子豚と犬の間に芽生えた愛情
 アメリカ、ノースカロライナ州にある「シス避難所」は、もともと2018年、アメリカ東部を襲ったハリケーン・フローレンスで取り残され、行き場をなくした動物を保護することから始まった。その後も、飼育放棄、虐待された動物が安全に暮らせる場所を提供し、現在100匹以上の動物(主にブタ)が暮らしている。

 生後2週間の子豚、コダ(Koda)はこの施設の飼い犬であるマイルズを親のように慕っているようで、その絆は日に日に強くなっているという。
広告
 シス避難所にいるのは、ハリケーン・フローレンスで行き場を失った豚の保護から始まっているので、その多くが豚である。日々の健康管理を行い、安全に暮らせるような環境を整えてあり、現在では飼育放棄されたり、虐待された飼育動物たちの保護活動も行っている。

 避難所にいる動物たちの中には、いつのまにかお互いに強い絆を結んでしまうことがあるようで、生後2週間のコタは、犬のマイルズを慕っているという。

 マイルズもコタに強い興味と愛情を示しており、まるで親子や兄弟のような深い絆を結んでいるようだ。
 その絆は日々強くなっているようで、いまや2匹はどこにいるにも一緒。寝る時も一緒。コダはマイルズの付着物のようにずっとひっついている。
 施設の運営は、善意ある人々のFacebookからの寄付や、公式サイトから、支援したい動物を選んでの寄付によって賄われている。
 施設には豚、犬の他に猫や牛、ヤギなどもいるようだ。

 シス避難所にいる動物たちの様子はFacebookInstagramで見ることができる。
あわせて読みたい
ミニじゃないと捨てられたミニブタがベストフレンドの犬に出会うまでの物語(アメリカ)

ブタの超犬化。3匹の犬と暮らすうちに遠吠えすらし始めたミニブタ

ブタの犬化は加速する。5匹の犬が仲間に認定したミニブタのチャウダーの犬っぷりがすごい(アメリカ)

寝るな!一緒に遊ぶんじゃい!ブタの安眠を妨げるハスキー犬

ミニブタだと言われて飼った豚が100キロを超えた件(イギリス)

仲間は8匹の犬!ちっともミニじゃないけどミニブタのビキニさんの日常

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年05月21日 11:55
  • ID:rL9UQ2IB0 #

愛が重くて「ちょっ、やめっ……」てなってるけど、しばらくしたら物理的に重くなっちゃうなぁ

2

2. 匿名処理班

  • 2021年05月21日 13:11
  • ID:vmDo4Jt40 #

ダークサイドの避難所?

3

3. 匿名処理班

  • 2021年05月21日 14:13
  • ID:rOZ2V7Ou0 #

暇さえあれば嫁にまとわりついているうちの息子と行動が似ている。犬を信用しきっているね。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年05月21日 15:30
  • ID:EAGRpCUF0 #

ブタの鼻に触ってみたい

5

5. 匿名処理班

  • 2021年05月21日 17:56
  • ID:7RR2.jc20 #

なんかカラパイアの記事だけ、RSS越しだとサムネイル画像が盛大にズレてるんだけどなんなんだろう

6

6. 匿名処理班

  • 2021年05月22日 12:11
  • ID:Mlore04U0 #

ベイブじゃん

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING