cover_e
 今や犯罪捜査に欠かせないDNA鑑定。国際データベースとの自動比較後は、より一層、過去の未解決事件を解く重要なカギとなっているようだ。

 ドイツで9年もの長い間、犯人がわからなかった未解決強盗事件がついに解決した。フランスで別件逮捕された男のDNAサンプルが、当時現場に残されていたソーセージをかじった断片から採取されたDNAサンプルと一致したという。
広告

9年前にドイツで発生した強盗事件が未解決に

 2012年3月、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州ゲーヴェルスベルクの民家で強盗事件が発生した。

 手がかりは現場に残されていた、犯人がかじったと思われるソーセージのみ。警察はこのソーセージの断片からDNAサンプルを採取したが、当時のデータベースに一致するものはなく、犯人が見つからないまま9年の月日が過ぎた。

 しかしこの未解決事件が急展開を迎えることになった。

 フランスで逮捕されたある男のDNAサンプルが、ソーセージから採取したDNAサンプルと一致したのだ。
cover_e

フランスの暴行事件で逮捕された男が強盗事件の犯人

 3月4日、ドイツのシュヴァルム警察は、最近フランスで暴力犯罪により逮捕された30歳のアルバニア人の男のDNAが、9年前の未解決強盗事件の容疑者のDNAと一致したことを発表した。

 フランスで逮捕された男は、警察の国際データベースに保管するためにDNAサンプルを採取された。そのデータベースを照合したところ、9年前のドイツの強盗犯だったことが発覚したという。

 警察は、このように声明文で述べている。
当時のDNA鑑定は、証拠として直接的な打撃を与えるほどのものではありませんでした。ですが今は技術も進んで国際的なデータベースの自動照合も容易になっているため、事件解決へと繋がりました。
 しかし残念ながら、9年前の強盗事件は既に時効となっており、男がフランス警察からドイツ警察へ引き渡される可能性は低いそうだ。

 ちなみに、男が9年前に残した食べかけのソーセージは、ドイツではブルスト(Wurst)として知られる有名なソーセージの1種だという。

 というか、ソーセージ大国として知られているドイツでは、犯行中であってもそこにソーセージがあればかじってしまうという事実にいささかびっくりしている自分がいるよ。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
赤ちゃん遺棄事件から38年後。DNAデータベースと家系図作成サイトを組み合わせ、ついに犯人が判明(アメリカ)

ヒルが吸った血が決め手となり8年後に犯人逮捕

9歳で父を殺害された少年。犯人を捜し続けて17年。その執念が実りついに犯人逮捕へ(中国)

SNSや匿名掲示板が活躍。ネットのおかげで解決した6つの犯罪事案

126年の時を経て・・・英国犯罪史上最大の連続殺人鬼、切り裂きジャックの正体がDNA鑑定で明らかに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 19:40
  • ID:G0D4.VIp0 #

これからは、ありとあらゆる物が証拠になる。
犯罪は許されないし、逃げられないって事だ!!!!!!!!

2

2. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 19:55
  • ID:deM1gi7B0 #

え? たった9年で時効なのか!???

3

3. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 19:59
  • ID:UpfAOCWo0 #

残さず食べていれば…

4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 20:12
  • ID:Uu0NkHvz0 #

いや、強盗中にソーセージは食べないでしょ
おにぎりだったら分からんけど

5

5. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 20:37
  • ID:t.6OuOXI0 #

>ブルスト(Wurst)として知られる有名なソーセージの1種だという。

訳がおかしくない?ソーセージのドイツ語訳でWurstだぞ

6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 21:04
  • ID:ejhgqNUw0 #

存在しない犯人をずっと追いかけていた国の警察がなんだって?

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 21:10
  • ID:giRPvKw10 #

かじって残っていると言うことは、ドイツのソーセージがアルバニア人の舌に合わなかったと言うことだろうな。
食べると言うことは腹を空かせているだろうし、わざわざ証拠を残すのはよほど捕まらない自信があるかのどちらかだろうな。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 21:12
  • ID:6GaSVFJd0 #

跡をたたない林檎殺人事件もこれからはフニフニせずに済むな。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 21:41
  • ID:kM9uu3lU0 #

強盗が9年で時効になるのか...

10

10. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 21:43
  • ID:Vv1fn5sr0 #

※5
ソーセージにはヴルスト以外にサラミやヴュルストヒェンだってあるから合ってるよ
おかしくない?なんてケチ付ける前に浅学無知な自分の頭を疑ったら?

11

11. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 21:54
  • ID:1TWhxshV0 #

かじりかけのソーセージが証拠品になるとかカートゥーンアニメっぽさあるな

12

12. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 21:58
  • ID:0VBgcxH90 #

お残しは許しまへんで!

13

13. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 23:08
  • ID:uJ67KtpC0 #

>>5
ソーセージレジェンドをやれ
ブルスト以外にもいろんなソーセージがあるぞ

14

14. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 23:16
  • ID:yvkZHLWs0 #

※2 ※9
日本でも、殺傷がからまない単純な強盗罪なら
10年で時効になるけど。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 23:33
  • ID:XnNhQDPU0 #

食べ残すからソーセージの神さんが罰当てようとしたんだよきっと

16

16. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 02:08
  • ID:SolFh2Qk0 #

>>3
痛んでた可能性

17

17. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 08:28
  • ID:wLFGxHvB0 #

※10
調理ソーセージ Kochwurst、加熱ソーセージ Brühwurst、Frankfurter Würstchen、調理ソーセージ Kochwurst、Deutsche Salamiなどなど。ドイツ語のソーセージの種類は多いけどサラミ以外はだいたいこんな感じの呼び方なので、ソーセージ類の総称がWurstで合ってるんじゃないかと思う。
Würstchenのことを言ってるなら、小さいソーセージらしいです。-chenは縮小語尾。

18

18. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 10:02
  • ID:VCemF2aW0 #

囓っただけでDNA残るとかDNAってけっこうばらまかれるもんなんだな

19

19. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 10:20
  • ID:HsGhZfB.0 #

2000年の世田谷のもDNA鑑定されてるのに
人種的な問題からか全然公表されてないけどこう言う風に解決されてほしいね

20

20. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 13:42
  • ID:.BZZBdAo0 #

「米カリフォルニア州で、40年以上も未解決となっていた連続殺人・性的暴行事件が遺伝子に基づく家系図データを導入したところ、僅か4ヵ月で容疑者が逮捕された。」とか。
日本でも遺留品のDNAは保存してるから昔の事件もチコチコ解決しているそうだ。

21

21. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 18:35
  • ID:DGiGuYP80 #

※3
残しちゃいけません!っていう躾はやっぱ大事だったか・・・

22

22. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 19:25
  • ID:wPjObM680 #

無能なドイツ法制度。

23

23. 匿名処理班

  • 2021年03月15日 22:42
  • ID:mF.Xc1E30 #

写真の色合いがギョニソっぽい。

24

24. 匿名処理班

  • 2021年03月17日 14:11
  • ID:cOdSDjPJ0 #

※4
食べるほうは知らなかったけど、下を催すという話は読んだことがあって、鑑識の人は庭とかに脱糞した跡がないかしらべるらしい。
当然 DNA が残ってるので証拠の一部になるんですね。

まぁ、髪の毛落としても、わかっちゃうわけで悪いことはしないに限ります。

※6 はマイナスがたくさんついてますけど、ハイルブロンの怪人のことを言ってますね。ホントにちょっとだけの DNA でも出ちゃうんですね。もしかして、遺伝子増幅は PCR 検査だったのかな。

25

25.

  • 2021年03月17日 19:30
  • ID:x3HcjFRG0 #
お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING