世界一しょっぱい湖、エルタ・アレ湖(エチオピア)
 エチオピア北東部、ダナキル砂漠のダロル火山近くにある小さな湖『エルタ・アレ湖』は、43.3%もの塩分を含む地球でもっとも塩辛い塩湖だ。

 世界の平均的な海の塩の重量比率は3.38%、死海でも23.1%であることを考えれば、その鬼しょっぱさがわかるだろう。

 鉄塩が多く含まれている為触るとヌルヌルする。また、水面から有毒ガスが発生している為、水辺には鳥や昆虫の死骸が放置されている。
広告

オイル湖、殺人湖の異名を持つエルタ・アレ湖

 エルタ・アレ湖の水には、過剰な鉄塩が含まれているため、触れるとまるでオイルのようにぬめぬめしている。

 地元の人たちは、その感触からこの湖を"オイル湖"と呼ぶ。一方で、水面から有毒ガスが発生していることから、"殺人湖"とも呼ばれる。岸辺には鳥や昆虫の死骸がそのまま放置されていて、水に近づきすぎるとこうなると、その危険性を警告している。
ET_Afar_asv2018-01_img59_Dallol

発生する有毒ガスは成人を死に至らしめるレベル

 アフリカの角(アフリカ最東北端の尖っている地域、ソマリア付近)の3つの地殻プレートが分かれてできたダナキル砂漠は、エチオピア独特の景観が見られ、地質学的に人気の観光名所になっている。
iStock-915676624
ダナキル砂漠 photo by iStock
 だが、専門家は、エルタ・アレ湖や周辺の塩湖には十分注意するよう観光客に警告している。

 とくにガスがたまりやすい地表付近では、火山性CO2などの有毒ガスが、ときに成人を死に至らしめるほどのレベルまで達することがあるという。

 エルタ・アレ湖で調査を行っている研究者たちが目撃した、おびただしい数の鳥の死骸は、近づこうとする人への恐ろしい警告だ。

 鳥たちは、怖ろしく塩辛い水を飲んでしまったのかもしれないが、CO2のせいで死んだ可能性が高い。

 塩分濃度の極めて高い水が、鳥の体を塩漬けにしたような状態にしてしまい、体の一部がすっぽり塩に覆われた鳥もいて、死んでからかなり時間が経過しているようだ。
 エルタ・アレ湖がいつできたのかは誰も知らないが、ランドサット衛星が、2003年2月6日に撮影した映像によると、現在とほぼ同じ半円の湖が写っていた。

 しかし、2005年の地震によって火山性温泉が復活して、極端に塩分濃度の高い水をずっと湖中に供給し続けている。
640px-ET_Afar_asv2018-01_img58_Dallol

決して入浴してはいけない、近づいてもいけない禁断の湖

 温度が50〜55度前後になるエルタ・アレ湖の水は、加水すれば快適な温泉になりそうだが、実際はpH3.5〜4の強酸性で、知らずにうっかり入浴したりしたら、ひどい火傷を負いかねない。

 観光客が湖に近づくのは決してお勧めできない。

 周辺で絶え間なく形成されている塩分を含んだ地殻は、塩分が飽和状態になっていて非常に脆く、人ひとりの体重も支えられない可能性があるからだ。

Gaet'ale Pond/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
猛毒が渦巻く死の湖。海の底に沈む「海底の湖」の鮮明な映像(メキシコ湾)

地球上の異世界。映画「猿の惑星」のような光景が広がる塩湖「アッベ湖」周辺を訪ねて

これどこの惑星?地球上に広がる一面黄色の異世界空間、エチオピア、ダロル火山の硫黄泉

地球上で一番生命の少ない場所は?生物が住める限界を調査(エチオピア・ダナキル砂漠)

蛍光グリーンの誘惑。見ると綺麗だけど入ると皮膚が溶けるニュージーランドの温泉「デビルズバス」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年10月01日 20:18
  • ID:vVw081Q00 #

なにか生き物は住んでるのか?

2

2. 匿名処理班

  • 2021年10月01日 20:43
  • ID:L3O042bb0 #

そういえばアメリカのイエローストーン国立公園は巨大な火山地帯で、当然硫黄だの焔硝だのと言った危険な高温多熱の泉が山ほど在るが、中には人が入浴する事もできる安全な泉もあり、禁止されているのだが国立公園の従業員が隠れてこっそり入って居たりする。

あそこの泉は温度が適しているし、ちょっと一っ風呂浴びようぜと言うノリで夜中に歩くと暗い道が険しいので、泉までの道を間違えてしまう事があり、間違えて塩酸の泉に入ってしまい従業員が三人とも骨まで溶けて一かけらも残らなかったという(だから禁止されているのだ)。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年10月01日 20:52
  • ID:ELmGGYVs0 #

ここまで危険だと資源にするのも無理っぽいなあ
観光地にも出来ないし

4

4. 匿名処理班

  • 2021年10月01日 21:25
  • ID:RtlK3Kj80 #

【水たまり舐めてた。コントみたいなオチがこの後すぐ!】

ニュージーランドに休暇に来ていたある男性は、近道をしようと、目の前にある水たまりを横切ることに。
大した深さじゃないだろうと、靴を脱いで入ってみたところ、みんなが想像していたことそのものズバリが起きるよ!!。予定調和ってやつだよw。
安定のオチはこの後すぐ!…

天丼をどうぞ。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年10月01日 22:26
  • ID:r5S4HNlc0 #

終末もとい週末
それは酔っ払いの書き込みが増える憩いのひと時

6

6. 匿名処理班

  • 2021年10月01日 23:13
  • ID:N0DO2M.M0 #

観光名所なのか
ちと怖いところだな
あと、どうでもいい話だが
動画の学者さんの髪型が気になりすぎた

7

7. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 00:51
  • ID:Ola9FcrT0 #

※2
きっと骸骨状態で「芯まで温まるぜー」とか言ってるうちに天へ召されたんだろうな

8

8. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 06:06
  • ID:QGOli6XR0 #

>>1
古細菌ぐらいかなあ。高濃度の塩が好きな奴がいる

9

9. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 08:27
  • ID:lh8yvgJ.0 #

>>1
極限環境生物の研究地になってたと思うけど。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 08:27
  • ID:lh8yvgJ.0 #

>>3
近くまで行って塩取ってたと思うけど。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 09:27
  • ID:nYFN7WVf0 #

※7
くぅ〜骨身にしみわたるぜ(物理)

12

12. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 11:21
  • ID:LtTUjX640 #

>>2
私も聞いたことある。
ついでに。
イエローストーンの一部の強酸温泉は殺人の証拠隠滅、完全犯罪に利用されてる可能性があるらしいね。

13

13. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 12:22
  • ID:xcZeMj7C0 #

※2
日本にも安全のため30分しか入浴できない霧島新燃荘っていう温泉があるな
怖いけどいつか入ってみたい……

14

14. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 12:34
  • ID:Xh7yE5JY0 #

天然の塩釜になった鳥…ちょっと食べてみたい

15

15. 匿名処理班

  • 2021年10月02日 18:57
  • ID:8FO.nJe80 #

古い生き物がそのまま塩漬けで残ってたり、と思ったけど案外最近できたもんか。

16

16. 匿名処理班

  • 2021年10月03日 00:56
  • ID:ekllMyrS0 #

>>8
くさやの漬け汁に住んでる細菌みたいなもんかな?

17

17. 匿名処理班

  • 2021年10月04日 16:24
  • ID:9nv4ELTj0 #

ダナキル砂漠は観光地にもなっていて旅行で行って、この湖はすぐ近くまで寄らせてもらえた。
見た目のヤバさはあったけれど、特にガスは感じなかったと思う。
塩湖も広大で物凄い数のラクダのキャラバンが列を連ねて塩を運んでいて、無害だと思っていた。ウユニのように鏡面に写るシルエットで遊んだ。
ヤバかったのは砂漠内にあるダロール火山で地表にガスが噴出している。
温泉街の硫黄臭さくらいだと散策していたら、風向きと噴出のタイミングのせいか突然ガスを吸った。一瞬で呼吸困難になって慌ててガスマスクを付けた思い出が…。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING