シャチと鹿が仲良く一緒に泳いでいる?
 いったい何が起きているというのか?アメリカのワシントン沖で、シャチと鹿(オジロジカ)が間近で泳いでいる姿が確認された。

 この時シャチの観察を行っていた、太平洋ホエールウォッチ協会(PWWA)は、写真に写ったシャチのすぐそばで泳ぐ鹿の姿を見て衝撃を受けた。

 自然界ではありえないような異種の動物たちの交流が目撃されているが、鹿とシャチのカップリングはレア中のレアだろう。

 鹿が海を泳ぐことは珍しいことではないそうだが、シャチは海の覇者であり、向かうところ敵なしだ。もっとも陸に住む鹿は、シャチのすごさを知らなかったのかもしれないので余裕だったのかもしれないが。
広告
Deer swims past Bigg's orca in photo captured at Battleship Island

シャチと鹿が間近で泳いでいる姿が撮影される

 6月4日、アイランド・アドベンチャーズのホイールウォッチングのボートに乗っていたメンバーの1人で写真家のサム・マーフィーさんは、ワシントン州北西に位置するサンフアン諸島の沖合で、シャチと鹿が間近で一緒に泳いでいるという奇妙な光景を撮影した。

 その写真では、シャチが水面を突き破って背を見せているすぐそばに、オジロジカの小さな頭が海から顔を出している。
1
 実は、サムさんはこの光景を撮影していたとき、シャチのすぐそばにいた鹿には気づいていなかったという。

 また、ボートに乗っていた太平洋ホエールウォッチ協会(PWWA)のスタッフたちも誰も気づいていなかったが、後にサムさんの写真を見て、衝撃を受けた。

 PWWAが確認したところ、このシャチの正式名称はT124Cで、クーパーという愛称のオスだそうだ。

 クーパーは、鹿に襲いかかることもなく、鹿も慌てている様子もない。最終的にシャチは鹿の横を泳ぎ過ぎて行ったという。

 シャチはご存じのように賢いし、好奇心旺盛だ。鹿が珍しかったので近づいてきた可能性もある。

 鹿を襲わなかった理由としては、普段捕食しているアザラシやアシカなどよりも、鹿の脂肪分がはるかに少ないため、おいしいごはんじゃないと判断し、興味を示さなかった可能性があるという。

 その後、サムさんの写真は「参加者写真コンテスト」で優勝した。

泳ぎが得意なオジロジカは海を泳いで移動することも

 だが、いったいなぜ陸で暮らす鹿が海に?と思ってしまうが、実はオジロジカが海や他の水域で泳ぐことは、決して珍しいことではないようだ。

 WorldDeer.org によると、オジロジカは泳ぎが得意で、時速約24キロの速度に達し、水中を数キロ移動することができるという。
iStock-1324025364
photo by iStock
 PWWAスタッフにとって、シャチのすぐそばで鹿が泳いでいる姿を見るのは初めてのことであり、エリン・グレス事務局長はこのように述べている。
当局スタッフは、後でサムさんの写真を見て、驚いた次第です。この奇妙なカップリングを目撃できる確率はいったいどれぐらいでしょう!? 


 シャチやクジラの観察は、ワシントン沖では日常的だ。PWWAによると、ワシントン州とブリティッシュコロンビア州の沖合には400頭近くのシャチが生息しているという。

 特に、海がきれいになり、餌となるアザラシやアシカが増えたため、ホエールウォッチングに参加する人は増加しているそうだ。

 とはいえ、今回のような珍しい組み合わせを見ることができるのは稀であり、この光景に遭遇したホエールウォッチングのメンバーたちは、幸運だったといえるだろう。

References:Deer takes a dip alongside killer whale off Washington coast, shocking observers / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
鹿に一体何が!?滝の上から15メートル下の川に飛び込む姿が目撃される


こいつ・・・泳ぐぞ!スイスイと海を泳ぐカンガルーが目撃される(もちろんオーストラリア)


養子にしたの?それとも誘拐?クジラの赤ちゃんを連れたシャチの姿が目撃される


シャチの情けか?気まぐれか?それともお腹がすいていなかった?シャチとイルカが仲良く一緒に泳いでいた件(アメリカ)


水中最強のシャチが獲物であるクジラを助ける。体に絡みついたロープをほどいて去っていく

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 12:24
  • ID:m.w5KT7.0 #

[シャチ][鹿]「いったい何が起きているというのか?」
ころスリーパンチのリズムの良さよ

シャチと鹿に積極的接触が無かったて事はお互いになんだあいつくらいに思ってるんだろうか

2

2. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 12:53
  • ID:7LX.lhTr0 #

ベテランの猟師も好奇心で近づいてきたシカを撃たない事もあるよね

3

3. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 12:59
  • ID:.4cmOUvj0 #

「怖いものを知らないヤツは怖いもののないやつと同じくらい強いのさ」なんだそうです。
シャチは偏食らしいから食べられる対象だとは思わなかったのかも

4

4. アユラ

  • 2023年06月09日 13:22
  • ID:yAMMPjrC0 #

海のギャング様に臆せず、堂々と泳ぐ鹿の大物感がヤバいですね💧

5

5. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 13:25
  • ID:B3KateJO0 #

シャチは偏食激しいらしいからこんな見慣れん生きもん食わんやろ

6

6. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 13:35
  • ID:kXSYRbNp0 #

普段遭遇しない生き物すぎて食べ物だと認識できてないんかな?

7

7. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 14:04
  • ID:GXGRxpg40 #

シカでした

8

8. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 14:48
  • ID:ZSlYtspy0 #

普段アザラシとかペンギンとか基本丸っこい生き物を食べてるから
細いのはちょっと…ってなったのかもしれない

9

9. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 15:52
  • ID:d9ZfZq1n0 #

同じシャチでも食べ物によってグループがあるらしいね。
興味のないものには手を出さないんだとか。

10

10. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 16:11
  • ID:O0pLsYyr0 #

サメやワニならこうならんだろーな

11

11. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 16:42
  • ID:KLPmrkyd0 #

シカトされてて草

12

12.

  • 2023年06月09日 17:08
  • ID:hxroKTWi0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 17:29
  • ID:3KmY4.040 #

旨い奴が他に沢山居るなら珍しい物にまで手を出さないかも知れんね

14

14. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 17:30
  • ID:C29LRsNS0 #

鹿は元々ご飯という認識じゃないから食べないんだろうね。
鹿は食べないがシロクマは食べるグループあるんだよな…

15

15. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 17:35
  • ID:Is4Gy.LR0 #

おいしいと学んで定期的に捕食出来るなら食べれると学習するね
たまたま食欲が無かった感じ

16

16. 匿名処理班

  • 2023年06月10日 00:33
  • ID:WomSGjqB0 #

餌とは思われてなくても気まぐれにちょっかい出されなくてよかったね

17

17. 匿名処理班

  • 2023年06月10日 13:24
  • ID:5G3QlqX.0 #

個人的には人間側が勝手に番号割り振っておいて正式名称は、ってのは傲慢に過ぎると思うんだよ。
ニックネームとかならまだしも。

18

18. 匿名処理班

  • 2023年06月10日 18:14
  • ID:mHGYypIG0 #

鹿の泳ぐ速度が24キロに達するってそんなこと有り得るのか…

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links