ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の創造の柱
 まるで巨大な生物が何かを掴もうとしているかのようだ。

 NASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡は、「創造の柱」と呼ばれるガスと塵の雲の鮮明な姿を撮影することに成功した。

 「創造の柱」は6500光年離れた「わし星雲」の中にあり、すでに「ハッブル宇宙望遠鏡」がその詳細な姿を私たちに伝えてくれていたが、新たに届いた最新の画像は思わず息を飲むほどの美しさで私たちに迫ってくる。

 NASAによると、この超鮮明な画像により、この領域で新たに誕生した星々の数や、ガス・塵の量をより正確に特定し、星の形成モデルを見直せるようになるという。

 何百万年という時間をかけて、星々がどのように形成され、塵の雲から飛び出してくるのか、さらに解明が進むだろうとのことだ。
広告

「創造の柱」の中で新たに誕生した星々

 ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の近赤外線カメラ(NIRCam)がとらえた「創造の柱」の主役は、新しく生まれた星々だ。
no title
ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の近赤外線カメラ(NIRCam)がとらえた「創造の柱」。宇宙に架けられたアーチのようだが、半透明なガスと塵で満たされたおり、その姿は変化し続けている。若い星々が形成されている宇宙のゆりかごでもある / Credits: NASA, ESA, CSA, STScI; Joseph DePasquale (STScI), Anton M. Koekemoer (STScI), Alyssa Pagan (STScI)

 柱の先端にある赤く輝く明るい球体がそれだ。ガスや塵でできた柱の中に十分な質量を持つ結び目ができると、重力で崩壊。次第に熱を帯び始め、やがては新しい星が誕生する。

 柱の端で溶岩のようにうねるものは、形成途中にある星が放出したものだ。

 若い星は定期的に超音速のジェットを噴射し、それが柱のような物質の雲と衝突する。このとき、水面を疾走するボートにも似た、波打つ「バウショック」が発生することもある。

 ルビーのような輝きは、ジェットや衝撃によって生じた高エネルギー水素分子によるものだ。

 それが特に顕著なのは、上から二番目と三番目の柱の星で、まるで脈打つかのように活動している。こうした若い星は、生まれてからまだ数十万年しか経っていない。
Tour the Webb Telescope’s Pillars of Creation

最新技術で迫る宇宙の神秘

 この画像は、まるで雲を透視して、柱の向こうに広がる宇宙の果て映し出しているようにも見えるが、そうではない。

 その視界は、天の川の円盤のもっとも密度が高い領域にある「星間物質」によって阻まれており、その向こうの銀河はほとんど写っていないのだという。

 創造の柱がハッブル宇宙望遠鏡によって初めて撮影されたのは1995年のこと。観測技術の進歩に呼応するかのように、この星々が溢れかえる領域は新たな発見をもたらしてくれることだろう。
2
創造の柱がハッブル宇宙望遠鏡によって初めて撮影されたのは1995年のこと。その後ハッブルは、2014年にもその姿をとらえ、さらに鮮明な画像(左)を届けてくれた。だがジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したもの(右)は、それを圧倒的に上回り、今形成されている若い星々をはっきり確認することができる / Credits: NASA, ESA, CSA, STScI; Joseph DePasquale (STScI), Anton M. Koekemoer (STScI), Alyssa Pagan (STScI)

References:NASA’s Webb Takes Star-Filled Portrait of Pillars of Creation | NASA / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
スペースファンタジー感満載のハッブル宇宙望遠鏡がとらえた「創造の柱」。その詳細が明らかに

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が、砂の雲で覆われた異世界広がる褐色矮星の観測に成功

超大質量ブラックホールの謎を解明するため、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が参戦!

木星の衛星「エウロパ」に大接近!驚くほど鮮明な氷の地表が明らかに

かつて木星と土星には宇宙人がいると考えられていた。1698年の稀少本が発見される

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 21:22
  • ID:WhxeLKB70 #

お前は星雲の柱になれ

2

2. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 21:27
  • ID:rngN2TGa0 #

宇宙が開闢して 140 億年弱、その時に物質ができてあちこちで凝集し、ときに応じて小爆発(ちっとも小さくないけどw)があって集まった物質をまき散らし、また次の世代の凝集が始まって星系が生まれてと…… 私らの地球を含む太陽系は第三世代らしいですけど、この先どうなるんでしょうねぇ。 核融合の果ての鉄ばかりになってそのまま冷えていくのか、凝集に凝集を重ねて宇宙は閉じてしまうのか、はたまたほかの現象につながるのか、この先を死ぬには私の人生は短すぎるのが悲しいところ

3

3. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 21:56
  • ID:byViwXjT0 #

ハッブルの方が見え過ぎていない分神秘的で好き
学術的には見えてた方が良いに決まってるけど

4

4. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 22:26
  • ID:9OE7tSfV0 #

早く宇宙の成り立ちを解き明かしてくれ
俺の寿命が来る前に
死ぬまでに全部知りたいよな
最終的にどうなるのかも

5

5. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 22:37
  • ID:mWFU0TSN0 #

想像の柱はそのとおりだな
見てると様々な神話が生まれてくるよう

6

6. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 23:12
  • ID:1Ru7hroO0 #

宇宙の法則が乱れる!

7

7. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 23:36
  • ID:faVkHFVm0 #

ET...おうち...帰る...

8

8. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 23:39
  • ID:Qg7KI7I20 #

サムネ画像がそそり立ちすぎていてSNSによってはセンシティブ判定を喰らいそうなんだが

9

9. 匿名処理班

  • 2022年10月23日 23:41
  • ID:sozhkssN0 #

西遊記にあるお釈迦様の手?

10

10. 匿名処理班

  • 2022年10月24日 00:08
  • ID:Yf9T6XNb0 #

※8
薄目で見たらフライドチキンだったから多分セーフ

11

11. 匿名処理班

  • 2022年10月24日 08:22
  • ID:QwG4Yj1C0 #

「ままま、落ち着いて」って言ってるアルパカに見える

12

12. 匿名処理班

  • 2022年10月24日 10:25
  • ID:SFuH7HKo0 #

猫が見えないようだが…?

13

13. 匿名処理班

  • 2022年10月24日 11:21
  • ID:vf05om1h0 #

う〜ん。
カリントウに見えてしょうがない。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年10月24日 11:46
  • ID:EsV4rboW0 #

わし星雲の中に
わしづかむような手の形のガスと塵か...

15

15.

  • 2022年10月24日 11:48
  • ID:EsV4rboW0 #
16

16.

  • 2022年10月24日 11:49
  • ID:EsV4rboW0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2022年10月24日 14:44
  • ID:JVrxSxPS0 #

カラパイアでそり立つ……イチモツ案件かな

18

18. 匿名処理班

  • 2022年10月24日 20:04
  • ID:TQO5DJ9h0 #

想像の柱で終わりませんように、後世の人類にお願いします<m(__)m>

19

19. 匿名処理班

  • 2022年10月25日 19:53
  • ID:0EY2cfyr0 #

1995年の構図と全く同じだけど、これは動かない奴?(無知)

20

20. 匿名処理班

  • 2022年10月26日 18:30
  • ID:1C8AEjxe0 #

これ、割とマジメにわし星雲の息子スティック部分なんだよね

21

21. 匿名処理班

  • 2022年10月26日 18:34
  • ID:1C8AEjxe0 #

※19
厳密に言えば動いてると思うけど、これそそり立ってるでっぱり一本で太さ1光年くらいあるらしいからね

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING