1200px-Giant_octopus_attacks_ship
 1978年、米海軍護衛駆逐艦「スタイン号」が、航行中に突然、不具合を起こした。

 潜水艦との衝突を回避するためのレーダーシステムが急に作動しなくなり、急遽、本拠地への航路を変更せざるをえなくなってしまったのだ。

 スタイン号は、乾ドックに着けられ、調査されることになった。船体前部の27トンもある巨大なドーム周辺に原因があると思われたが、ソナー部を調べたところ何者かに食いちぎられたかのような跡が。

 裂け目の底に巨大な歯のようなものが残されていたのだ。
広告

巨大な何者かによって食いちぎられた米海軍の船

 スタイン号のソナー部分のゴムでコーティングされた部分はちぎれていて、表面のおよそ8%に大きな裂け目ができていた。

 裂け目の大きさは、1.2メートルにもなるものもあり、なにかとてつもなく大きな力によってダメージを受けたことは明らかだった。

 裂け目の底には巨大な歯型のようなものが残されていた。実際に見た者は、「まるでワニの群れが一斉に襲いかかったかのようだった」と証言した。
1
巨大な何かに襲われた米海軍護衛駆逐艦「スタイン号」 / image credit:public domain/wikimedia

ダイオウホウズキイカが犯人である可能性

 原因を探ろうと、海軍の生物学者F.G.ウッドが調査に加わった。ウッドは裂け目で見つかった歯あるいは爪が、それぞれの裂け目の幅と完全に一致していることを示し、すべて同一犯人がつけた跡であることを指摘した。

 "歯"がイカの吸盤についている爪(吸盤の歯)と似ていたため、犯人は巨大なイカであると、ウッドは結論づけたが、未知の海洋生物である可能性も否定しなかった。
3
 というのも、もし、このような大きな歯をもつイカが存在するなら、その全長は自由の女神像の半分に相当する45メートルもなることになり、当時はとても考えられなかったのだ。

 これは、クラーケンなどの伝説の巨大深海イカなのか?

 今であれば、船体に食い込んでいた爪は、世界最大級の無脊椎動物「ダイオウホウズキイカ」の可能性が考えられる。

 「ダイオウイカ」も同じく、世界最大級の無脊椎動物だが、体の重さや鉤爪のつき方が違うという。

 ダイオウホウズキイカの触腕には吸盤の代わりに5cmにもなる回転式の大きな鉤爪があり、捕えた獲物を逃がさないようにかえしのようになっていて、獲物を引き裂くこともできるという。
10
ダイオウホウズキイカの触手についている鉤爪 / image credit:Museum of New Zealand

 このようなイカは、寿命が近づくと、海面に浮かぶ船に巻きついてくる事例が記録されている。

 この1978年の事例も、死期が近づいて海面に上がって来た巨大イカが、スタイン号にしがみついた可能性はある。

 あるいは、唯一の天敵であるマッコウクジラにも、巨大イカに襲われたような傷跡が見られることから、彼らが頻繁に激しく戦っていることは想像に難くない。

 たまたま、スタイン号の巨大な船体が、イカにとってはクジラのように見えて攻撃したのかもしれない。
4
 いずれにせよ、スタイン号を襲った怪物が見つかれば、史上最大の生き物のひとつだったことだろう。

 そうでなければ、巨大イカは 戦艦に挑んでも歯がたたないと悟り、深海に潜んで、死んだ船員の遺体を食べ続けるとか、クラーケンがするようなことをしたのかもしれない。
USS Stein: The Ship Attacked by a Monster Squid. Original Documentary Footage
References:The USS Stein Monster: In 1978, A Massive Creature Attacked A Navy Frigate, Shredding Parts Of Its Hull | IFLScience / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
ダイバーと比較してください。卵の時点で巨大みがすぎるイカの卵嚢(ノルウェー)

伝説のクラーケンのモデルとなった、巨大なダイオウホウズキイカの解凍作業が公開される

巨大なダイオウイカを海岸で発見!今にも動き出しそうなほど状態が良かった(南アフリカ)

迫り来る巨大な触手!メキシコ湾でダイオウイカの泳ぐ姿の撮影に成功(米研究)

巨大クラーケンが船を襲う!?第二次世界大戦時代の船を利用して作られた人工サンゴ礁

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 20:14
  • ID:mYB3.rqb0 #

ダイオウホウズキイカが生きて暴れてるの、ぜひ見てみたいね!

2

2. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 20:21
  • ID:frR.6Plb0 #

あっ、何か落としたと思ったら(・ω・)

3

3. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 20:30
  • ID:frR.6Plb0 #

EDF! なんだこれは? 蟻の体液か? うわっ、さ、サンダーーーー!!!

4

4. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 21:01
  • ID:d.queqfo0 #

ぜひイカの燻製やイカのバター醤油などのイカ料理に使いたい
1000人前にはなるだろう

5

5. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 21:04
  • ID:7.MuRBVB0 #

なかなか面白い記録だな

6

6. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 21:38
  • ID:BEwwMOKo0 #

日本人が巨大だこや巨大イカが出てくる映画を見るとどうやって捕獲して食べるかを考えるからモンスターパニックになりにくいと思う。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 21:48
  • ID:p20GalqP0 #

未知の巨大生物と軍モノの遭遇って最高の組み合わせだぜ

8

8. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 22:09
  • ID:Wa2tomG70 #

画像検索すると横にもデカいのが解る。あと目玉

9

9. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 22:35
  • ID:brpsMGgM0 #

クラーケンはトランプさんが飼ってるんじゃないの?

10

10. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 22:41
  • ID:3Hzfm5gS0 #

不味そう!

11

11. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 23:49
  • ID:ao0RI2M30 #

ダイオウイカって浮力を得るために体内にアンモニアを蓄えており、臭くて食えたものではないらしい。ダイオウイカを食すとすれば、韓国のホンオフェ(発酵したエイの刺身)みたいに強い酒で臭覚を鈍らせて食べるようなスタイルになるかもしれない。

12

12. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 23:49
  • ID:WFPJ5hRz0 #

>>3
蟻酸じゃないかなぁ、それ

13

13. 匿名処理班

  • 2022年09月22日 23:59
  • ID:Y4ptkA8F0 #

クラーケンじゃなくてもこんだけデカけりゃ立派な怪物だわ

14

14. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 00:03
  • ID:S26PeMPo0 #

深海と浅海を行き来するような鯨以外の大型の生き物ってアンモニアを利用することも多いし、何しろ引き上げてからは足(傷み)も速かった気がする。
よほど待ち構え捕まえたらすぐ締めて解体して調理して何十人もスタッフが一斉に動けばワンチャン…?
とりあえず刺身は色々怖いので止めといた方がいい

15

15. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 03:01
  • ID:SG6avMut0 #

不器用なものですから

16

16. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 04:47
  • ID:piNT4fsQ0 #

「お次は何だ?」

17

17. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 07:51
  • ID:ZyrI.Q8W0 #

タカ クラーケン

18

18.

  • 2022年09月23日 11:56
  • ID:EPmLxYwJ0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 09:06
  • ID:uku6cIWc0 #

このかぎ爪つきの触手、映画MISTの倉庫のシーンに出てくる触手のモデルかしら?

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING