デジャヴの正体
 初めてきた場所なのに、なぜか見たことがある気がする…あなたもこんな不思議な感覚を味わったことがあるだろう。

 この「デジャヴ」(フランス語で「すでに見た」という意味)や「既視感」と呼ばれる感覚は、古来より哲学者や科学者たちを悩ませてきた。

 曰く「前世の記憶」や「超能力」など、デジャヴの原因については、1800年代後半からさまざまな仮説が提唱されてきたが、本格的に科学されるようになったのは比較的最近のことだ。

 米コロラド州立大学の心理学者アン・クリアリー教授は、バーチャルリアリティを使った実験で、「"目の前の風景”と”無意識に覚えている過去の風景"が空間的に似ている時にデジャヴが起こりやすい」ことを突き止めた。
広告

超常現象から科学へ

 デジャヴが本格的に科学されるようになったのは、比較的最近のことだ。

 2000年代初頭、アラン・ブラウンという科学者が、デジャヴについて書かれた過去の文献をすべて見直してみた。

 その多くは、前世や超能力でデジャヴを説明するトンデモ科学だったが、中には一般人が体験したデジャヴをまとめたきちんとした調査もあった。

 そうした調査からは、なんと3分の2もの人が、どこかの時点でデジャヴを体験していることがわかっている。

 また、デジャヴを生じさせるきっかけとして一番多かったのが、「風景」や「場所」で、次に多いのが「会話」だった。

 さらにデジャヴとある種の脳内発作との関連性を示唆する報告も見つかった。

 このブラウンの論文は、その筋の専門家に知られるようになり、デジャヴはついに超常現象から本格的な科学の研究対象としてデビューすることになる。
ruin-3414235_1920
photo by Pixabay

空間的な類似で起きる「ゲシュタルト親近仮説」

 コロラド州立大学の心理学者アン・クリアリー教授も、ブラウンの研究に触発された1人だ。

 彼女が注目したのは、「ゲシュタルト親近仮説(Gestalt familiarity hypothesis)」という100年近く前からある仮説だ。

 それによると、「”今見ている風景”と”無意識に覚えている過去の風景”が、空間的に似ているときにデジャヴが起こる」のだという。

 たとえば、あなたは、入院中の友人を見舞おうと、ナースステーションの受付を訪れた。そして、初めての訪れた病院なのに、以前にも来たことがあるような感覚に襲われたとする。

 ゲシュタルト親近仮説によるなら、そのナースステーションのレイアウトが、あなたが以前に訪れたことがある場所のレイアウトとよく似ていたに違いない。

 それは家具かもしれないし、受付のカウンターや廊下の角のつながりかもしれない。

 そうしたナースステーションの空間的な配置が、たとえば1年前に訪れたどこかのビルのものとよく似ていたのだ。

 だが、その時点でそのビルのことは意識的に思い出されていない。だから、どこかで見たような気がするという強い親近感だけが残る。
no title
photo by iStock

VRで仮説を検証

 この仮説を検証するために、クリアリー教授らはバーチャルリアリティ(VR)で実験を行なってみることにした。

 レイアウトを似せた空間やまったく違う空間など、被験者に仮想現実でさまざまな環境を体験してもらい、その時にデジャヴを感じるか確かめてみたのだ。

 すると予想通り、レイアウトが同じ空間にいるときほど、デジャヴが起こりやすいことが明らかになった。

 この結果は、"目の前にある風景”と"意識的に思い出されていない記憶の風景"の空間的な類似が、デジャヴの要因の1つである可能性を示唆している。
1
photo by Unsplash

デジャヴが起きる要因は他にも

 しかしクリアリー教授は、それがデジャヴの唯一の原因とは考えてはいない。

 むしろ、さまざまな要因が絡み合って、「前にもあった」という不思議な感覚を作り出しているのだろうと、彼女は推測している。

 本格的な科学のテーマになったデジャヴだが、その摩訶不思議さは超常現象として扱われていたた頃となんら変わっていないのだ。

References:What is deja vu? Psychologists are exploring this creepy feeling of having already lived through an experience before / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
君は経験したことがあるか?デジャヴュの逆の現象「ジャメヴュ」

絶対知っていることなのに思い出せないもどかしいさ。脳の不思議な現象「プレスクヴュ」の正体は?

あれ?前に見たことがあるぞ?科学者がついにデジャヴュ(既視感)の謎を解く(スコットランド研究)

臨死体験は幻覚ではない。大まじめな研究結果が報告される

死んだ直後、自分が死んだことがわかる。臨死体験に関する研究で明らかになったこと

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 20:24
  • ID:VoOh.HtX0 #

未来予知をした5秒間ほどのデジャブ経験がある
「あー、この場面知ってる、もう少ししたらこっちから友人二人が来るんだよな」
デジャブで見たシーンが完全再現されて、その二人は現れた。
「前にもあった感じのこと」でなくて「これから起こること」を見たんだけど説明してほしい

2

2. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 20:27
  • ID:n8k8e4.X0 #

本当のデジャブとは意味が違うかもしれないけど、私にとってのデジャブは、「文章で読んだり、自分で想像した風景や出来事」が実際に出会ったり、起きたときに「体験したことは無いけど、知ってる」と思うことだと、思ってる。

3

3. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 20:50
  • ID:FjV7m.It0 #

特訓・訓練を本番に極めて近い状況で行うとよく「はじめての気がしない」という風になるのはあるけど、あれに能動的な意識を伴わないパターンがデジャヴュか

4

4. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 20:58
  • ID:Uk7tqs.80 #

ふしぎなメモルちゃん

5

5. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 21:57
  • ID:7DaJH0gu0 #

よくある「アレ?これもしかして…」って奴もこれだろうな

6

6. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 22:46
  • ID:gC.BP5uK0 #

この俳優さん見たことある!って思って調べても全然知らなかったってのがたまーにある。だから単に脳が錯覚してたり似てるだけだと思う。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 23:00
  • ID:LwV.ZvRy0 #

だよね
大抵似た何かが記憶にあるんだと思ってた

8

8. 匿名処理班

  • 2022年10月09日 23:07
  • ID:jVkawsoT0 #

側頭葉てんかんの症状にデジャヴがあります。デジャヴが気になる方は脳波の検査して貰えばてんかんかどうかすぐ分かるのですが、医師がやってくれるかは他の症状も必要だったり、てんかん専門医でないと無理かもしれません。

9

9. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 00:25
  • ID:44C22TAC0 #

>>1
二人がそっちからくるパターンが多かったからか、生まれてから今までの長い時間ある程度無意識に未来の状況予想しながら過ごしてる中で、たまたまその瞬間が合致して無意識が意識まで浮き上がって鮮明に記憶に残ったか

10

10. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 02:11
  • ID:HprnLqQG0 #

※1
同様の予測を数え切れないほどしていて
たまたま当たった時だけが印象が強くて記憶に残ってるだけでは?
予測が当たらなかった場合は記憶から消えるから憶えていないだけ

11

11. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 10:16
  • ID:rAI1cHvR0 #

不思議なことに歳を重ねるごとにデジャブが・・・減ってるんだよねー、増えても良さそうなもんなんだけどねー?

12

12. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 12:21
  • ID:tpqGMVsY0 #

※10デジャブは予測ではない
ある瞬間に突如閃光の如く現れるものだよ
仮に予測だとするなら、そもそもそんな意味のないことを人生の中で何度もするものなのだろうか?
そんな無意味なことを繰り返して生きている人がいると考えるのは無理がある
もう少し合理的で説得力のある説明ができないかな?
既に経験して知っていることが眼前で再現されるのは、通常の知覚では捉えることのできない現象だ
デジャブの経験のない人には理解不能なのはわかるけど、先ず自分の理解を疑ってみる姿勢が真実の解明には不可欠でしょう
初めて訪れた場所で、これから起こることを景色も動きも細部の情報まで既に知っている感覚が突然降って湧いて寸分の狂いもなく再現された、ということだよ
世界は実在するとする理論でこの現象を合理的に説明してみてほしい

13

13. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 16:52
  • ID:MiOwkAO70 #

歳をとるとめっきり無くなったわ

14

14. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 17:21
  • ID:IBsdbp1d0 #

仕事中、「なんかコレ前にも話したような気がする」
っていうと、「うん、したね」って返ってくる。
てなことが増えてきてて、
もう何が過去にあったことで、なにがデジャブなのかようわからん。

15

15. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 19:58
  • ID:gWHY2hWi0 #

※12
脳科学の研究によって、人間は常に予測で動いているんだって。
例えばキャッチボールなんかがそうで、
相手に投げた球がここに飛んでくるだろうという予測の上で自分はキャッチする。
その予測は無意識化で行われていて、日常パターンにも刷り込まれている。
デジャブは夢の中で見た光景(夢は過去の記憶の集合体)体験した記憶として誤認する事で起こるのでは?と言われている。
未来予知というのは普段人間が何気なく行なっている動作であり、
無意識化で行われたはずの動作が上手く現実とリンクして強く感覚として残ったんじゃないかと思う。
ただまぁ、こういう感覚的な事は他人へ伝えることが難しいと言われているから、
自分の中でそんな事が起きたんだなってくらいの気持ちで居た方がいいと思うよ。

16

16. 匿名処理班

  • 2022年10月10日 22:40
  • ID:Bu.hG.x40 #

※15その場合の予測は無意識に行われているのは理解できる
通常と異なる体験は共有され難いから自分の中にとどめておく方が無難なことも理解している
しかしデジャブは一般になんの変哲もない場面で起きるもので、出した一例も無意識下ですら予測行動をする意味がないものと思う
連れの友人と談笑しながら雑踏の中をいつどこから他の友人二人が現れるかなんて全ての瞬間に逐一予測していれば、それだけで脳は許容限度を超え機能不全になると思う
この話はその場にいた人間以外には話したことがないもので、なぜ今回公表したかといえば、現在の総神経学では説明できない事例があるのではと疑問を投げかけたかったのと、自分が理解できていない別の解釈が得られるかもしれないと思ったから
でもやっぱり新しい知見は得られないかな?
失礼した

17

17. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 18:55
  • ID:jVNJUbwZ0 #

>>16
物理学で言う多世界解釈では、未来や過去は重なり合っていて同時に存在しているとされている。
脳が何かの拍子に未来に意識が飛んで、一瞬で未来の事を経験し記憶され、それが現在の意識と重なるのがデジャブなのかもね。
俺は多世界解釈を理解できるほど頭は良くないからそれ以上の事を知りたければ多世界解釈関連の本を読むと良いヒントがあるかもしれない。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING