1_e
image credit:skmtgram/Instagram
 すぐれた作曲家として、世代や文化を超えて人々の共感を呼び、世界的な地位を確立した坂本龍一氏が、2023年3月28日に癌との闘病の末、この世を去った。享年71歳だった。

 同氏の50年におよぶキャリアでは、人々の心を大きく揺さぶる素晴らしい楽曲が生み出された。

 現在、同氏が作曲したノキア(Nokia)の着信音やアラート(警告音)をまとめた音源が、「着メロ集」としてインターネット上で公開され、注目を集めている。
広告
Nokia 8800 ringtones [in honor of Ryuichi Sakamoto]

世界的に知られた坂本龍一氏が死去

 幅広い音楽性で世界的に活動し、多くの人々に愛される曲を生み出した坂本龍一氏の訃報は、ファンのみならず、音楽業界に大きな衝撃を与えた。

 彼の死の発表を受けて、ジョニー・マー、クエストラブ、マッシヴ・アタック、デヴィッド・ボウイ遺産管理団体などからは、同氏への追悼の意が払われたという。
 先駆的なエレクトロニックバンド、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の創設メンバーだった坂本龍一氏は、50年におよぶキャリアの中で、映画作曲家として多くの曲を提供してきた。

 『ラスト・エンペラー』、『シェルタリング・スカイ』、『リトル・ブッダ』、『レヴェナント: 蘇えりし者』などの音楽を手がけた同氏は、『戦場のメリークリスマス』では曲を提供した以外にデヴィッド・ボウイとの共演も果たした。

 これまでの同氏の功績は、オスカーやグラミー賞、バフタ賞、ゴールデングローブ賞2つを含む数々の受賞に反映されている。

死を追悼してオンラインで坂本氏が手がけた曲の着メロ集が公開

 オスカーなど有名な賞を受賞した坂本龍一氏の楽曲は、将来にわたりこれからも耳にすることになるだろう。

 だが、中にはあまり知られていない作品も存在する。その1つに、2005 年に提供されたノキア(Nokia)8800 用の着メロがある。

 現在、YouTubeチャンネルの Tech Product Bangers が、これらのオーディオを着メロ集・警告音集にして、オンラインで共有。「Asian-chant」「Duel」「N-choral」と題された曲を含む心地よいメロディーが集められている。

 Tech Product Bangersはツイッターでこのように綴っている。
坂本龍一に敬意を表して…Nokia 8800のすべての着信音とアラートのビデオ編集を作成しました。そのほとんどは彼の作品です。

彼の複数の素晴らしい音楽がここにあります。
 このビデオ編集には、坂本龍一氏が作曲した通知と警告音と、フランシスコ・タレガ氏の象徴的なノキアの着信音のピアノアレンジも含まれているという。

坂本龍一氏が残した言葉「芸術は長く、人生は短い」

 坂本龍一氏の「12」と題された最新アルバムは、今年1 月にリリースされたばかりだった。

 このアルバムは、ほぼ 6 年ぶりのサウンドトラック以外のアルバムで、各曲には20210310 や 20220302 など、作成された日付にちなんだ名前が付けられているそうだ。
 4月にはフランス、6月にはイギリスのマンチェスター国際フェスティバルに出演する予定をしていたという坂本龍一氏。残念ながらそれらを叶えることなく、この世を去った。

 同氏の訃報を発表した公式サイトでは、次のように記されている。
2020年6月に発見されたがんの治療を受けている間、坂本は健康が許す限り自宅のスタジオで作品を作り続けました。

彼は最後まで音楽と共に生きました。

(中略)

最後に、坂本のお気に入りの言葉の 1 つを共有したいと思います。『Ars longa, vita brevis.(芸術は長く、人生は短い)』です。
 その言葉通り、故坂本龍一氏の音楽は、これからも世代と文化を超えて人々に愛されていくだろう。

References:Ryuichi Sakamoto’s Nokia Ringtones Compiled Online In Memory Of Late Composer/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
夢幻のような世界が無限に繰り返される。フラクタルの世界に入り込むショートフィルム "Recurrence"(循環・回想)


iPhoneの着信音を楽曲にしてピアノで演奏してみた。名曲と化した(楽譜付き)※要音声


アラーム音を変えるだけで目覚めが良くなるという研究結果。お気に入りの音楽や環境音が効果的


朝スッキリ目覚めたい?アラーム音の代わりにリズミカルな音楽を流すと効果的(オーストラリア研究)


紛らわしくてしゃーないわ。iPhoneの着信音を完全に真似るインコとシリに話しかけるインコ

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 19:32
  • ID:5NawiZgn0 #

訃報はショックでした
かつて世間が小室サウンド一色でつらいとき僕らはYMO聞いてました
思想は共感できる部分とそうでない部分ありましたが、早すぎる死去は非常に残念です
君に、胸キュンでしたw ありがとうございました!

2

2. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 20:14
  • ID:K3wmuUMt0 #

Appleに入れて下せえよ!
これだから、いつまでもノキアが羨ましいんだ!!

3

3. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 21:27
  • ID:43a98p3r0 #

余り知られていないというか、作品のファンでも間違ってることがある「王立宇宙軍」の戦闘シーンの曲。よく取り上げられるけれど坂本さんの曲では無いんだよね。直後の離床シーンからエンディングまでの3曲や、OPのメインタイトルなどが坂本さんの曲。

4

4. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 22:29
  • ID:clwbOZr20 #

自分がEDMにハマったきっかけを遡ると子供の頃に聞いたYMOのアルバムだっただけに突然の訃報はショックでした
nokiaって日本ではあまり見掛けないこともあってこの着メロの件は知らなかったんですが
透明感のあるサウンドが心地良いですねえ

5

5. アユラ

  • 2023年04月08日 23:23
  • ID:xL41uE8W0 #

テクノポップっていうジャンルらしいんですけど……
ゲームサウンドとの違いが如何せん分からないです💧

6

6. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 01:08
  • ID:V.cnNU8G0 #

>>5
テクノポップは音楽のジャンルだがゲームサウンドというジャンルは厳密にはない
ゲーム音楽はゲームのために作られた音楽全般を指すからだ
それを踏まえてテクノポップで検索してご覧

7

7. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 01:38
  • ID:d6ESokMm0 #

人生初のカラオケがめだかの兄弟で、坂本龍一氏のアレンジでした。
コンピューターおばあちゃんも好きでした。
だいぶ大人になってから、「え、あれ教授だったの?」ということがしばしばでした。
近年は、教授の影響を受けて、ドビュッシーやラヴェルをピアノで弾いたりしてました。
1度握手出来てよかったです。パンみたいな、ふかふかの御手でした。

8

8.

  • 2023年04月09日 08:07
  • ID:Y698qODQ0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 08:28
  • ID:SKN0SrPu0 #

いくつかは教授の好きっぽいコード展開だなって曲があるね。

10

10. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 08:46
  • ID:G9qraPRp0 #

>>3
野見祐二氏の作曲かな?

11

11. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 08:58
  • ID:53cB9wzV0 #

メリークリスマス、リュウイチ。メリークリスマス。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 15:53
  • ID:d6ESokMm0 #

ひととおり聴いてみましたが、無機質な電子音ではなくて、教授が電子ピアノで演奏してくれている、という印象を受けました。昔教授のアルバムをよく聴いていた時期があったのですが、音楽図鑑を思い出しました。教授のアルバムにこんな曲入ってなかったかな?って。

13

13.

  • 2023年04月10日 00:51
  • ID:BnmvjfKJ0 #
14

14.

  • 2023年04月10日 05:28
  • ID:stgjXzlO0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links