cover_e

 アメリカのカリフォルニア州に住む女性は、最近引っ越した家の寝室の床に、怪しげなマンホールを発見した。

 そこでマンホールの中に入ってみたところ、そこはかつて防空壕として使用されていた跡が残されており、食糧保管庫があったという。
スポンサードリンク


Woman Finds Bomb Shelter Hidden Under Manhole Cover


寝室の家具下にマンホール発見


 カリフォルニア州に住むジェニファー・リトルさんは、引っ越した先の家で、寝室の家具の下にマンホールがあることを発見した。

 最初、ジェニファーさんは第ニ次世界大戦中に作られたものかと思ったが、家は1951年以降に建てられたものであり、1947年からの冷戦時代のマンホールだと判明した。

 ジェニファーさんによると、冷戦時代、特にカリフォルニア州中部の家庭では、マンホールがあるのはごく一般的だったようだ。

 TikTokでマンホールの中を探検する様子がシェアされているが、ジェニファーさんの推測通り、中は防空壕として使用されていた跡が見られたという。

 また、食糧保管庫として使われていたとされるスペースも発見されたが、そこへ行くには一旦防空壕を出なければならない作りになっており、ジェニファーさんはその疑問を動画でも口にしている。

@kitty_girl_california

Bomb shelter part two. ##wwii ##QuickerPickerRapper ##bombshelter ##wartimes

♬ telepatia - Kali Uchis

防空壕には2段ベッドも


@kitty_girl_california

Bomb Shelter Tour! ##bombshelter ##coldwar ##shelter ##preppers

♬ Sugarcrash! - ElyOtto

 マンホールを降りていくと、防空壕の中には2段ベッドが2つとキャビネットあり、そこは寝室として使用されていたようだ。

 また、用を足すための小便器のようなものも残されてあった。

 中は非常に暗いため、懐中電灯を手に探索を続けたジェニファーさん一家は、防空壕の壁から多くのフックのようなものが突き出ているのも発見したという。

@kitty_girl_california

Bomb Shelter Tour. ##wwii ##wwi ##bombshelter ##bombshelters ##coldwar ##QuickerPickerRapper

♬ Sugarcrash! - ElyOtto

 食糧管理庫も防空壕も、その中は非常に散らかっていて、整理整頓にはかなりの時間がかかりそうだ。

 TikTokでシェアされた一連の複数の動画は大きな注目を浴びたようで、ユーザーらからは「なんかかっこいいな」「これでゾンビ襲来でも安全」「改造すれば十分まだ使えるね」といった声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
まさかのからくり屋敷!中古物件を購入して5年後に隠し部屋を発見


中世の古い家で見つかった魔術用隠し部屋(イギリス)


海外の中古物件あるある。階段の下に隠し部屋を発見!


ルーマニアの闇、下水道で暮らす「マンホール・チルドレン」と呼ばれるチャウシェスクの孤児たち


家の中にマンホール?ネットで見つけた7つのすごい光景


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2432 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5661834329
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年03月24日 22:40
  • ID:M6gwXT.n0 #

ホラーの導入みたいだな、入ったら罠で閉まって出られなくなるの

2

2. 匿名処理班

  • 2021年03月24日 23:04
  • ID:hsY8JTKP0 #

いわゆるプレッパーズってやつか
食糧保存庫は日常的生活と兼用してたから、使い勝手考えてシェルターと切り離してたのかな?(核爆発の最初の爆風やりすごせりゃいいと考えたのやら)

3

3. 匿名処理班

  • 2021年03月24日 23:33
  • ID:0Bi3jEuA0 #

私設核シェルターだったのかな
パラサイトを思い出した

4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月24日 23:37
  • ID:vhrNrDok0 #

狭いマンションに住んでるせいか「クローゼットの奥に隠し倉庫が!」とか「崩れた壁の向こうに秘密の部屋が!」って夢をよく見るけど、現実にあったらめちゃくちゃ驚くだろうなあ

5

5. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 00:38
  • ID:dbVDf3Ot0 #

現代アメリカ人の半分くらいマンホールに詰まって抜けなさそう

6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 00:50
  • ID:qJRxY1250 #

※4
自分もそれよく見る夢の定番のひとつ
すごい素敵なスペースの楽しいバージョンも
ヤバくてホラーすれすれのバージョンもあるw

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 01:27
  • ID:C.ypq3gM0 #

杉原千畝さんのご家族が書いた本に
国外在住時空襲があって
まだ自分の宅の防空壕が出来てない隣のご家族を
杉原さん家の防空壕に入れてあげたって記述があった
庭が広ければ一家に一つ必要だったんだね戦時下では

8

8. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 02:24
  • ID:8O91MYDe0 #

蜘蛛がいそうで嫌だな

9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 03:16
  • ID:NBt.nlWV0 #

こういう場所は人体に有害なカビが発生している可能性もあるから、気を付けなきゃダメなんだよね確か?

10

10. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 06:00
  • ID:GKNf.VQ70 #

入る前に酸素濃度確認してよお

11

11. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 06:40
  • ID:Emd.XAmI0 #

死体がなくて良かったな笑

12

12. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 07:06
  • ID:JAzSWR230 #

ここで毎晩寝たら安心。

いや、閉じ込められる心配があるのか。

13

13. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 07:09
  • ID:JAzSWR230 #

※7
昔うちの親の実家にあった。今は、汲み取り便所になってる。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 07:38
  • ID:3X2guTCY0 #

「空襲の恐怖」は冷戦下でのパニック現象だった、という事がよくわかる良記事。
当時の北米では市民ボランティアの防空監視団などが多数結成されていた。そうすると大空に「現実には存在していないソ連の核爆撃機」を幻視してしまう人が大量に出てきた。「ソ連の爆撃機がアメリカ上空を侵犯している ! ! 」というパニックが度々起きたのだ。
この空襲パニックを鎮めたのが「未確認飛行物体は宇宙人の乗り物」というデマ。UFOの正体がソ連の爆撃機から宇宙人になった事で、ようやくアメリカ人たちは、自分たちのやっていることのアホらしさに気づいて冷静さを取り戻した。
「UFO宇宙人の乗り物説」を広めたのは明らかにアメリカ空軍なんだけど、そういう裏があったようだ。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 08:18
  • ID:YIXI6pJB0 #

実際自分の家でこんなん見つけたらビビって何も出来なそう

16

16. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 09:43
  • ID:0E7msPwc0 #

こういうのワクワクするな。うちの実家にも隠し部屋とかないかな。

でも防空壕とか食糧貯蔵庫ならいいけど、座敷牢だったら凄く嫌💧

17

17. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 10:29
  • ID:LkGDjNR40 #

て言うか、1940年代くらいの昔やったら、その家が建つ前そこに何があったのかは調べればわかるんでは
何が建っててどんな人が所有してたのかわかれば、だいたいのことは推測できると思われ
(´・ω・`)

18

18. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 11:49
  • ID:r5m0rwKE0 #

>>16
「失望の部屋」(海外版座敷牢)が見つかったって記事は出たことあったね

19

19. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 12:26
  • ID:RhaibFA80 #

残っている缶やら瓶の中にはマニアが欲しがる様なプレミアが付くものがあるかも知れないな

20

20. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 13:52
  • ID:TcMeYU8O0 #

アメリカに防空壕って必要?

21

21. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 14:11
  • ID:YZmmLPBf0 #

このカーペットそんな前からしきっぱなしだったと言うことか

22

22. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 14:30
  • ID:3CCf.dyf0 #

え、お姉さん達が毎夜毎夜ダンスに明け暮れる地下世界への入り口じゃないの?

23

23. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 15:58
  • ID:OwYDLoz.0 #

>隠しマンホール

家政婦「あらやだわ。」

24

24. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 16:43
  • ID:1RexNtED0 #

「誘拐拉致で地下室に…」

こんな当たり前に身近にある生活環境。すごく怖い。

25

25. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 18:36
  • ID:wVYiEF1T0 #

※20
これが内陸の州ならば竜巻シェルターだけど
海岸に近いカルフォルニアという土地で考えると
共産圏キューバと一触即発だった時期があり
核を落とされた場合の避難用途と思われる。
まだ核シェルターという言葉は無かった頃だ。

26

26. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 19:12
  • ID:nqaHDCfG0 #

夏は高温多湿の日本で庶民で地下室がある家って余りないよね。
裕福層だけ持っているイメージ。

27

27. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 20:39
  • ID:wQuUoqd.0 #

※9
心霊スポットで何か「感じる」ってのも、実は人体に有害なカビへの本能的警戒じゃないか?って説もあるよね

28

28. 匿名処理班

  • 2021年03月25日 21:20
  • ID:0E7msPwc0 #

>>27
心霊スポットの廃屋とか古いトンネルとか、大概日当たりも換気も悪くて、湿度高いもんね。

その説、納得。

29

29. 匿名処理班

  • 2021年03月26日 06:29
  • ID:Y20U0Oqg0 #

中からツヤツヤの女の子が出てきて、お母さんに「あなたのお姉さんよ」と紹介されそう。

30

30. 匿名処理班

  • 2021年03月26日 08:50
  • ID:H.YgcoCD0 #

※26
最近はどうかわからないけど、北海道の昔の家には地下貯蔵庫が備えたところがあった。
「室(むろ)」っていうねん。
ボイラーなんかもそこに入ってたりする。
油断すると何でもかんでも凍る上に雪と氷で外界と隔絶されることもある、北国ならではの工夫よね。
ソースはうちの祖父母の家。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク