ネアンデルタール人は愛によって滅んだという説
 約4万年前まで存在していた旧人類、ネアンデルタール人が絶滅した理由は諸説あるが、新たな研究によると、現生人類であるホモ・サピエンスと争いを繰り返していたわけではなく、性交するようになったことで滅んだ可能性があるという。

 アフリカを除き、現代人のゲノムの約2%は実はネアンデルタール人のものだ。それと対照的に、ネアンデルタール人の体でホモ・サピエンスの遺伝子は見つかっていない。

 『PalaeoAnthropology』(2022年10月27日付)に掲載された研究論文によると、ネアンデルタール人は我々の祖先と性交することで、ただでさえ少なかった人口が減り、ついには絶滅してしまった可能性があるそうだ。
広告
 ロンドン自然史博物館人類進化研究センターのクリス・ストリンガー教授は、「ホモ・サピエンスとネアンデルタール人の交流については、ここ数年でより複雑な状況が明らかになっています」と語る。
私たちは、ネアンデルタール人がホモ・サピエンスと定期的に性交していたなら、それによって人口が侵食され、絶滅にいたったのではと考えています

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの出会いは約25万年前

 ネアンデルタール人とホモ・サピエンスは、約60万年前に共通の祖先から分岐して、それぞれ別の地域で進化してきたとされている。

 ネアンデルタール人の化石はヨーロッパとアジアで発見され、遠くは南シベリアでも見つかっている。

 彼らは少なくとも40万年そうした地域で過ごし、現在よりもずっと涼しい気候に適応してきたと考えられている。

 一方、我々現生人類の先祖であるホモ・サピエンスはアフリカで進化した。

 ホモ・サピエンスが、かつてアフリカに存在した古いヒト科の祖先の直接の子孫なのか、それともアフリカ大陸で暮らしていた異なる集団が交雑して生まれた結果なのかどうか、今のところ不明だ。

 だが遺伝子のデータによるならば、約25万年前にホモ・サピエンスがアフリカから進出し始めたときに、ネアンデルタール人と初めて出会ったらしいことがわかっている。
iStock-1194512891_e
photo by iStock

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの違い

 私たちの祖先は、親戚との出会いにどんな印象を抱いたのだろう?

 「ネアンデルタール人の容姿や行動がはっきりわからないため、推測するしかありません」と、ストリンガー教授は説明する。

 だが、お互いにたもとを分かってかなり時間が経っていることから、「言語の違いは、おそらく私たちの想像より大きく、現代のどの言語間の違いよりもはるかに大きかった」のではないかという。

 言葉の壁は、両者の体の違いのせいで、さらに高いものだったかもしれない。

 ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの比較から、両者の脳と発声器官は異なっていただろうことがわかっている。

 またゲノム解析からは、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスでは、600近くの遺伝子の発現が異なっていることがわかっている。

 とりわけ違いが目立つのは、顔や声に関連する遺伝子だ。たとえば、ネアンデルタール人の眉弓(眉沿いの隆起)は目立って隆起していた。

 彼らはこれを利用してコミュニケーションしていた可能性があるが、おそらく私たちの祖先には伝わらなかっただろう。
2
ネアンデルタール人の頭蓋骨 photo by iStock

 ホモ・サピエンスの場合、眉弓が小さくなったおかげで、眉毛によるより繊細なサインを伝えられるようになった可能性がある。
3_e0
イラクで出土した8〜10万年前のホモ・サピエンスの頭蓋骨 / image credit:Wapondaponda / WIKI commons

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスがなぜ性交するようになったのか?

 このように異なる両者の出会いが、やがて肉体関係を持つようになるまでの経緯は謎だ。

 それでもホモ・サピエンスがネアンデルタール人と子供を作ったことは、ネアルンデルタール人のゲノムが初めて解読されたときから知られている。

 だが、両者が急接近したのは、最初の出会いからいきなりだったわけではない。むしろ約6万年前、私たちの祖先がより大規模な移住をするようになってからのことだ。

 ネアンデルタール人とホモ・サピエンスは相思相愛だったかもしれないし、あまり友好的な交わりではなかったかもしれない。

 たとえば私たちに一番近いチンパンジーが別の集団に出会ったときを想像すればなんとなく想像がつくだろう。

 だがいずれにせよ、4〜6万年前の後期ネアンデルタール人の体にホモ・サピエンスの遺伝子が混ざっていたという証拠は、現時点で見つかっていない。

 現代人のゲノムの約2%がネアンデルタール人のものであるのと対照的だ。

 これはそもそも、それがありえないことだからという可能性はある。

 異なる種同士が交配する場合、遺伝子の伝わり方が一方通行であることがある。たとえば、ルベラナズナの花粉でオオバナナズナの種子を受粉させることはできるが、その逆はない。

 ネアンデルタール人の遺伝子を受け継いだ現生人類であっても、ネアンデルタール人のミトコンドリアDNA(母からしか受け継がれない)は持っていない。

 このことは、ネアンデルタール人の男性とホモ・サピエンスの女性とでしか子供を作れなかったということかもしれない。

 だが両種が交わった結果生まれた男子は、女子よりも繁殖力が弱かったことをうかがわせる証拠もあるため、本当のところははっきりしない。
5
photo by iStock

あくまでも仮説の段階

 ストリンガー教授らは、ネアンデルタール人はホモ・サピエンスと子供を作るようになったことで徐々に人口を減らし、くわえて環境が要因ですでに人口が少なく分散していたことも相まって、やがて衰退していったのではと推測している。

 ただし現時点では、はっきりと結論を出せるだけの証拠はない。まだ、たくさんある仮説のなかの1つにすぎないのだ。

 「一方通行に見える遺伝子の流れが、交雑はしていたのに子供が生まれなかっただけなのか、あるいは私たちの中のネアンデルタール人のゲノムが代表的なものでないのか、わかりません」と、ストリンガー教授は説明する。

 ネアンデルタール人のゲノム解析が進み、ホモ・サピエンスのDNAもネアンデルタール人に受け継がれていたのかどうか確認できるようになれば、その答えも出るだろうとのことだ。

 ストリンガー教授らは将来的に、また別の人類の親戚であるデニソワ人で同様の研究を行いたいと考えている。こうした研究から、私たち人類が親戚たちとどのように交流してきたのか、より深く理解できるようになるそうだ。

References:Neanderthal extinction may have been caused by sex, not fighting / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
アジア人の祖先は三度目のアバンチュールを楽しんでいた。その相手は絶滅人類のネアンデルタール人とデニソワ人のハーフ

ネアンデルタール人は人間の祖先と10万年間も戦争状態にあった(人類史)

歴史が塗り替えられるかも。12万年前に人間が服を作っていた痕跡がモロッコの洞窟で発見される

太古のアフリカ大陸では、少なくとも3種の人類が共存していた(アフリカ)

チベットの洞窟から発見されたデニソワ人のDNAがアジア初期の人類の歴史を変えるかもしれない

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年11月03日 20:07
  • ID:9JWTjF4q0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 20:09
  • ID:ZPeFx3QM0 #

なんてこった! ホモサピエンスはネアンデルタール人にとってのサキュバスだったってのか!?

3

3.

  • 2022年11月03日 20:23
  • ID:Zk4tENPm0 #
4

4.

  • 2022年11月03日 20:32
  • ID:9Udvc3xr0 #
5

5.

  • 2022年11月03日 20:43
  • ID:RqCEVTKy0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 20:49
  • ID:Nvkp2w.z0 #

白人ってモロにネアンデルタールの遺伝子が濃いよね
ほんの少しの差でアジア人も違うし面白い

7

7. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 20:51
  • ID:UKPjnkbg0 #

ライガーは猫科最大のハンターであるが、タイオンは癌化が抑えられなくて生まれない。
あるいはホモにはなんともない常在ウィルスがネアンには致命的とか。
興味深いね、もう少し研究が進んで欲しい。

8

8. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 21:28
  • ID:PxQR91yd0 #

平和的に共存から合流、一体化していったというのもアリな想像だと思うんですよ。
殺し合って絶滅させられたなんかよりずっと。

9

9. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 21:48
  • ID:RNlw3.rA0 #

>現代人のゲノムの約2%は実はネアンデルタール人のものだ。

これはネアンデルタール人だけが滅んだだのではなく
ホモ・サピエンスも滅び
別の種が作られたと考えたほうがいいのではないか?

10

10. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 21:57
  • ID:7Cg625HL0 #

ネアンは圧倒的少数で10000人を超える事は無かった可能性

11

11. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 22:15
  • ID:.aCUl2rX0 #

可能性は十分有るんじゃないか?
現代にだって山羊としちゃう様な奴が居るんだし

12

12. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 22:19
  • ID:5RT9IN0F0 #

>>9
一度分岐した種が再び統合された様に思えるね

13

13. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 22:38
  • ID:sFrv6JSQ0 #

「サラエボの花」みたいな話かもね

14

14. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 23:04
  • ID:5XzMAoXV0 #

遺伝子が受け継がれてるなら滅んだともいえないのでは?
我々ホモサピエンスの中に今もネアンデルタール人が生きてますよってことでは

15

15. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 23:15
  • ID:Z1.z6s5O0 #

>>6
近年になって白人にモロにネアンデルタールの遺伝子の痕跡が残ってる事が判った途端、想像図がウホウホ言ってる感じじゃなくなったり、こういう言説が出てくる様になった訳で。
まあ色々と根深いよね。

16

16. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 23:26
  • ID:GqP1.HCg0 #

進化論否定派はこういうのをどう説明するんだろう

17

17. 匿名処理班

  • 2022年11月03日 23:55
  • ID:3HKta5y.0 #

今年のノーベル生理学・医学賞も受賞したように話題性としては今がアツいよね、ネアンデルタール人

18

18. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 00:08
  • ID:elmlmiBA0 #

ひょっとしたらネアンデルタール人自体が
パンダ並みに難産かつ超未熟児が標準だったのかもな
流石に内蔵は残らないから確かめられないけども

19

19. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 00:39
  • ID:EBzwlqex0 #

アフリカ象とアジア象も交配出来ないそうだゾウ(*'ω'*) 見た目そっくりなのにね何でだろうね(・∀・)

20

20. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 01:02
  • ID:5CAYqLSQ0 #

トラとライオンみたいなものなのか、ファンタジーRPGに出てくる人とエルフみたいなものなのか?

21

21. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 02:11
  • ID:dWTe4k.50 #

自閉スペクトラムの因子はネアンデルタール由来かもという説もあるし
良いか悪いかは時間が経過しないとわからないね

22

22. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 02:26
  • ID:jnqu7USR0 #

※21
時間が経過しても分からんかもよ?
自閉スペクトラムの因子が特定の病気に対して耐性を持っている、なんてこともあり得るからな。

23

23. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 06:10
  • ID:elmlmiBA0 #

サピエンスも発生してから長いから
不妊のカップルって片側が新人類になりかけてるとかあるのかな

24

24. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 07:01
  • ID:zTGZg6k00 #

結果白人になったってオチだろどうせ
アジア人はデニソワ人どの混血って

25

25. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 07:15
  • ID:7AFBsWHJ0 #

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの「そして目覚めると、わたしはこの肌寒い丘にいた」じゃないか(戦慄)。

26

26. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 09:56
  • ID:SyFWLIO40 #

>>22
かつて盛んだった優生学が下火になった理由の一つがそれだよね
現時点で不要と早合点して淘汰した形質が、実は特定の環境・病気に対して強いかもしれないっていう
コロナ禍によって「医療技術で補えばいいじゃん」は通用しなくなった様に思える
(新たな病気が登場してから、有効な治療法が確立されるまでの闘病に耐えられないリスクがあるということ)
人類全体で見ると遺伝子の多様性を拡張していく方が種の繁栄に寄与する
逆にサラブレッドみたいに先鋭化していくと絶滅のリスクが高まる

27

27.

  • 2022年11月04日 10:30
  • ID:LevwfCP60 #
28

28.

  • 2022年11月04日 12:10
  • ID:qwmFgGtO0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 12:58
  • ID:aLzlfO0m0 #

六万年前、ってのは最初じゃないのでは。ウィキペディアでも、
> 2010年のネアンデルタール人ゲノムプロジェクトの報告書草案では、ネアンデルタール人と現生人類との交配の証拠が提示された。おそらく31.6万 - 21.9万年前に発生したと思われるが、10万年前に発生した可能性が高く、6万5千年前以降に再び発生した可能性が高い。また、ネアンデルタール人は、シベリアの別の古人グループであるデニソワ人とも交配していたようである。
とある。
ホモサピの骨が31万年前と以前より古く出土されたから、最近の説では変わっていると思われ。

30

30. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 13:16
  • ID:BwwRDIf90 #

ホモサピエンスに散らばった2%の遺伝子が集まって、「我こそ純潔ネアンデルタール人」みたいな人は現代にはいないのだろうか?

31

31. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 14:07
  • ID:M3jyam0C0 #

ネアンデルタール人は共喰いはもちろんホモサピエンスとも喰い合ってるから
絶滅するのは寒冷化による食料難の時代の生存競争の結果だろう。
ネアンデルタール・デキソワ・ホモサピエンスの三つ巴の争いの中で
労働力としても性的としても奴隷化されるケースが生まれ
結果として混血が進んだんじゃないのかな。
純血のホモサピエンスまで絶滅した理由は不明だけど
温暖な地域で栄えた種なので寒冷化に耐えきれなかったのかも知れない。
寒冷地仕様のネアンデルタールの血が入った混血児(現代人)は
寒冷化にも適応しやすかったのかな。

32

32.

  • 2022年11月04日 14:54
  • ID:Fm42YZjQ0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 16:09
  • ID:wc17t76l0 #

涅槃で待つ♡

34

34. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 16:35
  • ID:OYSKiG3R0 #

遺伝子浸透でしょ
ホッキョクグマも今は個体数減って交雑のハイブリッドベアができてる
何万年も経ってホッキョクグマがいなくなればホッキョクグマの遺伝子を少し持った集団だけが残るわけで
元の集団とほぼ同じだけど微妙に別の種の遺伝子が入ってる

35

35. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 19:07
  • ID:v.SFpuZU0 #

子孫を残してるなら絶滅したっておかしくない?
融合でいいと思うの
進化は枝分かればかりじゃなくて融合もあるってこと
実際そうなんだし

36

36. 匿名処理班

  • 2022年11月04日 21:23
  • ID:qwmFgGtO0 #

※35
融合は2つの種の絶滅と1つの新種の結果だよ

37

37.

  • 2022年11月04日 21:26
  • ID:tL2uVlnh0 #
38

38. 匿名処理班

  • 2022年11月05日 00:32
  • ID:xH.xMHwQ0 #

異なる民族が二つ交われば戦争が起こる
その先にあるのは男の虐殺と残りの女の吸収
だから人類の歴史も男の遺伝子の移り変わりで調べている

39

39. 匿名処理班

  • 2022年11月05日 09:15
  • ID:VTkWdvbP0 #

※8
交配することでその種族を根絶やしにしていくっていうのは今まさに中国がウイグルやチベットでやってる民族浄化のやり方なんだけどそれが「平和」ねえ?

40

40. 匿名処理班

  • 2022年11月05日 11:07
  • ID:Z5ZccQXi0 #

かつてのユーゴ紛争ではセルビアによるおぞましい戦争犯罪起きてたけど、人類の歴史じゃアレがデフォだったんだろうな

41

41. 匿名処理班

  • 2022年11月05日 16:32
  • ID:pCUiHMIq0 #

ネアンデルタール人事態があまり見つかっていないからって可能性はないのかなあ
ホモサピエンスの血を引くネアンデルタール人がいたとしてもほんの一握りだろうから
骨で残っていない〈見つけていない〉だけのように思うのだが

42

42. 匿名処理班

  • 2022年11月06日 00:07
  • ID:M5v6eEsU0 #

※40
完全に現代的な価値基準で語られても
事実の矢はつがえども理想を射殺す道具にしてはならぬ

43

43. 匿名処理班

  • 2022年11月12日 14:46
  • ID:.rVKRGED0 #

ネアンデルタール女子が夫や恋人をサピエンス女子に寝取られたのが真相か、サピエンス男子×ネアンデルタール女子カップルが子宝に恵まれなかったのが真相か。

44

44. 匿名処理班

  • 2022年11月12日 21:58
  • ID:0FkOZbD.0 #

※15
ネアンデルタールのDNAがホモサピエンスに受け継がれてることが分かりました
 →遺伝子疾患や精神疾患の連中だろうなあ(ニチャア
からの
え!?白人にガッツリ遺伝してるの!!?
 →ネアンデルタール人は友愛に溢れて芸術性を持つ美男美女だった(キリッ
の流れほんと草

45

45. 匿名処理班

  • 2022年11月13日 09:40
  • ID:EDxY.8xX0 #

大昔石○森章太郎作の「原始少年リ○ウ」という漫画があってそれは毛むくじゃらの母親が毛のない主人公を育てたというストーリーだった
子供の頃は狼っ子みたいに捨てられた赤子をゴリラみたいな原始人の母親が拾って育ててくれたのだと思もって原始人のなかで生活する主人公に同情していたけど本当は血の繋がった母親だったのかもしれないね

46

46. 匿名処理班

  • 2022年11月13日 12:26
  • ID:5dIp0S6d0 #

>>20
他種族の雌がいないと実質的に子孫を残せないオーク♂、みたいな話だ

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING