00
 南米で暮らしていた古代人の体には、すでに絶滅したネアンデルタール人とデニソワ人のDNAが存在していたそうだ。

 この驚くべき発見によって、古代南米人とその祖先の物語はよりいっそう込み入ったものになった。

 米フロリダ・アトランティック大学の考古学者アンドレ・ルイス・カンペロ・ドス・サントス氏は、「現代人とネアンデルタール人とデニソワ人との交配を伝えるもの」と説明する。

 『Proceedings of the Royal Society B』(2022年11月2日付)に掲載されたこの研究は、ブラジル・パナマ・ウルグアイの人骨の分析を通じて、人類が南米に移住してきたルートについても伝えている。
広告

古代南米人に絶滅した旧人類のDNA

 今回の研究では、ブラジル・パナマ・ウルグアイで発掘された古代人の骨のゲノムが、北米・ペルー・チリで発掘された人骨と比較された。

 くわえてロシアで発掘されたネアンデルタール人デニソワ人のゲノムも調査されている。

 この分析によるおそらく一番興味深い発見は、古代南米人のゲノムにネアンデルタール人とデニソワ人のDNAが含まれていたことだ。

 さらにパナマのとある遺骨からは、オーストララシア人(オーストラリア、ニュージーランド、ニューギニアなどを含む地域の人々)に由来するらしき痕跡も見つかった。
12
オーストラリアにおけるオーストララシアの概念。オーストラリア大陸、ニュージーランドとメラネシアが含まれる / image credit:WIKI commons

 これと同じものは、ブラジル南東部の古代人で見つかっており、現代人ではアマゾンのスルイ族(Sirui people)の体に受け継がれている。

 ドイツ、マックス・プランク進化人類学研究所のラウリッツ・スコフ氏は、
このオーストララシア人の祖先のDNAが南北アメリカ大陸に出現した時期や、持ち込まれたデニソワ人とネアンデルタール人の割合などを正確に解明できれば興味深いです
 と、第三者の立場から説明する。

 面白いのは、パナマとブラジルで発見された古代人のゲノムには、ネアンデルタール人よりもデニソワ人のDNAが多く含まれていたことだ。

 じつは現代人はその逆だ。デニソワ人よりもネアンデルタール人のDNAの方が多く受け継がれているのだ。

 研究チームの1人である米エモリー大学の人類学者ジョン・リンド氏によれば、デニソワ人は4万年も前に南米人に混ざっており、ウルグアイで発掘された1500年前の遺骨でもその痕跡が見つかっているそうだ。
0_e
image credit:Henry Lavalle, Universidade Federal de Pernambuco and Ana Nascimento, Universidade Federal Rural de Pernambuco

オーストララシア人はどこからやってきたのか?

 その一方、北米人の遺骨にオーストララシア人の痕跡は残されていなかった。このことは、古代オーストララシア人がベーリング地峡を通らずにアメリカ大陸に到達した可能性を示唆している。

 ハーバード大学の遺伝学者ヨシフ・ラザリディス氏は、「南北アメリカ大陸のオーストララシア人の祖先は不可解です」と、第三者の立場から説明する。

 彼らのサンプルは、地理的にも時間的にも大きくばらついており、明確なパターンを示さないのだという。

 現時点で、オーストララシア人の祖先がアメリカ大陸に到達したこと示す確かな証拠は見つかっていない。

 しかし彼らは優秀な船乗りだったため、ベーリング地峡ではなく太平洋を渡って南米に到達したとも考えられるそうだ。

 遺伝子の研究から、私たち人類は、絶滅した旧人類たちが混ざった存在であることが明らかになりつつある。

 私たちは一体何者なのか? 少なくとも100%のホモ・サピエンスでないことは確かであるようだ。

References:Genomic evidence for ancient human migration routes along South America's Atlantic coast | Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
チベットの洞窟から発見されたデニソワ人のDNAがアジア初期の人類の歴史を変えるかもしれない

アジア人の祖先は三度目のアバンチュールを楽しんでいた。その相手は絶滅人類のネアンデルタール人とデニソワ人のハーフ

50万年前に絶滅した人類の痕跡がポーランドの洞窟で発見される

争いではなく愛だった?ネアンデルタール人はホモ・サピエンスと肉体関係を持つことで滅んでいった可能性

痛みに敏感?注射が苦手?あなたはネアンデルタール人の遺伝子を継承しているかもしれない(ヨーロッパ共同研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年11月12日 20:34
  • ID:9m0vAzP70 #

太平洋のルートなら縄文人がアマゾンまで到達したルートもあるから
そのルートだろうな

2

2. 匿名処理班

  • 2022年11月12日 21:03
  • ID:qtduVKI50 #

太古にイースター島にわたった人々はオーストララシア人なので、同様にしてアメリカ大陸にわたってきた人々がいたというのは予測してたと思うけど、それ以外のルーツが入ってる可能性があるというのはびっくりです。

3

3. 匿名処理班

  • 2022年11月12日 21:55
  • ID:.rVKRGED0 #

南米が人類大移動の果て、最先端みたいに言われてきたのがそうではなかった可能性もある、ということ?
大西洋を渡るのと南インド洋・南太平洋を渡るのではどちらが難易度が高いんだろうな?

4

4. 匿名処理班

  • 2022年11月12日 23:33
  • ID:KPxiP4nb0 #

※3
オーストラリア行きと別れるあたりのデニソワ・オーストララシア系の血が濃いままアメリカへ行ったグループが先に南米に到達し、もうちょっと北回りで中国経由で行ったネアンデルタール・モンゴロイド系グループが後からアメリカ大陸に到達して北米にと考えると矛盾はない

5

5. 匿名処理班

  • 2022年11月13日 10:13
  • ID:D6qdetqR0 #

鈴木光司の「楽園」思い出した

6

6. 匿名処理班

  • 2022年11月13日 10:59
  • ID:PvK9TzkB0 #

>>5
引き離された恋人同士の子孫が世代を重ねて北米アリゾナで再会する話だったか。
あの人の作品だと、「ループ」も合衆国西部が重要な舞台になる話だったな。
何か個人にとって特別な意味のある地域なのかな。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年11月13日 11:19
  • ID:nrquJqc90 #

アフリカにいるうちは混血しなかったのだから アフリカにとどまった民族のほうが純粋なホモサピエンスの割合が多いのではないか?

8

8. 匿名処理班

  • 2022年11月13日 12:33
  • ID:PvK9TzkB0 #

>>7
それは言われている。
ネアンデルタール人の容姿想像図が「いかにも原始人」でなくなったのも、アフリカ大陸外の人類の方がより混血が進んでいたと判明したからだ、とも。

それから、ハプロタイプで見た多様性もアフリカ大陸内外では中の方が多くて、大陸から出て世界中に広まったのはごく少数のグループだけだったとも聞いたな。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING