2万年前のペンダントから古代女性のDNAの回収に成功
 ロシアの有名なデニソワ洞窟で発見された、鹿の歯で作られたペンダントが、およそ2万年前にシベリアに住んでいた女性の遺伝情報が詰まったまさにタイムカプセルのようなものであることがわかった。

 ドイツ、マックスプランク研究所の進化人類学者たちは、古代の遺物を破壊することなく、環境DNA(環境中に放出された生物由来のDNA)を安全に調べる方法を見つけ出した。

 この方法でこれまで謎に包まれていた人類の歴史が明らかになるかもしれない。

2万年前のペンダントに隠されていた古代の人類の痕跡

 今のところ、染色体の名残り以外は、この女性の痕跡は見つかっていない。

 だが、汗や皮膚の細胞とともにこのペンダントに吸収された遺伝子から、この女性が旧石器時代から北ユーラシアにいた集団に属していたのではないかと考古学者たちは推測している。

 この驚くべき発見によって、歯や骨からできた先史時代の遺物は、古代遺伝物質の手つかずの宝庫なのではないかという考えが展開できそうだ。

 遥か昔のわたしたちの祖先が、こうした大昔の遺物をどのようにして使い、持ち歩き、身に着けていたかについての情報をひそかに隠している可能性が非常に高いのだ。

「私たちの研究は、先史時代の考古学において、文化的・遺伝的な記録をどのように結びつけることができるかを再定義するものだ」研究著者は書いている。
00_e
シベリアのデニソワ洞窟から見つかった鹿の歯でできた穴のあいたペンダント / image credit:Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology

わずかな遺伝物質の痕跡(環境DNA)だけで、生物の特定が容易に

 事実上、すべての生物は、細胞が剥がれ落ちて分解すると、周囲に微量なDNAの痕跡を残す。

 近年、研究者たちは、空気中や土壌中の環境DNAの名残りを見つけることが驚くほど得意になった。

 わずかな量の遺伝物質の痕跡を使うだけで、従来の技術では追跡がほとんど不可能だった、絶滅の危機に瀕した個体群の存在を検出できるようになったのだ。

 大昔にその地域から移動したり、完全に絶滅してしまった種の名残りすら発見することができる。

 2022年12月、国際的な科学者チームが、環境DNA解析を行って、200万年前にさかのぼる最古の遺伝物質の解読に成功した。

 環境DNA抽出に関わる最新イノベーションでは、歯や骨など多孔質な人工物に、特殊な科学物質を浸透させて、閉じ込められていたDNAの断片を洗い出した。

「私たちは、清潔な研究室の中に古代遺物用の洗濯機を作ったと言えるかもしれません」マックス・プランク研究所の進化人類学者エレナ・エッセル氏は言う。

「最高温度90℃でこれら遺物を洗浄することによって、遺物を傷つけることなく、その洗浄液からDNAを抽出することができるのです」

 長年の試行錯誤の末、この洗濯機技術は、ロシア、シベリアの洞窟で見つかった鹿の歯のペンダントに応用された。

「ペンダントから回収された人間のDNAは、とてつもない量でした。まるで、ペンダントが実は鹿の歯ではなく、人間の歯だったのではと思うほどでした」
4
当時鹿の歯のネックレスはこのようにつけられていたのではないだろうか? / image credit:Myrthe Lucas

アメリカ先住民に最も近い遺伝物質を持った女性

 人間のDNAの中にある染色体の数は、この人物が女性であることを示している。

 同じ時代の人々の記録と照合すると、およそ1万7000年前から2万4000年前にシベリアのさらに東に住んでいたふたつの集団にシーケンスがもっとも似ていたという。

 現代の人々と比べると、遺伝物質は、アメリカ先住民ともっとも近かった。

 この女性が想像どおり、この鹿の歯のペンダントをずっと身に着けていたのだとしたら、時間の経過とともに、ペンダントが皮膚の細胞、汗、血液、唾液を吸収し、本人も知らないうちに、DNA情報が詰まったロケットになっていた可能性があるという仮説が考えられる。

「何度も扱われたものから、人間のDNAを分離できることに、法医学者は驚かないでしょう。でも、2万年もたってから、それができるとは、まさに驚愕だと言わざるをえません」法医学者のマティアス・マイヤー氏は言う。

 マックス・プランクの研究チームは現在、骨や歯から作られたほかの先史時代の遺物にも、この非侵襲性技術を応用することを計画している。

 環境DNA分析を手がかりとして、そのほかの見落とされた過去の状況を明らかにすることが期待される。

 この研究は『Nature』誌に掲載された。

References:Ancient Woman's DNA Recovered From 20,000-Year-Old Necklace Pendant : ScienceAlert / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
200万年前のDNAから明らかになった北極圏の緑豊かな生態系


チベットの洞窟から発見されたデニソワ人のDNAがアジア初期の人類の歴史を変えるかもしれない


南米でネアンデルタール人とデニソワ人のDNAを発見。大陸最古の人類の遺伝的祖先が明らかに


50万年前に絶滅した人類の痕跡がポーランドの洞窟で発見される


争いではなく愛だった?ネアンデルタール人はホモ・サピエンスと肉体関係を持つことで滅んでいった可能性

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年05月14日 22:15
  • ID:50zWz.aL0 #

環境DNA技術は間違いなくノーベル賞もらえる偉大な技術よね

2

2. 匿名処理班

  • 2023年05月14日 22:16
  • ID:KRjbxI9S0 #

近い将来セクサロイド技術から誕生した人工子宮装置に
この遺伝子を入れて、どのような人間になるのか実験される
日も遠くないのだろうな

3

3. 匿名処理班

  • 2023年05月14日 22:23
  • ID:omImeO1.0 #

よほど大事に付けてたペンダントなんだろうね

4

4.

  • 2023年05月14日 23:10
  • ID:0Lbrg5tB0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 00:24
  • ID:9y7aQ95t0 #

今もこの女性から産まれた子孫が世界のどこかに沢山生きているのかもしれないよね
カラパイアを見てるあなたもその子孫の一人かもしれません

6

6. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 00:30
  • ID:mbeNX3430 #

何万年も前に、画像のようにペンダントを付けていた人がいたかもなんて、なんか不思議

7

7. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 00:33
  • ID:.4vbNIvG0 #

これが勾玉の原型だよ
好きな言葉ではないけど
牙玉だね
日本のは熊や猪の牙製とかだけどな


8

8. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 05:59
  • ID:rlsXE5.g0 #

>>2
ばらばらの断片になった環境DNAから個体が復元できるの?種や集団の推定くらいが限界だと思うが…

9

9. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 06:24
  • ID:pEu7Mkrj0 #

>>7
勾玉って牙の形だったのか 納得
ずっと胎児の形だと思っていた

10

10. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 08:15
  • ID:nLlTvJS.0 #

否定的。
そもそも混血は有ったようだがデニソワ人は現人類とは別物。
ペンダントからDNA検出など知識のない自分からは信じられない。

11

11. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 09:10
  • ID:1ay5b6RK0 #

DNA解析の結果
「あ,それうちのおかんのだ」
というおじいさんが現れる。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 12:35
  • ID:pEu7Mkrj0 #

>>3
好きな人からもらったのかなーとか
妄想が

13

13. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 12:37
  • ID:pEu7Mkrj0 #

ペンダントを着けてる想像図、鹿の骨の両側の二重らせん構造は
DNAだけに?

14

14. 匿名処理班

  • 2023年05月15日 16:00
  • ID:P5bXYMgh0 #

鹿のDNAだったというオチは絶対ないよな?ないよな?

15

15. 匿名処理班

  • 2023年05月16日 15:34
  • ID:d2lqoD.V0 #

>>10
デニソワ洞窟で見つかったいわゆるデニソワ人という亜種人類は4万年前であって
2万年前のデニソワ住人と同じグループかは別問題だろう

16

16. 匿名処理班

  • 2023年08月22日 22:46
  • ID:gSiRs8jd0 #

>>9
胎児、月、牙など色んな説がある

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links