約300年前にニュートンが2060年に世界が終わると予測した理由
 万有引力の法則や微積分法など、世界に革命的な業績を残した偉大なる科学者、アイザック・ニュートンだが、聖書や錬金術にも強い関心を示していたことで知られている。

 彼はエジプトのピラミッドが「ヨハネの黙示録」の謎を解く鍵であると考えていたようだが、1704 年に執筆した手紙には、私たちの世界は2060年で終焉を迎えると予測している。

 ニュートンは、聖書に記された世界の終わりを彼なりに解釈したようだ。いったいどういった意図で世界の終わりを2060年としたのか?逆に考えると「2060年までは世界は終わらない」ということだ。

 今から318年前にニュートンが残した手紙の内容を紐解いてみよう。

偉大な科学者であり神秘主義者でもあったニュートン

 イングランドの物理学者・数学者・天文学者アイザック・ニュートン(1643〜1727年)は、
「ニュートン力学の確立」や「微積分法の発見」など数々の業績を残した偉大な科学者の1人だ。そのIQは190以上だったとも伝えられている。

 ニュートンが木から落ちるりんごを見て「万有引力」を閃いたというエピソードは、あまりにも有名だろう。

 だがその科学的思考の反面、彼には神秘主義的な側面があったこともよく知られている。錬金術や聖書の解釈に強い関心を抱き、賢者の石の作り方などを熱心に研究した。
k-mitch-hodge-AReKs141iaI-unsplash
photo by Unsplash

ニュートンが予測する世界の終わりは2060年

 そんな事例の1つが、彼がつづったとある手紙だ。現在ヘブライ大学に展示されている手紙は、聖書に記された世界の終わりの日を彼なりに解釈したものである。

 彼が導き出した結論は「2060年」だ。ニュートンはこの日、世界が終わると考え、次のように書き記している。
1
ヘブライ大学に展示されているニュートンが1704年に書いた手紙
太古の暦のように1年を12ヶ月、1ヶ月を30日として換算すると、一時期と二時期に加えた”半時期”は、42ヶ月・1260日・3年半となる。

そして、”短命の獣”の日数を王国が存続した年数に置き換えると、1260日という期間は、3人の王が完全に征服された西暦800年から数えて西暦2060年に終わることになる。

それより後になる可能性はあるが、前になる理由はないだろう。
 文中に出てくる”半時期”とは、ダニエル書やヨハネの黙示録などの表現。ダニエル書では、たとえば反キリストの統治期間などに言及している。

 ”短命の獣”は、ダニエル書で言及される4つの王国(バビロン、メディア、ペルシャ、ギリシャ)だと思われる。
2
ニュートンの手紙には彼が2060年と導き出した理由も書かれている

ニュートンが終末の年を予測した手紙は複数あった

 ニュートンは1704年の手紙以外にも、複数の手紙に2060年に世界が終わることを書いている。

 それらの手紙を見た、カナダ、キングス・カレッジ大学の歴史家スティーブン・スノーベレン准教授によると、2060年以外にも、2344年、2090年、2374年など、いくつか終末の日の候補があったようだ。

 だが数字の覚えやすさや、複数の手紙に何度も登場していることなどから、ニュートンの脳裏には2060年が一番強く焼き付いていたと考えられるそうだ。
iStock-1156108250
photo by iStock

ニュートンは偽の予言者を戒めるべく、終末の年を予測した可能性

 ちなみにニュートンが想像していた「終末」とは、世界の滅亡や、聖なる炎で焼き尽くされるといった状況のことではない。

 彼が信じた終末とは、キリストが再臨して千年王国を建国、世界に離散していたユダヤ人がイスラエルに戻り、永遠の王国を築き上げるというものだそうだ。

 ちなみに現在と同じく、当時もこの世の終わりを喧伝するエセ預言者はたくさんいたらしく、そうした予言が外れるたびに聖書の権威を失墜させることをニュートンは苦々しく思っていたようだ。

 ニュートンの手紙には、このような予言を残した目的は「終末をみだりに予言する空想家の軽率な憶測に歯止めをかける」ことであると綴られている。

 つまり彼は、2060年に終末が訪れるというよりも、2060年までは終末は訪れないということを言いたかったようだ。

 だが皮肉にも時は流れ、2060年はあと数十年に迫ってしまった。果たして2060年、世界に何が起きるのか?あと37年生き残れる可能性がある人はその年を見守ってみることにしよう、そうしよう。

References:Why Isaac Newton Predicted The World Would End In 2060 | IFLScience / In 1704, Isaac Newton Predicted That the World Will End in 2060 | Open Culture / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
ニュートンはエジプトのピラミッドが「ヨハネの黙示録」の謎を解くの鍵となると考えていた


ノストラダムスの予言する2023年に起こりうる7つのこと


ニュートンが感染症の治療法を研究していた。「ペストにはヒキガエルの嘔吐物が効く」


2026年6月6日、世界は3日間の闇に包まれ恐怖の時代が到来する。自称タイムトラベラーが予言


第二のノストラダムス、今年台湾で起きる衝突事故が第三次世界大戦の引き金になると予言

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 22:19
  • ID:K6xPhV2X0 #

世界が終わる前に

2

2. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 22:20
  • ID:O54cB3C90 #

ノストラダムスといい、これらと似た発言をして世を惑わせた偉人をひとまとめにしてほしい
何がしたいんだ
カマッテチャンか

3

3. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 22:28
  • ID:ghGkZ.pH0 #

>>2

お金儲け

4

4. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 22:33
  • ID:OIKdwpEc0 #

ニュートンの予言、と言っても大元はやっぱり聖書なんだよなあ
当時の聖書の世界だけが滅びて他は別に関係ないんじゃないの?

5

5. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 22:52
  • ID:i.v5oOqE0 #

某都市伝説系YouTuber「これはネタになる!」

6

6. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 22:55
  • ID:uL79e4H70 #

40年後何もなければ次はアインシュタインの予言かしら

7

7. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 22:59
  • ID:MaXipZJ20 #

科学者と神秘主義者って両立出来るもんなのか?
自分の中にデッカイ矛盾抱える事になりそうなんだが

8

8. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 23:20
  • ID:B5DRUHJ60 #

月刊ムーがアップを始めました

9

9. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 23:20
  • ID:B5DRUHJ60 #

な、なんだってー!?

10

10. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 23:30
  • ID:N7JQiMEb0 #

>>7
米国の脳神経外科医が自身の体験によって、死後の世界を否定する立場から肯定する立場へ変わった話は有名ですが、現段階では限定的とはいえ医療の分野に於いては宗教思想も少なからず両立している事からも、科学との両立という考え方があっても不思議ではない気がします。
宇宙研究なんかもそう

11

11. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 23:37
  • ID:Xc5e5ywh0 #

>>7
科学と神秘学(オカルト)が現代みたいに分離したのは戦後くらいからだし
「現実の物理現象を数式で記述してみせよう」なんてことのほうが当時の人にとって見ればよっぽどオカルト染みていたかもね

12

12. 匿名処理班

  • 2023年04月29日 23:53
  • ID:ou3hNG2k0 #

あの時代はパソコンも無いからね

13

13. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 00:13
  • ID:Y6PZiaNI0 #

ニュートンの予言じゃなくて聖書の解釈の話だろ?
だとしたら聖書作ったやつの予言だしそんなもん誰が信じるんだよ

14

14. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 00:18
  • ID:4hSaEINJ0 #

世界滅亡ネタって、実際滅んでないから今のところ外れ率100%だからね。予言関係でこのことツッコむと烈火の如く怒りだす奴いるけど、ちゃんと理解できてるのかな?

15

15. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 00:42
  • ID:.SxtzcqI0 #

>>2
ノストラダムスの予言はただの当時の王や貴族への皮肉だった
それを1999年の終末思想と混ぜて本にした日本人作家がいてテレビが広めた

16

16. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 00:46
  • ID:.SxtzcqI0 #

>>10
聖書の世界創造の話において素晴らしい点は何一つ当たらなかった事
何百と適当に話を作ってもひとつくらいかする事はあるだろうに

17

17. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 01:22
  • ID:R6VTqm5E0 #

>>4
この手の予言、大体聖書がソースだよね
解釈しがいがあるし面白いとは思うけど世界の根拠にはならない
特に日本は割と無縁でいられそう

18

18. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 04:39
  • ID:.VUnkgjq0 #

> それより後になる可能性はあるが、前になる理由はないだろう。

予防線張りまくりやん

19

19. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 05:46
  • ID:JMXdBGy80 #

知ってるよ、宇宙怪獣はウルトラマンが退治してくれてるし、ショッカーは仮面ライダーが戦ってくれてる。だから私たちの世界は終末の予言が外れるのさ!

20

20. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 06:06
  • ID:wJVLTlit0 #

>>7
それはものすごく重要な疑問なんだけど、むつかしい問題でもあるわね。

我々が実験や観察をやり直して、定説を導き出した先行研究のすべてを「ゼロ状態から」(←重要)検証するということがあまりないのは、その定説が妥当だと皆が同意してるからなわけだけど、同時に、そんなことをやっていたら、自分の研究テーマに辿り着く前に人生が終わってしまうせいでもある。
研究に携わる者が先人の言葉に依存せざるを得ない要因・契機がここに生じる。
研究分野によって程度の多少があるから一概には言えないけれど。

先人が小さな石をこつこつと積み上げて築いた塔の上に、我々は立っているのだと考えればよい。自分の足元の石ひとつひとつに気をとられていたら、先には進めない。
たしかヨーロッパ中世の学者で、このことをいみじくも「巨人の肩の上に乗る」と喩えた人もいたはず。

ニュートンの例に戻ると、おそらく、彼にとって万有引力は「未知」であり、「世界の終わり」は「既知」であったのだろう。聖書は引力に触れていないから調べた。けれど世界の終わりについては聖書を読めば、書いてあるでしょ?

なぜ聖書の検証に進まなかったのか、という問いが立てられるかも知れない。
でも、とおい過去を記した聖書を検証するなんて、ニュートンにはたぶん、その可能性すら思いもよらないことだったのではないかしら。
ニュートンもまた聖書という巨人の肩の上に乗っていたわけで、そこを疑うのは、自分の足元そのものを危うくすることではなかったろうか。

走り書きで申し訳ないが、思索の足しになれば幸いです。

21

21. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 06:06
  • ID:wJVLTlit0 #

>>17
末法思想「せやなあ…」

22

22. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 06:15
  • ID:RgIwSZJo0 #

昔も今も、金など儲からないじゃろう…

23

23. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 07:08
  • ID:EiFJ8k4V0 #

>>17
日本だったら仏教の56億7千万年後の話になのかな?
誰もいないけどね

24

24. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 07:14
  • ID:eP0vxvQj0 #

>>1
はかなき日々と このTragedy Night

25

25. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 07:22
  • ID:eP0vxvQj0 #

>>2
世界滅亡論は破滅願望ではなく世界の終わりを知りたい知識欲っての聞いて妙に納得してしまったことがある。

カマッテチャンではなく知りたがり。

26

26. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 07:48
  • ID:Al66ScdM0 #

ニュートン、お前もか

27

27. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 09:17
  • ID:13thph.e0 #

6✕6✕6=216 2160年で1つの文明、西暦の始まりが正確だったらあと137年、サイクルは4回目

28

28. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 09:26
  • ID:Qq.qja630 #

ニュートンはオカルトや信仰を妄信したというより、そうした心霊現象も科学で解明できる事象なんだ、という考えだったらしい。
それでも聖書を下地にしたのは、まあ三歳児の魂は百までてことかな。

29

29. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 10:02
  • ID:ciL98jAE0 #

たとえば、巨大隕石が地球に落ちてくるなんて状況はそれこそ自分の真上に落ちてきて欲しいわ。ずたずたになった世界で苦労して生きるより、気づきもせずにあの世にみたいな。まあ自分はそこそこ年齢重ねてるからの思いかもしれないけど。

30

30. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 10:10
  • ID:ciL98jAE0 #

ニュートンって最後の錬金術師みたいな表現もされてたような?
子供のころから聖書とその価値観をインプリメントされながら、近代科学を事実として認識できる知能を持ちその狭間で生きてたと考えるとやっぱ化け物だわ、この人。

31

31. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 10:20
  • ID:oJGdlEJp0 #

割とリアルな時期だなあ

32

32. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 10:29
  • ID:4rlmF6Eq0 #

記事を読んで仏教の弥勒信仰を思い出したわ
釈尊入滅の56億7000万年後に出現して衆生救済を果たすという
これも逆に言えば56億7000万年後まで人は滅びない反面、全ての人が救われる事も無い…人の愚かしさは続くことを暗示した菩薩でもある
まあこれも後に色々解釈も改変されたりされるんですけどね

33

33. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 11:08
  • ID:rLjnev5n0 #

霊界ラジオが完成していたのかも
で全てを知ったんだよ

34

34. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 11:35
  • ID:Al66ScdM0 #

旧約聖書コヘレトの言葉「何事が起こるかを知ることはできない。どのように起こるかも、誰が教えてくれようか」

35

35. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 15:08
  • ID:3qZFEqB60 #

そもそも、聖書のソースは?って話で、キリスト教の皆さんにとっては人生の道しるべかも知れないけど、人間が綴った書物だし、少なからず都合がいい思惑も加味されちゃってると思う。キリスト教は異端もスゴいし、それこそ何処ぞの大国の異端は都合のいい解釈で戦争容認したりする。ニュートンが読んだ聖書と、大国の皆さんが読んでる聖書は違う?いや、もう違うんだろうな。
正直、2060年より早く、地球上の何かが劇的に変化して、これまで以上にならない気がする。
個人的には、もう今以上の進歩や発展はなくていいと思ってる。ついていけてるのはほんのひとつまみで、ほとんどは置き去りだし。
なんかもう、子供の頃みたいに未来は輝いてないし、夢も希望もない。

36

36. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 16:11
  • ID:h9H9Ct2w0 #

ニュートンの場合は哲学的な捉え方であって、それをオカルトと混同して批判するべきものではないと思うんだ

37

37. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 18:36
  • ID:NJTjqkGC0 #

もう死んでるから確認できん

38

38. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 19:59
  • ID:FT6z6fWZ0 #

ニュートンの重力説が正しかったから予言も確信できるって思わないでね?
時間の進み方は普遍で一定に経過するって言ったのもニュートンだから

39

39.

  • 2023年04月30日 22:21
  • ID:KcXZzgGw0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 22:26
  • ID:QMa.nkYb0 #

>>38
「時間は流れておらず、物事の変化を測る目安である」と唱えたアリストテレスこそ現代に通じる先見の明があった人物ですね

41

41. 匿名処理班

  • 2023年04月30日 23:52
  • ID:XJIXaE.Z0 #

永遠の後出しじゃんけんは続く

42

42. 匿名処理班

  • 2023年05月01日 11:56
  • ID:DVDvDFnL0 #

>>20
まあ「自分でこの目で検証してないけど、別の誰かがやってるので、それぞれの分野ごとに追証実験はまかせるよ」ってお互い分担することで社会全体で科学を発展してきた面は大きいな。
だから時々間違った理論を検証しないまま孫引きしてたって事が判明したりする。
ウサギに動物性コレステロール与えてコレステロール分解できないから有害だ論とか100年くらい誰も疑問に思わなかったし。
この「間違ってたら誰か既に気付いて指摘してるだろ だから合ってるはず、ヨシ!」はどうしても発生しちまうな。

43

43. 匿名処理班

  • 2023年05月01日 13:15
  • ID:1ddlzRyY0 #

ニュートンくらい頭がよければ、世界の全てを科学で説明出来ないからこそ、見えてくるものがあったのかも。
天才の頭には何が見えているんだろうなあ。

44

44. 匿名処理班

  • 2023年05月01日 13:25
  • ID:MjhQ2lgq0 #

>>2
SNSどころか印刷技術すら怪しい時代に予言した本人が広めることはできないっす。
理由はどうあれ、広めたのは後世の人間ですな。

45

45. 匿名処理班

  • 2023年05月01日 22:12
  • ID:rVvRULCG0 #

>>10
走馬灯を見たことがある人なら、死後の世界はあるって断言できると思うのよね。
ただその場合、死後の世界は主観であって、共有不可能な、内なる意識に存在する。

46

46.

  • 2023年05月02日 03:33
  • ID:xqbFTZja0 #
47

47. 匿名処理班

  • 2023年05月02日 22:08
  • ID:aNm5Hyll0 #

シンギュラリティといわれている年から15年後とはいい塩梅。
今の世界をつくった発端となった科学者だ。あなどれない。
ChatGPTとかで人類は焦ってるでしょ。

48

48. 匿名処理班

  • 2023年05月25日 08:26
  • ID:g1mzxRrA0 #

>>42
科学とはなにか、をちゃんとわかってない?

49

49. 匿名処理班

  • 2023年05月25日 08:29
  • ID:g1mzxRrA0 #

>>30
ニュートン、ジョークの腕を磨くのが一番の関心事でね、科学は二の次。出世したり社交界でモテたかったり、欲はそれなりにあったけど、女だけは一人の女性に操を捧げて生涯独身。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links