両足を失ったインコがやさしい家族の元へ
 今年2月にアメリカのテキサス州を襲った嵐は、厳しい寒波をもたらした。そんな中、1羽のインコが屋外に放置され、凍死寸前になっているのを住民が発見し、救助・保護した。

 インコは非営利の鳥保護区に運ばれ、獣医院で凍傷による両足の切断手術を受けた後、同施設でボランティアをしていた女性のもとへと引き取られた。

 現在、その女性宅で家族として迎え入れられたインコは、足の傷もすっかり癒えて、他のインコ仲間にも囲まれながら、愛情をたっぷり受けて幸せに暮らしているという。
広告
Parrot learns to walk on tiny boots after losing her feet

寒波の中放置され凍傷になっていたインコが保護される

 今年2月中旬、3度にわたりテキサス州を襲った厳しい寒波により、同州では大規模な発電障害に見舞われ、その結果、水や熱、食物供給が絶たれるという深刻な電力危機が発生した。

 凍える寒さに耐えきれず、別の地域への移動を余儀なくされたのか、飼い主のいなくなった家の外で、凍死寸前の1羽のインコが近所の住民によって発見された。
 インコは、ケージに入れられた状態で放置されており、寒さで身動きひとつしなかったため、発見者の女性はインコが生きているのかどうか、最初はわからなかったが、瀕死状態だということに気付いた女性は、地元の非営利の動物保護施設へ助けを求めた。

 連絡を受けた鳥保護区「Magnolia Exotic Bird Sanctuary」のスタッフは、保護したインコをすぐに緊急診察ができる獣医院へと搬送したが、インコの両足は重い凍傷にかかっていた。

 翌日、獣医師はインコの両足を切断する手術を行い、傷が癒えるまで小さなブーツのような白い包帯でしっかりと固定。病院に迎えに来た保護区のスタッフは、飼い主のいなくなったそのインコをマンゴーと名付け、施設へと連れ帰った。

マンゴー、施設ボランティア女性の家族になる

 その後、保護区スタッフが施設でボランティアをしていたブレンダさんにマンゴーの世話を依頼したところ、ブレンダさんは2つ返事でマンゴーのケアを引き受けてくれたという。
 ブレンダさんとパートナーのジョンさんは、他にも特別なケアが必要なインコを家で世話しており、両足を失ったマンゴーをその仲間として快く迎え入れた。
 最初、マンゴーは新しい環境や足を失った状況に慣れておらず、元気のない様子を見せていた。

 だが、ブレンダさんとジョンさんの献身的な愛情あるケアを受けていくうち、2週間経った頃には声を出して鳴くようになり、くちばしでブレンダさんに触れるなどして交流を持つようになった。
 また、先住のインコの仲間たちとも仲良くなり、すっかり傷が癒えたマンゴーは、両足がない状態でも器用に飛んだり歩いたりすることができるようになった。
どんなに困難なことが起こっても、愛情という最強のパワーで接してサポートしてやれば、動物たちはそれを理解し、同じように愛情を返してくれるようになり、その相互作用は私たち人間にとっても動物にとっても、非常に大切なことです。(ジョンさん)
 凍傷で凍死寸前のところをやさしい人たちに救われ、第2の生きるチャンスを与えられたマンゴー。今は、ブレンダさん一家のもとで、たくさんの愛情を受けながら幸せに暮らしているという。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
「これが僕の生活のすべてさ」毎日4,000羽のインコにエサをやるインドのバードマン

ちょっくら猫でもからかってみるか。窓越しから「いないいないばあっ!」を仕掛けるインコ

ギュッてやったら「アーッ!」って鳴く?頭をつかむと音が出るワカケホンセイインコ

いないいないばあ!ワカケホンセイインコ最強のビデオボム

あのねあのね、それでね!おしゃべりが止まらないワカケホンセイインコの兄弟たち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班 

  • 2021年11月18日 12:26
  • ID:lUwIdi0z0 #

カモーンって言ってるの別のインコかな
鳥は人間よりずっと愛情深いね

2

2. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 12:48
  • ID:tgmdqO6R0 #

歩いてる?

3

3.

  • 2021年11月18日 13:03
  • ID:lgSkkwIR0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 13:08
  • ID:Y4p.cMhf0 #

マンゴーさん良かったね(´;ω;`)

5

5. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 13:21
  • ID:cl7PZdJp0 #

名古屋の駅前にいたセキレイが片足無いように見えたが、、よく見えなかったが心配、、

6

6. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 14:36
  • ID:ASOhWqfz0 #

寒波の中屋外に放置とは、酷い飼い主がいたもんだ。
しかし優しく愛情深い人に巡り会えて良かった。幸せになるんだよ
…。
ところで鳥用の義足ってないんだろうか?

7

7. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 14:37
  • ID:NRzem2vL0 #

幸せになって本当に本当に良かったけど、前の飼い主絶対に許せねえ

8

8. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 14:43
  • ID:XMDGpXOx0 #

生きてるって素晴らしい!

9

9. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 14:59
  • ID:ewx2s5V10 #

極寒の屋外に置き去りって
何てひどいことを…
緊急事態だろうが何だろうが何で置いてくのよ鳥だぞ寒さに弱いなんて飼ったことある人なら最低限の知識じゃないの信じられない
マンゴーさんが落ち着いて穏やかな暮らしをしてるのが救いだ
長生きしてほしい

10

10. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 15:12
  • ID:8j90neti0 #

※2
動画を見るとくちばしを松葉杖のようにして歩いてたね

11

11. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 16:47
  • ID:4ja2lS4A0 #

インコとか小鳥系は脚が小さくて細くて普段からちょっと心配になってしまうので、記事みて痛々しくて泣けてしまった…
でも優しいご夫婦に助けられてケアして貰って良かった、負けずに逞しいね、本当にマンゴーにそっくりで可愛い

お父さんのお腹よじ登って粗相しちゃってるので笑ってしまった、元気になって良かったね

12

12. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 17:03
  • ID:CxF0Ce9X0 #

はい!マンゴーです。
100%マンゴーです!!

13

13. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 17:12
  • ID:JNumJirM0 #

鳥のことに詳しそうな夫婦のところへ行けたのは天の配剤的なもののように思える。
心からよかったと思った。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 18:35
  • ID:8D9QUnEJ0 #

なんでわざわざ屋外に放置したんだか?

15

15. 匿名処理班

  • 2021年11月18日 19:07
  • ID:h4kWa.270 #

オオハナインコの子供かな。

16

16. 匿名処理班

  • 2021年11月19日 02:03
  • ID:tGz0lM9L0 #

素晴らしい記事だ

17

17. 匿名処理班

  • 2021年11月19日 12:50
  • ID:pZHgfU9d0 #

優しい家族に出会えてよかったー。ご機嫌もさもさな大きなこもかわいい💕

18

18. 匿名処理班

  • 2021年11月19日 17:39
  • ID:EUgg3tpw0 #

甘えた声の可愛らしさや仕草ががたまらない。
こんな可愛い子を何故寒波の屋外に放置したの?許せない。
可愛くて可哀想で、でも今は幸せそうで、泣けた。

19

19. 匿名処理班

  • 2021年11月20日 20:41
  • ID:RIFFRwnz0 #

自分で工夫して歩いてるね
生きる力ってすごいと思う

20

20. 匿名処理班

  • 2021年11月21日 09:23
  • ID:biOlAdCY0 #

酷い目にあったのに、また人間を信頼してくれるのか…
いい子だなあ、幸せになってほしい

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING