top
 パイロットなら確実に二度見してるに違いない。人の指紋そっくりと評判のこの島は、クロアチアの沖合アドリア海に実在する無人島だ。

 およそ0.14平方キロメートルしかないBavljenac(バヴリェナツ)島は、航空写真をきっかけにネットで話題に。今や「指紋島」の通称で注目されている。

 小さな島にびっしりとほどこされた奇妙な模様。その正体は?巨人の証か要塞か、世界遺産入りもささやかれるミステリアスな指紋島に迫ってみよう。
広告
Why Do Scientists Think "Fingerprint Island" Used To Be A Vineyard?

こんなところに巨大な指紋?クロアチアで話題の「指紋島」

 BavljenacまたはBaljenac(バヴリェナツまたはバルジェナツ)と呼ばれる「Fingerprint Island(指紋島)」は、クロアチアの都市、シベニクに属する島々の一つだ。

 船で上陸する人々は、島中に張り巡らされた石垣に目を留めるだろう。
6
 総長23キロメートルにも及ぶ石垣は、大量の石の積み重ねでできている。上空からなら古代の迷宮に見えるかもしれないが実際は腰の高さほどしかない。
7
 ここを訪問したサイエンスチャンネルの専門家ロスは当初、この島がハンセン病患者の隔離に使われた可能性も考えていた。しかし現地に来てその説はないと判断したようだ。

実は隣島の農業用地だった。石垣は強風対策か

9
 実はこの島は隣のカプリエ島の農業用地だった。これらの石垣は、シベニク諸島の一つであるカプリエ島の住民が、強風から作物を守るため島に大量にある石を積み上げたものだ。

 島には作物に欠かせない水源もあり、当時は重宝したらしい
14
 ブドウの枯れ木も残っていた。ここはブドウ園だったのだろう
16

指紋にみえる島はここだけ。石垣の密集ぶりが極端すぎた

 このような石垣はイギリスやアイルランドなど、ヨーロッパ地域では珍しくない。が、人の指紋そっくりに見える場所はここのみ。
 この無人島の面積はわずか0.14平方キロメートルしかない。にもかかわらず、石垣がびっしり張り巡らされている風景はかなり異質だ。
11
 カプリエ島や付近の別の無人島にも同様の石垣が見られるが、バヴリェナツ島に占める石垣の面積はけた外れで、その密集ぶりが目を引くのだ。

石垣は19世紀より古い可能性。世界遺産入りで破壊の懸念も

 石垣の大半は19世紀のものと考えられている。

 しかし16世紀と17世紀のオスマン帝国による征服の間、この島とカプリエ島はキリスト教徒の避難所に使われた過去があるため、一部はより古い可能性もある。

 ネットで航空写真が話題入りしてからというもの「指紋島」の知名度はかなり上がり、観光客まで増えている。

 なんか微生物っぽくみえてくるのは私だけ?
 地元の人は彼らを歓迎しているが、急に押し寄せた観光客が好き勝手に石垣に触れて壊してしまうのでは、と心配する声もあるそうだ。
 クロアチア政府はこの島の世界遺産入りをユネスコに求めている。それが認められれば島の人気が上がるだけでなく保護も強化できるからだ。

参考:指紋島の上空映像
Let iznad Baljenca

 今はコロナで観光客も少なそうだけど、マナーを守らない人が増えたら石垣もなんだかんだで崩されちゃうんだろうか。人気と保護のバランスも難しいかもだができることならこの独特な風景をそのまま保存してほしいものだ。

References: odditycentral / youtubeなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
地下都市、巨大石球、20億年前の原子炉など、地球上の謎めいた9の発見

未だ多くの謎に包まれる湖に浮かんだ遺跡「ポル=バジン」が消滅の危機(ロシア)

指紋認証NG。数世代に渡り一家の男性のみ指紋がない家族(バングラデシュ)

ここが防衛最前線。世界20の印象的要塞

バチカンが巨人の存在を隠蔽しているという陰謀論が証拠画像付きで発信されるも、瞬時にコラだと見破られる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年12月12日 22:08
  • ID:92kpr5a50 #

遺跡を壊したい輩は絶対に出て来るので登録されても
海から見てるだけにしてほしいな

2

2. 匿名処理班

  • 2021年12月12日 22:20
  • ID:THZXXYd70 #

アドリア海・・・紅の豚を思い出すなあ

3

3.

  • 2021年12月12日 22:55
  • ID:Xplh3GY60 #
4

4. 匿名処理班

  • 2021年12月12日 22:57
  • ID:qc3omnil0 #

色々なの栽培してたんだろうね
見るからに条件悪そうな土地でも工夫して作付けするの凄い
段々畑や千枚田もそう思う

5

5. 匿名処理班

  • 2021年12月12日 23:22
  • ID:b7dWezGo0 #

形がまた指先みたいでかわいい

6

6. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 01:56
  • ID:tYWGdtTR0 #

ここで迷路作ろうよ
通行禁止のウマを置くだけで済むよね

7

7. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 03:04
  • ID:MDmD0VwQ0 #

屋久島の縄文杉も、観光客が押し寄せたせいで根っ子がダメージ食らって、枯れ始めてるらしいから…

観光客が来ると地元は経済的に潤うけど、代わりにお金では買えないものを失う可能性があるからなぁ……

8

8. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 07:50
  • ID:bmfluX3W0 #

指先に怪我を繰り返してる人の指紋だなww

9

9. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 09:10
  • ID:Je89TprQ0 #

伝説の巨人
足の親指かなっ。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 11:46
  • ID:7ggSZxPD0 #

かなり苦労して整備されてるのに
なんで放棄されたんだろう…

11

11. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 14:38
  • ID:qDoMMHxr0 #

これは回路だよ
島自体が巨大な

12

12. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 21:06
  • ID:60OEH3vL0 #

※10
集落を形成できる程でもない、隣島から通いの小島だし、
他の記事だと「昔は、男たちが毎朝 妻を船に乗せて島へ運び
そのまま夫たちは沖へ漁に出て、女たちはブドウ畑で働き
夕方にまた島へ寄って妻たちを拾って帰っていた」
といった言及があった。単純に、不便だったのでは。

昔なら、わずかな近場の土地でも可能な限り開墾していたが、
飽食の時代には そこまでする価値も見出せなくなったんだろう。
かつ、移動手段も発達し、ブドウが欲しければ 一大産地からの
流通もあるし、仕事が欲しければ人は都会へ出て行く。

13

13. 匿名処理班

  • 2021年12月13日 22:54
  • ID:A.1i9Q7H0 #

>>12
19世紀だからそんなもんか
産業革命あたりだし
でも、そのライフスタイル何か微笑ましくて
現代でも続けてて欲しかったなぁ

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING