脳は誤った記憶を思い出そうとすると前兆となるサインが現れる
 正しい記憶と間違った記憶を思い出すときとでは、脳の活動が大きく変わることが明らかになったそうだ。

 個人的に経験した記憶の中に「エピソード記憶」と呼ばれるものがある。長期記憶の1種で、いわゆる思い出の記憶だ。

 米ペンシルベニア大学のチームは、ちょっとした工夫で人間に勘違いをさせて、間違ったエピソード記憶を思い出させるという実験を行った。

 その結果、間違った記憶を思い出す直前、記憶を司る「海馬」にその前兆となるサインが現れることが明らかになったのだ。

 こうした発見は将来的に、心的外傷後ストレス障害(PTSD)のような、記憶の混乱に関係する病気を治すヒントにもなるかもしれない。

誤った記憶を思い出そうとするとき、海馬で何が起きているのか?

 誕生日のパーティや初めて行ったデート、あるいは最近学校であった笑える話など、特定の文脈(時間や場所など)に結びついた記憶のことを「エピソード記憶」という。

 一方、もっと一般的な知識や情報についての記憶のことを「意味記憶」と言い、どちらも長期記憶である。

 エピソード記憶は非常に個人的な記憶で、脳の「海馬」と呼ばれる領域で処理されていることが知られている。

 私たちに大切な思い出があるのは、この海馬が正しく記憶を思い出してくれるおかげなのだが、時には間違った記憶を思い出してしまうこともある。

 そんなうっかりミスをした海馬で一体何が起きているのか、詳しいことはまだわかっていなかった。

 『PNAS』(2023年9月26日付)に掲載された米ペンシルベニア大学のチームによる今回の研究は、この謎に挑んだものだ。
4

間違いを誘発するような記憶テストで検証

 研究では、てんかん患者に協力してもらい(治療用の電極が脳に移植されており、正確なデータを入手できるため)、海馬の電気活動が観察された。

 実験ではまず、参加者たちに単語(例えば「ピザ」や「時計」といった無関係なもの)が書かれたリストが手渡され、それを暗記するよう指示された。

 しばらく後で、また別の単語リストが渡され、やはり記憶するように指示された。

 それから今度は暗記した単語を順番に思い出してもらった。ただし思い出すのは2番目のリストに載っていた単語だけだ。

 じつは最初のリストは、参加者に勘違いをさせるための仕掛けだ。

 1番目のリストと2番目のリストは、手渡されたタイミングが違うため文脈が異なる。

 参加者がうっかり1番目のリストの単語を口にしてしまったとき、それは文脈の違う記憶を間違って思い出したことになる。

 このとき、海馬では何か違うことが起きているのだろうか? 研究チームはそれを調べたかったのだ。
iStock-1050228748
photo by iStock

間違った記憶を口に出す1秒前にサインを検出

 その結果、正しい単語と間違った単語では、記憶を思い出す”直前”の海馬の電気活動が大きく違うことが明らかになった。

 誤った記憶を思い出そうとするとその前兆は単語を口にする1秒前に現れ、すぐに消えてしまうという。

 面白いことに、同じ間違いでも、1番目のリストの単語を答えたときと、どちらのリストにも載っていない単語を答えたときでは、前者の海馬の活動の方が正解のそれに似ていた。

 研究チームは、両リストにある単語を口にしたときに海馬の活動が似ていたのは、それらを暗記したとき、同じ部屋の同じ席に座っていたからではないかと推測している。

 つまり文脈がよく似ていたので、脳内の記憶も似たようなものになったと考えられるのだ。

 2つ目の実験では、花・果物・昆虫の3カテゴリーに分類された単語リストで、先ほどと同じような実験を行なっている。

 これはテスト的には間違った単語でも、意味的には似ているような場合にどうなるのか調べることが狙いだった。

 例えば、参加者が花のリストを暗記した後で、正解の「ユリ」ではなく、不正解だが花である「ヒマワリ」を思い出したとする。

 このときの海馬の活動は、「時計」のような花ではない単語を思い出したときと、何か違うのだろうか?

 そしてこの実験でも、文脈の重要性が確認されたそうだ。同じ間違いでも、時計よりもヒマワリと答えたときの方が、正解のときの海馬の活動に似ていたのだ。
iStock-1129860760
photo by iStock

PTSDなどの治療のヒントに

 研究チームによれば、こうした発見は、さまざまな状況で作られる似たような記憶(例えば、今晩作った料理と昨晩作った料理)を区別する仕組みを説明している可能性があるという。

 また、記憶が混同される病気を治療するヒントにもなるかもしれない。

 例えば、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者は、安全な場所にいるのに、恐ろしい目にあった過去と似たような状況になると、その時の記憶がよみがえり苦しむことがある。

 そのような脳の混乱を抑える方法がわかれば、PTSDを治すこともできるかもしれない。

 なお現時点では、海馬で観察された電気活動の違いが、思い出しミスが起きる直接的な原因なのか、それとも何か別の根本的な原因があり、たまたまそれと一緒に起きているだけなのかどうかは不明だ。

 今後の研究で脳をさらに観察すれば、こうした謎も解明される可能性があるとのことだ。

References:Hippocampal activity predicts contextual misattribution of false memories | PNAS / The brain has a 'tell' for when it's recalling a false memory, study suggests / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
なぜいくつかの記憶は映画のように見えるのか?頭の中で時を刻む時間細胞が発見される(米研究)


信じ込んでいた偽の記憶を嘘だと気が付かせる方法(ドイツ研究)


脳は記憶のコピーを2つ作る。1つは現在の為、もう1つは未来の為(日本研究)


「忘れる」という現象は脳の学習の一形態。忘れた記憶は脳の中に残されている


謎深き意識の世界。我々の意識はただの記憶に過ぎないという説

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2023年10月24日 21:28
  • ID:hlwcUJe80 #
2

2. 匿名処理班

  • 2023年10月24日 21:50
  • ID:.udH4Xot0 #

>正しい単語と間違った単語では、記憶を思い出す”直前”の海馬の電気活動が大きく違うことが明らかになった。

この結果は信用できない

この結果が正しいのなら、海馬は100%の正解を知っていて反応していることになる

ありえない

3

3. 匿名処理班

  • 2023年10月25日 06:19
  • ID:OvVkSigW0 #

私が思い出してるのは常に間違った記憶?かしら

4

4. 匿名処理班

  • 2023年10月26日 18:24
  • ID:QfBhQtEe0 #

俺の記憶では学生時代に友達が一人も居なかったんだが、それは間違った記憶である可能性もあるわけだよな
よかったよかった

5

5. 匿名処理班

  • 2023年10月26日 20:32
  • ID:gXHLkF.t0 #

忘れようとしても思い出せない

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links