no title
 アメリカ・ミズーリ州の小さな町にある修道院が、現在予期せぬ巡礼地となっている。

 この修道院を創設し、2019年5月に95歳で他界した修道女の遺体が安置場所を変えるため、4年後の今年5月に掘り起こされたのだが、腐乱の兆候がほとんどみられず、埋葬時と変わらぬ姿だったのだ。

 このニュースが広まると、多くの人が「ミズーリ州の奇跡」と呼び、埋葬時の姿をとどめた修道女の姿を一目見ようと、多くの人々が集まっているという。
広告
Nun’s body exhumed 4 years after death shows no decay, sparks ‘miracle’ claims | New York Post

神に身をささげた修道女ウィルヘルミナ・ランカスター

 ミズーリ州の小さな田舎町ガワーに「ベネディクト会メアリー修道院」を創設し、2019年5月に95歳で他界するまで、献身的に神に仕え続けたウィルヘルミナ・ランカスター女史は、セントルイスのカトリック教徒の両親のもとに生まれた。

 5人きょうだいの2番目だったランカスター女史は、9歳のときの初聖体拝領の際に「イエスを見た」と主張したという。

 13歳のとき、ランカスター女史は修道女になることを決心。高校を卒業すると、すぐにその計画を実行した。

 敬虔なカトリック教徒として生きてきたランカスター女史は、70歳になって「Benedictine Sisters of Mary, Queen of the Apostles(ベネディクト会メアリー修道院)」を設立した。

 しかし、ランカスター女史が世界的にその名を知られることになるのは、死後4年経ってからのことだ。
800
生前のウィルヘルミナ・ランカスター女史 / image credit:Screengrab

墓から掘り起こされた女史の遺体は変わらぬままだった

 今年5月18日、同修道院ではランカスター女史の遺体を礼拝堂の祭壇の下に安置するため、ランカスター女史の遺体が埋められてある墓を掘り起こした。

 女史が亡くなった後、遺体の防腐処理は施されず、簡素な木の棺に埋葬されただけだったため、墓地関係者からは「遺体は骨だけになっているだろう」と言われた。

 懐中電灯を持ったセシリア・スネル修道院長が、最初に棺に近付いて中を見たとき、周りにいた他の修道女たちから歓声が上がった。

 修道女たちが棺を完全に開けると、そこには腐敗の兆候がほとんどないランカスター女史の遺体があったのだ。
棺の隙間から中を覗くと、靴下を履いた完全に無傷な足があり、埋葬したときとまったく同じ姿でした。

最初は、ただもう信じられないという思いでした。(セシリア・スネル修道院長)
 ある修道女は、このように語っている。
仲間の修道女たちと交代で、ウィルヘルミナ女史の靴下を履いた足に触れたとき、とても湿っていたのですが、足がそのまま残っていました。
 遺体を埋めたときにかけられた土の汚れが、ランカスター女史の顔にかかっていて、特に右目がひどく押し下げられてしまっていたため、顔には蝋を塗ったと修道院は明かしている。
でも、女史のまつげや髪、眉毛、鼻、唇はそのまま残っていて、彼女の口はまさに微笑みかけているようでした。
 その後、修道女らがランカスター女史の遺体を持ち上げたところ、その重さは40kgほどあったそうだ。

 修道女たちは、ランカスター女史の体からカビを洗い流した後、遺体を礼拝堂の前に移した。

腐敗がほぼないランカスター女史は聖性の証?

 カトリックでは、腐敗の過程に逆らう遺体は「聖性の証」を意味するという。

 ランカスター女史は、おそらくアメリカで腐敗のない状態で発見された最初の黒人となると言われている。

 ローマ・カトリック教会は、何世紀にもわたって、不朽の遺体の数百例を記録してきた。

 しかし、一部の専門家によると、たとえ防腐処理が施されていなかったとしても、死後最初の数年間は遺体が良好な状態で保存されているのは珍しいことではないようだ。

 ウェスタンカロライナ大学の准教授兼法医学人類学ディレクター、ニコラス・パサラクア氏は次のように述べている。
一般的に、人体分解施設に遺体を埋葬する場合、遺体が白骨化するまでにおよそ5年かかると予想されます。

それは、棺やその他の容器や遺体を包む包装物がない状態です。

したがって、棺に埋葬されたランカスター女史の遺体については、4 年の間遺骨が良好に保存されていたようですが、個人的にはそれほど驚くべきことではありません。
 それでも、このニュースはSNSを通じて広がり、敬虔なカトリック教徒の大勢が、ランカスターの遺体を見にミズーリ州の小さな田舎町を訪れ、修道院は予期せぬ巡礼地となった。
Missouri town prepares for thousands seeing exhumed nun

「ミズーリ州の奇跡」として多くの人が修道院を訪れる

 現在、ランカスター女史の遺体は、「ミズーリ州の奇跡」と呼ばれ、保存状態の良い女史の遺体を一目見ようと、遠方から何百人という人が修道院に集まっている。

 カンザスシティから息子と妻と一緒に来た巡礼者のメアリー・ルー・エナさんは、「美しかった」と驚嘆の声をあげた。
最初は、ちょっと非現実的でした。 でも、彼女を見つめていると、涙が溢れてきて、それが本当に、とてもとても意味のあることだということが分かりました。
 また、カトリックのラジオ番組の司会を務めるロイス・フッドさんは、妻のエリスさんと6人の子供たちとともにランカスター女史の遺体を見に来た。

 イリノイ州ピオリアの自宅からは、車で5時間以上かかったそうだ。
世界には混沌と闇がたくさんあります。

神は、これから何が起こるのか、何が私たちを待っているのかを思い出させるために、小さな恵みを私たちに与えてくれているのだと思います。
 カンザス州オーバーランドパーク在住のロリ・ローズブラウさんは、このように興奮を口にしている。
今回の視察は、「神の御手」を見ることが叶った信じられないほど稀な機会でした。

聖人の遺体に触れ、祈ったと言える人はそう多くないでしょう。

今週、ミズーリ州ガワーへ旅行した何千人もの人々は、今ではそう言えると思います。
 なお、ランカスター女史の遺体は、5月29日までガワーの礼拝堂に展示され、その後は保護のためガラスケースに納められるということだ。


追記:(2023/06/07)タイトルを一部訂正して再送します。(2023/06/08)本文を一部訂正して再送します。
References:Nun’s body exhumed 4 years after death shows no signs of decay, sparks ‘miracle’ claims / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
最大で数週間も遺体が腐敗しない、チベット僧侶の体の謎


神のご加護があれば死体は腐らない?イタリアにある聖人の不朽体


まるで生きているよう。死後91年、レーニンの驚くべき遺体の防腐処理・保存法が明かされる(ロシア)


復活することを信じて。600日間も遺体保管されていた牧師、ついに埋葬される


図解:あなたが死んだあと、あなたの体に起きること

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2023年06月07日 22:22
  • ID:G8.gbpW.0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 22:34
  • ID:1hwtqvtm0 #

防腐処理されてるみたいで驚いた
野暮な事だとは思うが科学的な所見伺いたいと思った

3

3. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 22:46
  • ID:8.krMCNq0 #

大学の教授よ、時にはわかりませんという優しいウソのほうが
世の中幸せなもあるんだぜ
なので今回の場合奇跡起きたというほうが正しいと思うぜ

4

4. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 22:58
  • ID:McereKgG0 #

死後見世物になる事について本人に聞かなきゃ嬉しいか分からんが
神の御加護ですって売りなんだから修道女として本望だろな

近代の食品には保存料が多く使われて土葬遺体の状態維持がまことしやかに囁かれていたが
これ見たら事実なんだなと思えた。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:12
  • ID:95nBB1710 #

95歳だけど顔にシワがないのは、蝋を厚塗りしてるからなの?

6

6. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:22
  • ID:gzVjZ7r70 #

奇跡を信じられる人の方が幸せなのかもしれない

7

7. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:27
  • ID:nKXjYwyI0 #

いわゆる死蝋化かと思ったが、4年程度じゃ大して朽ち果てる訳でもないって見方もあるのか

8

8. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:28
  • ID:6phr526S0 #

他のサイトで見た時何か塗られているように思ったが蝋だったのか
長期的な保存方法としてどうなんだろう

9

9. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:35
  • ID:I6OCmAtC0 #

しかし95歳には見えないな
痩せてシワシワだと実際以上に年取って見えるのかな

10

10. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:35
  • ID:NZVL83qt0 #

ゾシマ長老涙目

11

11. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:44
  • ID:2HawlRDk0 #

死んでから奇跡施されるより、生きてる時にやってほしかっただろうな

12

12. 匿名処理班

  • 2023年06月07日 23:56
  • ID:VZdSGL6O0 #

死蝋化したって事なんかね?

もしくは、彼女はマクドナルドのハンバーガーが大好きで毎日食べていました、とか。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 00:16
  • ID:dGiRdBac0 #

>>3
科学者が科学の見地からの意見を求められて嘘をつくのは不誠実だと思う
それにこれを奇蹟と認めて皆が幸せになるとも限らない
そりゃあ当人たちは幸せだろうけど、これを根拠に改宗を迫られるとか寄附金を半強制されるとか、予期しない負の効果だってあるかもしれない
善意の暴走はいつなんどき起こるか分からない、だから理性で押しとどめる必要だってある

ちなみに自分は「科学的にありえません。異常なことが起こったとしか思えません」なんて言われたら、なんて不気味なんだとしか思えないかな

14

14. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 00:18
  • ID:HIpeRmcS0 #

>靴下を履いた足に触れたとき、とても湿っていたのですが、足がそのまま残っていました。

湿潤で低温な環境下で遺体が腐敗しなかったので死蝋化したのでしょう。
いくつか先例がありますね。

15

15. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 01:38
  • ID:.o1Lt4iT0 #

綺麗な死体は「狙って作れる」ので
狙っていなくても条件が一致すれば
ぐうぜん同じ結果が得られる事もある。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 01:56
  • ID:qG4nHoKg0 #

当初から腐敗し始めてたので普通に蝋で固めた蝋人形状態だよ
見れるのは顔の部分だけであとは骨皮

17

17. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 03:45
  • ID:CBT8ScgI0 #

食べてる食品に大量の防腐剤が含まれてたんだろうな。
良くある話だが。

18

18. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 05:35
  • ID:.xo080DD0 #

この土地の近くで新しい教会の建設計画が進んでいるとか ?
(教会を建てる際には本尊として聖遺物が必要。仮にこの人が聖人に認定されると、この人を祀るため、という名目で教会の建設が可能になる)

19

19. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 06:08
  • ID:GNbkPA.X0 #

文化、宗教の違いだろうがわざわざ掘り起こすとは日本人には考えられないな

20

20. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 06:57
  • ID:qf4ALbU40 #

死蝋化したか、ヒ素がある所で生活していたか、ヒ素を摂取したか

21

21. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 07:19
  • ID:q6IIOWVW0 #

ちょくちょくきくけれど安置場所の移動ってそんなに必要?

22

22. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 07:42
  • ID:h1aFafx20 #

日本人からすると少し奇妙な感覚になるな。
腐らないとかそう言う事よりご遺体を展示する事に対してだけど。

23

23. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 08:57
  • ID:PVFrr22l0 #

>>14
ロザリア・ロンバルドちゃんを思い出しました

24

24. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 10:34
  • ID:2LjuftCA0 #

あの腐らないハンバーガーも神の軌跡か

25

25. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 11:00
  • ID:ZSjuerMl0 #

この人以外にも土中の湿度とか気温のせいで腐敗しなかったこと何例もあったよね。
他の宗教のことだから尊重はしたいが、この科学の時代では色々胡散臭いと思ってしまう。

26

26. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 12:16
  • ID:J0y1UWQK0 #

死んだのに掘り返されたり、人目にさらされたくないなあ。。。
(そういう自分は堆肥葬希望。)

27

27. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 12:52
  • ID:1ocFZvzB0 #

たまにあるよねこういう事
どんな条件で起きるんだろうね。
長年の食事なんかも影響するのであろうか
はたまた安置された状況なのか

28

28. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 13:18
  • ID:wUOFRdoZ0 #

>>19
日本人も昔は土葬のあと白骨化した骨を納め直してたが?なんで毎度毎度人種で物事を区切ろうとするんだい?しかも歴史もよく知らないくせに?どうして?歴史と宗教、習俗を知ってからモノを言わないのはどうして?

29

29.

  • 2023年06月08日 15:07
  • ID:bguXJr6v0 #
30

30.

  • 2023年06月08日 15:14
  • ID:FckcNOxO0 #
31

31. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 17:24
  • ID:k9zlyGbA0 #

腐敗しなかった原因の一番は昆虫が入って来なかったってことでしょ?
棺桶の密閉が凄かったのでしょう
アリンコでも入ってきてたなら数日で柔らかい肉は無くなります
キャトルミューティレーションの内臓や舌が無くなるのも昆虫の仕業ですから

32

32.

  • 2023年06月08日 17:36
  • ID:stqbL14X0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 19:24
  • ID:0vr9fLbo0 #

>>31
それスカンクの仕業って聞いた事あるけど昆虫でもいけるんだね
虫にせよ動物にせよ、野生生物にとって生き物の死体は滅多にないご馳走だから、そりゃ放っておかないよね

34

34. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 19:36
  • ID:fPACqMem0 #

当時を知る関係者の記憶がどのくらい正確か知らんけど
埋葬の際にエンバーミングで実は防腐処理してあったのではないの?
絶対に処理してないという証拠があるなら謝る

35

35. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 22:17
  • ID:AvG.8AJ40 #

>>11
死んでから2回以上奇跡を起こさないと聖人としては認められないのだ

36

36. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 22:20
  • ID:URyoWOJp0 #

冷静になれば説明できることでも、知識がないと神や幽霊といったオカルトに丸投げして考えることをやめてしまう人たちって結構いる。
まぁ幸せかもしれないけどね。それが事実であるかのように言いまわることさえしなければ。

37

37. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 22:22
  • ID:g6kdoxFz0 #

天使にラブソングをの次回作はスリラーで

38

38. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 22:25
  • ID:768w21PH0 #

>>23
あの子は今見てもかなり高い技術を用いて防腐処理されてるらしい

39

39. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 23:17
  • ID:z.ewb55q0 #

死んだら土に還りたい

40

40. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 10:57
  • ID:.Lvtr1JM0 #

信徒だけど、科学者の見解は必要だと感じる。
過去の例としてベルナデッタなど腐敗しなかった遺体について科学者が調査しているが、昔なので今とは見解が異なるし、現代であればなおさら必要なのでは。

修道院の経営状況から考えると防腐処理したとは考えにくいし、そこまでの資金は用意できないのでは。自ら修道院作って創始者ということで教祖的扱いされる傾向強いし、奇跡だとか騒ぎ立ててそれを利用しようとするケースもある。
なので科学的調査は必要だろう。

ベルナデッタは白人だったので、顔の皮膚は黒ずんでいたので、顔の皮膚に蝋引き処理したと言われてるが、このシスターの皮膚の様子はどうなのか。

41

41. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 14:30
  • ID:sSV3A1IK0 #

>>22
日本の仏教では即身仏があるけどな。ほとんど骨と皮みたいな見た目だけど。
戦災やら火災やら法制度の影響でだいぶ減らしたが、現在確認されてるだけでも18体ある。
事実上の遺体を偶像にするのは、特段日本以外だけに限った話ではない。

42

42. アユラ

  • 2023年06月09日 15:55
  • ID:CwL5bCCI0 #

>>24
日本と気候が違うから、湿気が無けりゃカビないし
放置しても、案外しっかりと乾燥するっぽいですよ💧

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links