no title
 米空軍が月軌道にスパイ衛星を設置し、月周辺の巡視を開始する予定だそうだ。

 これまで米国の宇宙ミッションは、地球上空35000キロをカバーしてきた。だが、空軍研究所はそれを10倍に広げようとしている。

 米国の活動範囲は1000倍になり、月の裏側からシスルナ(地球月圏)領域まで手が届くようになるという。
広告

地球と月に挟まれた宇宙すべてを監視

 このプロジェクトは、先日、米空軍研究所が公開した「シスルナ・ハイウェイ・パトロール・システム(CHPS/Cislunar Highway Patrol System)」という動画で明らかにされた。
Cislunar Highway Patrol System (CHPS)

 プロジェクトの詳細はまだ不明だが、空軍研究所によると、CHPSは「シスルナ領域おける基礎的な宇宙認識力を実証するための宇宙飛行実験」であるという。

 「シスルナ領域」とは地球と月に挟まれた宇宙のことで、米軍はこの間にあるすべてのものを監視対象に置こうとしているのだ。

 驚くほど野心的なプロジェクトで、月の周囲に軍の機器を設置する正当性について、いくつもの倫理的な疑問が浮かんでくる。とりわけ現在、再び月を目指し、人類を送り込もうという機運が高まっているのだから、なおのことだ。
7

空軍が主導し宇宙軍が活用を考案

 同プロジェクトは、米軍の諸機関が連携して行われる予定だ。CHPS衛星の開発は空軍が主導する一方、宇宙軍はそのもっともふさわしい活用法を考案する。

「シスルナ領域の状況を把握し、米国の活動に対する潜在的脅威を特定する最初のステップです」と、セキュア・ワールド・ファンデーションのプログラム計画責任者ブライアン・ウィーデン氏は語る。

 空軍研究所は、CHPS以外にも、シスルナ領域向け小型人工衛星を研究したいと考えているようだ。
1

2025年に打ち上げ予定

 どうも米軍は、状況の変化が想像以上に速いことに、焦りを感じているようだ。

「米国の宇宙システムへの脅威となりかねない敵対的活動が起きるだろうことは、数年前から予測されていました。ただ、ずっと先の話だろうと高をくくっていたのです」と、空軍研究所宇宙船局の責任者エリック・フェルト氏は話す。

 「ところが、すでにたくさんの活動が行われていました」

 「あまりのペースに、シスルナ領域関連の計画はあるが、もっと急がなくちゃならん、となったわけです。物事の動きは想像以上に速いぞ、とね」

 CHPS衛星の具体的な打ち上げ時期は不明だ。目下、空軍研究所は人工衛星の開発を担うパートナーを探しているという。

 フェルト氏によると、今年の夏にパートナーと契約を結び、2025年の打ち上げを目指しているとのことだ。

References:The US Space Force plans to start patrolling the area around the Moon | Ars Technica / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
宇宙空間で一触触発の事態。ロシアがアメリカのスパイ衛星を偵察か

中国の軍事衛星、ロシアのロケットが放ったスペースデブリにより崩壊した可能性

アメリカは中国の宇宙レーザーを回避するため、AIを搭載した高性能人工衛星を開発しようとしている

宇宙空間で国家間の戦争が勃発するのも時間の問題と米空軍首脳

アメリカ宇宙軍が公式ロゴマークと標語を発表「常に超越」

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年03月08日 22:24
  • ID:lmRzlfWx0 #

cis・ルナ で「月からこっち側」になるのか。
なら、トランスルナで月以遠?

アメリカ何考えてんだかわからない、カネの湧き出る泉を掘り当てたんでもなきゃ、予算には限度額と優先順位ってもんがあるだろうに?

2

2. 匿名処理班

  • 2022年03月08日 23:09
  • ID:UgzA0plN0 #

月周辺の監視って何に備えてるんだろ
中国か?

3

3. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 00:24
  • ID:W6Z8cf7X0 #

未だにフィート・ヤード法を辞めようとしない、一回辞めたはずなのに。

4

4. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 06:38
  • ID:g0oDDUVn0 #

まぁ最終的にはSFでよくある「敵とかの人工衛星を落とす人工衛星」が目標じゃない?
そういう衛星を索敵監視するため地球側月側両方から目が必要と

5

5.

  • 2022年03月09日 07:29
  • ID:JGQbZmNt0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 08:03
  • ID:3ffTXBwR0 #

某国「アメリカに先を越されるルナ」

7

7. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 09:15
  • ID:IdmhlreF0 #

月の裏側に行った途端、撃墜されるやつでしょ?

8

8. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 11:39
  • ID:fHRI.BI.0 #

領土争いが宇宙へ移っていく時代かぁ
感慨深いと言うか度し難いと言うか…判っちゃいたが世界が広がっても矢っ張り遣る事は同じなのね人類

9

9. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 11:44
  • ID:XKrSKs0K0 #

やはりね
次は単なる衛星なんかではない

10

10. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 12:00
  • ID:LnVX6bPl0 #

遠くばかり見過ぎて、足元を掬われなきゃいいけど

11

11. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 12:13
  • ID:VGxnMfvg0 #

>宇宙認識力
コスモを感じろ的なやつでしょうか?

12

12. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 17:20
  • ID:7xdkYhDa0 #

もう、行くとこまで行ってんな!

13

13. 匿名処理班

  • 2022年03月09日 21:31
  • ID:aE4vGcar0 #

そりゃ米国以外の国が月面基地を作る可能性があるからな。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年03月10日 07:44
  • ID:oAqQp8e.0 #

地上から数万キロの彼方でとっくに戦闘が始まっていても当事者が黙っていたら一般人の俺らが知るすべはまずないからな

15

15. 匿名処理班

  • 2022年03月16日 21:34
  • ID:WF3mfTiE0 #

地球軌道上の戦闘でケスラーシンドローム(衛星が破壊されその破片が別の衛星にぶつかりゴミが自己増殖する空想上の現象)が起こっても地球軌道の監視が出来る様にって事かな?

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING