古代ギリシャ・ローマのアスリートの体の垢が人気
 古代ギリシャやローマでは、アカスリのようなものをつかって、オリーブオイルで体をこすり、汗や汚れを落としていた。

 こすり落とされたこの体の垢、とくにアスリートの体から出たものは、治療効果があると考えられており、当時人気商品だったという。

 アスリートの汗や皮膚からこそげ落された垢を自分の体に塗って、彼らの活力と健康にあやかろうとする崇拝者たちに販売されていたのだそうだ。 
広告

古代ギリシャ・ローマ人の体の汚れの落とし方

 古代ギリシャやローマでは、清潔を保つということに関する考え方は、今とはかなり違っていたようだ。

 精巧な配管システム、温かい公衆浴場、水洗トイレなどの衛生施設でローマ人は有名だったが、これは石鹸が発明される前のことだ。

 石鹸ができる前、彼らがどのようにして体の汚れを落としていたかと言うと、ストリジルというアカスリのようなものだ。

 これは、ローマ人だけでなく、それ以前のギリシャ人やエトルリア人にも使われていた人気の道具のひとつだ。

 一般的なストリジルは、飾りのないシンプルな青銅でできていたが、裕福な人たちは、銀や錫(すず)で作られた、豪華な装飾のついたマイ・ストリジルを使っていた。

 彼らは、運動や公衆浴場に行く前に、体にオリーブオイルを塗りたくって、ストリジルでこするのだ。

 奴隷たちは、湾曲した金属のストリジルを使っていて、余分なオイルや汗、汚れをこすり落としていた。
iStock-134482614
photo by iStock

こすり落とされたアスリートの体の垢が人気商品に

 ラテン語で”strigimentum”、ギリシャ語で”gloios”として知られる、こすり落とされたこの体の垢、とくにアスリートの体から出たものは、治療効果があると考えられていた人気商品だった。

 これら、アスリートの汗や皮膚からこそげ落された垢は、これを自分の体に塗って、彼らの活力と健康にあやかろうとする崇拝者たちに販売されていたと、説明されている。

「おそらく、不快な臭いもしたであろうこの垢と汗、オイルの混合物は、「グロイオス(gloios)」と呼ばれ、非常に貴重なものと考えられていたため、アスリートたちが寄りかかって、汗の跡を残した公衆浴場の壁からわざわざ削り取る者も出てきたほどだったという。

 また、裕福なローマの女性たちが、屈強な剣闘士の体の垢が入った小瓶を購入して、高級なフェ
イシャルクリームとして使ったという話もある。
heavily_1
ロンドンの科学博物館に所蔵されている、かなり腐食したローマ時代の青銅のストリジル / image credit:Wellcome Collection / CC BY 4.0

実際に人間の垢には健康効果があるのか?

 大プリニウスは、『博物誌』の中でこの"垢"について述べていて、古代ローマ人が痔や関節の腫れ、炎症、さらには生殖器の感染症を治療するために使ったとしている。

 医師のガレノスも、屋内競技場の床、壁、彫像から悪臭のする汚れを集めて、それを医療用に使用したと説明している。

 紀元前2世紀のマケドニア、ベレエアの屋内競技場で発見された碑文は、客の体から集めたグロイオスの販売についてふれている。この場合は、警備員の人件費にあてられたという。

 実際に、垢とオリーブオイルの混合物である「グロイオス」には健康効果があったのだろうか?

 現代科学でも、皮膚の微生物叢(皮膚にいる生きた微生物)に関する研究が進められているが、まだ完全に理解したわけではない。

 だが、『The Victor’s Crown』の著者デヴィッド・ポッターは、もし健康果があったとしても、それは付着した油脂をこそげ落とすときに出るオリーブオイルや抗菌性のある銅のおかげだという。

 それを、こそげ落とした人体の垢の方と思い込んでいたのではないかと推測している。

References:The Sweaty Body Grime of Greek and Roman Athletes was a Hot Commodity | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
古代ローマ人はてんかん治療のために剣闘士の血を飲んでいた

史上最古の避妊薬として使われた幻の薬草「シルフィウム」

ジャミラなの?何なの?中世の世界地図に描かれた頭がなくて胸に顔がある異形のもの。

今に生まれて本当によかった。かつてのヨーロッパが悪臭に満ち溢れていた6つの理由。

ハヤブサの頭を切り落として埋葬。伝説の民族「ブレムミュアエ」の儀式の跡がエジプトの神殿で発見される

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年01月07日 22:15
  • ID:2tx0xivb0 #

現代だからうぇぇ…と思うんだろうな

2

2. 匿名処理班

  • 2023年01月07日 22:48
  • ID:wXkxzPnJ0 #

※1
日本も戦後直後には都心から出てきたうんぴを貨物列車で
積み込み西武線を使い運ばれてたし、今みたいに排泄物
イコールキモイとはつながらなかったからな
また汗臭いは性的な興奮にもつながると現在わかってるし
隠れた効能で興奮剤としても使われたかもね

3

3. 匿名処理班

  • 2023年01月07日 23:03
  • ID:amhMxolp0 #

まじないの類だよね
思い込みなんてレベルじゃなくて文化的に「薬」になってたんでしょ
呪術の類は祝いも呪いも社会次第で現実なんだよ多分

4

4. 匿名処理班

  • 2023年01月07日 23:05
  • ID:0Wccg27l0 #

※1
思わない

麻原は風呂の水や小水すら高額で売っていた

5

5. 匿名処理班

  • 2023年01月07日 23:24
  • ID:3Fd8mPjT0 #

古代ギリシャには少年たちが地べたに座った後に出来る砂の跡を性的な目で見る人がいたというし、健康効果というのも単なる言い訳なのでは

6

6. 匿名処理班

  • 2023年01月07日 23:29
  • ID:0nbBwioA0 #

笑ってはいけないのエリート塩を思い出したw

7

7. 匿名処理班

  • 2023年01月07日 23:38
  • ID:DyCXWd3.0 #

常在菌をを貰うことはできたかな
キズとか化膿しにくくなるかも
それ以上は期待できない

8

8. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 00:40
  • ID:30oucbbF0 #

現代でも選手の汗まみれのユニフォーム貰おうとするファンいるじゃん

9

9.

  • 2023年01月08日 02:05
  • ID:.Skl5yQi0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 02:50
  • ID:J6bvrDnr0 #

※2
いや、有効活用の方法があって重宝することと、
「だから排泄物はキモくない」ってのは別物だろ。
昔だって、排泄物が汚いのは汚いし、
穢れとして忌避する意識も強かった。

便所を個人宅の母屋の中に作るのが一般化したのも、
戦後に公共的な屎尿処理が普及してからだし。
(サザエさん家なんかも、一応は母屋に地続きで在るけど、
縁側(昔は半屋外の部分)の端に飛び出た形で隔離されている。)

11

11. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 02:59
  • ID:se.JfhTa0 #

リアル爪の垢を煎じて飲みたい精神か
(本当に単なるたとえなのか、実際にそういう迷信があったのか知らんけど、この発想もすごいな)

まあ、便(腸内細菌)移植や若くて健康な個体からの輸血の効果が科学的に実証されつつあったりするし
肉体的に優れた者のエキスを摂取したら自分も…という信仰は、まるきり見当違いでもなかったのね

12

12. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 02:59
  • ID:J6bvrDnr0 #

※7
汗や尿といった体液の排出物には
ホルモン等も含まれているし
(それが何かに効く程のものかはともかくとして)、
若くて健康な人の皮脂は、塗りたくればそれだけでも
年寄りのカサカサ肌には一定の保湿効果が出そうな気もする。

しかしまぁ、リアル「誰それの垢でも〜」の世界だなw

13

13. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 03:31
  • ID:1a.i1zhw0 #

都市づくりに、学問に、色々合理的な古代ローマにもこういうオカルトはあったんだね。
でも上のコメにもあるけど、有名人の使用済み〇〇をありがたがったり、お小水を聖水って呼ぶのと同じ類いのアレだと思う。

14

14. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 06:56
  • ID:MI7gq3xY0 #

現代のトップクラスの変態さんの性癖も所詮は紀元前に網羅されているのだなぁ

15

15. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 08:16
  • ID:Q56HryxV0 #

オェ…

16

16. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 08:29
  • ID:Vhcos2uV0 #

金属製垢すりっていくらオイルも使うにしても痛くなかったのだろうか。突き刺すこともできそうだし奴隷にやってもらうのも怖いな。

17

17. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 08:36
  • ID:.Q7kfXQ80 #

もしかして、最近はやりの「便移植」みたいに、優れたアスリートの皮膚常在菌を移植するという療法だったのかも。
研究の余地があるかもよ?

18

18.

  • 2023年01月08日 08:42
  • ID:.KjvhiDG0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 09:32
  • ID:WiF0ZWc30 #

「爪の垢を煎じて飲む」をリアルでやってたのか。

20

20. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 11:28
  • ID:knDuaMaU0 #

>>1
うえぇ…_:(´ཀ`」 ∠):

21

21. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 11:54
  • ID:uCnSSf0l0 #

推しの垢を公式ファングッズとして購入できる世界か。ちょっと良いかも。

22

22. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 13:38
  • ID:QCZ0hkCP0 #

ギリシャ彫刻のような汗まみれのガタイ…

23

23. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 14:01
  • ID:xwBA5xye0 #

マニアックの深淵か

24

24. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 15:43
  • ID:xpdaKE0s0 #

※1
「爪の垢を煎じて飲め」というのは例え話ではなかった可能性

25

25. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 16:23
  • ID:bKzWikZR0 #

>>24
昔、何かの番組で芸人が爪の垢を煎じて飲んで、思い切り吐いていたのを見た事が有る

26

26. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 16:54
  • ID:RHp.Bdbt0 #

アカの他人が買って行った

27

27. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 18:32
  • ID:uGpgCg.B0 #

そういえば馬蹄末って毒があって
名前の通り馬の蹄の粉末なんだけど
要するに爪って毒なんだよね
垢のせいかケラチンのせいか知らないけど

28

28. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 18:59
  • ID:LMBMUfP60 #

くさい(確信)

29

29.

  • 2023年01月08日 21:23
  • ID:CUugYy5S0 #
30

30. 匿名処理班

  • 2023年01月08日 21:41
  • ID:J6bvrDnr0 #

※16
肌にオイル塗って金属ヘラで擦るって、イメージ的に
床屋で泡塗って髭をあたる剃刀の刃が研いでない版
みたいな感じじゃないのかな…?

ナイロンタオルでゴシゴシ垢すりしたり
軽石で角質を削ったりするのに比べれば、
むしろ当たりはソフトそうな気もする。

31

31. 匿名処理班

  • 2023年01月09日 09:02
  • ID:DH8WaeLW0 #

恥ずかしい垢も混じってるよ

32

32. 匿名処理班

  • 2023年01月09日 09:44
  • ID:Qf5dIfYX0 #

5000年くらい経ったら日本も、女性が着古した下着がマニアに人気だった
みたいな記事書かれるのかな

33

33. 匿名処理班

  • 2023年01月09日 16:22
  • ID:tk1zYs.j0 #

現代日本でも力士の履き古したまわしがなぜか高額で落札されているという話を思い出した

34

34. 匿名処理班

  • 2023年01月10日 11:58
  • ID:9vr5Svcw0 #

まあ、日本でも即身仏のお尻の肉を削いで飲み込んでたくらいだし……。。

35

35.

  • 2023年01月11日 16:25
  • ID:8lVc8rlk0 #
36

36. 匿名処理班

  • 2023年01月13日 17:02
  • ID:BVrqPnth0 #

以前、ガキの使いで蛭子さんの汗から作った塩大福ってのがありましたな……。

37

37. 匿名処理班

  • 2023年01月14日 10:05
  • ID:hnFbnX2m0 #

※3
水素水とか血液クレンジングとか今も昔も変わらん

38

38. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 23:50
  • ID:lpssp8bt0 #

グロい♂

39

39. 匿名処理班

  • 2023年01月22日 01:00
  • ID:45.yTGww0 #

ストリジルの擦り取り汁を
グロイオスといって塗りたくるとかグロいです

40

40. アユラ

  • 2023年01月30日 20:52
  • ID:KtdjT4JZ0 #

>>37
血液クレンジングは、オゾンを混ぜた血を戻す奴でしょ?
オゾンは毒性が強いから、身体に入れるのは絶対危ない。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING