2
 病に倒れ、病院で闘病の日々を送っている母親は、日を追うごとに弱っていった。死期迫るその姿を見た娘は、母親を元気づけようと、あることを思いついた。

 母親はディズニー映画の「バンビ」が大好きで、そのグッズを買い集めるほどだ。ならば、最期に本物のバンビ(子鹿)に会わせてあげよう!

 そこで娘はやさしい人々の協力を経て、ついに母親の病室に子鹿を連れていくことに成功。母親は病床で手を伸ばし、頭を撫でながら「なんて美しい子なんでしょう...」と喜びの声をもらした。

 その後母親は、穏やかに旅立っていったという。
広告
Daughter brings a deer to deer obsessed ill mother's bedside

最期に本物のバンビに会わせてあげたい

 オーストラリアのメルボルンに住むリサ・マクドナルドさんは、Facebookのプライベートグループアカウント『The Kindness Pandemic』に、最近この世を旅立っていった母親のストーリーをシェアした。

 リサさんの母親は、ディズニー映画の「バンビ」が大好きだった。

 病床では、いつもバンビのイラストが描かれたTシャツを着ており、亡くなった時にはそのTシャツを着て火葬してほしいと頼んでいたほどだったという。

 バンビのグッズもたくさん買い集めて部屋に飾るなど、とにかくずっとバンビが大好きだったそうだ。

 母親の緩和ケアをしていたリサさんと妹、そして家族一同は、母親を励ます意味を込めて、みんなバンビのTシャツを着ており、それはユニフォームと化していた。

 ある日、母親の死期が近いことを悟ったリサさんは、最期に本物の子鹿に会わせてあげたいと思った。

 そこで、Facebookを通し、子供の誕生日などに動物を貸し出してくれる農場にかたっぱしから連絡を取った。

 すると、1件の農場から「明日にでもお母さんのいる場所に鹿を連れて行きますよ」と返信を貰った。

 ところが、その当日に母親の容態が急変し、このままでは明日まで持たないかもしれない事態となってしまった。

 このことを農場に連絡すると、子鹿の所有者はその日の全ての予定をキャンセルして、急いで母親の元へ子鹿を連れて来てくれたという。
4

本物の子鹿を愛おしそうに撫で、母親は穏やかに旅立つ

 その日、子鹿の所有者シモーネさんとクリスさんは、2時間間の距離をかけてリサさんの母がいる緩和ケア施設にやって来てくれた。
彼らは、純粋な愛と優しさに溢れていました。ためらうことなく、子鹿を余命いくばくもない母に会わせるために来てくれたのです。(リサさん)
 本物のバンビに会った母親は、とても驚いた表情を見せ、すぐに嬉しそうな表情を浮かべると、「なんてかわいい子なんでしょう」と、やさしく子鹿を撫でたという。
bambi3_e
image credit: youtube
 その4日後の15日、リサさんの母親は旅立った。

 Facebookの投稿を更新したリサさんは、次のように綴っている。
シモーネさんとクリスさんが私の母と私たち家族にしてくれたことは、感謝してもしきれません。

母は、15日の午前2時45分に、穏やかに旅立ちました。

Facebookで、母のために励ましを下さった全ての人々にも感謝します。
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
湖で溺れそうになっていた子鹿を救った犬の元へ、母鹿と子鹿が会いに来た!

子供が小鹿の友達を連れて帰ってきた!びっくりだけどほっこりするリアル・ファンタジー(アメリカ)

「入ってます」ハリケーンが接近中のある日、3匹の小鹿たちが家の中に入り込み部屋の隅で固まっていた件

孤児となった子鹿を一生守り抜くことに決めたジャーマン・シェパード(アメリカ)

その瞳はブルーサファイアのように輝いていた。青い目を持つ子鹿が保護される(アメリカ)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 12:10
  • ID:0aVhwiL30 #

このバンビちゃんがすごくない?
知らないおばあちゃんにおとなしく撫でられて、寄り添っててさ…

2

2. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 12:33
  • ID:XzsPglby0 #

いまわの際に動物にあわせてもらえるなんて!ありがたい。
自分もそうなれたらいいなぁと思いました

3

3. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 12:52
  • ID:OkCkKSbR0 #

ドラマ用のアニマル役者みたいだな。
なんだかすごく賢そう。

一瞬ダニを心配したがが、この調子だとちゃんと手入れされてるんだろうな。

4

4. めち

  • 2022年02月24日 13:46
  • ID:5qax8WOB0 #

すごく素敵な家族だな。
そもそも私は離れて暮らす実母の心から好きな物を知らないことに気付いた。コロナで2年も孫に合わせられてない。親不孝だ。

5

5. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 14:00
  • ID:hBlsyqJ90 #

いい仕事しやがったな…

6

6. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 14:48
  • ID:uOp2acoe0 #

※1
子供の誕生日などに動物を貸し出している農場に連絡してるとのことだから、親の代から生後すぐに人間に触りまくられて、そんなもんだと思ってる可能性もあるよ。あんまりビックリしてないから。小さな観光牧場の手伝いしてたことあるけど、仔馬が生まれると人に慣れさせるためにお客さんにも遊んでもらってた。

7

7.

  • 2022年02月24日 16:12
  • ID:A9mWxnwL0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 17:01
  • ID:LGYS2Yqu0 #

美しい写真だな・・・・・

9

9. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 18:11
  • ID:O.i48yyh0 #

良かったねえ、本当に

泣けてくる

10

10. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 18:20
  • ID:Rgcfmuoa0 #

おやすみバンビーナ

11

11. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 19:18
  • ID:O.i48yyh0 #

こういう話いいな

12

12. 匿名処理班

  • 2022年02月24日 20:09
  • ID:MId6M.FJ0 #

人間は長い人生を生きるけど、本当に大事なのは最後の数日間なんだよな。
先日身内が亡くなって改めてそう思ったわ。
バンビに会えて、そこまでしてくれる家族もいて、幸せに旅立ったろうな。

13

13. 匿名処理班

  • 2022年02月25日 06:18
  • ID:qGReboIc0 #

>>4
もう間に合わないの?
そうじゃなかったら気づいた時がやり時だよ。
親不孝を名乗るのはまだ早いよ。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年02月25日 14:11
  • ID:z1cNZQjj0 #

胃がんで亡くなった母はずっと入院していたが、最後に実家の近くのホスピスに入った。
そこの看護婦さんに「最後に猫に合わせたいんですが、、」って言ったら、
すぐに許可してくれたな、、
だけど間に合わなくて猫たちに合わせては上げられなかってけど、、

15

15. 匿名処理班

  • 2022年02月25日 21:53
  • ID:aE2daZ980 #

>>4
諦めたらそこで親孝行は終了ですよ

16

16. 匿名処理班

  • 2022年02月25日 22:23
  • ID:iQTWz0a40 #

この娘さんが羨ましい。
私は死ぬ間際のお母さんに梨を食べさせてあげられなかった事を、14年経っても後悔してる。
ありとあらゆる青果店に電話して、でもまだ4月で、東京の高級店にも無かった。
何日もかけてやっと手に入れたけど、間に合わなかった。梨、大好きだったのにね、お母さんごめんね。

最後に喜ばせてあげられた事が、本当に羨ましい

17

17. 匿名処理班

  • 2022年02月26日 19:11
  • ID:Aa.Ysx1h0 #

>>16
梨より、そこまでしてくれる娘をこの世に残せたことのほうが百億倍嬉しかったはずだぞ。

18

18. 匿名処理班

  • 2022年03月03日 18:46
  • ID:qS2RxSdU0 #

熊のぬいぐるみ集めてるからって
ヒグマ連れてこられたらどーしましょー

※16
はなわはなわはなわーおっそかったーって歌を思い出しちゃったよ
(都市がばれる)

19

19. 匿名処理班

  • 2022年03月04日 12:30
  • ID:sFYed0lM0 #

私もそんな事を母にしてあげたい、思うだけじゃなくて行動に移したい

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING