臨死体験は幻覚ではない
 これまでの調査によると、心停止の状態から蘇生した人の4〜18%が臨死体験を経験したと報告されている。だが、科学的にこの概念は明確に定義されていない。

 だがようやく今回、医学から神経生理学まで幅広い分野の科学者が、死の研究に関する新たなコンセンサス・ステートメントを発表した。

 学術誌『New York Academy of Sciences』に発表された査読付き論文では、死と臨死体験について、専門家たちが基本的な意見の一致をみたと表明している。

 それによると、臨死体験は幻覚とは違うという。臨死体験は、明確な認知プロセスで、空想の産物とは言い切れないという。

広告

脳が心臓と同時に活動を停止するわけではない

 この研究は、死の科学的研究に関する初の査読付き論文であり、この研究領域における問題と争点を特定を目的としており、潜在的メカニズム、倫理的意味、体系的調査のための方法論を考察したものである。

 彼らが同意していることのひとつは、人が死んだその瞬間に、生理的、あるいは認知的なプロセスが実際に終わるわけではないということだ。

 それは、臨死体験がこれまで言われてきたような幻覚ではなく、明確な認知プロセスであるからだという。

 「脳細胞は、心臓が止まって酸素が行きわたらなくなっても、数分間はとりかえしのつかないようなダメージは受けません」ニューヨーク医科大学グロスマン校の救命救急診療・蘇生研究部長のサム・パルニア氏は語る。

「脳細胞は、数時間かけて徐々に死んでいくのです。そのため、死に関連して起こる生理的、精神的な出来事を客観的に研究することが可能になりました」

 臨床的な死は、心臓の拍動が停止したときと定義されているが、このたびの研究が明らかにしたように、脳が心臓と同時に活動を停止するわけではない。

 そのため、人が死んだ後に脳内でなにが起こっているのかを研究することができる。死んでもなお、脳内でガンマ波と電気的スパイク波の活動が見られ、これは意識が高揚した状態を示しているという。
woman-6174830_640
photo by Pixabay

死後の脳内活動と幻覚の違い

 それでは、こうした死後の脳内活動と幻覚との違いはなんだろう?

 専門家によると、臨死体験後に人々が思い出す体験は、幻覚や錯覚、薬物による幻とは違うと言う。

 こうした臨死体験や生還体験は、特定の物語の横糸によって定義され、蘇生した後にポジティブな心理的成長をもたらすことが多い。

 専門家の意見が一致しているもうひとつのことは、私たちは死というものを、例えば、心臓が止まるという一瞬の出来事として考え続けることはできないということだ。

 心臓が止まることは、死、そのものの別の段階なのだという。
心停止は死をもたらす病または出来事の最終段階ですが、心肺機能蘇生法(CPR)が出現したことで、死というものが絶対的な状態ではないことをおしえてくれました。

むしろそれは、臨床的に死にかけても、人によっては元に戻る可能性があるプロセスなのです(パルニア氏)
swirl-1949587_640
photo by Pixabay

臨死体験は空想の産物とは言い切れない

 基本的に、命をオンやオフにするスイッチはない。死はプロセスで、心停止はそのプロセスの最後の瞬間のひとつなのだ。

 でも、それが真の最後というわけではない。その瞬間の後になにが起こるかは、相変わらず謎のままだし、死にかけている人がどのような思考を抱いているのかは、私たちは知る由もない。

 だが、この研究は、その思考にはひとつパターンがあることを示していて、臨死体験が死にゆく人の単なる空想の産物だとは言い切れないところがあることを感じさせられる。

References:Guidelines and standards for the study of death and recalled experiences of death--a multidisciplinary consensus statement and proposed future directions - PubMed / Near-death experiences are more than hallucinations, according to a new study / written by konohazuku / edited by / parumo

追記:誤字を訂正して再送します(2022/04/04)
あわせて読みたい
死の直前の走馬灯は実在する可能性。脳波で確認

臨死体験は単なる幻覚なのか?科学者が予想する死後に起こること

27分間の死。心停止から6回の蘇生を経て生き返った女性、意識が戻った直後に奇妙なメモ書き「あれは本当」

人間は脳内でミステリアスな幻覚物質が分泌されている。一体何のために?臨死体験と関係があるのか?(米研究)

ヘミングウェイも経験。臨死体験は誰にでも起こりうる、その記憶は鮮明によみがえる(米研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 20:22
  • ID:cb3FMR9R0 #


死ぬ瞬間て、確か脳の防御反応だかで痛みや恐怖といったマイナス要素の一切をシャットアウトするってカラパイアの記事になかったっけ?
正しく死は救済ってコメントを読んだ気がするけど
その過程で起こる現象とちゃうのん?

2

2. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 20:27
  • ID:smKAsCHc0 #

ちゃんとしたストーリーがあるから臨死体験は幻覚とは違うって事?
脳がまだ機能してる時点で見るビジョンは霊や神が見せた物では無いって事?
よくわからん

3

3. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 20:39
  • ID:5eiSN75A0 #

幻覚と明確に違うのは、二度と覚めずに消え去ること

4

4. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 21:14
  • ID:3.B275.80 #

>専門家によると、臨死体験後に人々が思い出す体験は、幻覚や錯覚、薬物による幻とは違うと言う。
このへんもう少し具体的に掘り下げてほしかったなぁ。

>ポジティブな心理的成長をもたらすことが多い。
このあたりうまく制御できるようになれば、
精神的に疲れた人たちのケアにならないものだろうか。

5

5. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 21:18
  • ID:4mywhKdw0 #

ジェイコブスラダー

6

6. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 21:37
  • ID:aCaK5.W80 #

昔と違って今どきの人は、物理学的な説明がないことには、なかなか臨死体験も、生まれ変わりも信じられないと思ってしまう。

説明はまだできないけど、死後の世界や生まれ変わりがあるとしか説明ができない事象があまりにもたくさん揃っているのだから、今後はそれを事実としてどう物理的に説明するのか、ということに研究の力点を置けばいいのにね。それが科学者のやることでしょう。頭ごなしにせせら笑うのではなく。

20世紀初頭に物理学はほぼほぼ完成したと思い込んでいたのをアインシュタインが次の次元へと突き抜けたように、今世紀の物理学の行き詰まりを突破する鍵は死後世界かもしれない。

「死後の世界を量子論で科学的説明」とかで動画検索するといいかも。
ノーベル賞のロジャー・ペンローズの量子脳理論とかの端緒がわかりやすい。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 21:49
  • ID:HzFfRydu0 #

辺縁系に磁場をかけると起こるやつだね。

8

8. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 23:32
  • ID:38YGRHsL0 #

科学が完成したならば、科学に反する真実は存在しなくなる。
けれど「現代科学」は「完成した科学」にたどりついてはいない。
かつて「重い物ほど早く落ちる」と考えられていたように、科学の進歩が、現代では非科学的と認識されていることをくつがえすかもしれないぞ。

9

9. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 23:52
  • ID:.UGtASyp0 #

記事中の「ガンマ線」は「ガンマ波」の誤りだと思われます
ガンマ線は高エネルギの電磁波で生物には致死的です
もう死んでるからいいのかもしれませんが
ガンマ波は脳波のパターンの一つで、知覚や意識に関係しているとされるものです

10

10. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 23:52
  • ID:Iz0VarHW0 #

臨死体験が脳の働きが見せたものだから空想の産物じゃないって言うなら
幻覚だって脳の働きが見せたものだから空想の産物じゃないってことになる

11

11. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 23:57
  • ID:VPdpmLb40 #

ただの夢です笑

12

12. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 02:10
  • ID:CgPMwqY90 #

幻覚の定義は対象なき知覚
現実にない物を見たり聞いたりしてるのなら幻覚でしかないと思う

13

13. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 06:29
  • ID:UbSg6wI60 #

「でも、それが真の最後というわけではない。その瞬間の後になにが起こるかは、相変わらず謎のままだし、死にかけている人がどのような思考を抱いているのかは、私たちは知る由もない。」

そう。命が燃え尽きるその日を迎えるまではね

14

14. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 08:47
  • ID:yQjz6UCj0 #

悪人を牽制するためにも死後の世界と生まれ変わりはあって欲しい

15

15. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 11:41
  • ID:sYWkTjJP0 #

脳波を正確に可視化出来る様になった上で本当に死んでいく人を観測できた時に初めて証明される事だ
その時漸く死にかけた人の体験談と比較して結論が出せる

16

16. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 11:50
  • ID:V189rgo00 #

要は心肺停止してから耳元で何か言われたら蘇生した時にその言葉を聞き覚えてるって事でしょ?

昏睡状態の主人の前で大声で遺産相続の話で争ってたら全部聞かれてたってのと似てるね

17

17. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 12:32
  • ID:eH9pQbCp0 #

内容が乏しい。
結局、幻覚との違いは、具体的に何なのか?

18

18. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 13:00
  • ID:ZVRFFkmU0 #

暖かい世界→自分の血の海で寝てた
光に満ち溢れた世界→上向きにされて太陽が燦々と
快楽に満ち溢れた安心感→怪我による脳内麻薬出まくり

と自身の臨死体験からは自分での分析ですわ

19

19. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 15:48
  • ID:E0GV8XUy0 #

それは夢というのではなかろうか。

20

20. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 16:24
  • ID:lH65r3kd0 #

宇宙は無から生まれたか、と考えると
無との境があるかも知れんねと思う最近です

21

21. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 16:29
  • ID:XodA9oGb0 #

夢と失神(臨死体験)で何が違うかを統計学的に明らかにして欲しい。
難しいだろうけどね。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 19:01
  • ID:kqJm3R6h0 #

エベン・アレグザンダーのプルーフ・オブ・ヘヴンは名作です
医師本人の臨死体験、実話

23

23. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 19:37
  • ID:Vqv4n4mN0 #

あの世に人格データUPロード
してるに1票

24

24. 匿名処理班

  • 2022年04月14日 21:15
  • ID:GfTxIXnu0 #

> 専門家によると、臨死体験後に人々が思い出す体験は、幻覚や錯覚、薬物による幻とは違うと言う。
> こうした臨死体験や生還体験は、特定の物語の横糸によって定義され、蘇生した後にポジティブな心理的成長をもたらすことが多い。

「物語性があってポジティブな心理的成長をもたらすことが多いから、幻覚とは違う」って、こと?
それは個人的な信仰であって、客観的事実=科学的態度とはちょっと違うんじゃない?

>この研究は、死の科学的研究に関する初の査読付き論文であり、この研究領域における問題と争点を特定を目的としており、潜在的メカニズム、倫理的意味、体系的調査のための方法論を考察したものである。

たしかに死の研究の方法論については考察・整備の必要があるんだろうね。
方法論についての考察さえ、個人的信仰を持ち出してしまうようでは。

25

25. 匿名処理班

  • 2022年04月15日 04:56
  • ID:G0PRHwYE0 #

尿意がある状態で眠っていると夢の中でトイレに行くように、脳が死を自覚した時に見せるイメージでしょ、どう考えても。心肺停止して戻った人全員が同じイメージを体験したと言うなら信じるがな

26

26. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 06:20
  • ID:rksJhwe40 #

「死に行く過程にある脳の一連の生体反応」から来る脳内ビジョンや感覚というか
生きて生活してる人間の日常的な脳の生体が見せる夢や幻と違って明らかに機序が特殊というか別格
…ってことだろか 強烈な多幸感でもあるのだろうか
しかしやっぱちょっと怖い (;つД`)

27

27. 匿名処理班

  • 2022年04月17日 03:10
  • ID:fSeZ091Y0 #

臨死体験を否定する人って
近年、公表されてきた臨死体験の文献、全然読んでないよね?
とっくに、いろいろ検証されてるのに
自分の手前勝手なイメージで、オカルト扱いしてるよね?
浅薄にすぎる

臨死体験や輪廻転生を否定したいような、
それが事実であっては困るような、
よっぽど後ろ暗いような生き方してきたのかな?とも、
黙って笑って見てるけどね

28

28. 匿名処理班

  • 2022年04月18日 02:58
  • ID:LYe7V.Ao0 #

物理的消失を伴った完全な死後(火葬される等)の事は流石にわからないが
蘇生手段が増え昔なら死んでいた人を蘇生する事が可能になるパターンが増え
心停止後もしばらく世界に対する何らかの認識方法があるようだ
という可能性が生まれたため、
心停止=一般的なイメージである自我消失を伴う肉体的死と捉えるのは
早計かもしれないという事がわかってきた
って話では
技術の進歩で蘇生可能な範囲が広がれば広がるほど
生と死の範疇が可変するってだけの話だと思うけど

29

29. じょん・すみす

  • 2022年04月28日 17:21
  • ID:K2Jj3pW50 #

聞いた話によると、脳のある場所を電気刺激すると
まるで”臨死体験”みたいな事を体験できる様子。

30

30. にゃんパゲ

  • 2022年07月20日 03:15
  • ID:MqqOJXhf0 #

自分は不整脈で心臓が1日に何回も数秒間止まってしまいます。1日に3秒止まりが頻繁に8秒止まりが4回くらいです。本来は気絶しているはずだと医者に言われて早急に手術の手続きをする流れになりましたが拒否しました。運転などは絶対するなと言われましたが意識や認知 が途切れた感覚はないし職場や家族からも指摘をされたことはないです。ただ幻覚や幻聴らしきものは良く体感します。現実に重なる感じの幻覚なので普通に生活できますし幻覚として意識して対処し無視できているので問題ないですがこの記事をみて白昼夢や臨死体験に近く感じました。自分的にはバグってる感じなので良い気分ではないです。精神疾患の人は除いて、同じように心臓悪くて変なの見えるひといないかなぁ。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING