:06
  • ID:06s6l0XD0 #

古代の村の始まりはこんな感じだったのかもね

4

4. 匿名処理班

  • 2023年11月25日 21:57
  • ID:dqgAiNWT0 #

テロ的な方向には一切向かわずひたすら子作りのためだけにやっていた教祖様って感じだろうか
世界は広いなあ

5

5. 匿名処理班

  • 2023年11月25日 23:25
  • ID:64OmRgeC0 #

集団で暮らすには効率良いかも

6

6. 匿名処理班

  • 2023年11月26日 02:52
  • ID:XcL5Cyrt0 #

わぁーーーーお!!!!!

7

7. 匿名処理班

  • 2023年11月26日 03:00
  • ID:RKIVSdLg0 #

この長男さんが真面目で身の程をわきまえたしっかり者だから上手くいってるんだろうね

8

8. 匿名処理班

  • 2023年11月26日 09:37
  • ID:YGowQDRd0 #

>ほぼ同世代の人たちごきげんよう

(=゚ω゚)ノいよう

タイトルで「寄り合い所帯みたいなものかな」と思っていたらホントに家族だったわ。宗教的な結束らしいけど、今後も平和に過ごしてもらいたいもんだ。

9

9.

  • 2023年11月26日 13:07
  • ID:ZpYk.qwE0 #
10

10.

  • 2023年11月26日 18:14
  • ID:7XWQmUBV0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links