害虫のフェロモンを発する植物の開発
 スペインの研究グループによって、昆虫の性フェロモンで害虫から身を守る遺伝子組み換え植物が開発された。

 あまりに濃すぎるメスのフェロモンの匂いにオスが混乱するため、害虫駆除のための農薬を減らせると期待できるのだそうだ。

 この成果は『Biodesign Research』(21年10月12日付)で紹介されている。
広告

昆虫を惑わすフェロモンを発するセクシー植物

蛾の性フェロモンを植物に
 バレンシア工科大学とスペイン国立研究評議会のグループが開発したのは、蛾の性フェロモンを作り出す遺伝子を埋め込まれた「ベンサミアナタバコ(Nicotiana benthamiana)」だ。

 蛾のメスが放出する性フェロモンは、オスを引き寄せて交尾をうながす。そんなものを作物に埋め込んだら逆効果で、かえって被害が出るのでは? と思うかもしれない。

 ところが、そうではない。植物が昆虫の性フェロモンを放出すると、空気中の濃度が濃くなり過ぎる。するとオスはメスを見つけられなくなってしまうのだ。

 「木を隠すなら森の中」というが、それに近いかもしれない。結果として、蛾は幼虫を産むことができず、農薬を使わなくても数が減っていく。
1_e4
Photo by:UPV

いかにフェロモンを植物に放出させるかが鍵

 こうした性フェロモンを利用した害虫コントロールは、これまでもあったようだ。だが従来の方法では、合成したフェロモンをディスペンサーで散布してやらねばならなかった。

 今回の研究は、植物の内部でフェロモンを合成させるだけでなく、それを外部に放出させることにも成功した点が新しいという。

「私たちが成し遂げたのは、モデル植物にフェロモンを放出させることです。作物を守るうえで重要なステップであることは間違いありません」と、研究グループのディエゴ・オルサエス氏は語る。

 ちなみに世界には、ゾンビ化したハエの性フェロモンを利用して、新たな犠牲者を誘き寄せる恐るべきカビが存在する。昆虫の世界でも甘い誘惑には裏があるものだ。

References:New plants developed that produce and release sex pheromones to fight plant pests / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
ほうれん草がEメールで危険を知らせてくれる!植物を利用したコミュニケーション技術

植物を光源に。暗闇で光る植物を作り出す研究が進められている(米研究)

トマトは危機が迫ると事前にそれを察知し、毒性物質を作り出し防衛に備える(米研究)

驚くべき変異。サルモネラ菌が植物に感染する能力を獲得したことが判明(米研究)

米軍が植物をスパイにする計画。自立的植物を作り環境スパイネットワークを作りあげる研究(DARPA)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 08:05
  • ID:Rgx3nLXx0 #

タバコが製品になった後も僅かに放出するのかな?

2

2. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 08:24
  • ID:z44Mq63j0 #

人間様だとおしっこの臭いがフェロモンになるとか言っているけど
動物はともかく人間だと理性とかおまけがプラスされ実際は効果なく
デレデレになった リア充カップルには水だろうが
お酢だろうがフェロモンと同じ効果になるようだ
仮に人間に当てはまるとトイレの芳香剤いっぱいな植物になるけど
自分は絶対に嫌になるし、虫にも同じ感情あるじゃないの

3

3. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 08:30
  • ID:RIsVsq7Z0 #

命名、オヤジ草

4

4.

  • 2021年11月23日 09:23
  • ID:1awB4uit0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 09:38
  • ID:dttGvtRD0 #

これはいいかも
特定の虫に対してで尚且つごく狭い範囲に限定した効果だから、他への影響が凄く小さいよね。
期待したい

6

6. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 09:52
  • ID:pQlwpRS90 #

>蛾は幼虫を産むことができず、農薬を使わなくても数が減っていく。

やがて蛾が絶滅する

それが目的なら、蛾に不妊の遺伝子を埋め込んで、絶滅させるほうがマシ
植物のに遺伝子を変えて食物に危険因子が発生する危険性がなくなるからだ

蛾から植物を守るために、植物のに遺伝子を変える手法は、目的と手段があってないと思うよ

7

7. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 10:34
  • ID:puj6RDTm0 #

※2
理性うんぬんでの問題でもない気がする。

そもそもヒトは、他の動物が嗅覚や聴覚に
外界の状況判断を依存している度合いがもっと高いのに対し、
ほとんど視覚偏重で情報収集している。

人間の特性に合った性衝動の誘引があると

本能的にガン見したり、あまつさえ
刑罰があるのも解っていながら 理性が勝てず
痴漢・セクハラに走ったりする人も少なからず居る。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 10:36
  • ID:P6f8tYQd0 #

※6
蛾の方が移動する可能性が高いから影響範囲が不明でよっぽど危険性が高い。
植物側も虫が媒介して遺伝子が広がる可能性はあるけど、とりあえずそのまま広がるだけなら大きな問題はない(一般的に作物にしているのは既に品種改良が繰り返されているから)
蛾の方は直接的に絶滅につながる遺伝子がどのように影響するかわからないので、本当に絶滅するかもしれないし、何らかのウイルスで媒介されれば似たような虫が続々と死んでいくかもしれない。

人類側に危険因子を持ってこないと、地球がどうしようもなくなったら人類は対応できない。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 11:02
  • ID:Yo8Ndn7j0 #

研究者は「バイオディスペンサーのプラットフォーム」と位置付けているな。
この植物とフェロモン物質の組み合わせで完結する研究ではなく、別の組み合わせや誘引捕殺システム内の一要素としていくらでも設計しなおせるようにプロトコルを意識している感じ。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 12:07
  • ID:6d6zyaq70 #

面白い試みだとは思うが、虫ならあっという間に順応した種が出て来て終わる気がする

11

11. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 14:47
  • ID:3rDLjWwx0 #

> ちなみに世界には、ゾンビ化したハエの性フェロモンを利用して、新たな犠牲者を誘き寄せる恐るべきカビが存在する。

コロナの次はヒト向けの兵器カビの誕生ですか?

12

12. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 17:53
  • ID:sgSyUgyo0 #

違う害虫が当たり前についてそう

13

13. 匿名処理班

  • 2021年11月23日 20:21
  • ID:fYJaMkhV0 #

タバコなんだw・・・

14

14. 匿名処理班

  • 2021年11月26日 18:43
  • ID:fJZpoXZ.0 #

このタバコを吸うと、吐いた煙に向かって大量の雄の蛾が押し寄せる事に為るのかな
その絵面は恐怖映画の様になりそうだ

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING