birdman2_e
 世界中の各地域には、それぞれに身近な生き物たちがいて、それぞれの場所で人間との共存を行っている。日本で言えばスズメやカラス、タヌキやニホンザル、ヒキガエルなんかがそれに当たるかも(地域によって違うと思うけど)。

 さてインドでは鳥といえば、スズメやカラスもいるけれど、日本とは違ったこんなカラフルな鳥たちも当たり前のように暮らしている。今日はインドのインコたちと、一人のニンゲンの男性とのとある物語をご紹介しよう。
スポンサードリンク

India’s ‘Birdman’ Feeds 4,000 Parakeets A Day

4,000羽のインコに毎日エサをやり続ける男性

 ここは南インドの街、チェンナイ。かつてはマドラスという名前で知られていた、タミルナドゥ州の州都である。この街には野生のインコたちにエサをやり続けている男性がいる。
birdman1_e
 「インドのバードマン」と呼ばれているこの男性はセカールさんといって、撮影当時62歳。現在はチェンナイで、カメラの修理工場を営んでいる。
birdman3_e
 セカールさんはもう10年以上にわたって、毎日2回、およそ4,000羽のインコたちにエサをやり続けている。
birdman4_e

きっかけはあの大津波だった

 こうなったきっかけは2004年に起こったインド洋の大津波だった。あの津波の後、水に浸かったチェンナイの街で、2羽のワカケホンセイインコがセカールさんの家に飛んできたのだという。

 もともとスズメやカラスなど家に来る鳥たちに、エサをやって楽しんでいたセカールさん。この時も2羽のインコたちにエサをやったのだが、すると次には10羽、そして50羽、100羽とどんどん仲間を連れてくるようになり、最終的に1,000羽を超えるインコたちにエサをやる事態になったんだとか。
birdman5_e

インコたちのために、インコたちと共に生きる日々

 毎朝4時過ぎに起き出して、6時にはやってくるインコたちのためにエサの準備をするセカールさん。毎日60kgのエサを用意し、1ヶ月にかかる費用は日本円で約24,000円。これはセカールさんの収入の、実に40%にも達するんだそう。
birdman6_e
 セカールさんはエサをやるだけではなく、ケガをしたインコたちの保護や手当も行っている。
birdman20_e
 これからもずっとインコたちの世話を続けたいと言うセカールさんだが、だんだんと年を取るにつれ、毎日のエサやりがきつくもなってきたそうだ。

 それでも「私には鳥たちしかいないし、鳥たちを置いてどこへも行けないしね」と、毎日黙々とエサの準備をするセカールさん。
birdman7_e
「人間は鳥を籠の中に入れるけれど、私は鳥たちに籠に入れられているようなものだよ」と、このバードマンは語っている。
birdman8_e
 あの大津波ではインドも大きな被害を受け、死者・行方不明者は合わせて2万2千人を超えた。ここチェンナイだけでも、犠牲者は千人に達したという。そんな中での小さな優しさから始まった活動が、今もこんなにたくさんのインコたちを支えているのだ。

 以前にもインドの寺院で、インコたちにエサをやり続けている男性を紹介したことがあった。日常生活に信仰が根付いているインドでは、昔から「喜捨」を行う文化がある。

「与えること」によって徳を積み、それがカルマを解消することにつながるわけだが、鳥たちへのエサやリの奥底にも、もしかするとそんな考え方があるのかもしれないね。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。
あわせて読みたい
どんだけ来ても大丈夫!野生のインコへの餌やり、豪快過ぎてさすがのインド人もビックリ?


ねえ、ボクのダンス素敵でしょ?ワカケホンセイインコのコミカルな求愛ダンスがクセになりそう


「こんにちは!仲良くしてね!」ウサギのぬいぐるみにご挨拶するワカケホンセイインコ


「調子はどう?」「愛してる」ワカケホンセイインコたちのおしゃべりをちょこっと聞いてみよう


いっぱいなでなでして〜や。フクロウのマペットを仲良し認定するインコ

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    人気記事

    最新週間ランキング

    1位
    7944 points
    「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

    「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

    2021年4月26日
    2位
    5485 points
    猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

    猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

    2021年4月29日
    3位
    5047 points
    ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

    ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

    2021年5月3日
    4位
    4835 points
    母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

    母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

    2021年5月1日
    2684516546
    5位
    4005 points
    小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

    小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

    2021年4月29日
    2693711322
    もっと読む
    スポンサードリンク

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 21:38
    • ID:WLuvR3Ss0 #

    ご飯の世話じゃないけど、日本にはツバメに巣を作る場所を提供したり、時にはそれが何十何百羽になっちゃうお宅もあるみたいね。

    2

    2. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 22:04
    • ID:X95xG6ca0 #

    良い話なんだけど糞害とか大丈夫なんかな(ノД`ll)

    3

    3. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 22:07
    • ID:hMx6RVig0 #

    こういう話は結構好きなんだけど、前にインタビューで周りの隣家の人が、鳥の糞が酷くて辛いと皆辛そうに話していたので、何とも言えない面持ちになる。

    4

    4. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 22:16
    • ID:H4AAih5S0 #

    サムネ園芸用のネットか何かかと思ったw

    5

    5. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 22:48
    • ID:cgu57dKf0 #

    >>2
    特定の生き物を増やし生態系を破壊する身勝手な餌やりのどこがいい話なんだ?
    近隣住民の糞や羽、異臭に騒音やアレルギーの被害で死人が出る可能性だってある
    (喘息持ちや鳥アレルギーは本当に死ぬぞ)

    6

    6.

    • 2019年02月17日 22:54
    • ID:FAYH0pUW0 #
    7

    7. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 23:00
    • ID:fI.40Ux50 #

    鳥の大群のフン害を
    ナマで一度でも見たことある人は
    絶対に歓迎できないわな。

    8

    8. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 23:12
    • ID:AU1Y4MPA0 #

    結構民家が密集してるところなんだね・・・
    素敵な話なんだけど、近所の人の生活を思うと
    1000匹超えるインコの鳴き声を早朝から聞かされ
    糞で屋根や道は汚され、洗濯物も安心して干せないんじゃないかな・・・

    9

    9. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 23:13
    • ID:Hh58KnpP0 #

    サムネキャベツ畑www

    10

    10. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 23:33
    • ID:vNEY.LcN0 #

    ※5
    確かに日本の猫への餌やりとかは至極迷惑だけど、インドの場合インコ以外にも牛や猿など枚挙に暇がない。
    単なる迷惑を超越して信仰心(神様の使い、不殺生等)も入り混じって日本の常識で片付けられんのよ。

    11

    11. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 23:38
    • ID:dw.VauPS0 #

    サムネを見た時はどこかの畑のお話かと思いましたよ。

    12

    12. 匿名処理班

    • 2019年02月17日 23:38
    • ID:bCkflTzv0 #

    サムネが畑に植えられた何か見えた人

    13

    13. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 00:27
    • ID:s1TN0HpJ0 #

    カメラの修理とかで食える状況が理解できない

    14

    14. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 07:47
    • ID:8RDkiuMN0 #

    インコに歌を覚えさせて合唱団を作れば大金持ちになれる
    4000匹のインコが国歌斉唱でもしたら感動するだろう

    餌をやりに餌やり場に行くと
    4000匹のインコが一斉に
    「おはようございますアニキ」とか言わせてもいい

    全部のインコにそれぞれ別の名前を付けて従わせるとか
    なんか芸をさせろ

    インコがしゃべる利点を生かせ

    15

    15. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 07:52
    • ID:H9l.3zd30 #

    野性動物に餌を与えてはいけません

    16

    16. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 09:49
    • ID:.LeOeHzJ0 #

    けるけるぴーちゃん

    17

    17. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 10:55
    • ID:KHM.rWLy0 #

    ワカケインコ、最近うちの近所でも見かけるようになった。

    18

    18.

    • 2019年02月18日 11:05
    • ID:gnYhG3ZT0 #
    19

    19. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 11:41
    • ID:B9Clwi0o0 #

    観光資源としてやってるのかと思ったら個人が勝手にやってるんか
    これは賛同できないわ

    20

    20. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 13:22
    • ID:k4ZVia8P0 #

    >>5
    だよなー(ノД`ll)

    21

    21. 匿名処理班

    • 2019年02月18日 21:13
    • ID:ysEk4vHJ0 #

    鳥の観察用に庭にエサ吊るしたりするけど・・・うん・・・まぁ、加減て大事ね。

    22

    22. 匿名処理班

    • 2019年02月19日 00:44
    • ID:JOvaE0gQ0 #

    あさりちゃんにこんな話あったな

    23

    23. 匿名処理班

    • 2019年02月19日 07:31
    • ID:ksWx1ita0 #

    >>13
    意味不

    24

    24. 匿名処理班

    • 2019年02月19日 15:32
    • ID:lzyXARby0 #

    >>16
    どれんぷちゃんけるける〜

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク