視覚障がい者の目の代わりになる赤外線ゴーグル
 まるでマーベル作品『X-MEN』に登場するサイクロップスがかけているゴーグルそっくりだが、破壊光線を発射するわけではない。

 このゴーグルは、目の見えない人にビジョンをもたらし、自由に歩き回る為に開発されたものだ。

 赤外線3Dカメラが内蔵されており、それでゲームのミニマップのようなものを作成して、視覚障がい者の移動をアシストしてくれるという。
広告

赤外線で立体画像を撮影しミニマップを作成する歩行支援ゴーグル

 視覚障がい者が手軽に使える歩行補助ツールといえば、杖が一般的だ。だが杖ですぐ近くにあるものを感じることはできても、遠くにあるものまではわからない。

 盲導犬がいればかなり強力な助っ人となるが、盲導犬の数は限られている。

 そこで、ミュンヘン工科大学(ドイツ)のグループは、赤外線3Dカメラで立体画像を撮影し、周囲のミニマップを作成する歩行支援ゴーグルを開発した。
2_e
image credit:Manuel Zahn / Armaghan Ahmad Khan
 当然、視覚障がい者にミニマップは見えないし、それが表示されるわけでもない。かわりにぶるぶる震えるアームバンドンの振動を介して、ミニマップを感じられるようになっている。
5_e
image credit:Manuel Zahn / Armaghan Ahmad Khan
 アームバンドには、小型バイブレーターが5行5列で配置されており、これがさまざまなパターンで振動し、障害物の位置や距離を伝えてくる。

 たとえば障害物へ向かって歩けば、振動が徐々に強くなって、そちらに接近していることがわかるといった具合だ。
4_e
image credit:Manuel Zahn / Armaghan Ahmad Khan

ゲームの世界を散策する感覚で歩行をアシスト

 ゴーグルの有効性を確かめた実験では、参加者5人全員が、障害物が設置されたコースを一発で通り抜けることができたとのこと。

 ずっと使っていれば使い方にも慣れるようで、トライアルを3回繰り返した後には、さらにスムーズに通り抜けられるようになったそうだ。
3_e
image credit:Manuel Zahn / Armaghan Ahmad Khan
 ゲーム業界ではマイクロソフトの「Kinect」のように、人間の動きを検出する周辺機器がある。

 しかし今回の補助ゴーグルに内蔵されているカメラは、それよりも小さく、目立たず、しかも安く作成できるそうだ。また赤外線なので真っ暗な夜でも使えるというメリットもある。

 ゲームのミニマップを頼りに世界を散策する気分も味わえるなら、勇者気分で歩行も楽しくなるかもしれない。

 この研究の未査読版は、現在『arXiv』(2022年1月12日付)で閲覧できる。

References:Obstacle avoidance for blind people using a 3D camera and a haptic feedback sleeve / New Device Lets People Who Are Blind “See” in Infrared / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
人工網膜から脳インプラントに情報を送り映像化することで、盲目の女性が文字を認識することに成功

脳に直接信号を送る「視覚インプラント」で6年ぶりに光を取り戻した女性(スペイン研究)

人間にも特殊能力が使えるかも!コウモリやイルカの超音波能力を利用できるオーディオデバイスを開発

目と耳の両方が不自由な男性が飛行機内に。どうやって助ければ?15歳の少女が率先して男性を導いていくその姿にやさしさが連鎖した(アメリカ)

色覚異常矯正メガネで初めてアメリカの国旗の正確な色を見ることができた消防士の感動と喜び(アメリカ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 19:32
  • ID:Nzca547g0 #

ゴドー検事やんけ

2

2. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 19:38
  • ID:ETE0T6kk0 #

こういう技術にこそ税金投入してほしい

3

3.

  • 2022年02月02日 19:39
  • ID:Q8Gq3qPl0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 19:56
  • ID:EsyYTDqm0 #

リアル土方護やんけ!(あっちは無事だった網膜に直接投影だけど

5

5. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 20:37
  • ID:TVnC37cv0 #

素晴らしい研究やな
クラファンしてたら寄付したい

6

6. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 20:39
  • ID:uIgvNIdI0 #

3段階の距離の変化しかつかめないのでは、地面の微細な変化を読み取れないから歩行できない

段差があれば躓く

杖のほうがはるかにマシだな

7

7. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 21:20
  • ID:ivQqaQTZ0 #

これは素晴らしいアイデア

8

8. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 21:29
  • ID:o9azI94f0 #

機能的にはラフォージのバイザーだな。

9

9. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 22:11
  • ID:fUsdCLmI0 #

スタートレックTNGのジョーディのゴーグルだ

10

10. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 23:24
  • ID:L.HLX53m0 #

屋内はいいと思うけど、屋外でも同じように使えるのか気になる

11

11. 匿名処理班

  • 2022年02月02日 23:51
  • ID:D.1pf7LP0 #

※6
地面の微細な変化を読み取るのが杖で、
杖の届かない先の全体像を把握するのがゴーグルでしょ。
なんで片方しか使わないって前提なの?

12

12. 匿名処理班

  • 2022年02月03日 08:18
  • ID:oxKO4EC30 #

まあサイクロップスのゴーグルからビームが出てる訳では無いんだがw

13

13. 匿名処理班

  • 2022年02月03日 08:20
  • ID:N78juMuW0 #

※6
君はよく老害とか若い子に言われない?
もし若いなら、目上の人達に想像力が足りないとか言われない?

14

14. 匿名処理班

  • 2022年02月03日 09:18
  • ID:yF2Px7.u0 #

いろいろ応用が効く発明だと思う。
眉間にカメラを付けて額に出力すれば目の見える人にも暗闇での補助になるだろうし、後頭部につけて首筋に出力すれば後方の状況も把握しやすくなるんじゃないかな。

15

15. 匿名処理班

  • 2022年02月03日 09:38
  • ID:8yy0OL430 #

こういう新しい発想を形にできる人すごい
感動する
そのうちメガネのツルからこめかみを通して脳に直接映像を送れるようになるといいな…

16

16. 匿名処理班

  • 2022年02月03日 11:52
  • ID:D6z94qeE0 #

auxdeco と連携してくれ

17

17. 匿名処理班

  • 2022年02月03日 16:18
  • ID:x1yaCPmM0 #

クロスボーン・ガンダム ゴーストで似たことやってたな
現実には舌打ちのエコーでやってる人がいるけど、それを機械にやらせてるわけだね

18

18. 匿名処理班

  • 2022年02月03日 18:24
  • ID:uGi5Vw6z0 #

とても素晴らしい、テクノロジーが世界をどんどんかっこよくしていくって感じ。こうした試みはもっと評価されてほしい。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING